ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大型ヤッコ水槽への道�(床強化&架台製作)  

本日は僕の釣り友達が手配してくれた大工さんが我が家へ来てくれました。
 

 
床の強化、特大水槽トレイ、床下配管、水槽架台の製作をお願いしました。
 
まずは床下補強(写真撮るの忘れました。)後にコンパネで水槽トレイを製作いたします。
 

 
和室に水槽を設置する予定ですので、畳を一枚抜いてスッポリと24ミリのコンパネを入れました。
左側の大きな穴は水漏れ時用の排水トラップです。右側の長いパイプはVP13の塩ビ管でして水換えの際にここへホースを繋いで排水を予定しております。
下水からの臭いが部屋に上がらないようにトラップも付けてくれました。
 
更に友達のお勧めでFRP防水を施します。ウレタン防水よりも良いそうです。
 

 
専用のボンド?で繊維状のFRPを貼り付けていきます。
 

 
中塗りの最中です。↑
 

 
乾いてから上塗りをして大型水槽トレイが完成です。この間、床下では台所の流しの下まで配管をしておられました。
床下に潜った職人さんは、数時間に渡り一度も上に上がってこずに床下で作業をしておられました。ご苦労様です。
 

 
外では水槽台の製作です。さすが餅屋は餅屋です。
 

 
こんなカット、僕にはできません。
 

 
地震の際に前後の揺れに耐えられるよう、両サイドに筋交いを入れてくれました。
 

 
だいぶ形になってきました。
 

 
床を貼っていきます。
 

 
綺麗に床が張れました。
 

 
天板を張った後にペーパー掛けです。ペーパー掛けてるのは、昼過ぎから遊びに来た僕の釣り仲間(現場監督)です。
 

 
架台後方にも横揺れに耐えるべく斜めに筋交いを入れてくれました。
いくら太い柱や分厚い板を使ったところで、この斜めに入れる筋交いが有るのと無いのとでは、耐久性、耐震性に大きな差が出るそうです。
 
馬鹿でかい水槽架台が完成です。
 

 
アクリル水槽に穴を開けてもらい、仮置きしてみました。隣にもう一台水槽を置く事を想定して架台を作ってもらったので、120cm水槽が小さく見えます。
 
そして部屋に設置
 

カッコえ~がな~!100万兆円払った甲斐があります。
じゅらく壁と畳にベストマッチですがな~ w
 

 
 
 
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yakkosuisou.blog.fc2.com/tb.php/135-dba208f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top