ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Coradion altivelisお迎えしました。  

こんばんは

最近、アクア仲間から「ひとでなし!」と言われているのコロッケカエト丼です。

あっ、ご報告が遅れましたがHN変わってますからね。

今はコロッケカエト丼なので宜しくお願いいたします。

さて、長らく魚を減らすばかりで追加してなかった1800水槽

Chaetodon mesoleucus追加の夢も破れ、Chaetodon modestusの追加を予定しておりました。

そんなタイミングでホームグランドのアクアスターからChaetodon modestusとCoradion altivelis入荷のお知らせがありました。

Chaetodon modestusとCoradion altivelisを一匹ずつ購入しようと、入荷日に見に行ってきました。

10センチ前後のええサイズのChaetodon modestusに混じり、過去に見た事も無い大型のCoradion altivelisが居ました。

成魚なので金ラメ模様もクッキリ出ています。

美しすぎる!

もう大型の魚は買わない!と決めていたのですが、その美しさに自制心が崩壊しました。

こうなると一緒に泳ぐChaetodon modestusなんか全く目にも入りません。

はい買っちゃいました。

しかも二匹も、、、、あほ~あほ~あほ~~~~

そろそろいちびって学名で書くのも疲れてきました。

はい、タキゲンロクダイ(Coradion altivelis)です。

餌付けがそれほど難しい魚ではないそうですが、フルサイズに近いサイズなので食べるかどうかは分かりません。

以前、フルサイズのセグロペアで痛い目に遭った記憶が蘇ります。

一か八かの購入です。(その為の二匹)

早速検疫水槽で餌付け開始ですが、タキゲンには大きな問題が有るのです。

タキゲンの入荷初期の個体は必ずと言っていいほど寄生虫や細菌系の感染症により肌荒れに侵される個体が多いそうです。

僕が買ってきた二匹も例外に漏れず、酷くはないもののヒレ欠け、ヒレの濁り、ウロコ欠け、、、なんだか嫌な匂いがプンプンします。

頭を振る様な仕草は見受けられませんが、寄生虫と言っても寄生虫はハダムシだけではありません。

そして残念な事にタキゲンは淡水浴に弱いとか、、、

尼崎の達人I氏曰く、「完全に仕上がったら淡水浴も大丈夫」との事ですが、仕上がってまへんねん・・・

なので初っ端から薬浴です。

スキマーは外してバブルストッパーを設置

201610186.jpg

肌荒れにはGFG、寄生虫には○○○○○を使用しました。

〇〇〇〇〇は大人の事情で書かない方が良いと思いましたので書かない事にします。

○○○○○を使うと拒食になる事があるのですが、きっちり拒食になりました。

与えたところで食べる訳もないので五日間は水換えも給餌もせずに放置しました。

これだけ大きければ一週間ぐらい食べなくても大丈夫やろ~

201610181.jpg

そして6日後に約7割の水換えをしました。(GFGは継続)

一匹が早速冷凍餌やアサリを食べ出しまして、もう一匹も翌日には食べ出しました。

それから二日経って、、、泳ぎ方にもキレが出てきて自家製ハンバーグを絡めた粒餌も爆食いにまでなりました。

多少のヒレの濁りは残るもののGFGが効いているので体表やヒレに悪化は見られません。

201610185.jpg

白点のような?白点じゃないような?

GFGを入れてるからでしょうか?

ヒレの濁りが悪化する事はありません。

まぁ、多分白点でしょうね

完全に濾過が立ち上がった検疫水槽ですので、のんびり様子見しつつ調子を上げていきたいと思います。

201610184.jpg

本日はハンバーグを絡めていない粒餌を撒いてみたところ、二匹共爆食いでした。

これでまた一歩前進です。

201610183.jpg

僕のヘボい写真撮影では自慢のゴールドのラメが黄色く写ってしまってあきまへん

ほんま綺麗なんですけどね、、、

201610182.jpg

こんな大きな魚を本水槽に入れるとなると、、、、また古参魚に出てもらわないとあきまへん。

既に決まってたりします。

あ~あ、またアクア仲間に「ひとでなし!」と言われますな、、、

理想の水景を目指すには仕方ないのです。

でないとチンドン屋水槽になってしまいますからね。






そして残念なお知らせ

水槽内で最も大きく最も餌を食べていたオウギ(大)が昨日から突然の拒食&DEATHポジション(フロー管の後ろ)でホバリング、、、なんでやねん

悩んだ挙句、多めの水換えとビタミン剤の投与で様子を見る事にしましたが、こうなるとアカンかもしれません。

一切の妥協をせずに、ここまで頑張ってきただけに残念すぎます。

なんとか踏ん張ってほしい

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top