ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

白点病爆裂しますた  

こんばんは

クリプトカリオンイリタンスがナンボのもんじゃい!なんて偉そうな事を言ったが為に、クリプトカリオンイリタンスを怒らせてしまったようです。。。

はい、本水槽で白点爆裂しました。

今回の白点発生の原因は濾過槽掃除の際に溜まったデトリタスを水槽内で循環させてしまったことが原因でした。

魚の体表に付いた白点虫はフコイダンの投与でほぼ見えないところまで収まっておりましたが、分裂を繰り返した白点虫が底砂の中にシストとして溜まっていたのでしょう。

今後、底砂の掃除をしないのなら、そのまま放置で良かったのかもしれません。

しかしそうはいきません。

僕は底砂の掃除をしつつ水換えをしました。(前回のブログはここまで)

そして数日後、水槽内の大半の魚に白点を確認しました。

やっぱ底砂ごと駆虫せなあかん!

約三年前に立ち上げた宇宙一ヤッコ大水槽

本水槽内での白点発生はこれで三度目です。

白点を出してしまう事は飼い主としてはダメダメでありますが、一つだけ自慢できることがあります。

僕はマリンアクアを始めて5年ちょっとですが、白点で魚を殺してしまった事は一度もないのです。

ウーディニウムは経験もございません。

本水槽での白点治療は毎度の白点キラーです。

ライブロックや海草が入っているので悩みましたが、白点キラー投入を決心しました。

僕はライブロックを飼っているのではありません。

魚を飼っているのです。

ライブロックがデスロック化する事を覚悟の上で決心しました。

本当はライブロックや海草が入ってる水槽の場合、珊瑚水槽用の白点キラーを使用するそうですが、珊瑚水槽用を使いこなす自信がありませんでしたので、ライブロックがデスロック化してしまう事を覚悟で魚水槽用の白点キラーです。

海草類だけは小型水槽に避難させる事にしました。

201510231.jpg

さてこの白点キラー、使用された方ならご存知だとは思いますが、かなり強烈な薬です。

使用法を間違えると魚がショック死してしまいます。

僕も過去にはショック状態から立ち直らせた事も有ります。

そして投薬中は拒食にもなるのです。

おそらく投薬量が微妙にズレているのでしょう。

今回はそれらの事をふまえて試験的に極薄濃度での添加を試みてみる事にしました。

宇宙一ヤッコ大水槽の総水量は約800Lです。

使用量の目安は白点キラーのボトルに記載してあります。

治療薬や銅などの使用歴がない水槽。セット初期や濾過槽清掃後など濾過能力が低い水槽の場合、水量100Lに対して1回7mL~ 9mLを朝晩1日2回を約5日

治療薬や銅などの使用歴がある水槽。濾過能力が高い水槽の場合は水量100Lに対して1回9mL~ 10mLを朝晩1日2回を約4日とあります。

我が家の水槽は後者の方ですので朝晩70~80mlの添加を約4日となります。



約半量の1回40mlの添加でスタートしました。

毎回40mlの白点キラーを1Lほどの水道水で薄めて、1時間ほど掛けて点滴すること3日(6回240ml添加)

この添加量では効かないかな?と思いましたが、いつも通り魚の体表から白点の量が減ってきましたので4日目は夜だけ40mlの添加

5日目、更に白点が見えなくなってきたので、夜だけ40mlの添加

6日目には僅かにあったヒレの濁りも一切確認できなくなりましたが、飼育水は中和はせずにそのまま3日間放置

9日目にアクアセイフ500mlを入れて中和

ちなみにここまでの8日間は毎日、底砂を引っ掻き回してデトリタスを巻き上げておりました。

そして9日目(本日)、底砂の掃除をしながら220Lの水換えをしました。

201510232.jpg

数日後に白点が出なければ成功です。

今回はショック状態になる魚、拒食になる魚もおらず、飼育水が白濁する事もありませんでしたので、白点キラー三度目の使用にして完璧な添加量をマスターできたように思います。

201510233.jpg


隔離してある海草は本水槽の水換えを何度かおこなってから戻す予定です。

今回も白点治療は無事に済みましたが、ライブロックはデスロックになってしまったと思われますので、タイミングを見て入れ替えていこうと思います。

201510234.jpg

今後は濾過槽のデト掃除には気を付けたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

久しぶりに白点出たよ~  

こんばんは

ここのところブログを更新してませんでしたのでアクア仲間より「早く更新しろ!」とのリクエストがありました。

すんまへん

アクアテンションが下がった訳ではありません。

いや、逆にアゲアゲ状態です。

ただ、ここにきてブログの意義とはなんぞや?と思い始めているのは確かです。

しかし辞めてしまうのもなんですので、、、、自分のペースで続けていこうと思います。




先日、たらふく殿のブログを見て危機感を感じ、殺菌灯(QL-40)の球交換、ついでにプロテクションスリーブとオーバーフローパイプを交換しました。

球は10ケ月、プロテクションスリーブとオーバーフローパイプは約2年交換してませんでした。

QL40のオーバーフローパイプとプロテクションスリーブの交換はメーカー推奨は1年ごとです。

実は購入から1年後に交換したのですが、その時に全く痛んでいなかったので、次の交換は2年後で良いのでは?って事で昨年の球交換時はオーバーフローパイプとプロテクションスリーブの交換はしませんでした。

恐る恐る中身を見たところ破損はしていませんでした。

ちなみにプロテクションスリーブが紫外線で劣化して破損すると、最悪の場合は本体にも穴が開いてしまうそうです。

QL-40は内部のパーツを交換する事で使い続ける事ができますが、ターボツイストは数年で本体ハウジングが劣化して水漏れしますので皆様、気を付けましょうね。




で、最近バロムちゃんが変な遊びを覚えました。

201510210.jpg

ヤドカリを乗っけるのです。

「イルカに乗った少年」は聞いた事はありますが、「マゼに乗ったヤドカリ」は聞いた事がありません。

僕はシッタカやマガキは大嫌いなのでデト掃除部隊として大量のヤドカリを水槽内に入れております。

最初はたまたま?と思っていましたが、そうでも無さそうです。

20151021.jpg

ヤドカリが落ちてしまうと再度ヤドカリに乗って!乗って!と催促に行くのです。

20151029.jpg

不思議な事にバロムちゃんに乗るヤドカリは数居るヤドカリの中でも一匹だけのようです。

他のヤドカリは乗らないのです。

ヤドカリとマゼの共生です。

20151022.jpg

虫でも付いてるのかな?と思い、ジャームキラーで淡水浴してみましたが何も落ちません。

で、先日アクア仲間のいむっちが我が家に遊びに来た時に、いむっち曰く「白点まみれやん!」

20151024.jpg

はい、白点病でした。あほ~~

別館水槽に外部フィルターとクーラーを繋ぎ、単独循環にして白点キラー(魚用)投入

20151023.jpg

別館水槽は約100Lですので規定の約半量5mlを朝晩6回添加

そして三日経った今日

20151028.jpg

早くも体表が綺麗になってきました。

さすが白点キラー!

20151027.jpg

もう暫くは水換えを挟みつつ白点キラーの添加を続けたいと思います。

その間は毎日底砂も撹拌し続けたいと思います。




不思議な事に別館と濾過槽で繋がっている本館の方には白点が出ません。

20151025.jpg

本館と別館の違うところと言えば一つだけです。

本館は濾過槽から殺菌灯を経由した水が給水されていますが、別館水槽は濾過槽との循環のみです。

おそらくこの違いだと思われます。

とゆ~~ことは、、、殺菌灯を経由した水を濾過槽に戻している配管をたまに見ますが、あれって殺菌灯の100%の効果を期待する事はできないのではないか?と思いますね。

で、今回白点が出てしまった原因は分かっております。

実はちょっと前に濾過槽一層目に溜まったデトリタスをポンプで抜いたのです。

ウールボックスを撤去してフィルターソックスを使用し始めてからデトリタスが濾過槽一層目に溜まりやすくなりました。

某アクア重鎮殿より「フィルターソックスは物理濾過としては弱いよ」とは聞いてましたが、それは本当です。

可能な限りウールボックスを使用するべきだと思っております。

ウチはスキマーの設置上の問題からウールボックスは使えませんので、今後もフィルターソックス使いますけどね。。。

で、話は戻ってポンプで濾過槽一層目のデトリタスを抜いた訳です。

ポンプで吸い出したデトリタスはホースを経由してインスタントオーシャンのバケツに溜める予定でしたが、、、、

何故かホースの先端が濾過槽四層目に、、、、、

気付いた時は既に大量のデトリタスを吸い出した後でして水槽内は激濁り状態、、、、

嫌~~な予感はしておりましたが、それから数日後にバロムちゃん白点発生です。

まぁ、白点はそれほど気にはしてませんが、バロムちゃんには申し訳ない事をしてしまいました。

アクアな師匠からフコイダンは効果あるよ!とのアドバイスを貰ったので買ってみました。

201510220.jpg

以前も一時的に使用していたことはあるのですが、今後は底砂掃除や濾過槽の掃除をした後は必ずフコイダンを入れようと思います。

いむっちがアクアの本を貸してくれました。

20151026.jpg


なかなか面白いです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

白点病終結  

こんばんは

本水槽のヤッコ軍団、別館水槽のパパさん(ハタタテ大)の白点治療は、途中で白点キラーショックがあったものの無事に終える事ができました。

本水槽のヤッコ軍団は白点キラー投入翌日にはヒレの濁りが無くなっていたので、おそらく自然治癒できていたのだと思います。

しかし水槽内の殺菌、そして別館水槽のパパさんの白点治療を兼ねて朝晩三日間、白点キラーの添加をしました。

結果、寝太郎(タテキン)とケンヂ(グリフィス)がキラーショックを引き起こしましたが、アクアセイフによる中和での治療が功を奏しなんとか立て直すことができました。

昨日からは別館水槽も循環を開始して完全に元の状態に戻りました。

20153233.jpg

本水槽のヤッコ軍団は全員爆食いモードに戻りました。

別館水槽のパパさんも今日からポツリポツリとクリルも食べるようになってきました。(ブラインは爆食いです)

20153234.jpg

パパさんまた一から餌付け再開です。

粒餌を食べて本館デビューはいつになるのやら、、、

20153236.jpg

二代目ゴメス(ホシゾラヤッコ)もいつの間にか三ヶ月の壁を越えて飼育四ヶ月となっておりました。

やはり大型ヤッコの居ない別館水槽では問題なく飼育できそうです。

白点治療は成功したようですが、白点キラーの添加量が多かったようでして、有機バクテリアと反応してしまったようです。

濾過バクテリアに多少のダメージを与えてしまい、少しはマシにはなったものの未だ飼育水の白濁が収まりません。

20153232.jpg

こればかりは時間が解決してくれると割り切るしかなさそうです。

ちなみに今回の治療で使用した白点キラーは約450mlでした。

結果的にボトル一本使い切りませんでした。

おそらく水量850~900Lの我が家の水槽では400mlほどで完治させられるのではないか?と思われます。

それと今回の白点発症の原因として疑わしい点がもう一点出てきました。

ここのところオゾン臭が全くしないので、昨日オゾナイザーのオゾン発生管を交換してみましたが、オゾン特有の匂いががしません。

どうやら壊れてるようです。

昨年、ゆでタコ殿に頂いたレッドシーのオゾナイザーに付け替えました。

20153231.jpg

現在は最小レベルに絞って添加しております。

いつから壊れていたのかは分かりませんが、随分前から壊れていたのなら、これも白点発症の原因の一つだったのかもしれません。




そして先週末はブログ仲間のazu殿がアクアスターに来られたついでにお逢いして、我が家のイマイチ調子の良くない水槽も見ていただきました。

聞く話、聞く話、全てが勉強になる事ばかりで、azu殿の知識や経験はハンパね~!っと思った次第であります。

先日お越しいただいたいむっち殿と話した時もazu殿と話した時も感じた事ですが、経験豊富なベテランアクアリストになると、如何にして魚の背肉を付けるか?とか自然界に近い色合いをどこまで持続できるか?はたまた色上げできるか?なんて事を考えて飼育されてます。

僕の様に如何にして死なないように飼育するか?なんてレベルではないのです。

僕も今後は飼育の方向性を変えていかなければいけないと固く心に誓った次第であります。

azu殿からはお土産にクッキーと怪しげな白い粉を頂きました。

20153235.jpg

タウリンとビタミンC(アスコルビン酸)です。

タウリンはアサリなどに含まれる栄養素でして、普段のご飯にほんのちょびっと混ぜ混ぜして与えると良いらしいです。

ビタミンCは魚に摂取させることで体内の重金属を中和してくれるとの事です。

先日、タテキンとグリフィスが白点キラーショック(おそらく銅ショック)を起こしたと聞いて持って来てくれたのです。

azu殿がこれらを持って来てくれた時は、ヤッコ軍団の餌食いがイマイチな状態でして、餌に混ぜての経口投与はできなかったので水槽内にビタミンCを夜と朝の二回添加したところ餌食いが戻りましたので、もしかするとビタミンCの添加が効いたのかもしれません。

azu殿お~きにです。

そしてazu殿が教えてくれたビタミン剤も買ってみました。

20153237.jpg

KENT ゾーエマリンです。

各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸の補給剤です。

餌に染み込ませて与えると魚がとんでもなく元気になるのです。。いや、なるとい~な~

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

白点キラーショック!危機一髪  

こんばんは

前回のブログを更新した直後の話です。

何気に水槽を見てみるとケンヂ君(グリフィス)がおかしい、、、

呼吸は早いしフラフラしておりました。

間違いなく白点キラーショックです。

案の定、手で簡単に掬えましたよ。

トリタンに隔離してバブルストッパーでエアレーション設置後、アクアセイフで中和しました。

翌朝には元気になってましたので一安心、、、、良かった良かった、、、

ふと出勤準備でネクタイを締めながら水槽を覗くと、、、

今度は寝太郎が白点キラーショック、、、今度はオマエかい!

見る限りケンヂ君と違い、かなり重症の模様です。

かなり危険な状況です。

はい、難なく手で掬ってケンヂ君の居るトリタンに移動

寝太郎はウズマキ時代から二年以上も飼育してタテキンに育て上げた思い入れのある個体です。

何が何でも死なせたくないのですが、さすがにヤバそう、、、

その後丸一日経っても死なないものの、イマイチ調子が戻らず、、、更に超強エアレーション追加

やっと元に戻りました。

ケンヂ君も寝太郎君も発見が遅れていたら死なせてしまうところでした。

寝太郎君が死んでいたらブログ書く気力が無かったかもしれません。

20153181.jpg

先程、ご飯を与えると喜んで食べてましたのでもう大丈夫だと思います。

後遺症だけ出ない事を祈ります。

そして宇宙一ヤッコ大水槽本館は本日アクアセイフを入れて中和に入りました。

20153182.jpg

現在、スキマーは阿蘇山大噴火モードです。

20153183.jpg

丸一日は噴火し続けるでしょうね。

20153184.jpg

別館水槽のパパさんもほとんど白点は無くなりましたが、まだ少し鰭の濁りがあるように見受けられますので、マグポンを切り、濾過槽との循環をストップ

20153186.jpg

エアレーションとヒーターを入れて単独水槽として、引き続き白点キラーを4mlほど添加しておきました。

一時の塩鮭状態からは見違えるように綺麗になってきました。

20153185.jpg

パパさん、もう少しの辛抱です。

今回の治療で感じた事ですが、白点キラーはリニューアルされて濃度が濃くなってる様に感じました。

規定量より少な目の添加のつもりでしたが、白点キラー歴のあるケンヂと寝太郎がショックを起こしたという事は、以前の白点キラーより強烈になってるのではないか?と思う訳です。

ただ、今回が前回と違うところは濾過槽を交換したばかりで濾過が安定していない状態での添加だったという事です。

その辺を考慮すると添加量は規定量の半分でも良かったのかもしれません。

何はともあれこの薬は強烈に効くことは確かです。

大袈裟な謳い文句で発売されているつまらん治療薬を使ってダラダラと白点とお付き合いするのなら、この薬をお勧めします。

短期間で確実に治ります。

但し珊瑚水槽用(濾過槽無し水槽用)に関しては使用法がかなり難しいとは思っております。

「珊瑚用は効かない」と言う方が多いですが、濾過の無い隔離用小型水槽(トリタン)などで使用すると確実に効きます。

ただ実際にリーフタンクなどで珊瑚を守りつつ、白点を消そうと思うと添加や水換えのバランスが非常に難しいと思います。

使用する方はくれぐれも添加量に注意して、添加後は魚の様子をマメにチェックすることです。

そして呼吸が早いと思ったら、迷わずに隔離して強エアレーション&アクアセイフです。

銅治療と全く同じだと思っていただいて良いと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

白点治療途中経過  

こんばんは

白点キラー添加を開始しまして三日目に入りました。

添加量は

1日目 朝70ml 夜80ml

2日目 朝80ml 夜60ml

3日目 朝60ml 夜65ml

現在ここまでで添加しております。

某御大から「濾過槽交換したばかりだから添加量を60~70mlに減らした方が良い」とのアドバイス受けたので、2日目から添加量を減らしております。

昨日まではさほど変わりの無かったパパさん(ハタタテ大)は本日より体表に見える白点の数が一気に減ってきました。

3日前はこうでしたが、、、

20153158.jpg

本日はこんな感じです。

201531710.jpg

まだ付いてますが、かなり減りましたよ。

あと1日もあれば体表に見える白点は無くなると思われます。

本水槽のヤッコさん達は白点キラーを入れて2日目にはほとんど鰭の濁りが無くなりましたので、これは白点キラーが白点を退治したのではなく、自然治癒していたのだと思われます。

スクリブルド完治

20153179.jpg

ケンヂ完治

20153177.jpg

渡五郎完治

20153176.jpg

驚くことに万年リムフォだった胸鰭のリムフォが治ってきました。

左の胸鰭は完治、右側もかなり小さくなりました。

白点キラーの説明書きにリムフォにも有効と書かれてますので、もしかすると効いたのかもしれません?

寝太郎よ~~~~~~~く見るとまだ少し尾びれに濁りがあるような無いような???

20153175.jpg

パッサー完治

20153174.jpg

リム男完治

20153173.jpg

今回の発生源のバカボン完治

20153172.jpg

飼育水は白点キラー添加中につき少し濁っております。

20153171.jpg

ちなみに全員ご飯は食べません。

あっ、、、唯一食べる奴が居ました。

2匹のホンソメワケベラです。

ホンソメは薬浴にもびくともしないのかな?




今回の白点騒動ですが何故発症したのか?を考えてみました。

おそらく

濾過槽の交換で休眠中のシストが復活

飼い込み個体は飼育水に慣れていたので感染せず

新魚購入(2匹を別水槽にてトリートメント)

本水槽の飼育水で水換え

飼育水に慣れていないハタタテが感染

知らずに本水槽に投入

ハタタテを入れた事で本水槽内で白点が活性化

ヤッコ達に感染

しかしヤッコは自然治癒


結論、濾過槽交換してから新魚を入れるのが早過ぎたって事ではないでしょうか?

あくまで憶測ですがね。。。

白点キラーはあと1日入れてみて、一旦ストップするつもりです。

その後は様子を見て水換え、再添加を検討したいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

▲Page top