ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角タライを買ってきて水換えしました  

こんばんは
 
先日、玄関水槽に仲間入りしたレモ雄殿は、すこぶる元気でして僕が水槽の前を通りかかっただけで水面まで浮いてきて、餌クレアクションをしてきます。
数日前からお腹の真ん中に小さいリムフォらしき物がありますが、完全に立ち上がっている水槽なので放置しております。
多分、大丈夫でしょう。
レモ雄ならこの程度のリムフォなんて屁~ぷ~です。
 
そして今日は20Lの水換えもしました。
 

 
ラクダハコフグは、我が家では一番の古株です。
嫁が気に入って購入しました。
購入当時は1.5cmぐらいしかありませんでしたが、2年半の飼育でご覧の大きさにまで成長いたしました。
途中、水槽からの飛び出し事故のショックから毒を吐いた事などもありましたし、我が家の魚の中でも最も多く白点病を患った魚です。
水面から水を噴くのでガラス蓋をしていても隙間から外に飛び散ります。
こいつのお陰で毎日のように水槽周りを掃除しなければならず、結構面倒な存在ですが、ここまで来たら最期まで看取る覚悟はできております。
お願いですから、これ以上デカくならんどいてくれ~
 
トリートメントタンクのホンソメ君水槽は、新たにネタにするような事は無いのですが、写真だけUPしておきます。
亜硝酸上がってきましたが、餌食いは全く落ちてきません。
 

 
そして、デカい設備で小魚がチョtロチョロと泳いでいる肝心の本水槽ですが、亜硝酸値が微妙に上がったり下がったりしておりましたが、ここ数日は0.02mg/L以下で平行線をたどる様になりました。
も~ちょっとでしょ~か?
 
ふとPHモニターを見るとPHが8.0まで落ちていたので、水換えを実施する事にいたしました。
 
大量に水を貯める容器が無かったので購入してきました。
一個980万億兆円です。
 
 

 
角タライ60Lです。
 

 
大きな容器を一つだけ買おうかとも思いましたが、収納の事なども考慮して60Lにしました。
巨大なローリータンクなんて狭い我が家の家の中にも外にも置きたくないし。。。
ガーデニング用品の収納や野菜洗いにも使える優れものです。
 
僕はお金持ちなのでまとめて三つも購入しました。
 

 
早速、水を入れてみましたが、60L入れるとホース穴スレスレまでの水位です。
このままポンプで攪拌すると水がこぼれてしまいます。
 

 
なので50L×2個でインスタントオーシャンぶち込みポンプで攪拌しました。
 
本水槽から水を抜きますので、本水槽のポンプを停止。
60cm二軍水槽のポンプは止めずに回しておきます。
そうする事によって濾過槽の中の水流を止めずに水換えできるのです。
もちろん二軍水槽のポンプを停止して本水槽だけで回す事も可能です。
なんて素晴らしいシステムなんだ!涙が出そうです。
 
その後、床下配管に繋がっている素晴らしいホースの先に灯油シュポシュポポンプを繋ぎ、本水槽の底に溜まったゴミと一緒に100Lの水を抜きます。
 
床下配管に繋がっている素晴らしいホースがこちらです。↓
 

 
計算上、本水槽(120×60×60)の水位を14cmほど下げれば100Lです。
100L抜くのに15分ぐらいかかりました。遅すぎる。。。。
なので次回はも~ちょっと早く吸い出せる電動ポンプで吸い出そうと思います。
 
そしてバスポンプで本水槽へ給水して終了~~
 
所要時間は30分ってところでしょうか
 

 
総水量570Lですので100L変えたところで、五分の一も換水できておりませんが、PHも8.2まで上がりました。
 
今はこれで良いと思っております。
 
ヤッコがドバドバ入海して水を汚しまくったら、こんなもんじゃ済まないのでしょうかね?
 
今回、初めて100Lの水換えをして感じた事は、この位の水量の水槽を立ち上げるのなら絶対に床下排水は必要だと感じました。
海水魚飼育の基本である水換えがスムーズにできるシステムを構築しておかないと、後々面倒な事になるでしょうね。
 
尚、今回の水換えでは水槽周りに一滴も水をこぼさずに水換えできたので、ちょっとだけ満足しております。
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yakkosuisou.blog.fc2.com/tb.php/109-2775330e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。