ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンディッドバタフライとフォーアイバタフライその後  

こんばんは

今日は仕事が休みでしたので朝から370Lの水換えをしました。

結局今月も宇宙一ヤッコ大水槽だけで換水量は1トン超えました。

夕方からは昨年オープンした海遊館プロデュースのニフレルに行って来ました。

ウチからは下道20分で行けます。

オープン当初は大混雑してたそうですが、今日はショッピングモールも水族館もガラガラでした。

大丈夫かいな?

え?水族館の感想?写真?

写真は撮ってません。

水族館の感想は・・・・ホワイトソックスが大きかったですね。

以上!




先日、お迎えしたバンディッドバタフライとスギアヤチョウの二匹のその後ですが、、、

訃報記事を期待されている皆様、ごめんなさい

まだ生きてまんねん。

20161272.jpg

二匹のチョウは水槽内のヨコエビをあっとゆ~まに食べ尽くしました。

アクアな先輩方よりこの手のチョウはヨコエビやゴカイを与えるのだ!とのアドバイスを頂いたので、某アクア用生餌ショップで買おうと思いましたが、、、、

2,000円分の餌を買うのに梱包量と送料で1,800円もかかります。

アホらしくなって買うのやめました。

釣り餌屋のゴカイじゃサイズが大きすぎるので無理ですしね。。。

そこで冷凍ブラインとホワイトシュリンプを流してみたところ、バンディッドは爆食いですが、スギアヤチョウはポツリポツリと突くだけで一向に食いが上がりません。

そこで冷凍アサリ投入

食いません。

じゃ、生アサリ投入

食いました。

20161274.jpg

翌日には更に突く回数が増えまして、数日経った今日はほとんど一日中アサリを突いてます。

20161273.jpg

バンディッドも生アサリは大好物のようです。

20161271.jpg

朝に2~3個、夜に2~3個生アサリを与えてますが、硬い部分は食べ難そうなので残してますが、それ以外は綺麗に食べております。

冷凍アサリにすると一気に食いが落ちます。

冷凍アサリを与え続ければ食べるようになるのでしょうが、ここは生アサリで攻める事にしました。

アクアな師匠様からも「何が何でも粒餌に餌付けようなんて考える必要は無い」というアドバイスも頂いてますので、じっくり生アサリを食べさせてしっかり太らせたいと思います。

既にお腹はパンパンですが、、、

初期状態にいきなり粒餌をガンガン食べさすのは良くないとの説もあるそうですしね。

消化の良い生餌を与える事でお腹の中があ~なってこ~なって良いそうです。

既に二匹共にウンコの状態も確認しました。

それはそれは素晴らしいウンコでした。

第一関門クリアといったところです。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

チョウチョウウオお迎えしてました。  

こんばんは

一気に冷え込んできました。

そろそろヒーター設置せなあかんやろ、、、って事で数日前に水槽ヒーターを設置しました。

19.5℃まで下がるとヒーターが作動するようにしております。

現在は20~21℃ですのでまだヒーターは作動しておりません。

このままヒーターが稼働することなく春になってくれんもんかと、、、、

なんせ昨年は24℃設定にしていたこともあり、夏より冬の方が電気代が高かったですからね。。。

魚の様子も観察しておりますが、低水温の方が明らかに魚の調子は良さそうに見えます。

見えるだけですよ。

低水温に弱いといわれるアズファーも今のところは全く問題はありません。

温帯域の魚を高水温で飼育すると一気に調子を崩しますが、熱帯域の魚を低水温で飼育する分には、悪影響が出難いような感じがしますね。




さてタイトルにもありますように、久しぶりに魚を買いました。

いや、買ってました。

実は10日ほど前にヤクザスターで二匹のチョウをお迎えしておりました。

一週間の全換水トリートメント、ジャームキラーを使用しての淡水浴を経て、現在600ワイド水槽にて餌付け中です。

一匹目はスギアヤチョウです。

20161188.jpg

カリブ便でお越しになられました。

サイズは7センチ程度です。

20161187.jpg

なかなか餌付けに手こずる事が多いチョウだそうです。

20161181.jpg

そして二匹目も同じくカリブ便にてお越しになられました。

バンディッドバタフライ

20161185.jpg

サイズは5センチほどです。

20161183.jpg

こいつも餌付けに手こずるとか、、、

どうすんねん、、、

20161182.jpg

しかし二匹共に完全ポリプ食性のチョウではありませんので、頑張れば僕にでもどうにかなるのでは?

とりあえず粒餌、ブライン、ホワイトシュリンプ撒いてみましたが、意外にも初日からポツリと突きました。

しかしその後、一向に食いが上がりません。

なのでコロッケ十円之助、考えました。

食う食わないは環境次第!

自然の海ならパンをばら撒いても食うじゃないか!

そこでライブロックだけだった600水槽に底砂を敷き、海藻を入れてやりました。

20161184.jpg

自然の海の出来上がりです。あほ~

二匹共、海藻内のヨコエビを食べまくるようになりましたよ。

しかしこのままではヨコエビが底を突いてしまいます。

なので本日、更にヨコエビ付き海藻を補充いたしました。

とりあえず環境に慣れて頂き、ブラインやホワイトシュリンプに慣れてくれれば、、、と思っております。

20161186.jpg

無理に粒餌に餌付けようとは思いませんが、せめてハンバーグぐらいまでは辿り着いてほしい。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

ライブロックを追加してみました。  

こんばんは

昨日はご近所アクアリストと南紀白浜へ屁こぎプレミアム(天然海水)を汲みに行って来ました。

大潮から下げの中潮二日目なので潮がかなり動く日です。

満潮時に合わせて取水場に行ってみるとかなり潮位が高く、透明度も抜群で良い感じです。

二人でせっせと約700Lの屁こぎプレミアムを取水しました。

僕等が大量に水を汲んだことで、取水後には白浜の海面が数センチは下がっていたと思います。

そして帰宅途中にライブロックを購入しました。

和歌山といえばあのショップ?です。

毎回、水汲みに行った際に寄ってます。

今回はライブロック28キロ購入しました。

28キロと言っても一つ一つがデカいので4個だけです。

実際にショップの水槽をガサゴソやってボコボコに穴の開いたライブロックをチョイスしましたので、かなりカッコ良いライブロックを入手する事ができました。

帰宅後は本水槽250L、玄関水槽30Lの水換え後、購入してきたライブロックをドボンしました。

ちょっと嫌な匂いのするライブロックもあったのですが強制濾過の強みです。

濾過が強力なら問題ありません。

水槽内でキュアリングします。。。っていつもドボンしてるのですが、、、

左側の枝状ライブロックを取り出して600水槽へ移しました。

20161148.jpg

600水槽に入っていた海藻は枯れた部分を廃棄して、残りの海藻を濾過槽内のリフジウムに移しました。

そして本水槽左側に新しいライブロックを組んでみました。

20161144.jpg

4個だけなのでレイアウトで悩むことはありません。

小さなライブロックを細かく組んでいくより、形の良い大きなライブロックを入手した方がレイアウトは断然楽ですね。

大きな魚もライブロックの隙間を行き来できるように組みました。

20161142.jpg

なかなかここまで複雑な形状のライブロックって売ってませんよね。

20161141.jpg

かなり良いと思います。

右側のライブロックも組み直しました。

20161145.jpg

ライブロックを前後に間隔を開けて置いて魚の通り道を作りました。

20161146.jpg

珊瑚を置かないからこそできるレイアウトだと思います。

しかし枝状は太くてもどうもカッコ良いレイアウトになりませんね。

現在はこんな感じです。

かなりマシにはなってきましたが、、、

20161147.jpg

まだまだライブロックが足りません。

僕が頭の中で描いているイメージを完成させるには、もう少しライブロックを足さないと無理なようです。




気付いた方もおられるとは思いますが、長らく放置してあったこのブログのリンクを整理させていただきました。

更新が半年以上滞っているブログ、既にアクアを辞められた方のブログはリンクを外させて頂きました。

何卒、ご了承ください。

マリンアクア系のブログは沢山ありますが、その大半が更新が止まった状態なのは残念な事です。

アクアテンションが下がってしまい水槽も放置状態になってる方、既にアクアを辞めてしまった方、単にブログ熱が冷めた方もいるでしょう。

こればかりは仕方ありませんね。

ある方から聞いたのですが、マリンンアクアという趣味は3年前後で辞めてしまう方が圧倒的に多いそうです。

クマノミ飼育程度で抑えておけば問題は無いと思いますが、やれヤッコだチョウだ珊瑚だとなってしまうと、長期に渡る維持費や労力も負担になってくることもあると思います。

僕が珊瑚に手を出さない(出せない)のはこの辺の事情もあるのです。

今以上の労力も金も掛けたくない(掛けられない)のです。

今後、いつまでマリンアクアを続けるかは分かりませんが、無理の無い範囲で自分の背丈に合ったレベルで楽しんでいこうと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

疑問にお答えしてみた。  

こんばんは

FC2ブログでは自分のブログにどのようなワードを検索に掛けて訪問されたのか?を見る事ができます。

皆さん、知りたい事があるからググるのでしょう?

でわ一度僕がその疑問にお答えしてみようと思います。

『白点キラー』『白点キラー 効果』『白点キラー 後遺症』

僕のブログに来られる方で最も多い検索ワードかもしれません。

ほぼ毎日のように「白点キラー」検索で訪問されてる方がおられます。

それだけ白点病の治療で悩んでおられる方が多いという事なのでしょうね。

僕の答えは「非常に効きます」です。

この薬を使って白点病が完治しなかった事はありません。

但し使用法は僕の過去ブログを参考にして頂くのは構いませんが、それぞれの水槽環境に合った添加量や水換えのタイミングなどを見出す必要が有ると思います。

使い方を間違うと白点虫どころか魚自体を殺してしまいますよ。

尚、白点キラーには魚水槽用と珊瑚水槽用の二種類があります。

よく「珊瑚水槽用は効かない」という記述を目にしますが、僕が使用した感想は珊瑚水槽用は効果が出るのが遅いのと治療期間が長く掛かるように感じるぐらいで、白点病は完治させる事は可能でした。

どのような珊瑚も影響無く魚の治療だけ行えるか?は疑問であります。

少しでも珊瑚の開き方が悪くなったら添加を一時的に止めて水換えをするなど、その場その場で生体や珊瑚の様子を観察しながら対応する柔軟さは必要だと思います。

白点キラーに限らずどのような薬でも説明書き通りに薬を添加すれば完治するなんて保証はありません。

ちなみに過去に白点キラーを使用して治療を終えた魚に頭皮欠損、拒食などの後遺症などが出た事はありません。

『殺菌灯 効果』

僕が語るほどの事ではないと思いますが、僕の答えは「必要」です。

「殺菌灯では白点虫は殺せないから付ける必要無し」ってご意見は勘弁してくださいね。

白点虫は殺せなくても蔓延(発症)し難くする効果は有ると思ってます。

それに殺菌灯は何も白点虫退治だけを期待して設置してる訳でもないので…

『海水魚 ビオフェルミン』『ビオフェルミン使用法』『ビオフェルミン 効果』

最近、やたらとこのワードでの訪問者が多いのです?

ビオフェルミンがブームなんですかね???

以前、ある方がビオフェルミンについてコメントされたから僕のブログがHITするのでしょうか?

僕の答えは「使用したことが無いので全く分かりません」です。

今後も使用することは無いと思います。

『海水魚 オキシドール』『白点病 オキシドール』

このワードも多いですね…

これも白点病治療についてでしょうが、、、

こちらは使用したことがあります。

僕の答えは「白点病には全く効果無し」です。

但し海水魚用の治療薬でも過酸化水素水(オキシドール)を主成分とした白点治療薬も出てますので、正しい添加方法をマスターすれば白点病にも効果があるのだと思います。

尚、水産業(養殖)の現場ではエラ虫退治にマリンサワーという薬品が使用されることが多いそうで、主成分は過酸化水素水のようです。

調べれば情報はいくらでも出てきますが、かなりの高濃度での使用となるようです。

おもしろ系の検索ワードとしては

『天然海水 屁こぎプレミアム』

屁こぎプレミアムとは僕が月一で汲みに行ってる天然海水です。

何を知りたいのでしょうか?

取水場所でしょうか?

どうしても知りたい方は直接メールくださればお教えしますよ。

『宇宙一 水槽』『宇宙一 ヤッコ』『宇宙一 コロッケ』

はい、、僕は宇宙一ですよ。。。

『水槽 嫁 うるさい』

この検索ワードで訪問された方は、奥様から相当うるさく言われてるのでしょうね。

ご心痛お察し申し上げます。

僕の答えは

水槽を綺麗に美しく保てば文句は言われません。

いつも病気を出して死なせてばかり、掃除もせずに汚い水槽、水槽どころか水槽周辺も散らかり放題では文句言われるのではないでしょうか?

僕もマリンアクアを始めた当初は白点などが発生する度に嫁からあ~だこ~だとうるさく言われました。

とにかく綺麗な水槽で魚を死なせない事が大切だと思います。

電気代に関しては「電気代」と考えずに「遊興費」と考えるようにしてます。

電気代の1~2万は高いですが、大の大人の遊興費1~2万と考えれば決して贅沢してるレベルでは無いと思います。

それを嫁に言って聞かせましょう。

尚、遊興費の1~2万ですら問題がある家計状態なら僕ならアクアはやりませんね。

そりゃ嫁さんうるさくて当然です。

以上、いくつかの疑問にお答えさせていただきました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

水換えして写真撮ってみた  

2016年一発目の更新です。

皆様、あけおめでございます。

本年もどうぞ生温かく見守ってやってください。



僕は年末からず~~っと出勤してまして、昨日からようやく正月休みを取る事が出来ました。
昨日は実家へご挨拶、そして今日は新年一発目の水換えをいたしました。

P1014293.jpg

僕は水換えした日と換水量を記録しているのですが、昨年は宇宙一ヤッコ大水槽だけで11,387Lの換水をしておりました。
総水量が750~800Lほどですので一ヶ月に一回転以上の水換えをしていたことになります。
アクアな師匠様が「システムに関係なく水換えは大切だ」と仰るので昨年はガンガン水換えをいたしました。

P1014294.jpg

昨年は水換え方法以外にもシステム面での変更も多々ありますが、魚の調子は明らかに上がってますので、引き続き頑張っていこうと思っております。
本当はアクアの師匠様の様に100%天然海水で水換えしたいところですが、さすがに無理ですので月一ぐらいのペースで天然海水も投入していこうと思います。
ちなみに僕は水換えに関しては全く苦に思ってませんので楽しんでやっております。
水換えが苦痛になったらアクアを辞める時だと思いますね。

P1014339.jpg

昨年は僕にとってアクアに関しては革命的な一年となりました。
本当に自分が目指す水景がなんであるか?を真剣に考えるようになりました。
あちこちのマリンアクア系のブログなども拝見させてもらってますが、皆様趣向も方向性も様々です。

P1014333.jpg

以前はヤッコを中心に沢山の魚を飼育してみたいと思ってましたが、実際に水槽内に魚が増えてくるとゴチャゴチャ感が半端ないです。
殺風景な水槽で多くの魚を飼育してみると、金魚やディスカス水槽の様な感じがしてきました。

P1014323.jpg

なので昨年、少しずつ魚を減らしました。

まだまだ多いと思いますが、今居る魚はゆったりとのびのびと泳ぐようになりました。

もっと魚を減らしたい一方、飼いたい魚も居ます。

コンスピとユウゼンです。

昨年は僕の財布の中身とヤクザスターの入荷のタイミングがなかなか合わず購入までには至りませんでした。

今年こそはお迎えしたいと思っております。

P1014317.jpg

今は魚より欲しい物があります。

ライブロックです。

まだまだ足りません。

先日のブログでも書きましたが、魚がスイスイ泳げないぐらいライブロックを入れたいと思ってます。

珊瑚を置くことを考えるとレイアウトに制限が出てきますが、珊瑚を入れないのならレイアウトは無限に広がります。

その辺では見掛けない様なダイナミックなレイアウトを完成させることも今年の目標の一つです。

P1014309.jpg

今まではWEB上の情報だけで水槽を維持してきましたが、昨年ベテランアクアリストの先輩方とお知り合いになってから、多くの事を学ばせてもらいました。

マリンアクアを楽しむ上でWEBの世界は情報の宝庫だとは思いますが、都市伝説的な治療法や飼育法が当たり前の様にまかり通ってる部分もある事に気付きました。

特殊な飼育法で上手く飼育されておられる方も居ますが、それが自分の水槽に当て嵌まるなんて事は簡単に考えない事だと思います。

水槽の数だけ飼育法も環境も違うのです。

あくまで溶存酸素、回転数、水流、水温、水換え、給餌などの基本事項を徹底的に見直すことが魚を上手く飼う事への近道だと思うようになりました。

ウチの場合は圧倒的な水量に助けられてる部分が非常に大きいです。

P1014302.jpg

文字にして上手く伝える事はできませんが、水槽を見ていると調子の良し悪しもなんとなく分かるようになってきました。

ウチの場合、昨年とは水の色(透明度)、魚の泳ぎ方、雰囲気?、、なんとなく違うのですよね。

ライブロックの状態も玄関水槽のライブロックよりは明らかに良い状態で維持できてる様に思います。

今後、ライブロックを増やすことにより水槽内にどのような変化が出るのかが楽しみです。

P1014299.jpg

誰や?魚水槽に底砂やライブロックなんか入れたら水槽が崩壊するに違いない!なんて言ってたのは?

はい、僕です、、、

P1014298.jpg

一部の魚の写真を撮ってみました。

水流ポンプに何度もハタが吸い込まれ、お迎え時よりハタの長さが三分の一ぐらいまで短くなってしまったハタタテダイ

存在感有り過ぎです。

もう出してもいいかな?(--;;;

P1014295.jpg

お迎え時にとんでもなく苦労して病気治療したイナズマヤッコの渡五郎君も本水槽にデビューしてから2年間、何の問題も出ておりません。

正直、水槽から出したいのですが、嫁の魚なので出せません。

あっ、、、こんな事書くとまたアホな奴に僻みコメントされますね。。。

P1014285.jpg

チョウハンも異常なし

このサイズで迎えて餌を食べるチョウハンは珍しい!とアクアな先輩が言ってましたが、どうなんでしょ?

あっ、、、チョウハンじゃなかった、、、インディアンです。

こいつも出したいかも、、、、イカンイカン…

出す事ばかり考えとるやいかーーー

P1014283.jpg

年末に珍しく尾鰭が裂けていたスクリブルドエンゼル

だいぶ治ってきました。

我が家にはヒレの欠けた魚が一匹も居ないのが、ちょっとした自慢です。

どの魚もヒレがピーーンと伸びて形も綺麗に保っております。

ヒレ欠けが出るという事は水槽内でのパワーバランスに乱れが生じているのではないか?と思っております。

P1014277.jpg

azuさんに頂いた串本産トゲチョウは半年ほどで一気に大きくなりました。

いったいどこまで大きくなるのでしょうか?

P1014273.jpg

水槽内で最も小さいハワイアンフレームラスはいつも岩陰に隠れてますが、ご飯を与えると出てきてパクパク食べてます。

調子はまぁまぁ良さ気に見えます。

P1014269.jpg

セグロチョウも餌付けに時間は掛かりましたが、完全に馴染みました。

もう大丈夫ではないか?と思っております。

P1014249.jpg

やはりマゼエンゼルばかり見てしまいます。

この魚、購入から半年が過ぎましたが、未だ飼育に自信が持てません。

いつ拒食になるのか?とハラハラドキドキしております。

P1014248.jpg

本年も宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。