ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ゴールドフレーク二か月経過  

こんばんは

皆様もご存じだとは思いますが、ホンソメワケベラという魚は夜はライブロックの隙間などに入り込み鼻水を垂らしながら寝る習性があります。

我が家のホンソメワケベラは飼育から四年が経ちましたが同じく水槽のライトが消えた途端に寝床に入ります。

最近は水槽部屋の灯りが付いていて明るい状態でも時間になると寝るようになりました。

いつもは何処で寝ているのか?は分かりませんが、最近はよく分かります。

20141095.jpg

ライブロックの隙間には入りますが丸見えの状態で寝ております。

20141096.jpg

このように丸見えの状態で寝るようになって数日が経っております。

ちょくちょくレプリカロックのレイアウトを変更しているので、現在のレイアウトではこの位置が寝やすいのかもしれません。




そして三代目ゴールドフレークのアニキが我が家にやってきてから二か月を越えました。

鬼門の三ヶ月まであと一ヶ月ですが、現在のアニキはご覧の状態です。

20141092.jpg

はい、キッチリ水槽の隅っこでヒッキーになり始めました。

昨日から「ちょっと行動がおかしいかも?」とは気になっておりましたが、今夜餌を撒いた時に確信いたしました。

最初、数粒食べると後はご飯を追うこともなくフラ~~フラ~~っと泳いでおります。

今日は隅っこでヒッキーになる時間も昨日に比べて多くなりました。

明らかにおかしい…

いつも通りキッチリ二か月を越えておかしくなりました。あ~あ・・・

昨日から70時間ぐらい観察しましたが、毎度のことながら体表、呼吸、ヒレの動かし方などは全く問題はありません。

アニキに聞いた訳でもありませんので明らかではありませんが、僕は混泳ストレスだと思っております。

このまま放置していてもいつも通りなら結果も見えてます。

手遅れになる前にさっさと隔離する事にしました。

20141094.jpg

水槽は45センチですので狭いですが他にヤッコは居ませんので、少しはマシかな?と思います。

殺菌灯やオゾナイザーも付いてませんので飼育水の殺菌目的で極薄~~くGFGを入れております。

飼育水は元々アニキが泳いでいた本水槽の水です。

外掛けフィルターの濾材は本水槽の濾過槽で熟成させておいた濾材を使用しておりますので急激な水質の変化は無い筈です。

現在の様子は普段と全く変わらない状態に見えます?

落ち着いた環境で再び爆食い状態に戻ってくれたら良いのですがね。。。

しかし残念です。

今回も同じことになってしまうとは、、、、ウチの水槽にゴールドフレークにとって余程相性の悪い魚でも居るのでしょうかね?

同時期に入ったゴメス(ホシゾラ)は全く問題ないのですがね。。。

やはりこの魚はウチのような大混泳水槽では飼育不可能なんでしょうかね?

にしても、、、トリタンで復活したとしてもその後どうすれば良いものか、、、悩みどころです。

とりあえず死なんどいて~~~(泣)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

初めまして。

いつも興味深く拝見しております。

突然のコメントお許し頂ければ幸いに存じます。

ゴールドフレークの不調の件ですけど。混泳ストレスもあるかもしれませんが、ハワイ固有種ですから飼育水の水温も関係しているかもしれません。ハワイ近海の水温は以外と低いです。熱帯性の魚と混泳は不向きかもしれません。固体差があり高水温に馴れる固体も居るかもしれませんけど。ゴールドフレークはどちらかといいますと熱帯性ではなく温帯性の魚ではないでしょうか。

箱福 #lGE2SULs | URL
2014/10/15 01:52 | edit

混泳ストレスですかね~?
私ところの魚は3匹入れたのが良かった
のでしょうか?
クラリオン、ホワイトマクロス、コルテツ他
強い魚も居ます。

でもまずトリタンでの復活を祈っています!

ゆでタコ #SXlZswWo | URL
2014/10/15 02:43 | edit

コロッケに~^^まいどです(^^♪

アニキ殿は相当難しいヤッコさんなんですね(´Д`)

私はストレスたまると、バクバク過食になっちゃいますが(+o+)
アニキ殿は拒食気味?になっちゃうんですね・・

見た目は気が強そうな雰囲気を持ってますが、
デリケートな子なんですね(>_<)

星美 #SFo5/nok | URL
2014/10/15 03:21 | edit

混泳ストレスなのですかね?コロッケさんの水槽で飼えないヤッコがいるなんてという感じです。また調子戻ると良いですね。

あずき #- | URL
2014/10/15 06:21 | edit

70時間観察って、飯食う時間ないとか通り越して、1日過ぎちゃってますね^^;
ヤッコの混泳って同じ種でも性格違ったりしますし、
こればっかりは入れてみないと分かりませんものねぇ。
幸いウチはバートレットアンティアスだけの平和な水槽ですが(←自虐です)
それもそれで寂しいものですね。

Tadasi #- | URL
2014/10/15 11:21 | edit

>>箱福殿

お初のご訪問カキコお~きにです♪
低水温ですか!!!
僕もそれは考えたことはあったのですが同じ低水温を好むグリフィスが大丈夫なので大して気にしてませんでした。
とりあえず昨夜より水温を23度設定に落としてみました。
今更遅いのかもしれませんが、なんとか回復してくれることに期待しております。
アドバイスありがとうございます。
今後とも宜しくお願いいたします。

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/15 18:19 | edit

>>ゆでタコ殿

結局いつも通りになってしまいました。。。
ゴールドフレークだけはウチの水槽では何故か上手く飼うことができません。
とりあえず昨夜より水温を下げて様子見中です。
元気に泳いではおりますがご飯を食べません。
嫌な予感がします。(泣)

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/15 18:20 | edit

>>星美殿

ね~さんまいどです。
アニキ、かなり神経質なのかヘタレなのか分かりませんが、僕には上手く飼うことができません。
ね~さんの様にストレス溜まってやけ食いしてくれたら良いのですが、、、
バカ殿顔ですがかなりナイーブなのかもしれません。。。

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/15 18:24 | edit

>>あずき殿

宇宙一ヤッコ飼育を得意とする僕が難儀するのですから、一般ヤッコキーパーにはとてもじゃないですが、手におえる魚ではないと思います。
調子に乗ってすいません、、、(--;;;

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/15 18:27 | edit

>>tadasi殿

>70時間観察って、飯食う時間ないとか通り越して、1日過ぎちゃってますね…

僕のボケに唯一突っ込んで頂いてありがとうございます!
このまま誰も突っ込んでくれなかったら悲しい結末に終わるところでした。(笑)

ヤッコ飼育は難しいです!

魚の気持ちが分かる人間になりたいです。

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/15 18:30 | edit

アニキくん心配ですね(^^;

魚の多数混泳を長く続けていると混泳のストレスとは縁が切れませんよね。

チョウチョウウオもちょっとしたパワーバランスの変化で拒食などを繰り返す場合があります。
そういう時のために大型の隔離ボックスや仕切り板など何個も用意しています(^^;
迷わず水槽をしきって隔離!
同種族の混泳はなんやかんやキーパーが適宜手を加えてあげるしかないんだなぁと思っています。
実は今も120cm2本とも端っこはパンチングボードで仕切られた隔離コーナーになっています。(笑


因みに我が家の魚水槽も温帯域や深場の魚に合わせて年中23度以下を心がけています(*^^*)

アニキの復活お祈りしています。

azu #- | URL
2014/10/15 21:39 | edit

こんばんは。自分もせっかく180cm水槽でフロー管も2本あるのだから、パンチボードで区切りじっくり環境に慣らせてから混泳したほうが良かったかと思います。それとシテンヤッコやイナズマなど混泳に弱いヤッコは大きいものを選びがちですが10cm位の小さい個体の方が環境に慣れやすいのか、自分の経験上では上手くいくパターンが多いと思います。拒食になったら自分はとにかく一度淡水浴をしてエラ虫で無ければ、とにかくアサリでも冷凍餌でも口にするものから少しずつ与えて再び人工飼料に戻します。あとオゾンは昔、自分も使用していて劇的に透明度が増すので良いのですが、魚にとっては皮膚に穴があいたりして良くないと思います。こんな偉そうなことを言っている私ですがクラリオン、ガリガリで死にそうです・・・。あきらめないで頑張りましょう!

スクリブルド #- | URL
2014/10/15 22:00 | edit

>>azu殿

混泳魚によるパワーバランスの問題なのか、水温の問題なのかは分かりませんが、もし水温が問題だったとしたらも~ちょっと早く気づいてやるべきでした。
azu殿は温帯域や深場の魚に分けて環境作りをされてるのですね。
さすがです。
僕は欲しい魚は一つの水槽に何でもかんでも放り込んでしまいます。
ダメ人間ですわ、、、とほほ(泣)

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/15 22:04 | edit

>>スクリブルド殿

色々とアドバイス、本当にありがとうございます。
オゾン、魚のサイズ、仕切りを入れての馴らし期間など、、、考えなければいけない事が山積みですね。
毎度のことながらゴールドフレークだけは上手くいきません。
以前この状態で淡水浴をしたところ、とどめをさしてしまった事がありますので躊躇しております。
ちなみに導入時には徹底的に淡水浴&トリートメントはしております。
とりあえず現在は隔離して静養させてますので拒食を治すことに専念したいと思います。

オゾンは使いだした頃に添加量が多すぎてタテキンが頭皮欠損気味になりましたので、現在は一時間に5分ほどしか添加しておらず、その後は頭皮欠損になる魚も居ないのですが、それでも外した方が良いのでしょうか?

パンチングボード買います!(^^;

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/15 22:17 | edit

淡水浴、徹底的にやっていたんですね!失礼しました。呼吸がはやくなければ平気だと思います。エラ虫で急に拒食になるのは良くあることなので。オゾンもそのくらいなら平気なのではないでしょうか。後は落ち着いた環境でしょうか?隔離よりもパンチでしきる方が良いと思います。水質的にもそうだし、隔離して食べるようになっても再び本水槽にもどすことを考えると。

スクリブルド #- | URL
2014/10/15 22:33 | edit

連投失礼しますm(_ _)m

私も過去記事を見ていただいたらわかると思いますが、常に過密混泳です(^^;
欲のままにお迎えしてきたクチですw
とっても苦労して来ました・・・・

ちょっと誤解があったかも。日本語って難しいですねぇ・・・
我が家の場合は水温低めに全ての海域の子達が入っております。
紅海・インド洋の高めの水域の子も平気みたいですよ。

暑いのはバテて体力落ちますが、
ちょっと冷た目の水の方が魚は長生きすると聞いていたのでずっと実践しています。

アニキくん頑張れ!!

azu #- | URL
2014/10/15 22:47 | edit

>>スクリブルド殿

またまたアドバイスお~きにです!
今、はざいやにパンチングボード注文しました。
果たして、パンチングボードが到着する頃にご飯を食べているのか?生きているのか?難しい所です。
しかしこのゴールドフレークという魚、本当に分かりません。
水槽に投入しても誰からも苛められることもなくいつも爆食いなんですよね。
しかし突如元気が無くなる、、、、
せめて誰からか追い掛け回せれてくれた方が危険信号に気づき易いのですが、、、、(--;;;
スクリブルド殿!一度聴診器持って我が家に来てください。(笑)

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/15 22:55 | edit

>>azu殿

連続アドバイスお~きにです♪
皆さん優しくアドバイスしてくれるので目の幅涙が溢れてPC画面が曇って見辛いです。(滝涙)

とりあえずご飯食べてくれるように頑張りたいと思います。自信ないけど、、、(--;;;

魚によって適水温が違うのは知ってましたが、これほどまでに繊細なものだとは、、、勉強になりました。

今後は高水温型の魚と低水温型の魚を分けて飼育するため、もう一本1800水槽を立ち上げようと思います。




嘘です。。。。ごめんなさい(--;;;

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/15 23:00 | edit

度々申し訳ございません。

>導入時には徹底的に淡水浴&トリートメントはしております。

という事ですが、淡水浴時にはpH (弱アルカリ性)調整はしていますでしょうか?。水道水は弱酸性であり、カルキ抜き剤も弱酸性です。そのまま水道水で淡水浴をすると、pHショックを起こします。そうすると、体表保護粘膜は剥離して浸透圧の調整が上手くできなくなるなど、感染症にもかかり易くなります。薬浴もどうかと思いますよ。

魚は本来、体表保護粘膜を正常に分泌できていれば、保護粘膜自体に抗体も含まれているそうなので、寄生虫症や感染症などにもなり難いです。むしろ、保護粘膜が正常に分泌できる水質作りや環境を提供した方が薬浴や淡水浴などのトリートメント?をするより余程効果的だと思います。薬浴も一つ間違うと毒薬となります。

60センチ規格水槽でも良いので、しっかりした濾過装置でゴールドフレークのみで飼育してみると良いのではないでしょうか。そうすれば、混泳ストレスか水質ショックの問題かハッキリ分かると思います。

同じ海域に住んでいるヤッコでも、種類ごとに体質が異なるので、グリフィスが大丈夫だから、ゴールドフレークも大丈夫という訳にはいかないと思います。

高価な魚だけに、コメントさせて頂きました。ゴールドフレークの体調が良くなると良いですね。

重ね重ねご無礼の程、お許し頂けば幸いです。

箱福 #lGE2SULs | URL
2014/10/16 00:53 | edit

>>箱福殿

いえいえ全くご無礼などはありません。
なんせこれまで見よう見まねだけでやってきましたので、皆様からのアドバイスは本当に勉強になります。

淡水浴についてはPH調整剤を使用してPHメーターで測定後、水温もキッチリ合わせてやっております。
トリートメント時の薬浴と言っても魚に問題がなければ、水が黄色くなるような薬浴はせずに、極々薄い濃度でGFGを入れ(水の色も変わらないぐらいの濃度)単に様子見期間として一週間ほど隔離するだけです。

今回のゴールドフレークは初代から数えて三匹目ですが全て同じようなタイミングで同じ症状を発症しておりますので、混泳ストレスだと思っておりましたが、皆様のアドバイスを聞いてるうちに高水温なども影響があったのかも?と思うようになりました。
通常は24.5℃設定でした。
とりあえず現在はご飯を食べなくなってますので、かな~~り心配です。
残念なことに今日は帰宅する事ができないので更に心配です。(泣)
ゴールドフレークだけの為にもう一本飼育水槽を立ち上げるのは不可能ですので、本水槽の水温を少しずつでも下げてみて、もう一度本水槽での混泳に向けてパンチングボードでの隔離からやり直してみたいと思います。
その前にご飯食べてくれないと次に進めませんが、、、( ̄。 ̄;)

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/16 10:51 | edit

立派な体格ですが

またまた、お邪魔します。
このブログは、憧れのヤッコが沢山いるので、惹かれるんです。
ゴールドフレーク、しっかり太っていて、立派な体格なのにどうしてなんでしょうね〜
しかも、2ヶ月も経ってから、ストレスが出るとは、、、
完全に拒食になる前に別水槽への避難は大正解だと思います。
食欲が戻ってきたら、ゴールドフレーク中心に新水槽を立ち上げるとか(笑)
隔離しているときに、帰れないのはお辛いですね。
とにかく、回復をお祈りしています。

たーー坊 #- | URL
2014/10/16 12:42 | edit

>>たーー坊殿

ご心配お掛けしております。
つい数日前まで爆食いしん坊してましたので、背肉も落ちておらずプリプリの体型です。
皆さんのご意見を伺ってるうちにゴールドフレークの不調はストレスではなく水温が原因だったのではないか?と思うようになりました。
今夜は帰宅できないので本当に心配です。
僕が帰宅するまで生きてて欲しいです。
皆さんのアドバイスを参考にできることはやってみたいと思います。

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/16 13:33 | edit

水温は低いも高いも一定であれば生体における影響は極めて低いと推察されます。

コロッケさん、GFのアニキ心配ですね。せっかく2ヶ月経ったのに・・。  やはり内臓に問題があるようですね。隅でぼ~っとする場合は殆ど消化器系の疾患である場合が多いです。体内圧の異常の主たる原因は腸内細菌の減少が殆どであります。しかし、その後、飛び出た目が治ったので(体内にガスが溜まる)治癒したものと思っていましたが・・。

自然界に棲む魚にとって水温は重要なキーワードになりますが、水槽という閉鎖された環境下に措いては全く影響はありません。 何故なら変温動物である魚類は自在に生きるべくその環境に措いて順応しその生態を進化させてきました。

23℃が自然界であっても、水槽が27℃ならその環境に適応して生き延びる術を魚達は持っています。その次の生命を繋ぐのが目的であることやその固有種にとって更なる進化の為にいかようにも変化を余儀なくされますから。

今の様子では恐らく薬は効かないと思います。

何とか餌を喰ってくれるといいのですが・・。

ビオフェルミンを適量入れてみるのも手ではありますが・・。(乳酸菌は魚にも効くで。)

FG #- | URL
2014/10/16 22:20 | edit

突然の訪問失礼させていただきます。「時代遅れ」のアクアリストdelphinusです。
最近は他人様の飼育スタイルにあれこれ口を出すのを控えておりましたが、箱福さんのお名前を見て、久々の書き込みを決意いたしました。まあ、頭の古いアクアリストの繰り言とお考えになって、適当に聞き流してください。

1.ゴールドフレークエンゼルの分布域はカロリン諸島、ギルバート諸島、ライン諸島、クック諸島(要するにハワイよりずっと南)あたりです。この魚はハワイ諸島周辺には分布しません。ランドールの名著Shore Fishes of Hawai'i(Univ.of Hawai'i Press, 1998)にもこの魚は登場しません。ハワイの海水魚問屋が買い付けて世界各国に送りつけているだけの話です。
2.FGさんのご意見にも頷けるところはありますが、通常はそんな飼い方をすると短命に終わります。生息水温が23℃~24℃の魚を、水温26℃の水槽に収容すると半年程度で拒食死することが多い(逆は意外と大丈夫)。近海魚、クダゴンベ、カリブ固有種などを飼育している人は、かつてこれでさんざん頭を悩ませたのです。秋頃から、ぱたりと餌を食べなくなって黒ずんで死ぬ。
3.導入直後に眼球突出症を引き起こしたとの報告、細菌感染症を煩っている可能性があります。治療方法(放置)を読む限り、見た目だけの治療に終わり、日和見感染状態に戻っただけではないでしょうか。この病気がストレスで再発したことはあり得ます。餌を食わない以上、有効な処置は抗生物質の腹腔内注射です。ベルスの妙な泳ぎも、私ならneedling処置で減圧をかけた上で、抗生剤の腹腔内注射をとります。ただし、どの薬を使うべきかや処置の方法は書きません(この手の処置で回復するとは限りませんので)。
4.Pomacanthus(特にPomacanthodes亜属)やHolacanthus(特にPilitops亜属)が泳いでいる水槽にAplemichtysを入れると圧倒されかねません(パンチボードはあまり意味なし。外したとたんに猛アタックを受ける)。グリフィスはまだましですが、シテンヤッコ系は弱い。この水槽、Pomacanthodes亜属の中でもっとも威圧的なタテジマキンチャクダイ、Pilitops亜属内でもっとも攻撃的なパッサーが入っていることが気にかかります。直接攻撃しなくても、威圧感を与えることは間違いなし。イナヅマヤッコ(Euxiphipops亜属)も圧され気味ではありませんか? なお、Chaetodontplus属はこの手の魚からの圧力をあまり感じません。ホシゾラヤッコに問題が起こらないのも想定内です。昔のホシゾラヤッコは輸入状態が悪かったが、現在は大幅に改善されました。
5.ヤッコにしてもチョウチョウウオにしても、大型個体や成魚は逆に環境変化に弱かったり、人間の与える餌に興味を示さないことがあります。中成魚を購入して成長させる方が成功率があがります。

繰り返しになりますが、私はもう時代遅れです。最近の飼育機器にも疎い。だから話半分に聞いてくださいね。

ちょっと長々と偉そうなことを書きすぎました。失礼いたしました。末筆ながら、Fish only tankの仲間が増えることを期待しております。

delphinus #F3Dgw1fA | URL
2014/10/17 01:10 | edit

>>FG殿

やっぱこうなってしまいました。
ゴールドフレーク難しいです。
これまで3匹のゴールドフレークに挑戦してきましたが、いずれもお迎えから2~3ヶ月で同じような症状になりますので、水温や混泳魚との相性など環境によって引き起こすストレスが原因だと思っております。(確信まではしてませんが)
それらが原因でFG殿が仰るように内臓疾患を伴っているのかもしれません。

水温に関してですが、僕はWEB上での情報しか知りませんが、現に30度近い高水温での飼育を勧められるショップもあるみたいですね。
だからと言って僕はやる気ありませんがね。(^^;
皆さん仰ってる事は経験に基づいて話されてる事で、どれも間違いではなく正しいのだと思います。
ただ個体により飼育環境によりそれらは一概に一筋縄ではいかない問題だと思っております。
今回の記事で多くの皆様からアドバイスをいただき本当に感謝しております。
とりあえずは出来ることからやってみたいと思います。
早くご飯食べてくれないとどないもなりませんがね。。。
ところでビオフェルミンにはどのような効能があるのでしょうか?
添加量、添加方法など詳しく教えて頂けたら幸いです。

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/17 12:48 | edit

>> delphinus殿

お初のご訪問カキコお~きにです♪
箱福殿も只者ではない!と思っておりましたが、 そのお友達のdelphinus殿ですから、相当の経験をお持ちなんですね。
アドバイスありがとうございました。
僕には理解し難い部分もありましたので、何度も何度も読み返しました。(^^;;;
ゴールドフレークがハワイ産で無い事や低水温域の魚である事は知ってましたが、それほど深くは考えてはいませんでした。(普段は24.5℃設定です)
delphinus殿のタテキン、パッサーなど属性によっての相性の問題など本当に勉強になるとともに、自分の飼育がいかに浅はかだったのかを思い知りました。
ちょっと反省(かなり?)しております。
果たしてこの水槽に今後入れる予定のキンチャクダイとコンスピはどうなのか?よ~く考えてみます。(^^;;;

ゴールドフレークの拒食に関しては今のところ打つ手無しです。
現在、大き目の水槽に入れて水温を少し下げGFGで薬浴しております。
粒餌は見向きもせずアサリには少し反応します。
この状態で暫く様子見したいと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

コロッケ十円之助 #zbVuVz4I | URL
2014/10/17 13:13 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/10/17 22:16 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top