ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

魚大図鑑 【イナズマヤッコ】  

こんばんは

久々に魚大図鑑更新です。

今回はイナズマヤッコ

20141281.jpg

幼魚から成魚への成長にかけて全く異なった模様に様変わりするポマカントスです。

と言っても成魚への模様変わりはかなり早い時期だそうでして、完全な幼魚柄のイナズマをショップで見掛ける事はあまりありません。

ウチの渡五郎君も完全な成魚柄でのお迎えでした。

この魚、ググってみれば明らかですが、「餌付け困難」「混泳ストレスに弱い」と紹介される事が多いようです。

僕もそれを聞いた時にヤッコだらけのウチの水槽にイナズマは無理なんじゃないか?と思いまして、お迎えは控えておりました。

しかし嫁がイナズマを欲しがるので何とかならないか?と考えてみました。

混泳ストレスに弱いのなら大きい個体ならどうにかならないか?と思いました。

一か八かの賭けで大き目個体15cmをお迎えしました。

餌付けの方ですが、簡単に餌付きました。(つ~かショップで既に食べてました)

餌付けが難しいなんてのは全くの嘘です。

確かに海外から輸送直後すぐに食べるとは思いませんが、ブラインやコペ、アサリなんて必要ありません。

ショップでも伺いましたが、粒餌だけ与え続けていれば数日で食べるようになるようです。

要は入荷時の初期状態のみだと思いますので、元気に泳ぎ回ってるような個体ならいずれ食べますし、一箇所でじっとしてて何時までも人馴れしないような個体は食べないと思います。

20141282.jpg

内臓も強く薬浴後に内臓疾患も出難い種であると思います。

ウチの渡五郎君はお迎え時に白点病から原因不明の病気を併発して、一時は生死の境をさまよいましたが二ヶ月にも及ぶ懸命の治療の結果、後遺症も出ることなく現在に至ります。

そして混泳によるストレスですが、今のところは全く問題ありません。

我が家の場合、アデヤッコと折り合いが悪くしょっちゅうアデに追っ掛けられてますが全く凹む事も無く拒食になったり水槽の隅でヒッキーになったりという事はありません。

常に所狭しと泳ぎまくってます。

ヤッコがうじゃうじゃ同居するウチの水槽で飼えるのですから、混泳ストレスに弱いなんて事は無いと思います。

しかしそれはウチの五郎君が15cmとデカいからなのかもしれません。

10cm以下の小型サイズだったら弱いのかもしれませんね。

イナズマは水槽飼育の元では著しく退色するそ事が多いようです。

強い照明や硝酸塩が原因なのかもしれませんね。

我が家の場合、硝酸塩を抑える事は不可能ですので(常に40~50ppm)、いずれは退色するのかもしれません。

照明はゼンスイのLEDライト(ホワイト&ブルー)一本だけですし点灯時間も短いのでそれほど影響は無いと思うのですがね・・・

20141283.jpg

お迎えから7ヶ月が経ちましたが、なんせ僕がお迎えした魚の中では本水槽デビューまで最も時間も手間も掛かりました。

何度も生死の境を彷徨い諦め掛けた(諦めてた)魚ですので思い入れは特にあります。

このまま元気に育って欲しいと願っております。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

UGサミットに行って来た翌日に殺菌灯の球交換しました。  

こんばんは

先日の土曜日は北摂アクア連合『UG』の新年会サミットに参加してまいりました。

参加メンバーはこちら

20141264.jpg

20141265.jpg

今回はいつものメンバーに加え新たに入団されましたヤッシー殿、えっくん、そしてスリム水槽で有名な、、、あっ違った、、、僕が使用しているCAD Lightsスキマー、最近ではOrphek Atlantik V2、Pacific Sun、新型illumagicなどの超最新LED機器の輸入代理店としてご活躍のジュンコーポレーション社長殿も参戦です。

UG総本山総帥イケメン店長はシベリア出張中の為、みち41殿はももクロコンサート観戦の為に参加できませんでした。

まぁ、、、食べ物の量も凄かったですが喋る量も凄かったです。

皆さん僕と違って色々と知識も経験も豊富ですので聞く話聞く話が勉強になりました。

同じ趣味を持つ仲間同士の集まりってほんと楽しいですね。

そして帰り際に海坊主殿よりプレゼント

201411262.jpg

UGオリジナルステッカーです。

ちなみにUGのロゴマークはwebデザイナーを本職とされる海坊主殿による最先端のデザインとなっております。

お~きにです。

そしてジュンコーポレーションの社長さんからはスリム水、、、いやっ違った、、、

20141261.jpg

尾長グレ、、、いやっコバルトのストラップを戴きました。

お~きにです。

僕は散々ブログでわざとらしくCAD Lightsスキマーの宣伝をしてましたので、間違いなく新型illumagicかPacific Sunあたりが貰えると思っておりましたが、考えが甘かったようです。。。

社長!これからも宣伝しまくりますので次はお願いします!

、、、って珊瑚水槽やってないのに何に使うねん・・・・

でもCAD Lightsはほんまえ~スキマーです。




サミットでアゲアゲになったアクアテンションの勢いのまま翌日はレプリカロックをゴシゴシやってみました。

20141263.jpg

なんとなくここのところ茶ゴケの出るペースが早くなったよ~な?

なので昨年5月から交換してなかった殺菌灯の球を交換してみる事にしました。

20141266.jpg

今回は交換球だけでなくオーバーフローパイプ、プロテクションスリーブ、Oリング、ラバーガスケットなども交換することにしました。

説明書によると1年置きぐらいで交換した方が良いそうです。

でないと本体が劣化して水漏れしてまうそうですわ。

ウチのQL40は使用から1年4~5ヶ月ってところですので、やっておかなければあきまへん。

オーバーフローパイプもプロテクションスリーブも茶ゴケまみれでバッチかったですが、それほど劣化してるようには見えませんでしたので、あと1年いけるんじゃないか?と思いましたが、面倒なので交換しておきました。

20141268.jpg

で、、、ラバーガスケットなるパーツなんですが、、、、

20141269.jpg

そんな物は元々付いてたのでしょうか???

クォーツスリーブを抜いてみたところ、そんな物付いてませんでした。

外れてしまって配管の中に転がってるのでしょうか?

今更どうする事もできまへんので、新しいラバーガスケットを取り付けておきました。

最後にOリングと球を交換して完了しました。

201412610.jpg

20141267.jpg


201412611.jpg

青いライトの輝きが増しました。

201412612.jpg


明らかに明るくなりましたので球交換は正解だったのでしょう。

でもオーバーフローパイプとプロテクションスリーブは交換する必要無かったかも、、、

これで先日のオゾナイザーのオゾン発生管交換に続き殺菌灯も真新しくなりましたので、ちょっと安心です。

目指せ無菌室水槽!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

猿真似こそ上達への近道  

こんばんは

スキマー絶好調でおます。

20141218.jpg

あっ!またスキマーの写真をUPしても~た、、、そんなつもり無かったのに~

あまりにもスキマーの性能が素晴らしいのでついついUPしたくなっちゃいます。

とか言って力一杯宣伝してますわな。

その理由は今週末のUGサミットに関係しております。

この手のコーン型スキマーはカップにウンコカスをこびり付けるのではなく、汚水を溜める調整法が基本だそうですので、僕も少々オーバースキム気味に調整しております。

これで2日分の汚れです。

まぁ、僕のような魚水槽でスキマーの講釈垂れても意味無いかもしれまへんがね、、、




今日はマダラハナダイのマー君と祐ちゃんの要るトリタンの水換えをいたしました。

きっちり23℃に合わせて20Lの水換えをいたしました。

20141214.jpg

21.6℃やんけ!ってツッコミは無しでお願いします。

この後ヒーターで温めましたので・・・

よくよく考えてみれば、この水槽はトリートメントタンクなのです。

本水槽デビュー前にトレーニングの場であって長期飼育する為の水槽ではありまへん。

さて、、、この二匹のマダラハナダイはど~しましょ?

もう少し大きければ本水槽デビューも有りかもしれまへんが、田中&斎藤5~6cmしかありまへん。

当分はこのままって事でしょうな・・・




トリタンの水換えが終わると無性にヤッコ水槽の水換えをしたい衝動に駆られました。

前回の水換えから今日で8日目ですが水換えをしました。

魚水槽なんて水換えが多ければ多い程良いに決まってるのです。

・・・と僕は思ってます。

水換えし過ぎて魚が死んだなんて話は聞いた事がありまへん。

水換えし過ぎるとバクテリアがど~のこ~のなんて話は知ったこっちゃありまへん。

20141213.jpg

220Lの水換え決行です。

いつもお湯と水を調合して25~26℃の水を貯めるのですが、今日は調合ミスをしてしまいまして出来上がった水は30℃・・・・24.5℃に下げるのに4時間も掛かってしまいました。

24.5℃になったところで、いつものように一気に水を抜き一気に注水

水を抜き出してから注水完了までは30分掛かりまへん。

その後はいつもの通り超強エアレーションを3時間ほどしておきました。

20141216.jpg

エアレーションすると水かピッカピカのキラッキラのツルッピカになりますわな。

20141217.jpg

ISO落として撮影したらこんな写真になってしまいますたわ、、、

ふと水質管理表を見てみると今年になってから既に640Lの換水をしている事に気付きました。

今月中にもう一回水換えすると800L超えとなりますので、関東の水換えマスターebi殿並の換水量です。

打倒!ebi殿!

訳分からんし、、、




ヤッコ水槽を立ち上げて1年ちょっとが経ちましたが、初心者なりにもなんとな~~~く飼育に関して気付いた事もありますし、未だ謎の部分も多々あります。

僕の場合、ややこしい添加剤を投入したり他人に内緒にしてるような魚のケア方法などはありまへん。

なんせweb上で得た知識だけしか持ち合わせておりまへんので。。。

基本は水換えとウール交換、水槽内の掃除ぐらいです。

「基本は・・・」と言ってもそれ以外やってまへんし、、、

ある程度の設備を整えて立ち上げれば、これだけで十分のような気がします。

そしてPH値命です。

硝酸塩やリン酸などは気にしまへんがPHだけは気にしております。

昨年の冬はリビングで石油ファンヒーターを使用した事で、隣の水槽部屋まで影響を受けてPH値が大きく変動してました。

同時期にお亡くなりになったアズファーはその辺に原因があったのではないかと思っております。

なので今年は石油ファンヒーターは使用しておりまへん。

その甲斐あってかPH値は8.0~8.2で安定しております。

たまに夕食に鍋などをするとPH値が7.9ぐらいまで下がる事がありますが、そのような時はバッファ剤を入れてでもPH値を上げておきます。

今後もPHモニターFUKUROWと睨めっこしつつ神経すり減らしていこうと思います。

あと飼育に関してのポリシーですが、、、、、んなもんありまへん。

強いて言えば自分なりの考えで新たな冒険や実験はしないという事です。

アクア系のブログを読んでますと次から次に新たなアイディアを出して挑戦し続けてるような方がおられますが、ある意味尊敬しております。

僕にはそのような勇気はありまへん。。。

僕が思いつく程度の事は過去に出尽くしてるやろ、、、ってのが本音です。

僕のような人間は上手な方の真似をする事が最も確実だと思っております。

猿真似こそ上達への近道!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

近況報告  

こんばんは

昨年夏に三分の一程までに株分けして小さくした玄関水槽のナガレハナがまたもや偉い事になってきました。

サンゴマスターの僕の管理が余程良いのか?あっとゆ~間に巨大化してまいりました。

20141186.jpg

楽々屋殿、そろそろスタポにくっついた部分のナガレハナ持ってってくれてい~ですよ。

でも一枚のライブロックの上にスタポとナガレハナがくっついてるのですわ、、、どないかしてくださいね。。。




そして全世界が注目している田中&斎藤水槽

20141182.jpg

田中マー君も斎藤祐ちゃんも爆食い状態となりました。

しかしお互い性格が全く違います。

マー君は水面の餌や落下途中の餌を狙って常に上を向いて泳いでますが、祐ちゃんは一日の大半を岩陰に隠れて底に落ちてる餌だけを片っ端から食べ尽くすスタイルです。

20141183.jpg

なのでマー君の写真はナンボでも撮ることができますが、祐ちゃんの写真はなかなか撮る事ができまへん。

やはり肩の故障が完治していない祐ちゃんは、ちょっとスネているのかもしれまへん。




最近、宇宙一ヤッコ大水槽のネタがありまへんでしたので、久しぶりにご覧いただきます。

20141189.jpg

立ち上げから1年を過ぎてこの水槽もようやく安定期に入ったのでしょうか?ここのところはウール交換と水換えのみで維持できております。

餌食いの方も皆様良好のようでして僕や嫁が水槽の前に立とうものなら大騒ぎになります。

20141188.jpg

ガンガンご飯を食べさせるのが僕のスタイルですが、最近はあまり食べさすのもいけないんじゃないか?お腹を休める日を作った方が良いのでは?とも考えるようになりましたので、毎週日曜日はラマダンとして断食していただく事に決めました。

ケンヂ君は少しづつですが大きくなってるようですが、巨大化する兆候は見られません。

一日中、逆さになって脳天逆さ泳ぎを披露しております。

おそらく運動量は水槽内ではナンバー1だと思われます。

201411815.jpg

スクリブルド、、、かなりデカくなりました。

現在、20cmあるかないかって感じですが、たった一年ほどでこんなにデカくなる魚だとは思いもしませんでした。

いったいどこまで大きくなるのでしょうか?

201411814.jpg

ちなみにスクリブルドは過去に一度も体調を崩した事がありまへん。

丈夫な魚なんでしょうね。

続いて寝太郎君

もうほぼタテキンと呼べるカラーに変身しました。

約一年でここまで成長してくれました。

201411816.jpg

先日、とあるベテランアクアリストの方から伺ったのですが、ウズマキは3cmであろうと7cmであろうと、1年でタテキンカラーに変化するそうです。

1年経ってもタテキンカラーにならないという事は、水槽の大きさであったり混泳魚との問題であったり、水質であったり、、ウズマキがタテキンカラーになれない環境になってしまってる事が原因だそうです。

ほんまかいな?と思いましたが、その方は断言しておられました。

実に興味深いお話です。

で、ウチの寝太郎君はリム男と仲良さそうに泳いでました。

201411813.jpg

リム男君は厚みもできて体長体高ともに成長しましたが、目立って大きくはなっておりまへん。

地道に少しづつ、、、って感じです。

先日、パッサーと遣り合ってパサパサになった背ビレや尾ビレは早くもほぼ完治状態となりました。

20141185.jpg

しかし、、、リム男は写真映り悪いです。

いつも水槽の底の方で岩陰の周りをうろついていますし、上に上がってきた時は餌を爆食いしてる時なので動きも早くなかなか綺麗な写真が撮れまへん。

20141187.jpg

実際は深みのあるブルー(濃紺?)がとても綺麗なんですがねぇ、、、

正反対に何時でも何処でも写真映りの良いはじめちゃん

自慢のパールマークも消滅しそうで消滅しません。

もう時間の問題か?

201411811.jpg

バートレットに囲まれるはじめちゃん・・・

20141181.jpg

水槽内の番長であるはじめちゃんに唯一背丈比べ(摺り合わせ行為)に挑む魚が居ます。

パッサーです。

20141184.jpg

随分と大きくなりましたが、まだまだはじめちゃんの半分ほどの大きさです。

しかしハートははじめちゃんより大きいようでして、はじめちゃんとの背丈比べが始まると、はじめちゃんが嫌がるまで続けます。

将来、恐ろしい存在になるのかもしれまへんが、あまり深く考えないようにしております。

そし渡五郎

元気ですよ。。。。それだけかい!!!

201411812.jpg

そして、、、

最後に、、、

見たいですよね?

本日のスキマーど~ぞご覧あれ

201411817 (2)

ごめんなさい・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村








オゾナイザーのオゾン発生管を交換しました。  

こんばんは

見たいですか?

20141141.jpg

またスキマーの写真かい!と思っておられる方もおられるでしょうがお構いなしでUPします。

スキマーを掃除して綺麗になったので記念撮影しておきました。

ところで最近オゾン臭があまりしてないような気がしておりました。

もしやオゾン発生管の交換時期なのでは?という事でアデックスL-75のオゾン発生管を取り寄せました。

オゾナイザーを分解してオゾン発生管を見てみたところ、案の定劣化しておりました。

こちらが1年3ヵ月使用したオゾン発生管です。

20141145.jpg

そしてこちらが新品のオゾン発生管

20141146.jpg

一目瞭然です。

昨年の夏頃にオゾンの効きが悪くなった時がありまして、その時は発生管にお湯を通して復活させました。

今回もお湯を通せばある程度は復活したかもしれませんが、使用期間も1年3ヶ月である事を考慮して新しい物に交換です。

20141144.jpg

簡単に交換する事ができました。

交換後にスキマーに接続してオゾナイザー稼動

ほんのりとオゾン臭がしてきました。

これで大丈夫でしょう。

ちなみ僕のオゾン添加量はA(5分添加の45分休憩)です。

ウチみたいな過密水槽にオゾンは必需だと思っております。

先日お伺いしたマグネシウムの店内魚水槽、バックヤード水槽の全てにオゾナイザーが付いておりました。

マグネシウムの社長さんが「このような過密飼育ではオゾン炊かないと亜硝酸が出ると思います」と言ってましたので満更でもないと思われます。




ブログ仲間の星美殿がPHモニターFUKUROWを記事にされてました。

ん?3ヶ月に一回校正するんか???

ウチは昨年10月に校正したのでそろそろ3ヶ月です。

そろそろやってみようかな、、、って事でやってみました。

20141142.jpg

校正終了後

20141143.jpg

とくに狂ってなかったようです。。。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

マダラご飯食べました。  

こんばんは

毎日30分はスキマーの泡を眺めておりましたコロッケ十円之助でございます。

スキマーの泡を見ていると心が落ち着くようになりました。

嫁に『またスキマー眺めとるんかい!』とよく言われます。

ド~~ン!

20141134.jpg

え~感じでしょ?

CAD Lights TIA-1350スキマーの方は微調整を繰り返しておりましたが、ベストポジションを掴んだようでしてウンコカス取れまくり状態となりました。

このスキマーですがWEB上でググってみても国内で使用してる人も居なかったので不安もありましたが、買って良かったです。




そして本日は仕事も休みでしたので朝から水換えしました。

前回の水換えから10日しか経ってませんが気が向いた時に水換えするのがコロッケスタイルです。

本日も200L

20141135.jpg

のつもりでしたが、塩分濃度が若干高かったので足し水してたら220Lになってしまいました。

20141136.jpg

ダブルで超強エアレーションをしつつ水換えしました。

水換え後も数時間エアレーションしておきました。

調子の乗ってきたところで玄関水槽も20Lの水換えをしておきました。




45cm水槽で隔離状態だった祐ちゃんが出してほしそうにしてましたので、セパレーターを取り付けて放流してやりました。

20141133.jpg

すると古参のマー君が祐ちゃんの所に行きたがります。

しまいには外掛けフィルター裏側の僅かな隙間から祐ちゃんのテリトリーに侵入しました。

やっぱ仲が宜しくないようでして、、、

なので隙間にウールを詰めて再度隔離し直しました。

今日もマー君は食わんやろな~~・・・っと粒餌を3粒ほど落としてみました。

パク・・・パク・・・・・・パク!

食った~~~!!!

やっとマー君食べてくれました。

日本中が泣いてます。

その後、数時間おきに数粒づつ給餌しましたが、爆食いではないもののポツリポツリと食べるようになりました。

これで一安心です。

やはり祐ちゃん効果でしょうかね?

20141137.jpg

ちなみに↑は新参の祐ちゃんです。

マー君に比べて数ミリ小さいぐらいで見分けが付きませんのでマダラ模様で見極めるしかないのかもしれませんが、そのマダラ模様もほぼ同じように見えるのですよね。。。

今はサイズがほんの少し違うのでなんとか見極める事ができますが、お互い成長してしまうと見極めは難しいように思います。

どうにか見分ける方法を探さなければなりまへん。




昼からはマダラ水槽の残飯処理班としてのエビを買いにUG総本山アクアスターに行って来ました。

ホワイトソックスが居たので2匹連れ帰ってきました。

20141132.jpg

20Lの水換えをした後に2時間の水合わせを行い水槽に投入しました。

20141131.jpg

早速、底に残ったご飯を食べ出しました。

え~仕事してくれてます。

即死せんどいてね~~

エビは導入直後から一ヶ月ぐらいはよ~死にますので・・・

ちなみに僕のエビ最短死記録は15分です。

え~かげんな水合わせをして水槽に投入したら即死でした。

良い子の諸君!エビの水合わせは慎重にやろう!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

またしてもマダラハナダイ  

こんばんは

マー君(マダラハナダイ)が相変わらず粒餌食いません。

ありとあらゆる方法を試みているのですが、ホワイトシュリンプ以外は食べません。

残された方法は粒餌食べるまで延々と粒餌だけを撒き続けるか、粒餌を食べる魚を同居させて連られ食いを期待するしかないのかな~?と思いました。

とりあえず後者の方法を選びました。

夕方、イケメンショップに連られ食いパートナーを探しに行ってみました。

イケメンショップはレンテンの大量入荷直後で水合わせ中でした。

20141102.jpg

一気に5匹の入荷です。

皆、元気が良さそうです。

20141101.jpg

イケメンらしく中~ビッグサイズ(10~16cm)です。

しかしめちゃめちゃ綺麗です。

僕は小さいレンテンは何度か見た事はありますが、大型レンテンの美しさ鮮やかさはその比じゃありません。

深みのある紫色が強烈に綺麗であります。

レンテンってこんなに綺麗な魚なんや~っと実感いたしました。

20141103.jpg

めちゃめちゃ欲しくなりましたが、ウチの宇宙一水槽の環境じゃ到底無理ですので、マー君の連られ食いパートナーを探してみる事にしました。

パートナーにふさわしい安いハナダイは居てません。

小型ヤッコやチョウ買うのもなぁ、、、なんて思ってると本日、入荷したというマダラハナダイが居ました。

イケメンが「いきなり食ったりして~~」などと言いつつ粒餌を投入~

・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・爆食いしとるがな・・・・・・

しかも今、初めて餌を撒いたのに、、、

なんでウチのマー君は食わんねん!!!

ほんで30分後の我が家・・・

20141104.jpg

マダラの連られ食いパートナーはマダラハナダイとなりました。あほ~~~

20141105.jpg

名前は簡単に決まりました。

『祐ちゃん』です。

またの名を『半端値王子』です。

祐ちゃんファンの皆様、見てたらゴメンナサイ、、、でも彼はあと1~2年で引退だと思ってます。

マー君と祐ちゃんで仲良くやってもらう作戦です。

水合わせの最中からマー君が、なんやなんやと様子を見に来ます。

20141106.jpg

マダラハナダイは同種での混泳も可能だそうですので問題ないでしょう。

水合わせ終了後、祐ちゃん投入しました

20141107.jpg

問題ありました。。。

ちょっと大きいマー君が祐ちゃんに噛み付きました。

しかも口に、、、

噛み付いたらスッポンのように離しません。

水槽を叩いたら離れました。

慣れたら問題ないやろ、、、って事で暫く様子を見てましたが、短時間の間に三度の噛み付き事件発生

三度ともマー君が祐ちゃんの口に噛み付き三度ともスッポンのように離れませんでした。

結局、今日はこれ以上は見てられないのでこうなりました。

20141108.jpg

これじゃ連られ食いせんがな~~~!あほ~


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

何の変化もありまへん  

こんばんは

先日、UG入団を表明された隣町にお住まいの『みち41殿』がイケメンショップに寄ったついでに我が家の宇宙一ヤッコ大水槽をスイハイに来られました。

2014181.jpg

みち41殿、宇宙一水槽を見るなり大絶賛!

みち41殿 すげーーー!

僕 いやいやそれほどでもありませんよ。。。(もっと言うて~)

みち41殿 ほんま凄いですね~!

僕 いえいえまだまだですよ、、、(もっともっと言うて~)

みち41殿 その辺のショップのつまらん水槽見るより、コロッケさんの水槽見てる方が楽しいですよ!

僕 それは言いすぎですよ~~(もっともっともっと言うて~~)

嫁 私の金魚水槽も見て~

みち41殿  うわ~~!これも凄いっすね~~!!!

・・・てな感じで散々お褒め頂いてスイハイは終了したのでした。

みち41殿は僕と違い大変人間ができておられるようです。

今後ともよろしゅ~に




そして問題のこの方、、、

2014182.jpg

元気です。

めちゃめちゃ人馴れしております。

僕が近づくと『ご飯!ご飯!』っと水面にまで上がってきます。

2014184.jpg


しかしホワイトシュリンプ以外食べまへん。。。

ホワイトシュリンプと粒餌を一緒に流してみても器用にホワイトシュリンプしか食べおりません。

一粒だけ偶然食べた事がありましたが、それ以降は食べまへん。

ならば!と延々と粒餌だけを与え続けても何が何でも食べません。

でも興味はあるようです。

2014183.jpg


嫁がホワイトシュリンプと粒餌を混ぜた団子を作ってくれたので、それを与えてみましたが食べまへん。。。

もう気長に頑張るしかありまへん。

この子は餌付け屁~ぷ~ではないようです。

誰かホワイトシュリンプから粒餌移行のテクニック教えて~~~




本水槽の方は何の変わりもありまへん。

新しい機材や魚も買っておりまへん。

2014185.jpg

何の変化もありまへん・・・

2014186.jpg

ありまへん・・・・・・・・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

マダラハナダイその後  

こんばんは

年末にお迎えしたマダラハナダイですが、餌付けなんて必要無し!屁~ぷ~な魚だそうですが、我が家の場合は活きイサザしか食べませんでした。

2014141.jpg

冷凍ホワイトシュリンプもフレークも追いはするのですが食べそうで食べません。

イケメンショップから譲ってもらったイサザも底を尽きたので、せっせと冷凍ホワイトシュリンプや粒餌、フレークを撒いてましたが、ほんと食べる寸前で食べません。

仕方ないので昨夜チャームに活けのイサザを発注しました。

そして今朝、冷凍ホワイトシュリンプを撒いてみると爆食いしとるやん、、、

今更、活き餌に戻したくもないのでチャームから届く活けイサザはイケメンショップに引き取っていただく事にしました。

本日、隔離水槽の水質を検査してみましたが本水槽に漬け込んだ濾材を使用してることもあり、亜硝酸などは検出されておらず良好のようです。

しかし僕的には生餌バンバン撒いてる事が許せないので、本日20Lの水換えをしておきました。

なかなか粒餌に辿り着かないのは、僕が甘やかして生餌を与えるからなのでしょうかね?

食べるまでフレークと粒餌のみを撒いてる方が良いのでしょうかね?

人馴れに関してはかなり克服したようで、僕が水槽に近づいても隅っこに隠れるような事はなくなりました。

しかしマダラハナダイの習性でしょうか、この魚は一般的なハナダイのように一日中水槽内を遊泳するような魚では無いようです。

底に尾ビレを着けてじ~っとしてることが多いです。

2014142.jpg

一見ヤバそうに見えますが、いたって元気です。

2014143.jpg

水槽内ではほとんどこの体制ですが15分に一度ぐらいふら~~~っと泳ぎます。

そして隅っこで固まります。

2014144.jpg

ご飯を撒くと水面に向かって泳ぎだしますが、現在のところ全てのご飯に反応はするもののホワイトシュリンプ以外は食べません。

口も大きくフィッシュイーターとの事ですので、ハナダイと言うよりハタ系に近いのかもしれませんね。

性格はイケイケだそうですが、今のところは水槽内に他の魚が居ない事もありその本性は見る事ができません。

マダラハナダイは水深100メーター前後の岩陰に単独で生息する事が多いそうでして、一昔前は数十万円もしたそうです。

一時、インドネシア産(おそらく浅場で採取地が発見されたのでしょう)が大量に入荷して大暴落したそうですが、最近になってまたもや価格も上昇気味のようです。

名前は決まりました。

マー君です。

マダラだからマー君です。。。なんて単純な。。。

素晴らしいネーミングセンスですわな・・・泣

同一シーズン24連勝を目指して頑張っていただきたいと願っております。

最後にマー君の動画でもご覧ください。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村



今年は水槽大きくしたい  

あけましておめでとうございます。

朝の6時45分に起きて7時半に出勤、、、普段と変わりの無い毎日を送っておりましたので、正月気分なんて全く味わっていなかったコロッケ十円之助でございます。

本日になりようやく休日を取る事ができたので2014年度一発目の水換えをしました。

2014131.jpg

どこのブログを見ても2014年一発目のブログのタイトルが『あけましておめでとうございます系』ですので、僕はあえて普段と変わらぬペースでの更新にしました。

2012年秋に立ち上げた大型ヤッコ水槽も約1年を掛けて理想の水景に近づいてきました。

この水槽に一番最初に入海したはじめちゃんも立派になりました。

現在も宇宙一水槽の番長として君臨しております。

2014137.jpg

寝太郎君はほぼタテキン柄になりました。

2014138.jpg

頭皮欠損の方は濃縮ミネラル添加にてマシになったような気がしましたが、濃縮ミネラルを買い続けるのが面倒になってきましたので、最近は何もしておりません。

スクリブルドは1年ほどで倍の大きさにまで成長しまして現在は20cmほどでしょうか?

2014134.jpg

ケンヂ君は相変わらず脳天逆さ泳ぎで一日中所狭しと泳いでおります。

2014136.jpg

今日になってリム男のヒレが痛々しい事になっておりました。

2014135.jpg

餌は爆食いなので気にはしてませんが、原因は分かっております。

こいつの仕業です。

2014132.jpg

ガンガン成長してきまして、厚みも出てきました。

本当に難儀な奴です。

渡五郎君ははじめちゃんによく追いかけられてますが、何の問題も無く図太くやっております。

慣れてしまえば飼い易い魚なのかもしれませんね。

2014133.jpg

10匹のバートレットも全く問題無く元気にやっております。

2014139.jpg

成長が早く半年程で倍ぐらい大きくなりました。

一番デカいのは12~13cmはあるのではないでしょうか?

この他にもベルスも居ますので現在は8匹のヤッコ、2匹のホワイトチップ、10匹のバートレット、ホンソメ1匹の計21匹のメンバーで頑張っております。

あっ、、、隔離水槽にマダラハナダイおるんやった・・・

しかしやればやるほど、嵌れば嵌るほど野望が膨らむのが趣味というものです。

1200水槽での立ち上げから約1年にして水槽大型化を心に誓いました。

しかし仕事が忙しく日々の管理だけで精一杯であったり、完璧なシステムを組もうと考えれば考えるほど準備の段階で壁にぶち当たりなかなか前に進む事ができませんでした。

なので今年の目標はズバリ『水槽を1800にする』であります。

できればクーラーが動き出す夏までには完了させたいと思っております。

そこで2014年水槽大型化計画の中身を極秘に(どこがやねん)公表させていただきたいと思います。

今回の計画では水槽と機材を購入して簡単に設置とはいきまへん。

その前にちょっとした自宅改造が必要なのです。

まずは電源確保

現在我が家はリビングと水槽部屋が一つの電源になっておりますので、それを分割しなければいけまへん。

それに伴い家庭内契約アンペア数を現在の40アンペアから60アンペアに変更

今のままではちょっとした事でブレイカー飛びまくると思われます。

次に現在の水槽部屋が畳なので、フローリングに変更と同時に、現在の床下排水配管とは別に屋外設置予定のクーラーまでの床下配管を組む

ポンプ音&発熱予防としてマグネットポンプは床下へ、クーラーは屋外に出します。

マグポンは水槽部屋に床下収納を作り、そこに設置します。

そうする事でマグポンのメンテナンスも容易になりますし、床下のホコリも気にせずに済みます。

購入用品は以下の通り

・マグネットポンプ(RMD-701かな?)・クーラー(ZRW-400)・アクリル水槽(1800×600×600)・水流ポンプ(まだ決めてません)・照明(1800サイズならなんでも良い)

・システムは1800水槽に2本の三重管を立てたオーバーフロー

一本でも良いのかもしれませんが、ウンコや食べ残しを効率良く吸い出す為に二本立てにします。

・循環経路は濾過槽→マグポン(RMD-701)→殺菌灯→クーラー(ZRW-400)→フロー管A
      濾過槽→マグポン(PMD-641)→ZC-1000E(バックアップクーラー)→フロー管B


二台のマグポン、二台のクーラーを使用するのは現在のシステムと同じです。クーラーやマグポンが突然壊れた時の為に二台使用します。

・オゾナイザー使用

オゾンの効果はヒシヒシと実感しております。大型ヤッコの大混泳にはオゾン無しでは考えられまへん。

ちなみに添加時間は現在同様、アデックスL-75使用にて45分~1時間に5分程度です。

飼育魚に関しては水槽が1800になれば三度ゴールドフレークに挑戦の予定、それ以外にも魚の追加は考えてますが、現在のところ魚種は未定です。

本当はある程度は決まっているのですが、ここに書くとイケメンが仕入れるので内緒にしておきます。

現在、悩んでいるところは殺菌灯を撤去するか否かです。

オゾナイザー一本でいこうか?検討中であります。

そして一番の問題である魚や濾材を殺さない為の設置手順もある程度は決まっております。

そろそろ機材の購入等準備に入っていきたいと思います。

2014年も忙しくなりそうです。

つ~か、何かやってないとアクアテンション下がります。w


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

▲Page top