ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタ集  

こんばんは

昨夜は銀座の暴れん坊将軍、雷電殿とアクア界のマドンナ(?)azu殿と呑みに行って来ました。

約半世紀の飼育経験により培われた雷電将軍の飼育理論をたっぷりと勉強させていただきました。

やはり『生かす』と『飼う』とでは全く違うようでして、僕のシステムや飼育理論は全然ダメダメである事を痛感いたしました。

この趣味は自分のやり方に満足してしまうと駄目ですね。

常に自分の理論を見直し改良していくことが必要です。

僕の場合は満足はしてませんでしたが、改善点の修復方法を見出すことができませんでした。

しかし今回、将軍様のお話を聞いていくうちに「そうなのか!」と思う点が多々あり、これならできるかも?と思う部分もありました。

ただこれまでやってきた事が何もかも間違いという訳でもありませんので、一気に変える必要はありません。

一気に変えると崩壊するので、時間を掛けて少しずつ変えていくことが大切だ!と将軍様からも口が酸っぱくなるほど言われましたので、僕もそのようにしていきたいと思います。

今更どうする事もできない部分なども有るので、おそらく僕が目指す水槽は一生完成はしないかもしれませんが、それに少しぐらいは近づくことは可能なのではないか?と思っております。

呑み会後半は雷電殿がいかに暴れん坊将軍なのかの話に脱線してたような、、、とんでもない不良オヤジです。

もう一人のマドンナは、、、、、ぶっ壊れてヘラヘラしてたよ~な、、、、、




水槽の方は大した変化はあるよ~な無いよ~な、、、

生き残っていたセグロは遂に力尽きました。

ウチの2,000坪の庭の一角に夫婦で埋葬してあげました。

しっかり飼ってあげられなくてごめんなさい。

今回、餌付けられなかった原因はあれこれと思い浮かぶ点はあるのですが、結局は買ってはいけない魚を買ってしまったという事に尽きると思っております。

もうあのサイズのセグロ(とくにペア)は買いません。




そして内緒にしてましたがニューフェイスも来ております。

20155313.jpg

フウライです。

サイズは12センチほどでしょうか

恒例の8日間全換水トリートメントを終え、別館水槽内に設置したビッグフィッシュハウス内で過ごされてます。

20155312.jpg

最初はアサリしか食べませんでしたが、現在はアサリミンチとハンバーグの混合餌も爆食い状態になっておりますので心配は無さそうです。




最近は新魚の淡水浴時にはこれを使用しております。

20155311.jpg

白点キラーでお馴染み松橋研究所のジャームキラーです。

白点キラー同様に強烈に効くように思います。

実は先日お迎えしたインディアン君(チョウハン)も今回のフウライもジャームキラーを使用したのですが、ハダムシ以外の訳の分からない虫が大量に落ちました。

もしかしてエラ虫ってやつだったのかな?

今までこんな事はありませんでしたので、おそらく単なる真水の淡水浴では落ちないであろう虫ではないか?と思っております。

ただ、この薬も白点キラー同様に使い方を間違うとGO GO HEAVENな予感がします。

現にインディアン君、一回目の淡水浴時は呼吸が早くなりお腹を水槽底に付けてしまい、翌朝まで元に戻りませんでした。

過去にはこんな事は無かったので、もしかするとジャームキラーの影響では?と思っております。

現在はジャームキラーを規定量投入後にキッチリ水温を合わせてエアレーションを入れ5分淡水浴、その後に50%の半淡水浴を2分、そして戻しております。

このパターンにしてからは問題は起きておりませんが、個体によりもっと慎重にやらなければいけない場合もあるのかもしれません。




はい次のネタ

我が家の水槽の水温は23~24℃設定となっております。

最近はクーラーも頻繁に稼働し始めましたので、少しでも水温の上昇を抑える為に水槽と濾過槽の蓋を外しました。

ただ魚の飛び出しが恐いので、azu殿の真似っ子をして水槽には夏仕様のメッシュ蓋を取り付けました。

ホームセンターで売ってるアレです。アレ

20155314.jpg

そして水槽の上と濾過槽の上に小型扇風機を設置しました。

20155315.jpg

今日は仕事も休みで一日家に居たのですが、涼しかった事も影響してか?丸一日クーラーが作動せずに23.5℃以下をキープしてました.ので、効果はかなりあると思われます。

ただ以前は二日に1L程度だった足し水が、現在は一日で10Lほどになっております。。。。

自動足し水装置付けようかな、、、、




で、最後のネタ

ライブロック買いました。

少しだけですけどね。(6キロ)

絶対に天然物は入れない!と豪語していた僕が遂にライブロックを買いました。

時代は変化するのです。

20155316.jpg

ボケやカニ、ウミケムシなどは全く気にもしませんので、本当はそのままドボンしたかったのですが、このまま入れるとウチのシステムでは白点が出る恐れがありますので8日間の全換水トリートメント決行です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ブルーフェイス(顔だけスパイダー)お迎えしてました。(過去形)  

こんばんは

何も食べませんが、、、

20155257.jpg

生きてますよ。

現在の餌付け法は『お祈り』です。

20155253.jpg

最近は口が開きっ放しですので、ヤバいのかもしれません。

綺麗なんですけどね~、、、




別館水槽で餌付け中のインディアン君、アサリばかり与えてると水槽が臭くなりますので、ブラインに切り替えました。

現在、ブラインは爆食い状態ですのでもう大丈夫でしょう。

20155258.jpg

そして内緒にしていた事がございます。

実は

二代目メロンちゃんをお迎えしておりました。

20155259.jpg

先日、ヤクザスターに台湾キンチャク爆入荷時に真っ先に乗り込み、体型や柄を入念にチェック

これだ!と思う個体を連れ帰っておりました。

20155251.jpg

トリートメント中はいつも通り45センチ水槽に入っていただき、連日の全換水トリートメントでしたが、常に上に下に右に左に落ち着きなくピュンピュン泳いでまして餌には見向きもしないので、隠れ家として塩ビ管を入れたところ、今度は塩ビ管の中から一切出て来なくなりました。

餌を撒くと反応して恐る恐る顔だけ出して1~2粒食べては塩ビ管の中に戻ります。

そのまま数日経過、、、今度は初期の様に上に下に右に左に、、、ピュンピュン泳ぎ

全く餌には見向きもせず、、、

水槽が広くてアカンのかな~?なんて思いつつ、一週間の全換水トリートメントも終えたので、別館水槽内にビッグフィッシュハウスを設置して入ってもらったところ、1日で爆食いになりました。

よ~分からん、、、

201552510.jpg

本日からはビッグフィッシュハウスからも出しました。

その途端に先住魚のゴメス(ホシゾラ)が猛攻撃!

怒ってるゴメスを初めて見ました。

ゴメスの方が小さいのに、、、やる時はやるようです。

見直しました。

かなりしつこく追い掛け回しましたが、1~2時間もすると何もなかったかのように落ち着きました。

20155255.jpg

ちなみに二代目メロンちゃんはこのまま別館水槽でお過ごしいただく事になります。

初代メロンちゃんの死因は大型魚だらけの本館水槽に投入したことによるストレス性の拒食だと思っております。

とくにタテキン、アデ、パッサーからの無言の圧力には相当弱そうに感じてましたので、次回キンチャクをお迎えする時は別館水槽で!と決めておりました。

今後はゴメス(ホシゾラ)と静かにお過ごしいただきたいと思っておりますが、同じキートドント幼魚同志で上手くいくのか?これまた、今後の展開が読めない状況ですがね。。。

ヤッコ混泳も3年目に入りましたが、やっとこさ魚同志の相性も考えるようになりました。

アデ、タテキン、パッサー、、、大型ヤッコ飼育者には人気の魚です。

価格もそれほど高くもなく餌付けも容易ですが、僕の様にキートドント系やアポレミ系を飼育したいのならお勧めしません。

クイーンやブルーなどの暴君化の話もよく耳にしますので、ポマカン、ホラカンは強過ぎるのかもしれませんね。

フレンチやグレイ、ワヌケなんかも馬鹿デカくなるそうですし、、、、

その辺を考え出すと一つの水槽で飼えるヤッコというのは本当に限られてきますね。

今頃、気付いても遅いんぢゃーーー

20155256.jpg

そしてまだ秘密にしてる事があったりします。

20155254.jpg

コソコソやっております。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

内緒にしてました。  

こんばんは

今日は仕事帰りに散髪に行って来ました。

散髪好きのコロッケ十円之助でございます。

全く餌付かないセグロチョウは現在、1800水槽の隔離スペースでお過ごし頂いております。

20155161.jpg

どうにか餌付けてやろうと、、、なんだかんだと頑張ってはいるのですが、駄目ですね、、、

既に2兆5千億通り位の餌付け法を試しております。

「餌付けの神」と呼ばれた僕をもってしても難しそうです。

「生きたければ食え!」

結局はこうなりますな。。。




そして

宇宙一ヤッコ大水槽の新たな混泳メンバーはインディアンバタフライを予定しておりました。

小さいインディアンは要りません。

大きいのが欲しいのです。

ググってみるとインディアンバタフライは最大20センチとのこと

なのでヤクザスターのイケメン店長に、「20センチのインディアン仕入れて~~」っと一月ほど前からお願いしておりました。

「そんなインディアン見た事ない!」とイケメン

「何処かに泳いでるから仕入れて!」と僕、、、

そして数週間後、、、、

「インディアン入ったよ~~!20センチは無いけど15センチはあるよ~」

早速、ヤクザスターに行ってみたところ

僕が知ってるインディアンとちょっと違うような???

僕 「これインディアン?」

イケメン 「そうですよ。インディアンです。」

とゆ~事で実は一週間ほど前にお迎えしておりました。

内緒にしておりました。

はい、インディアンです。

20155162.jpg

既にトリートメントを終えて別館水槽に入ってもらってます。

トリートメント中に粒餌を数粒食べたので、餌付けは不要と思っておりましたが、現在はアサリしか食べません。

20155165.jpg

見れば見るほどチョウハンに似てますが、インディアンです。

この魚を見て「チョウハン」なんて言う方はまだまだ魚の事が分かってません。

人工海水の作り方から出直してください。

20155164.jpg

毎日、お前はインディアンだ!お前はインディアンだ!と声掛けしております。

20155166.jpg

飼い込めばWEB上で見かけるような普通のインディアン柄になるのでしょう。

20155163.jpg

名前はもちろん『インディアン君』です。

で、、、実はもう一つ内緒にしてる事があるのです。

それは次回のお楽しみって事で。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

餌付けはムズいよ  

こんばんは

お迎えしてから三週間が経ちました石垣産激美セグロベア

どうなったか気になりますよね?

残念ながら数日前に一匹が脱落いたしました。

20155111.jpg


タライによる全換水トリートメント一週間後に、600別館水槽の濾過を独立させて二匹のセグロを入れたところまでは前々回のブログでご報告した通りです。

その後、生アサリ、冷凍アサリ、甘エビ、ブライン、魚卵(タラコ)、ハンバーグ、焼き海苔などで餌付けに挑むも全く反応せずヤキモキしておりました。

反応はするものの突きません。

見てるとアサリによる水の濁りが出ると反応も鈍くなる事に気づきました。

濾過槽に沈めてあったバイコムバフィを外部フィルターに入れていても、所詮は立ち上げ直後の水槽同様に濾過の安定は望めないという事です。

水が濁ると魚の反応も鈍るので餌付けどころではありません。

毎日、全換水前にアサリを与えれば良いのかもしれませんが、いつまで餌付けが続くのかも分からないのに、そんな事やってられません。

なので、外部フィルターを外し本水槽と繋ぎ元に戻しました。

すると一週間後に突然アサリを突きました。

これはイケる!と思ったのも束の間、、、翌日には突かなくなります。

気が向いたときにたま~に突く程度です。

一時はアサリの身を引きちぎるような仕草も見せたのですがね、、、

とにかく続かないんです。

これは餌の問題ではなく環境の問題だろ?

ある方からは遊泳力の高いセグロは大きな水槽で餌付けるべし!とのアドバイスも頂きました。

自然の海ではパンをばら撒いても食べるんですからね。。。

ということで、二匹を本館1800水槽に投入!

大型ヤッコに押されて駄目になるか?それとも突然食べたすか?一か八かの賭けです。

冷凍アサリを本館に投入!

ヤッコ軍団、気が狂ったように爆食い、、、

セグロは近づくことすらできません。あほ~~

あかんがな、、、

そうこうしてるうちに三週間経過、『ごめんなさい、、、もうダメポ、、、』一匹目が置き手紙を残して脱落いたしました。

そしてもう一匹は、、、

なんとか生きてますよ。

Com2やゾーエマリンの添加でかろうじて生きてるだけですがね、、、

20155112.jpg

またもや600水槽に戻ってきております。

泳ぎ方にも覇気が無く、今更餌を突く気力も無さそうですので時間の問題だと思われます。

セグロを餌付けてトンカツ百円之助になる事は今回はムリポな感じです。

成魚(老成魚)の餌付けは難しいとは思ってましたが、餌付きやすいセグロの事だから大丈夫だと過信しておりました。

考えが甘かったっす、、、

しかし今回は初めてのアサリからの餌付けという事で試行錯誤の連続でしたが、自分としては間違った事はしていないと思っております。

難しいのはどの餌で攻めるのかという事です。

少しでも反応のあった餌で徹底的に攻めるのか?

それとも突く餌に辿り着くまでどんどん餌を変えていった方が良いのか?

どのタイミングで捕食スイッチが入るのかは個体によって異なりますので、その辺の判断が難しいと感じました。

ちなみに今回、少しでも突いた餌は、アサリ(生、冷凍)、ハンバーグでした。

しかし次の日からは全く突かなくなるのですよね、、、

今回試してない餌は生きた珊瑚、エビやカニなどの甲殻類(活き餌)、石ゴカイなどの虫餌です。

もしかしたらこの辺の餌で攻めていたら攻略できていたのかもしれません。

まぁ、一番の問題は成魚(老成魚)でのお迎えを控えるって事かもしれませんけどね。。。

ある方からの情報によりますと、セグロの成魚は非常に遊泳力があるらしいので、狭い水槽内での餌付けは困難なのでは?とのお話も伺いました。

20155113.jpg

何が正解なのか?は餌付けが成功した時に答えが出るのでしょうね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

スイハイに行って来ました。  

こんばんは

昨日(5日)スイハイに行って来ました。

今回のスイハイに関しては色々と思うところがありましてブログには書いたらあかんやろ、、、っと思っていたのですが、帰り際に「ブログ楽しみにしてますよ!」と言っていただいたので書くことにしました。

で、、、今回お邪魔させていただいたのは、先日ブログを通じてお知り合いになった雷電殿のお宅です。

「一度、遊びにおいでよ~~」っと声を掛けて頂いたので、思いっきりお言葉に甘えてお邪魔させて頂きました。

しかし、一人で行く根性がありませんでしたので、いむっち殿とazu殿に声を掛けたところ、二つ返事で

行きましょう!

たまたま連休を利用されてazu邸に遊びに来られてたゆっきっき殿もご一緒する事になりました。

WEB上では全く無名の雷電殿ですが、業界内では知る人ぞ知る人物のようです。

全員、ドレスコード発令です。

いむっち殿はタキシード、azu殿とゆっきっき殿はローブ・モンタント着用です。

僕は日本人の正装、紋付き袴姿にチョンマゲを結って伺う事にしました。

なんと雷電殿のお宅はazu殿邸から徒歩圏内、、、

azu殿邸でいむっち殿が用意してくれたお寿司を食べてから突撃です。

仮装行列のような一行は15分で雷電殿のお宅に到着

ううう・・・・こんな家のインターホンを押して良いのだろうか、、、勇気を出してインターホンを押しました。

ピーーー!ガチャン!

門が開きました。

ニコニコ顔で雷電殿が出迎えてくれました。

家の中はご想像通りです。

床一面に白い石が、、、、そう、、、あんな感じです。

そして、、、

2015553.jpg

なんですかコレは、、、

水槽サイズは900×700×650だったかな?

2015559.jpg

これが飼育歴48年、雷電殿の水槽です。

なんとお婆ちゃんが海水魚を飼育されてるのに影響を受けて海水魚飼育を始めたそうです。

お婆ちゃん、、、いったい何年前に海水魚飼育してたんや、、、、

20155510.jpg

実はさすがにデジカメを持って行くのは失礼だと思いデジカメを持参してませんでした。

しかし記念に写真に残しておきたかったので勇気を振り絞って言いました。

僕 「すいません、、、ブログなどには公開しませんので写真撮ってもいいでしょうか?」

雷電殿 「ど~ぞ!ど~ぞ!ブログにも書いてくれてかまいませんよ~」

その言葉を聞いた途端に砂糖に群がる蟻のようにスマホで撮影しまくる四人、、、、

2015556.jpg

この魚、僕が持ってる本で見た事がある魚です。

実物を見れるとは思いませんでした。

2015555.jpg

水槽の前で無言で撮影しまくる四人、、、、なんて失礼な軍団でしょう。

複数年飼育の魚なのに、どの魚も色褪せなどは皆無です。

ここまで完璧な状態で飼育されてる事が驚きです。

2015554.jpg

この顔の黒いヤッコもどこかで見た事がありますね、、、

UG団員の海坊主殿が欲しいって言ってたっけ、、、、

2015552.jpg

タイガーの下で泳いでるチョウはなんだっけ?

バーゲス?

ギアナバタフライとか言われてたような、、、、

2015551.jpg

飼育魚はタイガーエンゼル、マスクドエンゼル、ギアナバタフライ、ユウゼン、キャンディバスレット(ペア)、ブラックバンド、シマ、スミレ、キンチャクダイ(ブルーフェイス)、レッドストライプ、ゴールドフレーク、、、、その他色々

なんですか、この殺菌灯は、、、

2015557.jpg

生食牡蠣用の殺菌灯だそうです。

20155511.jpg

この魚水槽、硝酸塩、リン酸値はほぼ0だそうです。

珊瑚を入れているのは、水質のバロメーターを見るのと魚の餌としての役割だそうです。

水温は年間通して21度だそうです。

飼育システムや飼育法も詳しく教えて頂きましたが、僕には真似したくても真似できません。

しかしこんな雷電殿でも奥様には魚の値段は内緒だそうです。

雷電殿の奥様はハコフグが欲しいそうですが、「あんな高い魚は買えるかー!角が生えてるハコフグは200万はする!」と言ってるとか、、、

気さくで面白い方です。

飼育歴が約半世紀もありますので、聞く話全てが目から鱗状態です。

ありとあらゆる設備と飼育法でありとあらゆる魚を飼育されてきたそうです。当たり前ですね。。。

もちろん採取にも毎週のように通われてたそうです。

今の水槽も設備だけで維持しているのではありません。

これだけの水槽を維持するにはそれ相応の努力もされてます。

アクアの世界にも色んな形での日本一があると思いますが、雷電殿の水槽も一つの日本一の形ではないでしょうか?

僕の水槽は宇宙一ですけどね、、、、はい、すいません、、、

雷電殿、近く新しい水槽を立ち上げ予定とか、、、、とんでもない事を企んでおります。

あまりにもとんでもないので、ここでは書けません。。。。

そして雷電殿からありがたいお言葉も頂戴しました。

「セグロを餌付けてコロッケ十円之助からトンカツ百円の助、そしてフォアグラ一万の助、フカヒレ十万之助と成長してください!」

その言葉を胸にこれからも強く生きていこうと思います。

10年後は松坂牛一千万之助にHN改名してる事でしょう。

更に帰り際に雷電殿から、「今度は呑みながらアクア談義で盛り上がりましょう!」

是非とも!!!

帰りはゆっきっきさんを新大阪までお送りした後、いむっち殿お勧めの店で三人でサムギョプサルを食べて解散したのでした。

ゆっきっき殿、お土産ありがとうございました。

次回は我が家の宇宙一ヤッコ大水槽を見て失神してくださいね。

20155512.jpg

ウマーーーー!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。