ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濾過槽が完成しました。  

こんばんは

も~食いたくなければ食わんでえ~わい!なんて言っておりましたが、二日ほど前から再度隔離しました。

はい、ホシゾラヤッコ(大)、、、

20151303.jpg

もう万策尽きた感ありありですが、もう一度隔離からやり直してみます。

かれこれ一ヶ月食べてませんよ。

元気に泳いではいますが、そろそろポックリ逝きそうで怖いです。

ご飯を食べたくないってどんな心境なんでしょうね?

魚は空腹感という物が無いのでしょうか?




そして本日夕方にアクアスターのイケメン店長が戦車のような車で爆音を撒き散らしながら、頼んであった濾過槽を持って来てくれました。

ぢゃ~ん

20151301.jpg

1200四層式濾過槽です。

今回も1800水槽を作っていただいた水槽屋さんが作ってくれました。

素晴らしい出来です。

僕は日本オサレアクアリスト協会員ですので、今回はアクリルにしました。

やっぱ綺麗ですね。

一層目から四層目まで全て仕切り板を二枚入れて上から下に水が流れるようになっております。

20151302.jpg

一層目上部にウールボックスを置き、更にその横にスキマーが入ります。

仕切り板を二枚入れると二層目と三層目の濾材スペースが狭くなりますので、一層目にのウールボックス下にもネットで小分けにした濾材を少量入れる予定です。

それでも現在よりは濾材の量は減ると思います。。。って最初から減らす予定でした。

濾材はきっちり機能していなければ沢山入れても意味は無いのです。

今回の濾過槽は入れた濾材が効率良く働くように考えておりますので濾材の量が減っても問題無いと思っております。

効率良く働いてもらう為に二層目と三層目、三層目と四層目の間にある方法でエアレーションを仕込む予定です。

普通にエアレーションすると海水の場合は塩ダレが酷いので、自分なりに考えた方法でやってみます。

それと今回の濾過槽を作るにあたり濾材のメンテが容易にできる事も考えております。

今後はマメに濾材の掃除をしたいと思っております。

一層目の濾材はウールボックスを外さなくてもスキマーの横から手を伸ばせば小分けにした濾材を出すことができるように考えましたので幅を50㎝にしました。

あまり意味が無いそうですが、二層目と三層目の下に溜まったデトリタスを抜く為の排水口も開けてもらいました。

付いてる方がカッコいいしオサレだし、、、

綺麗にしたければ結局は濾材を抜いてパンチングボードを外して掃除するのが一番だそうですよ。

そりゃ、この程度の排水口で綺麗にデトリタスを抜くことは不可能でしょうね。

あくまで気休め程度の排水口です。

さて、来週中には設置したいと思っておりますが、病気発生だけが心配です。

濾材は掃除するならマメにする

しないなら目詰まりするまで放置するのが基本のようですので、今後はマメに掃除していこうと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

尼Tとアクアスターに行って来ました。  

こんばんは

昨年の夏に保護した野良猫ひまちゃんは丸々と太って元気にしております。

20151258.jpg


幾度もの大手術を乗り越え、完治とまではいきませんがズレていた下顎もかなり良くなりました。

20151256.jpg

垂れ流し状態だった涎も出なくなりました。

20151252.jpg


もうこれ以上の治療は不可能ですのでこのまま元気に過ごして頂けたら幸いです。




水槽の方は良くも悪くも大きな変化はありません。

201512513.jpg

別館水槽の方では恭子さん(ゴールドフレーク)とゴメス(ホシゾラヤッコ)は順調ですが、メロンちゃん(キンチャクダイ)は既に拒食になって一ヶ月です。

いよいよ動きも鈍くなってきましたのでもう数日の命だと思われます。

そしてお迎えから一ヶ月、何も口にしていないデカホシゾラヤッコも相変わらず食べません。

100万通りの餌付け法を試みましたが食べません。

もう万策尽きました。

現在はセパレーターも外して自由に泳がせてます。

201512512.jpg


元気に泳いでますので、食べたければ食べるでしょうし、食べたくなければ食べないでしょう。

201512514.jpg


ある日突然食べてくれることを願っておりますが、あまり期待しておりません。

過去に購入した魚で一度もご飯を食べずに死んだ魚は一匹も居ないのですが、この魚が初になりそうな予感です。

良い子の諸君!

ホシゾラヤッコを買うなら10㎝までにしましょう。

ショップに居た同サイズのホシゾラも、ブログ仲間の15センチのホシゾラも餌付かないようです。

ホシゾラ大型個体の餌付けは運次第という事です。(食べる奴はすぐに食べるでしょう)




数日前に嫁と尼Tに行ってきました。

宮本君(本名はO石君)が「ブログ見ましたよ」と言ってこられたので、「ど~して知ってるの?」と伺ったところ

「現在、J3最下位の浪花ゆでタコファイターズの総監督さんから伺いました」との事

ゆでタコファイターズは何処にでも出没してるようです。

尼Tではチャイナ産マメスナ3個買わせていただきました。

この二つと

201512511.jpg

コレです。

201512517.jpg

綺麗でしょ?

嫁は金魚水槽用にバイコムバフィ(要るんかい!?)を購入、更に以前から探している中国産ピンポンパールをO石君に注文しておりました。

更に嫁の希望で何故か?コケリウムも購入???

尼Tの水草担当F原君がその場で作ってくれました。

20151253.jpg

綺麗だとは思いますが、僕にはあまりよく分かりません。

今の時期は毎日3回ぐらい霧吹きしています。




そしてご近所のヤクザスターにはカリブ便とブラジル便が入荷したとの事ですので、昨夜行って来ました。

激美のフレンチ、グレイ、クイーン、ブルー、ジョーなどが入荷しておりました。

あとはカリバブ、ファンシーロックにどこが良いのか?さっぱり理解できない高級珊瑚、サンゾアシッドも沢山入ってました。(サンゾばかり購入される常連さんも居るとか・・・)

僕はカリバブ4個買わせて頂きました。

マルチカラーとメタリックグリーン

201512510.jpg

そしてマルチカラーとパープルです。(パープルがボケボケですが、、、)

20151259.jpg

玄関水槽も少しずつですが賑やかになってきました。

201512515.jpg

アクアナノを装着以来、下段のマメスナやカリバブも一気に元気になりました。

こちらのマメスナは全くダメダメ街道まっしぐらでしたが見事復活してきました。

20151255.jpg

アクアナノ、買って良かったです。

問題はシッタカです。

活着していないマメスナやカリバブを片っ端から落としてしまうので、いくつかの個体を駄目にしてしまいました。

シッタカは嫌いです。

だったら入れるなよって話ですな、、、

一部のマメスナは増殖し始めております。

コレとか

20151257.jpg

コレなんかは明らかに増えてきましたよ。

20151251.jpg

カメラを構えると絶対に出てこない隆太郎(イナズマ)の奇跡的なショットがこちら

201512516.jpg

ボケボケの写真しか撮る事ができません。

オレンジの部分が広がってきたので、あと半年もすれば完全成魚柄になるのかな?

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

PHは大切です。濾過槽発注しました。ホシゾラ食べません。  

こんばんは

実は昨年ショップで水面に浮いてる粒餌を食べてるマンダリンを発見!

これは珍しい!って事で購入、、、玄関水槽に投入しておりましたが、水槽内で粒餌を食べる姿は一向に見ることはできませんでした。

しかし最近になって粒餌を食べる姿をよく見るようになりました。

20151153.jpg

はい、それだけです。




我が家では海水魚とは別に嫁がピンポンパール(金魚)を飼育しております。

嫁の水槽ですので僕はノータッチ、何から何まで嫁が自分で管理しております。

少し前からピンポンパールの餌食いが悪くなり数日後には水槽底で横たわってしまいました。

僕が何気に「ファンヒーターをガンガン炊いているリビングやからPH下がり過ぎてるんちゃうの?」って事で、スティック型のテスターでPHを測定してみたところ、なんとPH3!!!

テスター壊れてませんよ、、、ほんまに3なんですわ。。。

レモン汁のPHが2~3ですからね、、、

一気にPHを上げるのは危ないので、水換え、部屋の換気をマメに行い、骨サンゴ投入して数日掛けて6.5ぐらいにまで上げました。

201511512.jpg

骨珊瑚の入れ方が嫁の性格を物語ってますな。。。

しかしその甲斐あって横たわっていたピンポンパールは起き上がり元気になりました。

あと1日、PHの異常に気付かなければ全滅していたと思われますのでPHは魚を飼育する上で非常に大事なんだと実感した次第です。

海水魚ならこうも上手く復活しなかったでしょうね。

初代アズファーはファンヒーターが原因で死なせてしまったようなものですので、それ以降は気を使っております。




ということで海水水槽の方は年中、窓を開けて換気してますので、換気の悪い今の時期でもPHは8以上をキープしております。

夏は暑く冬は寒い水槽部屋です。

それでも以前の様に8.2や8.3までは上がらなくなりましたので濾材の掃除が必要なのでしょう。

新しい20キロの濾材は本水槽の飼育水で水換えしつつ熟成中です。

20151151.jpg

二年半放置し続けた事で遂に目詰まりし始めた濾過槽

コメントくださる皆さんは定期的に濾材の掃除をされてるそうですので、ノーメンテの濾過槽が目詰まりするのは当然なのかもしれません。

せめて年に一度ぐらいは掃除しなければいけないのでしょうね、、、反省しております。

宇宙一ヤッコ大水槽では魚も大きく給餌量、排泄物共に多いので2年半で目詰まりした事が早いのか遅いのかは分かりませんがね。。。

WEB上でも濾過についてググってみましたが、皆さん親切に色々と語ってくれてます。

しかし濾過というものは基本的に大量の濾材、バクテリア、酸素、回転数が必要だと言う事であって、どうすれば効率的な濾過ができるのか?という事を具体的に書いてくれてる記事は非常に少ないです。

それは今時のマリンアクア自体、ナチュラルシステム主体のリーフタンクが主流であり、僕の様な大量の濾材を使用して大型水槽で魚だけを飼育してるというスタイルが少数派ということでしょう。

20151152.jpg

そんな中でもアロワナなどの大型古代魚を飼育されてるような方は僕と同じようなスタイルが主流のようでして、海水と淡水の違いはあれど意外にも勉強になる事がありました。

結果、ウチの濾過槽の問題点も把握する事ができました。

予定としては濾材の掃除と一部骨珊瑚の入れ替えでしたが、これを機に機能面で問題がある濾過槽の入れ替えも決行する事にしました。

20151154.jpg

既にアクアスターに新しい濾過槽を発注済みです。

1200サイズの四層式です。

完成次第、入れ替えます。




年末にお迎えしたデカホシゾラヤッコは本水槽にデビュー後も頑なにご飯は食べません。

食べそうな雰囲気はあるのですが食べません。

回りに魚が居るから食べないのかな?って事でコロッケ式セパレーターで隔離いたしました。

20151158.jpg

粒餌、ブライン、フレークと色々与えてますが、最も反応があるのがフレークです。

何度がフレークにアタックする場面を目撃しました。

が、、、食べるところまではいきません。。。

20151157.jpg

やっぱこのサイズのホシゾラは無謀だったのかな・・・

かれこれ二週間以上ご飯食べてません。

20151156.jpg

そろそろ食べてくれないとヤバいよヤバいよ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

水換え、ホシゾラ、スクリ本館デビュー、キンチャク拒食  

既に2015年も6日が経ちました。

今更ですが皆様、あけましておめでとうございます。

土日祝祭日、盆、正月、ゴールデンウィーク、、、全く関係のない仕事をしておりますので、その辺の感覚が全くありまへん。

今年になって初めて昨日から連休が取れましたコロッケ十円之助でございます。

昨日は実家(大阪府内ですが)の両親に挨拶に行って来ました。

今日は2015年になって初の水換えを決行いたしました。

2015161.jpg

いつも通り220Lの新水を作ります。

ちなみにバケツ一つで110L作りますが、我が家の場合は塩の量は3.75キロと決まっております。

撹拌時間は1~2時間としております。

撹拌時間が短すぎると溶けきっていない塩の粒が魚に付いて白点の様に見えてしまいます。

先日、水換え後に水槽内のヤッコさん達のヒレに白点の様な粒々が一斉に発生!

うぎゃーー!白点じゃ~~!っと思ったものの痒そうな素振りを見せる個体は一匹もおらず???

なんやろか???

放置すること一晩・・・翌日には全ての魚から白点が消えておりました。

原因は溶け切っていない塩粒だったようです。

なので1~2時間ぐらいは撹拌しております。

水温が合ったら一気に飼育水を抜きにかかります。

僕は濾過槽ではなく飼育水槽からバスポンプで底のゴミを吸いながら抜きます。

ホースの先は床下排水配管へと繋がっております。

2015162.jpg

そしてバスポンプで給水

2015163.jpg

完了しました。

2015166.jpg

このあと調子に乗って玄関水槽も20Lの水換えをしておきました。




お迎えから一週間経ったトリタン生活のデカホシゾラヤッコですが、なかなか手強いです。

全く粒餌に反応しないのでホワイトシュリンプを撒きましたが全く見向きもしません。

三日目に淡水浴をしたところ丼一杯分程の大量のハダムシが落ちました。

これでご飯を食べるかな?と思ったものの全く見向きもしません。

仕方なく禁断のアサリ投入!

はい、素無視、、、

アサリやホワイトシュリンプを入れてると毎日のように水換えしなければいけません。

面倒なので本日淡水浴をかまして宇宙一ヤッコ大水槽本館にデビューさせました。

2015164.jpg

ちなみに今日の淡水浴ではハダムシは一粒も落ちませんでした。

2015169.jpg

本水槽デビュー後はパッサーとアズファーに軽くジャブを喰らったもののその後は落ち着いております。

連られ食いを目論んでの本館投入でしたが、早々に変化がありました。

泳ぎ方が明らかに変わりました。(そりゃ水槽デカいから当たり前か?)

そしてレプリカロックをツンツンするようになりました。

ご飯の時間になると餌場に集まる魚に連られて、なんや?なんや?と餌場まで泳いできおります。

もしかするともしかするかもしれませんね。

2015168.jpg


生きたければ食え!




そして本日もう二匹本館デビューを果たした魚が居ます。

不仲の♂♀スクリブルドアンティアスです。

こちらも面倒なので♂のストレスが溜まる前に本館デビューさせました。

やはり水槽が大きいと喧嘩はしなくなりました。

お互い無関心状態です。

20151610.jpg

心配した無敵艦隊バートレット軍団との相性ですが、全く問題ありませんでした。

オスの方はサイズもデカいこともありバートレット軍団からは一切攻撃は受けません。

20151614.jpg

既にボスの貫録が漂っております。

こいつは強い!

バートレットよりも強いかもしれません。

20151613.jpg

一方、メスの方は一回り小さいこともありバートレットからちょくちょく攻撃を受けておりますが、こいつも強い!

反撃してバートレットを追い払います。

20151612.jpg

バートレットとは五分五分といったところです。

まぁ、大丈夫だと思います。

20151611.jpg

バートレットもスクリブルドも非常に飼い易い魚なのかもしれません。

僕が飼えてるのですからね。。。




そしてスクリブルドの居なくなった宇宙一ヤッコ大水槽別館ですが、恭子さん(ゴールドフレーク)もゴメス(ホシゾラ)も餌食いは良くのびのびと泳いでくれてますが、ゴールドフレークはもうすぐ2ヶ月に入ります。

いつもなら2ヶ月過ぎたあたりから急にご飯を食べなくなりアボーンしてしまいますので楽観視はしておりません。

2015167.jpg

そしてメロンちゃん(キンチャクダイ)は全く食べませんね。

弱ってるようには見えませんが、一日の大半をレプリカロックの下で過ごすようになりましたのでもうアカンでしょう。

今までと考えを変えてチビサイズを本水槽に入れたのが失敗でした。

ウチの本館にチビサイズは絶対に入れたらあきまへん。

ゴールドフレークもホシゾラもチビサイズでは話になりませんでしたからね。。。

メロンちゃん!生きたければ食え!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。