ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

玄関水槽の進むべき道  

こんばんは

一ヶ月ぶりのブログ更新です。

あまりにも仕事が忙しくブログ更新する気にもなれませんでした。

その分、SNSの方ではマメに近況報告しております。

仕事がどれだけ忙しくても水換え、底砂の掃除、フィルターソックスの交換、各水槽への各種餌の給餌、、、その辺は一切手抜きはしておりません。

「仕事が忙しかったから管理ができなかった」と言うのは生き物を飼う者にとってはいい訳でしかありません。

前回のブログでは不幸ネタばかりでしたが、その後は完全に持ち直してきました。




まずは餌付け中のミューラーズ

201612271.jpg

イトメを一週間ほど与えたある日、突然アサリを食べ出しました。

その後はアサリの殻に塗り付けたアサリと粒餌の混合餌も食べ出しまして、現在はアサリより粒餌の比率が高い混合ブロック餌を食べるまでになっております。

ハズレ個体かと諦め半分でしたが、なんとか餓死は免れました。

201612272.jpg

アクアな先輩の話を聞くところによるとチェルモ系は個体によりいきなり粒餌を食べる個体、全く何も口にしない個体など、、、個体差が激しいそうです。

なかには3年飼育したけど最後まで粒餌は食べなかったなんて話も、、、勘弁してくれ~




そして餌付け水槽で完全に拒食に陥った二匹のゲンロクダイは完全に諦めモードになっておりまして、「最期ぐらいは本水槽で」との思いから本水槽に連結する600ワイドに入れたのですが、徐々に回復?

201612273.jpg

今では粒餌以外なら何でも食べるようになりました。

が、、、それは一匹だけでして、もう一匹はどうも駄目臭いです。

泳ぎにも全く覇気がありません。

201612274.jpg

しかし一ヶ月以上生きてますので、何かを食べているのかもしれません。




そして玄関水槽で半月ほど拒食になっていたアラビアンバタフライは完全に復調しました。

201612278.jpg

ビタミン剤と水換えで乗り切りました。

201612276.jpg


なんだかんだ言いつつ9ヶ月目に突入です。

201612277.jpg

そしてここからが今回の本ネタ

アラビアンが生き残った事で玄関水槽の今後の進むべき道を変更せざるを得なくなりました。

不謹慎な話ですが僕はアラビアンの復調は無いと思ってましたので、アラビアン亡き後の新魚投入計画を練っていました。

それは「もうポリプ食系の魚は飼わない」でした。

これまでにアラビアン、オウギ、ハナグロに挑戦してきて感じた事は一般的な雑食性の魚に比べて心身共に弱すぎるという事です。

単独飼育でアサリ餌のみの飼育なら可能だと思いますが、他の魚との混泳となると激ムズです。

ちょっとした事で拒食になりあっという間に逝ってしまいます。

たとえ冷凍餌などに餌付けたとしても雑食性の魚と混泳をさせれば、間違いなく食い負けるでしょうね。

徐々にストレスを感じ結果的に拒食になると思われます。

僕はその辺の事を想定して玄関水槽はポリプ食系の魚だけでの混泳に挑みましたが、それも失敗に終わりました。

同じポリプ食系の魚でも比較的飼育がし易く性格も強いと言われているミスジ系のアラビアンとの折り合いが悪かったのではないか?と思っております。

これは仮説ですが、おそらく先住がアラビアンではなくオウギやハナグロで、後入れアラビアンなら上手くいったのではないか?との思いもあります。

しかし闇雲に挑戦したところであまりにも成功率は低すぎます。

何なりか飼育成功のヒントが見つかれば再挑戦はしたいのですが、な~~んもありません。

そんな理由で「もうポリプ食系の魚は飼わない」と決断していました。

アラビアン亡き後に入れる魚も候補を絞っていました。

が、、、、アラビアン復調

そこで新たな案が浮上

この際、我が家の粒餌を食べない面倒くさい連中を玄関水槽に集めたろか?

現在、我が家には粒餌を食べない面倒くさい連中が5匹居ます。

アラビアン、バンディッド、ミューラーズ、ゲンロクダイ×2匹です。

こいつらを玄関水槽に集めて面倒くさい連中水槽の完成です。

アラビアンさえ水中を舞う餌を食べさせれば可能です。(餌付けは容易だと思われます)

が、、、アラビアンが食い負けるので混泳できたとしても短期で終わるでしょう。

201612275.jpg

かと言ってこのままアラビアン一匹を飼育する為に総水量150Lの水槽を回すのも気が引けます。

某アクアな先輩と話してる時に僕が「いっそのことアラビアンをもう2匹ぐらい追加してアラビアン水槽にしたろうか?」と言うと、「じゃミスジ系コンプリート水槽目指したらええねん」と言われました。

そうか!

その手があったか!

ミスジ系ならハナグロやオウギなどに比べると強いのではないか?

201612263.jpg

ミスジ Chaetodon lunulatus


201612262.jpg

インドミスジ(インディアンメロン) Chaetodon trifasciatus

201612264.jpg

エクスクィジット Chaetodon austriacus

201612261.jpg

アラビアン Chaetodon melapterus

ミスジとインドミスジは酷似しているので普通のミスジは却下して残り三種ってどうだろう?

エクスクィジットの入手が難しそうですが、全く入荷しない魚ではありません。

じっくり待てばそのうち入手できるでしょう。

決まりました。

しかし、、、、ミスジ同士の混泳ってできるのだろうか、、、そもそもそこに無理があるならどないもならん計画です。

追記

、、、っと長ったらしいブログを書きましたが、この計画はかなり無理がありそうなので一旦白紙に戻したいと思います。
強調文

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

こんばんは、ご無沙汰しております

ポリプ食のチョウチョウ魚の飼育頑張っておられますね
大変な飼育だと思いお察しいたします。

私も当初色々魚にチャレンジしておりましたが
飼育の困難な魚は諦める事に致しました

私のモットーは水槽が綺麗に鑑賞できることと
お魚は簡単に飼育できる個体にする事・・・

位です。

無理な飼育は体に良くないので程程にしております

あまり無理をなさらないようにブログ見ながら応援しております。

ebi #kLCZl7R6 | URL
2016/12/29 21:19 | edit

Re:

》ebi殿

難しい魚ほど楽しいです。
しかし長期に渡ると疲れてきますのでボチボチやっております。
一度失敗した魚は原因をとことん追求して同じ失敗を繰り返さないようにしたいのですが、なかなか情報も乏しく難しいですね。
もう少し頑張ってみますね。

コロッケ十円之助 #- | URL
2016/12/30 08:51 | edit

ご無沙汰です

コロッケさん、ご無沙汰しております。

私も忙しくて更新が....
ミューラーズさすがですね!イトメはなかなか管理も大変で与えにくいですね。

難易度高い、レア度高いとワクワクが止まらないのですが、疲労は半端ないですよね。毎日背痩せやエラ、白点に気を使いますw
我が家も大分メンバーが変わってしまいました。今は浮き餌食うオウギを入手して集中してます!近々アップしますね!

kakure #- | URL
2016/12/30 11:42 | edit

>>kakure殿

お久しぶりです。
難易度が高ければ高いほど遣り甲斐もありますし、少しずつでも成果が出てくると楽しいもんです。
・・・が成果がでないとこれほど辛い事はありませんね。

オウギ調子良さそうですね。
ウチのも調子良かったんんですけどね、、、
僕のアクア仲間は粒餌まで餌付けましたが、混泳となると厳しいようです。
一筋縄ではいきませんね。
kakure殿の動画期待しております。

コロッケカエト丼 #zbVuVz4I | URL
2016/12/30 22:31 | edit

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

今年も一年ブログの更新を楽しみにしております。

箱福 #lGE2SULs | URL
2017/01/01 14:19 | edit

>>箱福殿

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
ブログの方はそろそろ潮時かな~・・・なんて気もあるのですが、マイペースでやっていきたいと思います。

コロッケカエト丼 #zbVuVz4I | URL
2017/01/01 21:05 | edit

コロッケカエト丼さん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

海水魚関係のブログも、なんだかんだ言って少なくなってきた
ように思います。
そんな中、貴重なコロッケカエト丼さんのブログは継続して
くださるとありがたいですが、まあ手間もかかりますしネタも
そうそうあるものではないですから……。

私もそろそろネタ切れで、3年目を目途にどうするか考え中です。
それでは。





NK #yVWmKz1o | URL
2017/01/02 23:48 | edit

Re: タイトルなし

>>NK殿

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

僕のブログを応援していただきありがとうございます。(^^;
マリンアクア系のブログは沢山ありますが、骨太な魚派ブログとなると皆無に近い状況ではないでしょうか?
時代の流れとは言え本格的な魚派ブロガーが出てこない事は非常に寂しく思います。
そもそも情報はタダ(無料)ではありませんので、僕も飼育法に関して書いてない事は沢山あります。
内容を厳選してまでブログを書く意味とは?と思うようになっております。

ただ直ぐにブログを閉鎖しようとは思っておりませんので、今後も更新頻度は少なくはなりますがブログは更新していこうと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。


コロッケカエト丼 #- | URL
2017/01/04 17:52 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top