ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

祝!ヤッコ水槽一周年  

こんばんは

本水槽で唯一生き残っていたスカンクシュリンプが誰かに食べられてしまったようです。

昨夜、ヒゲだけが綺麗に水槽の底に落ちていました。

かなり大きくなっていたのですがね、、、もうこの水槽にエビは入れまへん。




そして本日はお休みでしたので、朝から水換えをしました。

白点が出てしまった本水槽も朝、見た段階では悪化してる様子は見当たりませんが、痒がる仕草を見せたり胸鰭に濁りが見られる魚は居ます。

寝太郎(ウテキン)と渡五郎(イナズマ)、リム男(アズファー)とスクリブルド、バートレット1匹です。

いつものペースでいくとまだ水換えしなくても良いのですが、一部の魚に白点の症状と思われるヒレの濁りや首振り行為が見られるので、少しでも水質を改善できれば!との思いからの水換え決行です。

昨夜からは以前のようにオゾン添加してますし、過剰すぎる程の?強力強制濾過ですので放置でも治りそうな感じはするのですが、痒がる魚達を見ていると僕の性格上『何かしてやらねば!』と思ってしまいます。

どうせ水換えするなら少しでも水槽内から白点虫を除去しようとの考えから、今日はいつもとは違う方法で水換えしました。

まずメインポンプのスイッチを切って水が濾過槽と循環しないようにしてから全てのレプリカロックを取り出し、風呂場で熱湯に漬けておきました。

これでレプリカロックの隙間に潜伏している白点シストは消滅する筈です。(多分)

その後、水槽内の隅々までスポンジを使い丁寧にこすりまくり。

これで水槽内にこびりついている白点シストが舞い上がった筈。(少しは)

そこにバスポンプを突っ込んで150Lの水を抜き、新水150L注入しました。

更にフコイダンキャップ3杯添加

お湯に漬けて置いたレプリカロックを一つ一つシャワーで流した後に、水槽内にレイアウト

更に更に意味があるのかどうか分かりまへんが、スキマーをオーバースキム状態にして半日掛けて8Lの汚水を取りました。

overskim.jpg

オーバースキム状態でも色の付いた水が取れました。

最後にウールマットを交換してできあがり。

zenkei.jpg

そしてオゾナイザーのオゾン添加レベルを二つ上げておきました。

nihiki.jpg

ご飯は全てラクトフェリン入りにしております。

これで良くなっておくれ~~

これ以上悪化したら銅入れるで~~




ところで、ヤッコ水槽も気付いてみれば立ち上げから1年が経過しておりました。

心優しいアクアリストの皆様方には多くの祝電に鉢植え胡蝶蘭ありがとうございました。

多少の犠牲はありましたが、大きな事故やトラブルも無く目標とする大型ヤッコ乱舞水槽に近づいてきました。

ここまではそこそこ順調にやってこれたとは思っております。

まぁ、ウチの場合は大型ヤッコと言うよりは中型ヤッコ水槽なんですがね。

コロッケ十円規格による大型ヤッコ水槽の規定では

『水槽内に25cm以上のヤッコが入っている事』

『ワヌケ、サザナミ、フレンチ、グレイ、コルテツ・・・etcなど水槽飼育で巨大化するヤッコが入っている事』

と決められています。

ウチの水槽で最も大きい魚がはじめちゃん(アデ)でして約18cmほどですが、それでも1200水槽で泳ぐはじめちゃんを見てると、「この辺が限界かな?」と思えてしまいます。

現在の飼育環境で巨大化する魚の追加は考えてはいませんが、現在飼育している魚も多少なりとも成長すると思いますので、1200水槽じゃ手狭になるのは目に見えてます。

さっさと1800水槽にすれば良いのですが、いざ拡張計画を練ってみると何かと問題が出てきましたので、年内の拡張は一旦中止といたしました。

なんとか来年の夏までには1800水槽に拡張したいところです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村










スポンサーサイト

オゾナイザーが働いてまへんでした。  

こんばんは

この1~2週間、やたらとスキマーが働くんですよ。

ウチのスキマーは東熱スパイラルスキマーです。

遠い昔は多くの方が愛用されていたそうですが、近年は人気ありまへんね、、、

他人様のブログなんか見てても現役で使用してる方なんて見た事すらありまへん。

消費電力も大きいので近々、スキマーを買い換える予定です。

まぁ、そんな事はど~でもえ~のですが、僕はスキマーをスキミングというより『オゾン添加装置』として使用しております。

ご存知の方もおられるとは思いますが、オゾンを添加すると酸化還元が促進されますのでスキミング能力は落ちます。

なのでスキマーはあまり働かないんですよ。

しかしこの1~2週間はスキマーのカップにあっとゆ~間に黒いウンコカスがびっしりとこびり付いてました。

この時点で気付けば良かったのですが、、、

更に昨夜、リム男(アズファー)と五郎(イナズマ)の胸鰭が少し濁ってるのを見付けました。

なんや?なんや?白点か?

そして本日、今度はスクリブルドの胸鰭が濁ってるのを見付けました。

sukiriazu.jpg

身体に付くほどではないのですが、胸鰭がほんの少しですが濁ってます。

五郎の一回目の二軍水槽放流時にトリートメントが不完全だった為、今まで白点知らずだった本水槽へ白点を入れてしまったのは、ちょっと前のブログでお話しした通りです。

しかし殺菌灯やオゾナイザーが効いているのでしょう。

本水槽内で白点が蔓延する事も無く本水槽内の魚達はいたって健康でした。

殺菌灯はQL40を使用しております。

sakkinn.jpg

ウチの水量に対してQL40一発じゃ完全に容量不足だと思われます。

やはりQL40を20連結ぐらいしないといけないのでしょうね。。。

なのでオゾナイザーも使用しております。

l75.jpg

紫外線とオゾンでダブル殺菌しております。

正直、殺菌灯までは要らんかな~?なんて思っております。

しかししかしここへ来て白点が発生すると言う事はど~ゆ~事でしょう?

頭が禿げ上がるほど考えた結果、原因が判明いたしました。

きっかけは嫁の一言でした。

『最近オゾンの臭いせ~へんな~~?オゾナイザーちゃんと動いてる?』

もしや?と思い見てみると、、、

エアポンプから湿気取りに使用している自作エアドライヤーに繋がるエアチューブが外れていたのです。

air.jpg

スキマーが働き出した時期から推測すると、かれこれ2週間程前に外れていたのではないか?と思われます。

その間、全くオゾンが添加されていなかった事になります。

早速、エアチューブを繋いで、外れないように結束バンドで締めておきました。

おそらくこれで白点は蔓延すること無いと思います。

オゾン添加が無くなった途端に白点とは顕著ですな、、、

あらためてオゾナイザーの威力を再認識いたしましたが、我が家のお魚さん達は悪く言えばオゾナイザーや殺菌灯が無いと生きていけないヤワな体なんでしょうね。。。

水量に対して完全に容量不足だと思われる殺菌灯(QL40)ですが、もしもこれすら無かったら白点が爆裂していたのかもしれない・・・なんて考えるとQL40だけでも稼動していて良かったと思います。

僕は海水魚飼育を始めた頃は白点やウーディニウムなどに散々悩まされましたので、ヤッコ水槽立ち上げに関しては『完全無菌水槽飼育』を目標としました。

先日、楽々屋殿に『コロッケはん、天然物は絶対に入れたくないんでしょ?無菌室のような飼育目指してるでしょ?』と言われました。

図星です。

理論上、完全な無菌水槽なんてのは不可能なんですが、おかしな病原菌だけは持ち込みたくない!という気持ちが強いのです。

なので悪玉菌を持ち込む恐れのある天然物は絶対に入れたくありまへん。

ライブロック、底砂、天然海水なんてもっての他です。

そんな物入れたら水槽が木っ端微塵になってまうんちゃうか!?と思っております。

間違いありまへん。

木っ端微塵ですわ

ブラインシュリンプやアサリ、海草ですら入れたくありまへん。

レタスは入れますがね、、、木っ端微塵にならないと思います。。。。

できる事なら毎日水槽の水を沸騰させて煮沸消毒後にハイター添加したいぐらいです。

水槽崩壊の原因として、新魚からの病気の持ち込みが多いとは思いますが、それに伴って多いのは機器の故障ではないでしょうか?

殺菌灯やオゾナイザーならまだしも、クーラー、ヒーター、マグネットポンプの故障などは、故障=即全滅も有り得ますので、日々のメンテや観察が大切なんでしょうね。

それとですね、、、「アクア機器が何の前触れも無く突然壊れない事をひたすら祈る」事も大切だと思われます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


















ゴールドフレーク二軍水槽へ仲間入り  

こんばんは

タイガースの逆転優勝を信じているコロッケ十円之助です。

小坊の頃から阪神子ども会にも入会しておりました。

GO!GO!掛布は三番まで歌えました。(今は所々忘れてますが、、、)

昨夜はタイガースが鬼門ナゴドで6年振りの三タテ!!!気分良かったのですが、、、

先日はタイガース戦で粘りを見せ7点差を引っ繰り返して逆転勝利したベイですが、昨夜のG戦での負け方はなんやねん・・・16点て、、、

その前日はタイガース戦だけで勝ちまくる藤井が1回で降板、、、なめとんか・・・




今月16日にお迎えした二代目ゴールドフレークの金太君はトリタン生活も10日目となりました。

kintatori.jpg
ご飯は当然爆食い状態、体調も良さそうです。

この3日ほどは本水槽の水に少しづつ慣らす為に硝酸塩の多い本水槽の水で20Lづつ水換えしておりました。

運動量も相当なもんですので、本日五郎君の居る二軍水槽へデビューしていただきました。

この二匹、どちらも臆病者ですので混泳についてはどうなるのかが全く分かりまへん。

なのでまずはお見合いというものをやってみました。

kakuri2.jpg
簡単な水合わせの後に金太君、カゴに入っていただきました。

お見合い・・・

kakuri1.jpg
お互い全く無関心・・・

つ~か、、、お互いの存在に気付いてないんちゃうの?

こんなもん意味ないやん、、、

とゆ~事でお見合い10分で二軍水槽に放ちました。

僕の性格が出てますな、、、

合流後5分ほどはお互い無関心でしたが、五郎君の猛攻撃?が始まりました。

fight1.jpg
絶対にヘタレだと思っておりましたが、五郎もやる時はやるようです。

五郎君強面フェイスで金太を追い回します。

ちょっと見直しました。

やはり13cmの金太に対し15cmの五郎は圧倒的に強いようです。

fight2.jpg
金太君逃げ回ってます。

しかし金太のヒレなどが傷付く様子も見えないので、暫く放置してました。

30分ほどで落ち着いてきました。

落ち着いてきたところでご飯を与えると、金太君パクパクと食べだしました。

2時間後、、、五郎の威嚇もほぼ収まりお互い随分と落ち着きましたが、金太は五郎を怖がって常に距離を取って五郎の様子を伺っております。

826.jpg
更に5時間後・・・

早くも五郎も金太もお互いを全く気にせず泳ぐようになりました。

kintakon.jpg
ヘタレブラザーズ結成の瞬間です。

全米も泣いてます。(意味不明)



とりあえず今日のところは二匹の混泳は難なく成功しましたが、ゴールドフレークは大変ストレスに弱く、すぐに餌食いが悪くなるので暫くは慎重に観察したいと思います。

そして五郎と金太の本水槽デビュー計画ですが、暫くこの状態で様子を見て本水槽にデビューさせるか否かを考えたいと思います、

もし本水槽デビューとなると、一番の問題児はじめちゃん(アデ)を二軍水槽に隔離してから二匹を本水槽にデビューさせようと思っております。

はじめちゃんはその後暫くは二軍水槽で我慢してもらいます。

とりあえずは二軍水槽の環境で生き抜けないような奴はとてもじゃないが本水槽で泳がす事はできへんのや~

ガンガレ!五郎&金太ヘタレブラザーズ!

更に翌日の夜(8/27)

こんなに落ち着きました。



平和すぎる!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


魚大図鑑 【グリフィスエンゼル】  

こんばんは

魚大図鑑更新です。

本日はケンヂ君ことグリフィスです。

bucim.jpg


一目見た時から僕が惚れ込んだヤッコです。

ブラバンやゴールドフレークと同じアポレミクティス属のヤッコです。

サンゴ水槽などに映えるブラバンに人気が偏りがちですが、僕はグリフィスの方が好みです。

このブラックジャックのような顔付きが堪りまへん。

だからと言ってブラバンが嫌いな訳ではありまへん。

単にセレブリティー価格なので手が出ないだけです。

安ければ買ってます。

ちなみに顔付きはカッコ良いのですが、それは横から見た時の話です。

正面から見るとなんとも愛嬌のあるお顔をしております。

zmcnvb.jpg

性格は『我が道を行くタイプ』の一言に尽きます。

気は強くはありまへんが、弱くもありまへん。

非常に混泳に向いた魚だと思います。

混泳に向いていると言っても、協調性が有る様には見えまへん。

誰も相手にせずに延々と一人遊びしてるタイプです。

自分からケンカを売るような事はありまへんが、大きな魚が近くに来ても逃げようともしまへんし、道を譲ろうともしまへん。

周りが全く見えてないのか?単に鈍感なのか?僕には分かりまへん。

周りの魚に対する気遣いが全く無いので、たまに大きな魚に追っかけられます。

魚には興味は無いようですが、凄~く人馴れする魚です。

僕が近づくと真っ先に近寄ってきます。

gtfhrydj.jpg

餌は何でも食べますし、餌付けに手間取る事も無いと思われます。

飼育難易度は初心者向けのヤッコですが、お値段は初心者向けではないですね、、、

ウチの水槽で泳いでいる魚で最もお高い魚です。

成長速度はまだ分かりまへんが、おそらくスローペースではなかろうか?と思っております。

我が家に来て約3ヶ月ほどですが、太くはなりましたが長くはなりまへん。

顔の模様は黒い模様がハッキリしてきましたし青みも出てきました。

ogktu.jpg


最近はやたらとアズファーがグリフィスに背丈比べを挑むようになりましたので、アズファーはグリフィスをライバル視してるように思います。

でもグリフィスはど~でもえ~よ~な感じです。

954khju.jpg

現在は10~11cmってところでしょうか?

成長速度は遅そうな感じですが、なんとか20cmぐらいにならんやろか?

この模様で20cmあったらカッコえ~やろな~なんて思っております。

いったい何センチぐらいまで成長するのでしょうね?

このまま元気に大きく育ってくれる事を願っております。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村














白点キラーと魚購入時の拘り  

こんばんは

先日お迎えした二代目ゴールドフレークの名前が決まってまへんが、嫁が先代と同じ名前で「金太!金太!」と呼ぶので、僕も釣られて金太と呼んでいます。

1m1m1m.jpg


このままでは良い名前が思いつかない限り、こいつは金太になってしまうと思われます。

当の金太君はほんの少し胸ビレに白点らしき濁りがありましたが、それも無くなり爆食い快便です。

先代と違うところは遊泳力です。

7s7s7.jpg


一日中、狭いトリタン(45㎝)の中で右に左に上に下に泳いでおります。

白点によるヒレの濁りも確認できまへんがもう数日様子を見て五郎君(イナズマ)の待つ二軍水槽へデビューさせようと思っております。

5f5f5.jpg


前回、イナズマ投入時は体表やヒレなどに白点が視認できなかったので翌日に本水槽へ放り込んだところ、数日後に体内に宿っていた白点が出てヒレが濁りましたので、今回はもう数日は様子見する事にしました。

現在は銅は使わずGFGと換水だけで管理しております。

もし白点が酷くなったら試してみようと思い、こんなのも用意しておりました。

2b2b2.jpg


その名も『白点キラー』

これまた凄く胡散臭いネーミングの商品ですが、かなり強烈な薬だそうです。

成分は海水組成成分と光分解性発色剤だそうです。

何なんでしょうね?何が主成分なのかさっぱり分かりまへん。。。

しかしかなり強烈に効くみたいです。

強烈すぎるので添加の際は慎重にやらなければ弱い魚は次々に死んでいくそうです。

で、、、結局白点キラーは購入したものの、白点も蔓延する事無く終息しましたので使用してまへん。

同じメーカーから『茶ゴケキラー』なる商品も発売されておりますが、これまた強烈な薬だそうです。

イケメン店長がショップ水槽に添加量を間違えて添加してしまったところ「ハナゴイが一発で死んでしまった」と言ってました。

しかし効果は鼻血が出るほど凄いです。

ショップ水槽には全く茶ゴケが生えておりまへん。

一ヶ月半もの間、一度もコケ掃除してないと言ってました。

フロー管もピカピカでした。

僕は調子の(まずまず)良い本水槽へ余計な物を入れたくありまへんので使ってまへんがね。。。




ところで皆さん、魚を購入の際は何なりかの拘りを持ってますか?

探していた魚を見つけたら即購入でしょうか?

僕は購入時の状態こそが長期飼育への第一歩だと思っておりますので、自分なりに拘っている点がいくつかあります。

ちょっとだけご紹介

適当に読み流してください。

1.絶対に通販で買わない

実際に魚を見ずに買うなんて僕としては有り得まへん。欲しい魚が遠方のショップにしか居ないのなら直接行って買います。(遠くに行ったことありまへんが…)

ショップに行って見るのは魚だけではありまへん。その魚が泳いでいる水槽内におかしな病気を持ってる魚が居ないか?を見ます。

白点やリムフォぐらいならそのままお迎えしますが、ウーデやビブリオの症状が出てる魚が泳ぐ水槽内の魚なんて到底買えまへん。

実際にショップでそのような状況を目にしたこともあります。

ちなみにウチのケンヂ(グリフィス)はペットバルーンの通販サイトで見つけた個体でしたが、直接ショップに行きよ~く観察してから買いました。

逆に某通販サイトで見つけたイナズマをショップまで見に行ったところ、非常に状態が悪く買わなかった事もあります。

まぁ外見上問題無く見える魚でもお迎え後に病気が出ることも有り得るとは思いますがね。。。

2.餌を食べていない魚、食べても太り難い魚、餌付けの難しい魚には手を出さない。

これはウチの飼育環境にも影響してます。

僕は帰宅できない事も多いので、コペやブライン、アサリからの餌付けなんてやってられまへん。

それにベアタンク&偽岩ですし天然海水も使用しませんので粒餌以外は水槽内に餌となる物がありまへん。

ライブロックに付着した微生物やヨコエビをツンツンさせる事もできまへんので、一日中何かを食べさせておかないと痩せてしまうような弱い魚は購入できないのです。

よってすぐに粒餌を爆食い状態になる魚しか買いません。

欲しくて欲しくてしかたないインドニシキを迎えないのはその辺が理由です。(我慢できなくなったら買うかも?w)

3.反応の鈍い魚、目力の無い魚は買わない。

反応が鈍いか鈍くないかはすぐに分かりますが、目力に関しては自分の勘です。

言葉では説明し難いですが、同じ魚でもじ~~~~~っと見てれば目力の違いがなんとなく分かります。

黒目の動き方にスピードの有る奴、常に右に左に目をキョロキョロさせてる奴、黒目が艶々しており黒目部分が大きい奴、はアタリだと思っております。

この辺が僕が魚を買う時に拘ってる点です。




逆に拘っていないのが以下の通り

1.白点やリムフォ

こんなの付いてて当たり前だと思ってます。

よほど酷くない限り連れ帰ってから治療します。

2.ヒレや体表のスレ傷

放置しててもすぐに治ります。

中~大型ヤッコの場合、お腹のど真ん中に空気抜きの際に刺したであろう針により傷がある場合もあります。

3.入荷日

今日入荷した魚でも一ヶ月前に入荷した魚でも大して気にしまへん。

見て気に入れば買います。

4.ショップ

魚は何処で買っても一緒だと思っております。(本当は違うのかもしれまへんが)

よほど飼育設備が整っていないショップ(そんなショップあるのか?)は別として、毎日のように世界中から魚が入荷してくるショップで病気を根絶するなんてのは不可能です。

「ウチはトリートメントしてから出してます」ってショップもありますが、水槽で泳ぐ魚をよ~く見てみるとヒレの濁りぐらいは有るもんです。

完治してへんがな…

でもそれが普通だと思っております。



結局のところ、自分の目で見て選んで買った魚が死んでしまえば、全て自己責任だと思っておりますので、お迎え後の飼育技術の向上が大切なんでしょうね。




ブログタイトルがあまりにも酷いので、変更いたしました。

『アルティメットエンジェルス』

かなりいちびったネーミングです。

『最強ヤッコ軍団』の意です。

新しく生まれ変わったアルティメットエンジェルスを今後ともよろしゅ~お願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

ゴールドフレーク再挑戦  

こんばんは

今日はお血事が終わった後、近所のイケメン店長のショップに行ってきました。

今日はマニラからシマやスミレ、チビニシキなどが沢山入荷しておりました。

イケメン店長のショップは最近おかしな方向に走ってます。

こんなのや

DSC_0136.jpg

ワヌケ27cm

こんなの

DSC_0141.jpg

サザナミ27cm(ホンソメが口の中を掃除してます)

こんなのばかり仕入れてます。

他にもブラバンやイナズマ、アデなど、、、みんなデカいです。

LLサイズ専門店のようになってきました。

いったい誰が買うねん!

しかしワヌケとサザナミのこんなデカいのは初めて見ましたが、ド迫力!

本当に美しいです。

こんな魚飼いたいですが、このサイズの魚を飼うとなると相当大きな水槽じゃないと無理でしょうね。

嫁は相変わらずフレンチエンゼルを飼いたがってますが、巨大化した時を想像すると恐ろしいです。

ebi殿の水槽にはこのサイズのワヌケ泳いでましたね。

羨ましい・・・




そして、、、懲りずに再度ゴールドフレークにチャレンジする事となりました。

この魚だけはどうしても飼いたいのです。

理由ですか?

そこにゴールドフレークが居るから、、、です。

飼える様になるまで何度でもチャレンジする覚悟はできております。

男にはやらなければいけない時があるのです。

Gフレークはストレスに弱いので、今回は少々餌食いが悪くなっても簡単に体調を崩さないように、先代Gフレークの金太より一回り大きい13cmをお迎えしました。

とりあえず帰宅後は点滴法により水合わせ

vfe.jpg

イケメン店長のショップで二週間ほど飼われていた元気の良い個体なので、バケツの中でも「早く出せ~~!!!」っと大騒ぎです。

2時間後、トリートメントタンクに入って頂きました。

asd.jpg

広くなって落ち着きました。

二週間何も無かったそうですので、病気はまず無いとは思いますが、念には念をで暫くはトリートメントタンク暮らしです。

nhy.jpg

薄~くGFG漬けにしておきました。

デカいので迫力ありますよ~

丸々と太って尾ビレや背ビレの模様のバランス、真っ青な口元など、、、美しい個体だと思います。

完全成魚なので、顔もちょいとイカツイです。

幼い表情も仕草も全くありまへんので、可愛らしさなどは微塵もありまへん。

しかしこれがい~んだな~

ショップで海藻70を爆食いでしたので背肉もしっかり付いてます。

lfgd.jpg

現在の予定では、暫く様子を見た後は気の弱い五郎君(イナズマ)の過ごす二軍水槽で、ヘタレ同士で仲良くやっていただこうか?と考えております。

ヘタレブラザーズ結成間近です。

名前も考えないとあきまへん。

先代Gフレークの「金太君手」に負けないぐらい素晴らしい名前を模索中です。






そして今日はショップでNO3PO4 REMOVER SPONGE なる怪しい物を購入してみました。

zse.jpg


硝酸塩やリン酸塩を除去してくれるそうです。

この手の商品は全く信用していませんが、値段が安かった(600円ほど)ので一つ買ってみました。

パッケージの裏書きを読むと、なんと投入後1時間で効果が発揮されるそうです。

マジかい!!!

051.jpg


イラチな僕にピッタリです。

しかしなんとも胡散臭い商品です。

箱の中には黄色いウールマットのような物が2枚入っております。

bgy.jpg

投入前に現在の硝酸塩値を計測してみました。

相変わらず素晴らしい水質です。

SPS、LPS、LSD、MRIでもなんでもこい!って感じです。

kuy.jpg

50まではありませんね、、、40ぐらいでしょうか?

このマットはウールボックスに入れて使うそうですが、それだとすぐに目詰まりしてしまうので、効果は落ちるかもしれませんが、濾過槽の二層目に放り込みました。

xdr.jpg

イラチなので1時間後に計測してみました。

poiuytr.jpg

全然変わってないやん、、、どないやねん、、、

まぁ、あと数日様子見てみます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村




寝太郎タテキン間近か?  

こんばんは

先程、隣のリビングでアルプスの少女ハイジの再放送を見ていた嫁が吼えてました。

「もっと根性入れてやらんかい!」「泣き言言うな!」

ボロカスに言ってます。

なかなか歩こうとしないクララを怒鳴りつけてました。。。




先日、出勤途中の信号待ちでふと前の車を見ると

DSC_0129.jpg

これは、、、水槽どうでしょう・・・

ここは大阪、東京在住のebi殿が大阪ナンバーのエスティマ乗ってる訳無いし、ebi殿の信者か!?

よく見ると

「水曜どうでしょう」でした。

それだけです。。。。




で、、、お魚ネタですが、少しづつ成長しつつあったウズキンの寝太郎君が、ここ最近一気に変身してきました。

w.jpg

目の上の部分がこの1~2週間で一気に白くなってきました。

k.jpg

頭皮欠損症が痛々しいですが、日に日にタテキンに近づいてるのが分かります。

e.jpg

ウズキン以上タテキン未満といったところでしょうか?

i.jpg

なので、ウテキンと呼ぶ事にしました。

q.jpg

ウテキン・・・

t (2)

これらの写真は数日前に撮影したのですが、本日の寝太郎は更に顔の柄がハッキリしてきました。

たった数日でもハッキリ分かるぐらい変化してます。

最後の追い上げでしょうかね?

仕上げの段階に入ったのでしょうかね?

楽しみであります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

バッファ投入  

こんばんは

今日もお血事だったコロッケ十円之助です。

暑いのでお血事もいつもにも増して血ンドイですわ。

今日の大阪(高槻)は夕方4時で37度もあったそうです。

どうりで室内に居ても汗だぐになる筈ですわ。。。

僕の可愛い良い子の諸君達はZC-1000をフル稼働させて涼しい水槽の中で元気に泳いでご飯をバクバク食べてお過ごし頂いております。

ちなみにウチの良い子の諸君に与えてるご飯はこんなのです。

k32256k6.jpg

他にも気が向いた時にレタスや白菜などを与えてますし、色揚げ目的でスカンクシュリンプも与えております。。。あほ~~




水槽の方は大した変化はありまへん。

ちょっとした変化と言えば、五郎君(イナズマ)が物凄~いウンコをするので、フロー管から吸い込まない事ぐらいです。

f1231f5.jpg

物凄~いウンコ・・・

毎日、溜まった物凄~いウンコをスポイドで吸い上げてます。




先日のブログでもお話しましたように本水槽のPHが下降気味です。

現在、高い時で8.0ってところです。

PHが低下するとどうなるのか?

色々な事でヤバいです。

アレもコレもヤバいです。

ヤバすぎるので書けません。

知りたい人はググってください。

単に説明するのが面倒なだけですが。。。。

ちなみにウチの場合、PHが低下すると嫁の機嫌が悪くなり、僕の腰痛が悪化します。



アホ言うてすいまへん。。。



真面目な話、PH8.0ぐらいなら何の問題も無いかもしれまへんし、大して気にするような事ではないと思います。

実際、PH7.6や7.7で魚飼育されてる方なんて沢山居ると思われます。

しかし僕は小穴尻なので8.0を切りそうになると気が気でありまへん。

濾材を洗えばPHは上昇するかもしれまへんが、こんな時期にやってられまへんので、バッファ剤を投入する事にしました。

久々にバッファ剤を出してくると、残り僅か・・・

なので新たに買いました。

fkjidh.jpg

いつもはデルフィスですが、今回はキュプラミンでお馴染みのシーケムです。

2日間かけて8.0だったPHを8.2まで上げました。

okiuy.jpg

PHが上がって魚達は活性が上がり餌食いも良くなり色艶も良くなりました!













・・・・なんて言ってみたいですが、そんなもんすぐに分かりまへん。。。

僕の海水魚飼育歴60年のデータによると一度バッファでPHを上げてしまうと、数ヶ月は入れずに済みます。

『バッファ剤はイオンバランスが崩れる!』なんて意見をweb上で多く見かけますが、そんなもん崩れまへん。。。

それは水換えをマメにせずに古い飼育水でバッファ剤やその他添加剤をドボドボ入れて水質維持してる場合の話であって、ウチのように定期的に水換えしてる場合は、よほど短期間で大量添加でもしない限りイオンバランスがど~のこ~のなんてのは有り得えないと思います。

まぁ、バッファ剤に限らず水換えもせずに添加剤ばかりに頼っていたらイオンバランズは崩壊するのでしょうね。



・・・とかブログを書きながらふと水槽を見てみると・・・

poiu.jpg

下がっとるがな!

添加が足りなかったようですので、明日にでも追加添加しようと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

濾過槽の掃除せなあきまへんか?  

こんばんは

先日タッパーを使用して自作したオゾナイザー用のエアドライヤー、何をやっても空気が漏れるので全然ダメポです。

なので作り直しました。

100.jpg

500mlのペットボトルで作ろうかと思いましたが、嫁の『シリカゲルの入れ物をそのまま使えばえ~んや!』の一言に、そのアイディアを採用してみたところ、なかなかえ~塩梅なんですわ・・・

嬉しいような悔しいような妙な気分です。

ちなみにシリカゲル、ビニールから出さずにそのまま放り込んでますが、全く問題なく効果出てます。




さて僕は水槽管理状況をEXCELで記録しているのですが、今年になってから本水槽は2,983L換水をしている事が分かりました。

計算してみると二週に一度約200Lの換水をしていた事になります。

基本的におおよそ二週に一度150Lと決めているのですが、本水槽の水をトリートメントタンクに流用した際に新海水を足したり、気分がアゲアゲの時に200Lの水換をしたりするので、二週に一度200Lって感じになっているのだと思われます。

ここまで約3トンですね。

このままいくと今年の水換量は約5トン近くになると思われます。

この量が多いのか少ないのかは分かりませんが、この状況で魚は問題無く飼育はできてますので、今後も同じようにやっていきたいと思います。

しかし最近、PHの低下が気になってます。

3258741.jpg

以前は照明の点いてる時間帯は8.2、点いていない時間帯は8.0ぐらいでしたが、この一ヶ月ほど前からは照明の点いてる時間で8.1、点いていない時間帯で7.9ぐらいです。

濾材が汚れてくるとPHが低下すると聞いたことがありますが、もしそれが本当ならそろそろ濾過槽の掃除が必要なのかもしれません。

36987.jpg


濾材には目詰まりのような兆候は見られませんが一層目は茶色くなってきてますね。。。

ファインマット四枚重ねでも給餌量が半端ないので濾材も汚れるのでしょう。

掃除はできる事ならやりたくないです。

濾過槽をいじくると白点爆裂!なんて話をよく聞きますからねぇ、、、

僕の釣り仲間も濾過槽の掃除をやった後に大変な事になったそうです。

しかしやらねばいけないのが強制濾過の宿命なのでしょうかね?

web上なんかでは『絶対に掃除はしてはいけない!』なんてのも目にするのですがどうなんでしょね?

とにかく濾過槽いじくったら、その後の空回しが大切だそうです。

こないだイケメン店長にその辺の話を聞いてみたところ、「ウチは掃除の後に三週間生体入れずに空回ししたよ~」と言ってました。

なるほど~、、、三週間空回ししたらえ~んや、、、簡単な事やんけ、、、できるかーーー!!!

三週間は無理でもせめて1日ぐらいは空回ししたいもんです。

っとなるとクーラーが不要になる秋って事になりますわな、、、

ウチの宇宙一水槽は濾材が70キロも入っているので、2~3回に分けて掃除した方が良いのかな~?なんて思っております。

この際、濾材の一部は新しい物に交換した方が良いのでしょうかね?

どなたか、この辺詳しい方ご教授お願いいたします。

秋と言えば1800水槽への拡張計画なんですが、、、あれこれと考えてみると問題点が次々に浮上してきまして年内の拡張はムズい感じです。

まぁ、現在は順調に飼育できてるのですから、そう焦る必要もないやろ、、、っと思っております。




五郎君は二軍水槽にお入り頂いてからは、どんどん調子が上がってきました。

232565.jpg


環境にも慣れたのか?自由気ままに泳ぎまくってます。

しかし15cmの五郎君には60ワイドでは水槽が小さいようです。

早く本水槽に入れてあげたいのですが、まだ人馴れしていないようで臆病な面が垣間見れますので、その辺をクリアーするまでは二軍水槽でお過ごし頂こうと思います。

85247.jpg


本水槽の僕の可愛い良い子の諸君は相も変わらず元気にやっております。

久々に動画も撮影しましたので、調子の上がってきた五郎君と併せてご覧ください。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村













バートレットと寝太郎の成長  

はい 本日二発目の更新です。

オゾナイザー用のエアドライヤーを作りました。

022.jpg

タッパーの中にシリカゲルを満タンに入れてます。

テープでグルグル巻きにしておかないと、エアの圧力で蓋が開いてしまいます。

実はこの状態でも蓋が開いてしまう部分があるので、現在は隙間なくテープを巻いてます。

単なる真っ黒な箱です。

梅雨前に作れよ!って感じですわな、、、




そしてお魚ネタの方ですが

イケメン店長のショップで購入した10匹のバートレットアンティアスですが、お迎えから約二ヶ月が経ちました。


残念な事に・・・

















あんなに可愛かったバートレットが、、、

















全員元気です。

一匹も死んでまへんよ~~

mure.jpg

10匹も入れたら半分は生き残るやろ~っと思ってましたが、意外にも全員元気でして10匹とも健康体です。

やっぱバートレットは噂どおり強いハナゴイですね。

本当はパープルクイーンあたりを入れたかったのですが、餌付けがムズかったり、突然死があったりで、次から次に新魚を追加し続けないと乱舞は維持できないと聞いてましたので、バートレットにしました。

バートレットにして良かったです。

ちなみにバートレットは大変気の強い魚だそうですので、他種のハナダイハナゴイ系の魚は入れない方が良いそうです。

ウチにはオス5匹、メス5匹居るのですが、オス同士はたまにケンカしてます。

そのケンカがおもろいのです。

向かい合ってお互いの口で突っ突き合うのです。

要するにチューですわ。

ケンカしてるのか?両刀として愛し合ってるのか?分かりまへん。

そんなこんなで二ヶ月経ったのですが、5匹のオスのうち3匹の容姿に変化が表れ始めました。

ナンバー3の座に就いてるのがこいつです。

no3.jpg

体色がピンク色に染まり尾ビレのスレッドが伸びてきました。

そしてナンバー2がこいつ

no2.jpg

更に尾ビレのスレッドが長いです。

そしてボスがこいつ

boss1.jpg

一匹だけ全く別の魚のようなカラーリングです。

ナンバー2やナンバー3よりも更に尾ビレのスレッドが長いので、泳いでる姿は優雅です。

boss2.jpg

どないです?

綺麗でしょ?

boss3.jpg

全長は尾ビレの先まで入れると10cm以上はあります。

ハーレムを作るのはこのボスのみです。

いつも5匹のメスを従えて泳いでおります。

boss4.jpg

当初はこのボスだけが大きくなりピンク色に染まっていたので、他のオスは変化しないものだと思っておりましたが、ここへきて2匹のオスが急激に変化しつつあります。

もしかして下克上を狙っているのかもしれまへん。




そして最近、ますます進化し続けてるのがこの方

森の鼻寝太郎(ウズキン)です。

昨年の入海時

deb.jpg

今年3月

3.jpg

4月

1.jpg

そして現在

netarou.jpg

かなり成長いたしました。

頭皮欠損は相変わらずですが、お顔なんてタテキンにかなり近づいてきましたよ。

netarou2.jpg

もう一息ぢゃ~。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村






五郎二軍水槽復活、スカンク即死、水換え200L  

日本全国、良い子の諸君まいどです

ネタが貯まってますので二回に分けてブログ更新したいと思います。

まずは一発目

今日二週間振りにお血事を休むことができましたので、朝から水換えを決行いたしました。

朝一番なら水道水の水温も低い筈!って事で朝の7時半頃から角タライに200Lの水を貯めました。

いつも150Lですが今日はなんとなく200Lの気分でしたので、角タライ3個に加えインスタントオーシャンバケツ2個使用して200L溜めました。

早くも29℃もあるやん・・・

氷なんて浮かべたところで何の役目も果たしまへん。

なのでトリタン用のクーラーを突っ込んで水温を下げました。

tarai.jpg

角タライ3個に対してクーラーが1個なので、一つ一つのタライを順番に冷やさなければいけないのでメンドイです。
デカいローリータンク欲しいですが、普段の収納場所を考えると買うに買えないでいます。




本水槽のスカンクが最近、あまりクリーニングしてる姿を見かけないので、小さいサイズ(約2cm)のスカンク2匹買ってきました。

sukanku.jpg


エビなので丁寧に3時間も掛けて水合わせ後に本水槽へポチャン

即効でケンヂ(グリフィス)に襲われて食べられてしまいました。

おい!!!

スカンク小さすぎました。あほ~




そして

遂に

フェニックス渡五郎、一ヶ月以上のトリートメントを経て二軍水槽に放たれました。

以下、二軍水槽復帰までの記録です。

再度、トリートメントタンクでお過ごしいただいていたフェニックス渡五郎君

GFGも抜いてラクトフェリン入りのご飯を食べさせて、僅かに残る白点を撃退する作戦に出たところまでは前回のブログでご報告しましたね。

gorou.jpg


翌日、白点しっかり増えました。。。

こんな辛気臭い事やってられるか~!って事で、銅イオン入れました。

でも薄~く薄~く0.2~0.25ppmぐらいで入れました。

五郎、銅入れた途端にご飯を食べなくなりました。

ご飯を撒くと一旦は口に入れるのですが、全て吐き出します。

モグモグモグ~~ペッ!って感じです。

体力あるから少々食わなくても大丈夫ぢゃ~って事で気にせず銅治療を続けました。

4日目には肉眼で確認できる白点は無くなりましたが、念の為に銅濃度を落とさずに更に2日銅漬けにしました。

この段階でもモグモグモグ~~ペッ!でした。

そして遂にどこからどう見ても問題無さそうだったので、二度目の二軍水槽デビューとなりました。

二軍水槽に入って暫くは顔にムラムラが浮き出てフロー管の後ろで固まってましたが、1時間もすると顔のムラムラも消えて元気良く泳ぎ出しました。

まだ食わんやろなぁ~・・・っと思いつつご飯を数粒撒いてみると食べました。

更に20粒ほど入れてみると爆食いモードです。

かれこれ一週間ほどご飯を食べてなかったので、お腹が空いていたのでしょう。

銅を抜いた水槽に入れた瞬間から食べ出すとは、、、

嫁曰く、『銅で死にかけたから、銅がトラウマになってるんちゃう?』っとの事です。

そなんや、、、魚にもトラウマなんてものがあるんや、、、んなアホな・・・

で、それから4日が経過しましたが順調にお過ごしいただいております。

goroudeb.jpg

広くなった二軍水槽(60ワイド)の中を9匹のチビッコデバ軍団と一緒にビュンビュン泳いでます。

なんと寝る時はデバ達と一緒に寝ます。

gorounedoko.jpg

デバはおとなしくてい~ですね。

以前飼育していたアレンズダムセルは相手がはじめちゃん(アデ)であろうとアタックしてましたからね、、、

まぁ、そんな感じで五郎君はここまでなんとか持ち直しましたので、暫くは本水槽には合流させずに二軍水槽で静養させたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

▲Page top