ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブルーフェイス(顔だけ)スパイダー トリートメント中  

こんばんは

海水魚飼育4年半、それまで金魚の一匹すら飼育したことが無いコロッケ十円之助です。

魚を釣る方は人生狂わすほどやっておりますが、飼育となると経験値0のド素人でございます。

最近、全国に弟子が急増中です。

ブログを初めて2年半程ですが、このようなふざけたブログにも関わらず徐々に訪問カキコして頂ける方も増えてきた事には深謝しております。

そもそも時流に反した強制濾過でのヤッコ飼育…こんな事やってる化石アクアリスト自体が少なく、ましてブログを運営してる人となると限られてくるのでしょうね

今後、今のスタイルをいつまで続けるのかは分かりませんがヤッコ飼育を楽しんでいきたいと思います。

数日前に嫁にフクロウ専門店なる場所へ連れて行かれました。

買いませんでしたよ。。。でも可愛い過ぎますね。。。ヤバいかも。。。コキンメフクロウ。。。




さて我が家の新顔ブルーフェイス(顔だけ)スパイダー

元気にトリタンでお過ごしいただいております。

201410305.jpg

リムフォ上がりですので、一日置きに二回のエルバージュ入り淡水風呂に入っていただき、コロッケスペシャルトリートメント中です。

201410307.jpg

現在のところ再発は確認できませんが、腹ビレに極々小さな白い部分が有るように見えますので、もしかすると再発するかもしれません。

201410308_201410302146318b0.jpg

嫁に「たまには可愛い名前を付けろ!」と言われましたので、今回は可愛い名前を命名いたしました。

201410306.jpg

メロンちゃん…

201410304.jpg

メロンの様な模様なのでメロンちゃん・・・・あまりのイカしたネーミングに嫁が絶句しておりました。

201410303.jpg

メロンちゃん・・・

写真では真っ青なメロンちゃん。

たしかにキンチャクダイとしては青い方かもしれませんが、実際にはここまで青くはないですよ。

写真が下手糞なだけです。

もう少し薄い青色です。

201410302.jpg

トリタンの環境に馴染んだようでして動きもすばしっこくなり、狭い水槽内をピュンピュン泳いでおります。

僕が近づくと餌をねだってくるようになりました。

どんどん食べて大きくなってほしいですね。

201410301.jpg

ショップ水槽で二週間ほど泳いでいたので、今のところは白点も出そうにありません。

おそらく何事も無くトリートメントは終了しそうな感じです。

現在はGFGなどは使用しておらず本日は水換え後にアクアセイフを適量入れただけです。

201410308.jpg

メロンちゃんのお食事風景を撮影してみましたので、お暇な方はご覧ください。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

ブルーフェイス顔だけスパイダー参上  

こんばんは

アニキ(ゴールドフレーク)の死により、ちょっと凹んだコロッケ十円之助

しかし昨夜のタイガースの圧勝を機に立ち直りました。(今日は負けたけど、、、)

ゴールドフレークがナンボのもんじゃい!

僕はこの程度でへこたれる小穴尻なアクアリストではありまへん。

攻めてこそアクア!

攻撃こそ最大の防御です。(意味不明)

常にイケイケでなければアクアテンションは維持できまへんので、僕の頭がトランス状態の間に新魚をお迎えいたしました。

はい!ブルーフェイス(顔だけ)スパイダーです。

201410262.jpg

キンチャクダイです。

タテジマキンチャクダイとかホシゾラキンチャクダイとかコンスピキンチャクダイではありまへん。

単なるキンチャクダイです。

単なるキンチャクダイですが、こいつは台湾産ブルーフェイス(顔だけ)スパイダーなのです。

本当はイケメンショップに居た全身スパイダー柄が欲しかったのですが、サイズも大きく餌食いも微妙だった為、様子を見ていたのですが、先日のアニキの死で思うところもあり幼魚でチャレンジする事にしました。

…というか大人しい性格のキンチャクダイの成魚を本水槽に入れたらゴールドフレークと同じ運命を辿りそうですので、無神経な幼魚をお迎えする作戦です。

イケメンショップに居た三匹の幼魚を5時間ぐらい睨めっこして一番良さそうなのを選びました。

201410263.jpg

最近マイブームであるブサカワ系ヤッコです。

模様こそ違いますがゴメス(ホシゾラヤッコ)と同じ顔をしております。

この顔たまらん!

201410266.jpg

リムフォが出てたそうで、昨日淡水浴による治療を行ったそうです。

なので再発の可能性が高いです。

でもリムフォなんかは病気とは思ってませんので、本日お迎えいたしました。

201410264.jpg

幼魚と言っても8センチあります。

しかし我が家のヤッコの中では最小サイズ?(玄関水槽の隆太郎(イナズマ)と同じぐらい?)です。

201410265.jpg

今日はとりあえず水合わせだけしてトリタンに入ってもらいました。

既に粒餌食べてますね。

201410261.jpg

ちなみにこの子は玄関水槽ではなく、宇宙一ヤッコ大水槽にデビューさせる予定ですが、このままドボンしてしまうとGO GO HEAVENしてしまいそうですので、導入までは細かいプログラム(2,000工程ほど)を組んでおります。

現在水槽で泳いでいるメンバーとの合流は当分先になる予定です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

ゴールドフレークがご逝去なされました。  

こんばんは

多くの皆様からアドバイスや応援カキコを頂きましたアニキ(ゴールドフレーク)が本日、ご逝去なされました。

飼育期間は2ヶ月と13日でしたので結局今回も3ヶ月飼育はできませんでした。

先日のブログで皆様からアドバイスを頂き、抗生物質の投与、日々20Lの水換え、ビタミン剤の投与をしておりました。

更にチャームでイサザアミ購入

201410213.jpg

思いっきり食べられてこ~~~い!とイサザアミをトリタンに投入するも、、、

アニキ、イサザアミと仲良く共生しておりました。。。。あほ~

201410214.jpg

この時点で自分に出来ることはやり尽くした感がありました。

日に日に元気もなくなり泳ぎ回る事もなくなり一箇所でホバーリング、、、

今朝、出勤前に様子を見た時はタライの側面にもたれ掛っておりました。

もうアカンかも、、、

そして帰宅してみると

201410218.jpg

合掌…

もう情けなくて悔しくて仕方ありません。

単なる拒食なら半月ぐらいは死ぬことは無いと思っておりましたが、わずか一週間ほどで亡くなってしまった事を考えると、おそらく皆様が仰る通り内臓疾患を伴っていたのでしょう。

ゴールドフレークのお腹を開けてみたところ物凄い異臭がしました。

僕は釣りをしますので魚をよく捌きますが、恐ろしいぐらいの悪臭でした。

ウマズラハギを捌いた時と同じ様な匂いがしました。(カワハギは匂わないのにね…)

内臓を見ても何が悪いのかは?分かりませんでしたが内臓に異常がある事はその匂いから感じ取れました。

原因はタテキン、パッサー、アデヤッコあたりとの混泳ストレスと高水温(我が家では24.5℃設定でした。)によると思われます。

これでウチの水槽にゴールドフレークは入れられない!と確信いたしました。

混泳メンバーが変わらないと無理です。

3匹も同じ原因で殺してしまうなんて気付くのが遅すぎますよね。

犠牲になった3匹のゴールドフレーク様、大変申し訳ありませんでした。

そして親身になってアドバイス頂きました皆様、ご期待に応えることができず申し訳ありません。

しかし海水魚の飼育って難しいですね。

いや、僕が難しくしているのでしょうね。

本当は簡単なのでしょう。

60㎝規格水槽からスタートしてから3年目にしてヤッコ混泳水槽を夢見て120㎝水槽を立ち上げました。

失敗もありましたが、少しづつヤッコの飼育もできるようになり初心者の域は脱した!と思い自信を持ちました。

自信を持つともっと色んな魚を飼ってみたいと思うようになりました。

ヤッコ水槽では3匹のゴールドフレークの他にクリスルス、アズファー(初代)、フレンチ(幼魚)を亡くしました。

完全にうぬぼれてました。

現在、宇宙一ヤッコ大水槽には9匹のヤッコが泳いでおります。

悲しいかなまだ入れたい魚が居るんですよね。

ブルーフェイススパイダー(キンチャクダイ)、とコンスピ、パソニファです。

3匹とも入れるかどうかは別にして、どれもホシゾラと同じキートドントプルス属なので大丈夫かな~?なんて考えている情けない自分がいます。

海水魚の飼育というものはシステムについて、魚について、病気について、、、様々な知識も経験も必要ですが、飼育上級者との壁は「我慢」だと思われます。

欲しい魚を我慢する事が最も難しいのではないのでしょうか?

これができる人こそが上級者です。

そう考えると僕は一生上級者になる事は有り得ませんね。。。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

水槽立ち上げました。  

こんばんは

本日、帰宅するとゴールドフレークのアニキは生きてました。

粒餌を撒いてみましたが無視、、、

アサリとホワイトシュリンプは興味はあるものの数回つついたのみです。

どうしたもんか、、、

前回のブログでアニキの容態をお伝えしたところ、多くの皆様からアドバイスを頂きました。

本当にありがとうございました。

なんせ見様見真似、WEB上で仕入れた情報だけをここまでやってきましたので、今回の様に経験豊富な先輩方からご意見を頂戴すると非常に助かります。

すぐに実行できる事できない事もありますが、一つ一つのアドバイスが非常に参考になり、多くのことを学ばせてもらいました。

皆様からのコメントは何度も何度も読み返しました。

皆様、苦労してこられたのでしょうね。

このような先輩方が苦労してきたからこそ現在の飼育スタイルが確立されて昔よりは容易に海水魚が飼育できるようになったのでしょうね。

僕も色々と考えさせられました。

正直、三代目ゴールドフレークに関しては「駄目だったら駄目で仕方ないか、、、」との思いもありました。

しかし先輩方の話を聞いてるうちに自分は魚の命の重さを軽視していたのではないか?と思うようになりました。

ポマカントスがタテキン、ホラカントスがパッサー、アポレミクティスがゴールドフレーク、グリフィス、ブラバンぐらいは知ってましたが、各種属による相性の問題、水温などは考えたこともありませんでした。

そんな事いちいち気にしてたら欲しい魚を飼う事なんてできるか~~~!っと、、、

高水温に強い魚、低水温域の魚、魚同士の相性、、、教科書通りにしていたら水槽がいくつあっても足りません。

なんせ多くの水槽を置きたくないから1800にしたのですからね

今後もごちゃ混ぜ水槽である事は変わりありませんが、少しでもそれぞれのお魚が長生きできる様に、飼育技術を(今よりは)磨かなければいけまへん。

なので、アニキに関しましてもできる限りのことはやってみようと思います。

なので新水槽を立ち上げました。

201410172.jpg

ぢゃ~~ん

タライ水槽です。

これを水槽と呼べるのかどうかは分かりませんがね。。。

45センチのトリタンでは狭いのではないか?との思いから、タライに変更です。

60ワイド水槽を持ってるのですが、OF式ですのでそう易々と立ち上げることができません。

なのでタライです。

これで水量は50Lほどになりました。

濾過器にはエーハイムの外部フィルター、クーラーはGEXです。

201410173.jpg

濾材は元々使用していた濾材に家の中に転がっていたデルフィスの濾材を追加しました。

水温は22~23度をキープしております。

201410171.jpg

外部フィルターだけでは酸欠になりますのでバブルストッパーを使用して強エアレーションしております。

更に意味があるのか?分かりませんがレプリカロックを一つ放り込みました。

ヤッコでも飛び出しますので、飛び出し防止網も取り付けました。

トリタンとしては申し分のない設備ではないでしょうか?

内臓疾患があるとの意見も多いので抗生物質の投与も検討しましたが、僕が持っている人間用の抗生物質が使えるのか?どうかが分からなかったのでGFGを先日より少し多めに入れました。

201410174.jpg

広くなってストレスが解消される筈?です。。。

45センチの時はバタバタしておりましたが、タライ水槽にしてからはゆったりと泳ぐようになりました。

正直、何が良いのかは分かりません。

とりあえずは現在は餌を食べてませんので、アサリでもホワイトシュリンプでも放り込んでなんとか食べてくれることを願っております。

もうこれ以上は環境を変える気はありませんので、水換えしつつご飯を食べてくれる事に期待したいと思います。

今、僕にできることはこのぐらいでしょうかね・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

ゴールドフレーク二か月経過  

こんばんは

皆様もご存じだとは思いますが、ホンソメワケベラという魚は夜はライブロックの隙間などに入り込み鼻水を垂らしながら寝る習性があります。

我が家のホンソメワケベラは飼育から四年が経ちましたが同じく水槽のライトが消えた途端に寝床に入ります。

最近は水槽部屋の灯りが付いていて明るい状態でも時間になると寝るようになりました。

いつもは何処で寝ているのか?は分かりませんが、最近はよく分かります。

20141095.jpg

ライブロックの隙間には入りますが丸見えの状態で寝ております。

20141096.jpg

このように丸見えの状態で寝るようになって数日が経っております。

ちょくちょくレプリカロックのレイアウトを変更しているので、現在のレイアウトではこの位置が寝やすいのかもしれません。




そして三代目ゴールドフレークのアニキが我が家にやってきてから二か月を越えました。

鬼門の三ヶ月まであと一ヶ月ですが、現在のアニキはご覧の状態です。

20141092.jpg

はい、キッチリ水槽の隅っこでヒッキーになり始めました。

昨日から「ちょっと行動がおかしいかも?」とは気になっておりましたが、今夜餌を撒いた時に確信いたしました。

最初、数粒食べると後はご飯を追うこともなくフラ~~フラ~~っと泳いでおります。

今日は隅っこでヒッキーになる時間も昨日に比べて多くなりました。

明らかにおかしい…

いつも通りキッチリ二か月を越えておかしくなりました。あ~あ・・・

昨日から70時間ぐらい観察しましたが、毎度のことながら体表、呼吸、ヒレの動かし方などは全く問題はありません。

アニキに聞いた訳でもありませんので明らかではありませんが、僕は混泳ストレスだと思っております。

このまま放置していてもいつも通りなら結果も見えてます。

手遅れになる前にさっさと隔離する事にしました。

20141094.jpg

水槽は45センチですので狭いですが他にヤッコは居ませんので、少しはマシかな?と思います。

殺菌灯やオゾナイザーも付いてませんので飼育水の殺菌目的で極薄~~くGFGを入れております。

飼育水は元々アニキが泳いでいた本水槽の水です。

外掛けフィルターの濾材は本水槽の濾過槽で熟成させておいた濾材を使用しておりますので急激な水質の変化は無い筈です。

現在の様子は普段と全く変わらない状態に見えます?

落ち着いた環境で再び爆食い状態に戻ってくれたら良いのですがね。。。

しかし残念です。

今回も同じことになってしまうとは、、、、ウチの水槽にゴールドフレークにとって余程相性の悪い魚でも居るのでしょうかね?

同時期に入ったゴメス(ホシゾラ)は全く問題ないのですがね。。。

やはりこの魚はウチのような大混泳水槽では飼育不可能なんでしょうかね?

にしても、、、トリタンで復活したとしてもその後どうすれば良いものか、、、悩みどころです。

とりあえず死なんどいて~~~(泣)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

オーネイトエンゼル瀕死なのか?  

こんばんは

いつも同じ写真ばかりですいまへん。

今日も我が家の良い子の諸君はご機嫌です。

20141078.jpg

やっぱヤッコは良いですね。

人馴れするし、存在感はあるし、ヤッコ最高です。

今日は水槽の側面からも写真を撮ってみました。

20141077.jpg

だからど~って事はありまへんが、、、

心配はしてませんでしたが、アニキのポップアイも完治しました。

20141079.jpg

お迎えから約2ヶ月、、、まだ生きてますよ。

このまま3ヶ月の壁を超えて長期飼育といきたいところです。

今のところは餌食いも良く水槽内でもピュンピュン泳いでますよ。

突然拒食にならない事を祈るばかりです。

水槽写真を見てお気づきになった方もおられるかと思いますが、レプリカのレイアウトを変えてみました。

高さを出さずにレプリカを横にして底面に対して広くレイアウトしております。

レプリカの量も減らしました。

20141076.jpg

この方があちこちに隠れ家ができるので、多くの魚が体を休めることができるのではないか?との作戦です。

20141075.jpg

ヤッコは岩組の中に身を潜めますからね。

201410712.jpg

こんな感じでゆったりできます。

201410710.jpg

アズファーもご機嫌さんです。

201410713.jpg

ウチのようなヤッコ大混泳水槽の場合、隠れ家を多く作るとテリトリー意識が芽生え、喧嘩の原因になるとの意見もありますが、ウチは以前からこのスタイルですので今のところはこの状態で続けております。

いつもは岩組の中に入る事ができなかったケンヂ君(グリフィス)もご機嫌さんです。

201410711.jpg

ちなみに顔はバカ殿系です。

20141071.jpg

グリフィスとゴールドフレークはバカ殿系の顔をしてますね。

ブサカワ系のゴメス(ホシゾラ)もルンルンです。

20141072.jpg

目の座ったヤッコってのも珍しいと思います。

パソニファやコンスピもブサカワ系ですよね。

いつかはお迎えしたいです。

数日前にちょっとした出来事がありました。

夕食を食べ終えてふと水槽を見ると、底に転がる一匹のヤッコ、、、

またもやオーネイトエンゼルのベル子ちゃんでした。

先日もフラフラになっておりましたが、何故か復活?

しかしまたもや水槽の底で倒れておりました。

弱り切ってバートレットに突かれてます。

まさに瀕死の状態、、、

やっぱ浮き袋の異常の可能性が高いと思います。

よくぞ我が家で1年半も頑張ってくれました。

もう限界なのでしょう。。。

でも、、、、またもや立ち上がりました。。。

ヒレをバタバタさせて立ち泳ぎです。

20141074.jpg

不思議な事に前回同様にご飯は爆食いです。

非常に元気です。

20141073.jpg

しかしず~~っとこの状態です。

水流ポンプを止めても同じ状態です。

元気で食欲も有るのですが、とにかく泳ぐのが辛そうです。

1年半この状態でしたが、ここに来て泳ぎ方が更に辛そうに見えます。

もう完治は見込んでおりませんが、少しでも長生きしてほしいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

▲Page top