ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

魚大図鑑 【アデヤッコ】  

こんばんは
 
久しぶりにお血事が休むことができたので水換えしてのんびりしてました。
 
今週末は高知突撃の予定ですが、いかんせん梅雨真っ只中、、、熱低も発生しとるしどうなる事やら・・・
 
冷凍庫には餌に使用するスルメイカやヒイカが10キロ近くも保存されております。
 

 
ヒイカやスルメイカの小さいサイズは、今の時期に買い溜めしておかないといけまへん。
 
餌を調達するのは嫁の役割です。
 
近所の馴染みのスーパーの鮮魚担当者から、頼んでもいないのに、『ヒイカ6キロ程入ってますけど、残しときましょ~か~?』なんて嫁の携帯に連絡が入ります。
 
カートに大量のイカを積み込み、レジに並ぶ嫁の姿を見て、周りの客から「この人どんだけイカが好きやねん!?」と思われている事でしょう。
 
現に僕も大量にカマスを買ってる最中に、晩ごはんの買い物に来てたおばちゃんから、「その魚ど~やって料理するんですか?」と聞かれた事があります。
 


 
水槽の方はエマニエル君がお亡くなりになってしまった以外は変わりはありまへん。
 
そこで今後、ネタの無い日を利用して僕の数少ない飼育経験を元に魚大図鑑をUPしていこうと思います。
 
第1回目は『はじめちゃん』ことアデヤッコです。
 

 
我が家の水槽内での順位はダントツのナンバー1であります。
 
現在17cmオーバーと言ったところです。
 
よく行くショップに半年以上売れ残っていたので、大型ヤッコ水槽立ち上げ記念として購入した最初の大型ヤッコです。
 
協調性は全くありまへん。
 
おそらく仲良くできるヤッコは居ないと思われます。
 
そもそもアデヤッコは自然界では群れを成すことは無く、海底に沈む小さなシモリの中で単独でジッとしてる個体が多いそうです。
 
非常に臆病者なのでしょう。
 
普段は前に出てこず、水槽内でも岩組みの中でジッとしてることが多いです。
 

 
警戒心も強いようでして僕が水槽の前で体を動かしただけでも、ビックリして大慌てで岩組みの中に逃げます。
 
餌の時間も真っ先には出てきません。
 
周りの様子を見て、後からゆっくり出てくるタイプです。
 
レタスを吊るしても絶対に我先に食べません。他の魚がレタスを突いてからでないと食べに行きまへん。
 

 
イジメは陰湿です。
 
基本的にどの魚とも上手く付き合えない魚のようですが、何故かウズマキとゴールドフレークにだけは威嚇はしませんでした。
 
我が家の場合、特に相性が悪かった魚はクリスルスでした。
 
とことん追い詰めるような事はしなかったものの、近くにクリスルスが寄ってくると、グフッ!グフッ!と鳴きながらかなりのスピードで追っかけてました。
 
このサイズのアデヤッコをヤッコ混泳水槽に入れるのなら、最後の方に入れるのが無難なのかもしれまへん。
 
ただ、我が家の場合は、はじめちゃんがボスの座に居座っているからこそ、他のヤッコ達が暴君化せずに水槽内のバランスが多少なりとも取れているのかもしれません。
 
水槽内での成長ですが我が家の場合、成魚からのお迎えだったからかでしょうか?体長はそれほど伸びてないように思います。
 
しかし横にはどんどん太くなっておりまして、その厚みは相当なもんです。
 

 
幼魚でお迎えすれば成魚柄になるまではどんどん大きくなるかもしれませんが、成魚柄になってしまうと成長は遅いのではないか?と思われます。
 
お迎えしてから病気や拒食になった事は一度も無く、餌食いが落ちたこともありまへん。
 
出されたご飯は好き嫌い無く何でも食べます。
 

 
アデヤッコのトレードマークと言える背ビレのパールマークは少し薄くなってきたように思います。
 
水槽飼育ではパールマークを維持するのが難しいと聞いたことがありますが、はじめちゃんもそのうち消えてしまうのではないか?と思っております。
 

 
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yakkosuisou.blog.fc2.com/tb.php/6-76420c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top