ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフジウム設置しました。  

こんばんは

昨日は玄関水槽、今日は宇宙一ヤッコ大水槽の水換えをいたしました。

ここのところ水道水の水温も24℃ぐらいまで下がりましたので、水温合わせも楽になってきました。

僕はいつも22~23℃まで水温を下げてから水換えしますので、凍らせたペットボトル2本で220Lの水を22℃まで下げる事ができます。

そこまでシビアにせんでも大丈夫や!という方もおられるとは思いますが、これが僕のスタイルです。

水槽を状態良く維持するのは小さなことの積み重ねだと思っております。

こんぐらいえ~か、、、っと思ったらアカンのです。

人間誰しもついつい自分に都合よく考えがちになります。

魚を買ってきてからのトリートメントに始まり、水温、比重、底砂の掃除、ウールの交換、、、当たり前のことを確実に丁寧にやる!

こんぐらいえ~かの積み重ねが大きなトラブルを招くのだと思います。




そして遂に濾過槽内にリフジウムを設置いたしました。

20159191.jpg

二層目の濾材を数か月掛けて抜きました。

そこにアクリル板で作った箱を入れました。

20159192.jpg

アクアな師匠が「ミラクルマッドは暫く待て!」との指示がありましたので入れておりません。

今の段階では必ずしも必要だとは思いませんので、ホソジュズモと海ぶどうだけを放り込みました。

20159193.jpg

師匠が「水流ポンプを付けとくと茶ゴケが出ないよ!」と教えてくれたので水流ポンプを付けてみましたが、ウチの場合、白いリフジウム内に茶ゴケが付かなくても周りの透明アクリル板に茶ゴケが付きそうな予感、、、、

しかし、、、この程度じゃ全然足りませんな、、、、

今日はたいしたネタも無いので動画で手抜きします。

水流ポンプを付けて激流です。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

水換え、ヨウ素テスター、その他雑記  

こんばんは

丸々二週間水換えしてませんでした。

僕の場合、水換え日を決めておりません。

水換え日を決めてしまうと義務感に駆られるようで嫌なんです。

アクアテンションが上がった時に水換えするようにしてますので、週一で水換えする時もあれば10日以上開いてしまう時もあります。

今回はお血事が忙しかったので丸々二週間開いてしまいました。

二週間も開いたのでPHが、、、

20159121.jpg

はい、8.3のままです。。。

最近は8.3~8.2の間でええ塩梅で推移しております。

プチリフジウムと底砂効果でしょう。

底砂に使用しているリアクター用のメディア(コラリス)からもカルシウムが溶け出しているのでしょうね。

ちなみに先日、KHを測ってみましたが、8~9の間といったところでした。

オゾナイザー撤去後からヨウ素を添加し始めたので、以前使ってたレッドシーのヨウ素テスターを購入しようと思いましたが、プロテストキットしか販売されてませんでした。

20159127.jpg

仕方ないのでプロテストキットを購入しました。

詰め替え用まで持ってます。

実は間違えて最初に詰め替え用を購入してしまったのです。

しかし、これが全く使えません。

何度やり直しても最大値の0.09ppmになるのです。

レッドシーに問い合わせてみると、「きちんと水温を合わせてください。それでも駄目ならもう一度ご連絡ください」との事です。

合わせとるわい、、、、

ググってみるとこのテスターは全く使い物にならない!との情報が出てくる出てくる・・・・

おい!詰め替え用と合わせて1万円オーバーでっせ、、、、

どなたかきちんと測るコツのようなものを知っている方がおられましたら教えてください。

とりあえずもう少し頑張ってみて駄目ならもう一度レッドシーに問い合わせてみようと思います。

20159124.jpg

濾過槽にリフジウムを設置するべく濾材を少しずつ抜いておりますが、もう少し時間が掛かりそうです。

現在はほんの少ししか海草を入れてませんが、それでもリフジウム効果は予想以上に実感しております。

海外のマリンアクアはベルリン+リフジウムのシステムが鉄板のようです。

僕もそうしたいのですが、そのシステムで安定させるにはリフジウムがあまりにも小さ過ぎるように思います。

僕の水槽サイズではもっともっもっともっと、、、、大きなリフジウムが必要です。

なのでいっそのこと別館水槽(600ワイド)を丸々リフジウムにしてみようか?なんて事も考えております。

海外アクアリストは水槽サイズと同等もしくはそれ以上に大きなリフジウムを設置されてる方も多いとか、、、、

で、、、今日は220Lの水換えをしました。

アクア歴10年以上の者しか使ってはいけないと言われるプロホースで底砂を掃除しながら水を抜いていくのですが、気持ち良いほどデトリタスを吸い込んでいきます。

透明な筒の中を上がっていくデトリタスを見てると楽しくなってきて丸々220L分をプロホースで排水しました。

水道水も今朝は24℃ほどでしたので22℃まで下げるのも楽チンでした。

水を溜めてアクリル面を掃除して、底砂を掃除しつつ飼育水を抜き、給水してスキマーの汚水カップを掃除して2時間で完了です。

ちなみにウチは生餌をバンバン与えておりますので、スキマーに汚水が溜まるとクサい!

なので、ほぼ毎日スキマーの汚水カップを掃除するようにしております。

20159123.jpg

スキマーの設定もあれこれとやってみましたが、現在の設定がベストポジションのように思います。

で、本日水換え後の水槽

20159126.jpg

バロムちゃん(マゼ)は写真映りが悪過ぎます。

20159122.jpg

魚を追加してませんので、全く何の問題もありません。

なので刺激がありません。

20159125.jpg

マゼを本水槽にデビューさせる為に魚を減らそうと思ってます。

苦渋の選択です。

今後は渋い水槽作りに励みたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

アクア歴5年半  

こんばんは

アクア歴5年半のコロッケ十円之助です。

2010年3月

2015931.jpeg

嫁に無理矢理ペットショップに連れて行かれて、600規格水槽を買いました。

上部フィルターも照明もセット売りされてたもので始めました。

近所のショップに通って色々と教えてもらいました。

2010年10月

約半年でこうなりました。

2015932_20150903082216d36.jpeg

初めてヤッコを買いました。

ポッターズとフレームです。

この2匹はその後数年飼育しました。

珊瑚は嫁の趣味です。

上部フィルター → 外部フィルター(テトラEX Power120)

SNM流動床フィルター、SNMハングオンスキマー、ターボツイスト36Wなどを設置してます。

クーラーとメタラハは釣り仲間がくれたので、それを使用してました。

それから2年・・・全く魚は買ってません。

2012年8月

宇宙一ヤッコ大水槽立ち上げ

2015933.jpeg

これまた釣り仲間に貰った1200アクリル水槽にて立ち上げ

自分で水槽に穴を開け、三重管も自作しました。

スキマーは東熱スパイラルスキマー、濾材70キロ、クーラーはZC-1000eにバックアップクーラーとしてZC-500e

1年ほどでスキマーをCAD Lights TIA-1350にパワーアップ

2015934.jpeg

2ヶ月後にアデヤッコのはじめちゃん投入

それから、どんどん魚が増えていき、、、

20159310.jpg


2014年5月

宇宙一ヤッコ大水槽1800へ拡張工事決行

2015935.jpg

そして濾過槽も三層式90cmから四層式120cmに変更

2015937.jpg

暫くしてスキマーをOrphek Helix DC-5000にパワーアップ

2015938.jpg

水槽内にプチリフジウム設置、ライブロック、底砂投入

現在は濾材をどんどん減らしております。

ゆくゆくはリフジウムの大型化を目論んでいます。

2015939.jpg

5年半で随分と進化しました。

後悔しない為にも最初からある程度の投資をして水槽を立ち上げるべきとの意見を聞きますが、僕は小さな水槽から始めて様々なシステムを経験する事で得る物が多いと思いますので、回り道も決して無駄ではないと思っております。

今後も最適な環境を目指して精進していきます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。