ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訃報ネタ、新魚ネタ、機材ネタ、まとめて放出  

こんばんは

またもやブログの更新が滞ってしまいました。

これだけ更新が滞るとネタの方も溜まっております。

今日は一気に吐き出します。

まずは調子の悪い魚からご紹介します。

一匹がアラビアンバタフライです。

前回のブログで話した通り、ミューラーズと同時に拒食に陥りましたが、未だ何も食べておりません。

かれこれ二か月ぐらいになるでしょうか?

ミューラーズは拒食から直ぐに立ち直りましたが、アラビアンはダメポです。

最近はライブロックの裏で佇む時間が増えてきましたので、もうアカンくさいです。

もうすぐ飼育1年だったので残念ですが、これ以上どうする事もできません。

万策尽きた感じがあります。

おそらく餌であるアサリによる何らかの中毒が原因ではないか?と思っておりますが定かではありません。

そしてもう一匹、、、こちらは調子が悪いと言うより既に一週間ほど前にお亡くなりになっております。

ゲンロク2号です。

この個体はお迎えから全く餌付かないまま一度も調子が上がることなくお亡くなりになりましたので、どうすることもできませんでした。

正直、餌を食べてるところを見た事がありませんでした。

それでも小さな体で三ヶ月生き抜いてくれたのは水槽の水が良かったからだと確信しております。

ゲンロク1号は粒餌こそは食べないものの他の物なら何でも食べてくれて元気にしております。

2017389.jpg

ゲンロク2号の分まで長生きしてほしいと思います。




次は機材ネタ

なんだかんだあってGYREが二台になりました。

2017387.jpg

一台は僕のお師匠様からいただきました。

ありがとうございます。

2017381.jpg

で、JEBAOのcross flow CP-40も買ってみたのですが、これがとんでもなかった、、、

2017382.jpg

公称流量はGYRE XF-150より上でありながら、どう見ても実際に使ってみるとGYREの半分以下?ぐらいの流量しかありません。

1800水槽ではとてもじゃないが使い物にならず棄てるのも勿体無いので、現在は玄関の600水槽で流量を絞って使用しております。

JEBAOのRWシリーズは大変気に入っており、現在も我が家では3台使用しておりますが、CPシリーズは全くもってダメポです。

発売当時に比べて価格も激安になってることから、CPシリーズは何かと問題があるのかもしれませんね。




そして新魚のお迎えの報告

アクア仲間のてつぢさんからメレディティをいただきました。

20173810.jpg

パソニファ(ウエスタンイエローテール)ではありません。

メレディティ(クイーンズランドイエローテール)です。

全長は14センチぐらいでしょうか

半年もの間、生餌だけで飼育しておられた個体なのでコンディションは抜群です。

お次の魚はソマリバタフライです。

2017383.jpg

ちょっとした用事でアクアスターに寄った時にセールスを掛けられて買ってしまいました。

テング系は難易度がお高い印象がありますが、ソマリに限っては気の強い魚との混泳だけ気を付ければそれほど難易度が高くないそうです。

とは言ってもウチでお亡くなりになる魚の大半は混泳ストレスから何らかの異常をきたしお亡くなりになるパターンですので、アホなことをやらかさないように慎重に混泳に向けての準備を進めております。

現在はメレディティと一緒に検疫水槽で過ごされてます。

20173811.jpg

メレもソマリも検疫水槽に入って既に半月ほどが経ちますが、白点の一粒も出ず異常は見られませんのでもう大丈夫だと思われます。

もう大丈夫だったらさっさと本水槽に入れたらよいのでは?と思われる方も居ると思いますが、実はさっさと本水槽に入れられない理由(大きな隠し事)があるのです。

上のGYREの写真を見て異変に気付かれた方もおられると思いますが、実は超大物が待機しているのです。

てつぢさんからメレをいただく前から我が家に来ておりトリートメントも終え、現在は本水槽の隔離スペースで過ごされてます。

本水槽には絶対的王者のマゼが居るので混泳は無理かもしれませんが、やれるだけの事はやってみようと思います。

新魚の混泳については様々な方法がありますが、問題は後入れの魚が環境に馴染めば餌を食べてくれるのか?という事です。

水槽内での順位が低くても餌を食べてくれる強い魚も居れば、順位が落ちると食べなくなる弱い魚も居ます。

今回、購入した魚は前者の方だと思うのですが、マゼの威嚇が収まらないようならそれも叶いません。

最悪、玄関水槽での単独飼育も視野に入れて慎重に進めていく所存でございます。

この魚を公開してしまうとネットが荒れる恐れがありますので、暫くは未公開とさせていただきます。

ちなみにあと三ヶ月で飼育2年になるマゼエンゼルは恐ろしく強くなりました。

新魚を隔離する為に隔離ネットを張ったところ、たった30cm水槽が狭くなっただけで、普段は全く無関心のスクリブルドを追い掛け回しスクリブルドのヒレが裂けました。

威嚇は1日で収まり既にスクリブルドのヒレも綺麗に完治しておりますが、マゼエンゼルの強さをあらためて認識した瞬間でした。

おとなしい魚だとは思ってましたが、やはり水槽内でナンバーワンになると絶対的な権力を誇示するようです。




本水槽と連結している600ワイドの方はゲンロク1号がお亡くなりになった以外は変わりはありません。

20173812.jpg

実はキヘリの再挑戦を考えていました。

どうしてもウチのキヘリが死んだ理由はホシゾラとの混泳ぐストレスによるものだとは思えなかったからです。

亡くなるまでの過程を思い返すとストレスを感じて拒食になって死んだとは思えないのです。

キヘリはいつでも買えるのでのんびり構えておりましたが、もう無理です。

ホシゾラがぐんぐんぐんぐん大きくなりまして、お迎えからたった1年でサイズが倍増してしまいました。

現在、全長12~13センチといったところでしょうか

こんなに水槽内で成長する魚だとは思ってもみませんでした。

2017388.jpg

こうなると今更、キヘリを入れる訳にはいきません。

完全に水槽内でボス化した成魚のホシゾラが居る小さな600水槽にキヘリを入れる事は無謀すぎます。

僕にはカエトドントプルス系ヤッココンプリート(コンスピとバリナは除く)の野望があるのですが、かなり厳しくなりました。

次期を近くして同水槽に入れたチリメンヤッコはホシゾラに圧されて全く大きくなることができません。

2017386.jpg

こちらもお迎えから間もなく1年ですが、1センチほど大きくなった程度です。

見る限りコンディション自体は全く問題は無いのですが、ここまで大きくなれないと成長不良により寿命も短くなってしまうのではないか?なんて心配もしております。




最期に嫁の水槽にも新魚が入っております。

2017385.jpg

コウワンテグリ、ベニゴンベです。

ベニゴンベは何を思ったのか?一週間後に一匹買い足し2匹になっております。

2017384.jpg

嫁水槽にはあまり興味が無いので詳しくは観察してませんが、どの魚も元気に餌を食べているので楽観視しております。

ついでに玄関水槽で不要になった水流ポンプ(RW-4)を設置してあげました。

嫁水槽は二か所の給水パイプに回転Flowを付けてるだけで、今まで水流ポンプは設置してませんでした。

何故か?

嫁の水槽だから、、、

水流が出来た事で見るからに水が良くなりました。

現在、カクレ2匹、ベニゴンベ2匹、イエローヘットジョー、ダンゴオコゼ、コケギンポ、バーゲス、シマヤッコ、コウワンテグリと10匹の魚が入ってますが、中層を泳ぐ魚がシマ、バーゲス、カクレしかおらずその他は底物系なので非常に華の無い水景となっております。

まぁ、嫁は満足してるようなのでこれで良いのでしょう。

おわり

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

▲Page top