ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東寺君ご逝去なされました。  

こんばんは
 
大変ショッキングな出来事が起きてしまいました。
 
クマドリカエルアンコウの東寺君が本日、お亡くなりになってしまいました。
 
つい二日前に見た時はいつもようにエスカをフリフリご機嫌でした。
 
昨夜は帰宅する事ができず職場に居た僕の携帯に嫁から連絡ありました。
 
『東寺君が口を開けて呼吸が早いです』
 
いったい何が起こったのかも理解できませんでした。
 
嫁が亜硝酸を計測しても未検出。
 
水温も昨日は25度にも上がっていないとの事です。
 
カエルアンコウは水質変化に敏感だと伺ってましたので、水換え時も週に一度、比重や水温をヤッコ水槽以上に神経を使って換水しておりました。
 
とりあえず様子を見ようと言う事で、一晩経って本日、、、、嫁からまたもや携帯にメール
 
『東寺君がご臨終です。』
 
メールを見た瞬間、ショックを受けました。
 
帰宅後、嫁に聞くと肌がボロボロになっていたので白点じゃないか?との事でした。
 
そう言えば数日前に嫁が、東寺君の尾ビレに数粒の白い粒があるのを気にはしていたのですが、なんせ東寺君の体表のカラーでは白点の見分けが付かず、更にどう見ても全身に白点が蔓延してるようにも見えませんでした。
 
もしも白点だったとしても、全身に蔓延もしていないので暫くは大丈夫だろうって事で楽観視しておりました。
 
はっきりした事は分かりませんが、もし白点だったのなら随分前から白点を患っていたのかもしれません。
 
飼い主として大変申し訳ないことをしてしまったと反省しております。
 
カエルアンコウ水槽は立ち上げ以来、水換え以外で水槽内を触るような事もせずに、水質の変化に気を付けて管理していただけに残念でなりません。
 
長期飼育が難しいと言われるカエルアンコウですが、web上で調べてみても飼育法はまだまだ確立されていないように思います。
 
東寺君のご冥福をお祈りすると共に、今回の出来事を今後の僕のアクアリストの成長の糧として重く受け止めたいと思います。
 

 
短い間だったけと、ありがとう。東寺君
 
でも、、、カエルアンコウはほんとに可愛いです。
 
また飼ってしまうと思います。
 

 
 
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yakkosuisou.blog.fc2.com/tb.php/50-d14c69a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top