ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ネタが無い日のブログ  

こんばんは
 
バートレットとゴールドフレークを探している冷奴です。
 
今日はお血事が終わった後に、玉網持って淀川河川敷を歩きつつ探しましたが、見つかりませんでした。
 
 
本日はQL40(殺菌灯)の球交換をおこないました。
 
まだまだ交換せんでもえ~かな~っとは思っていたのですが、性格上これ以上引き伸ばすことはできませんので、使用開始から9ヶ月目にして交換となりました。
 
はい。交換しました。
 

 
今日のネタは以上です。
 
 
 
では面白くないので、無理やり引っ張ります。
 
リム男が長~~~いウンコしてました。
 
だからなんやねん。。。って感じですわな。。。
 

 
 
長~~~~~~~~~~~~いお付き合い。 京都銀行・・・・プッ・・・
 
ローカルネタですいません。
 
今日のケンヂ見たいですか?
 
見たいですよね。
 

 
な~んも変化ありまへん。
 
やたらと人馴れしてきたぐらいでしょうかね。。。
 

 
来週には本水槽デビューの予定です。
 
ついでに今日の本水槽も見たいですか?
 
ど~ぞ
 

 
エマニエル君は、パッサーやアズファーに、ちょくちょく苛められていますが、全く気にする事もなく自分のテリトリーで好き放題やっております。
 
一日の大半を最背面ライブロックの隅っこでウロウロしておりますが、最近はちょくちょく前に出てくるようになりました。
 
餌の時間になると恐る恐る水面近くにまで出てきますが、一粒餌を食べると猛ダッシュで自分のテリトリーに戻ります。
 
底に落ちてきた餌を思う存分食べてるようで、早くもお迎えした時より1cm以上は大きくなってます。
 
成長早過ぎです。
 

最近、日に日に模様が変わってくる寝太郎です。
 
綺麗なウズマキ模様が崩れてしまって、グッチャグチャです。
 

 
だんだん体のあちこちが黄色くなってきまして、白いラインはほとんど無くなりました。
 
頭皮欠損はそのまんまです。
 
ある日突然、治る事に期待しております。無茶やな・・・
 
ネタが無いのに、ここまで引っ張りました。
 
もう限界なのでこの辺にしておきます。
 

スポンサーサイト

ハイパーけんぢ君  

こんばんは
 
昨夜は金太君手君がお亡くなりになり、ちょっぴりしんみりとしました。
 
・水槽ができていない
・濾過ができていない
・いじり過ぎ
・硝酸塩
・糞詰まり
・混泳ストレス
・内臓疾患
 
皆様から多くのアドバイスを頂きましたが、皆様は僕とは違い多くの経験を元にアドバイスしてくれてると思いますので、どれも正しいのでしょうね。
 
皆様方からのアドバイスは今後の飼育の糧とさせていただきます。
 
お~きにです。
 


 
ほんでもって、トリートメント中のケンヂ君(グリフィス)ですが、あまりにも元気すぎます。
 
元気と言うよりハイパーと言った方が適切かもしれまへん。
 
オランダあたりでややこしい薬でもやってから日本にやってきたのかもしれまへん。
 
久々に動画に収めてみました。
 
ピンボケがえげつないですが、堪忍したってください。
 
まずはケンヂ君のバキューム食い
 
 
あまりにも落ち着きが無いので、レプリカライブロックを水槽一杯に入れてやりました。
 
 
あまり変わりませんなぁ、、、、
 
早く本水槽に入れたった方がえ~のかもしれませんね。
 
狭いとは思いますが、も~ちょっと辛抱してや~
 

 
 
 
 
 

金太君手危篤  

こんばんは
 
トリートメント中のケンヂ君(グリフィス)は、全く問題なくお過ごし頂いております。
 

 
一日に2~3回程、給餌しておりますがメガバイトM20~30粒を1分程で完食するほどのバキューム食いです。
 
白点もリムフォも今のところは出ておりませんので、明日ぐらいからGFG濃度を薄くしていきたいと思います。
 
そしてまたもや問題発生です。
 
ストレスか何か分かりませんが、餌食いが悪くなり二軍水槽でお過ごし頂いております、金太君手(Gフレーク)なんですがね。。。
 
二軍水槽に入ってからはストレスが無くなったのか?スイスイ泳いで餌も食べておりましたが、結局は日に日に餌食いが悪くなり、現在はほとんど動く事も無く完全な拒食状態になってしまいました。
 

 
こうなると僕の経験上、まず復活は無理だと思っております。
 
過去に原因不明の拒食に陥ってお亡くなりになったアズファー、クリスルスと全く同じパターンです。
 
薬浴や淡水浴は前回のクリスルスの件もあり、とどめを刺す事になってしまいそうなので、超強エアレーションで様子を見ておりますが、恐らくこの数日の命でしょう。
 
いやっ。。。今夜が山かもしれまへん。
 

 
しかしこの拒食症ってのだけはどないしようもありまへん。
 
混泳ストレスなのか?水質なのか?魚の性格上の問題なのか?は分かりませんが、対処のしようがありませんわ。
 
魚の性質も関係するとは思いますが、同じ魚でも個体差による性格の違いも大きく関係しているのでしょうね。
 
初代アズファーは臆病で、すぐに引き篭もってましたが、二代目アズファーは身体も小さいのに全くそんな素振りも無く、常にど真ん中で泳いでますし、餌場にも真っ先にやってきて、自分より大きいヤッコ達と競い合うように餌を食べます。
 
ほんと分かりまへん。
 
外見上は全く問題無いのですがねぇ、、、
 

 
今回は残念っぽいですが、仕方ないです。
 
しかしゴールドフレークはどうしても飼いたい魚ですので、飼える様になるまで何度でもチャレンジし続けますよ~
 
追記 皆様のコメントにレスをしてる最中の、5月29日 午後23時20分 永眠いたしました。
 

 

ケンヂお迎えしました。  

こんにちは
 
昨夜は南紀で夜釣りをしてきました。
 
僕が留守の間に近所の奥様方がスイハイに来たそうです。
 
釣果の方は可もなく不可もなくと言った結果でした。
 
しかし、釣り場で嬉しいハプニングがありました。
 
朝、釣り道具を片付けてから、何気に磯際を眺めていると、南紀では見慣れぬ魚が泳いでいました。
 
ん!?こいつはもしや!!!!
 
これはもしかして、人生初の磯採取ってやつでしょうか?
 
活かして持って帰るためにフライングギャフは使わずに、持っていた直径80cmのタモで捕獲に成功しました。
 
急いで帰宅して水温合わせ
 
洗濯バサミで固定しているプラケースは淡水浴用の真水を温度合わせしております。
 

 
そして慎重に水合わせ
 
今日は3時間掛けました。
 
水温が上がらないように扇風機の風を当てて25度をキープ
 
皆さんはまだ何の魚かは分からないと思います。
 

 
続いて半淡水浴2分
 
まだ分かりませんよね。
 

 
そして真水にて10分の淡水浴
 
呼吸が早くなることも無く、ウンコ以外は何も出ませんでした。
 
早く魚の正体を知りたいと思いますが、も~ちょっと引っ張ります。
 
簡単に水合わせしてから、いつもの鳴尾浜三軍トリートメント水槽にドボン!
 
尾ビレに1~2粒の白点らしきものが確認できますので、とりあえずGFG漬けです。
 

 
青色がキツすぎて何の魚か分かりませんね。
 

 
じゃ、フラッシュ焚いて撮影してみます。
 
分かりましたかね?
 
グリフィス(8cm)です。
 

 
反対側です。
 
テラカッコよろしおます。
 

 
嫁に南紀での出来事を熱く語りました。
 
「この魚、確か結構な値段するよね?」と意味不明なことを言ってきおりました。
 
網で掬ったっちゅ~ねん・・・
 
嫁が命名してくれました。
 
ケンヂです。
 
由来はコレ ↓
 

 
俺は高木ブ~だ~~~
 
 

 

金太二軍落ち、エマニエル一軍昇格、アレンズ抗争勃発  

こんばんは
 
先週、悪天候の為に今週末に延期になった高知遠征(釣り)
 
今日、同行者からメール・・・「何気に天気予報見たら明日、風速15メーター、波高3メーターになっとるで・・・」
 
またもや天候が急変のようです。
 
雨は降らず快晴のようですが、波がねぇ、、、いつもの渡船屋の船頭に電話をするも「明日はやめた方がい~よ」とのお返事を頂いてしまいました。
 
仕方ないので、明日は南紀の波風に強い地磯(あまり釣れませんが・・・)に行く事となりました。
 


 
はい、水槽ですね。
 
ゴールドフレークの金太君手がまたもや餌食いが悪くなってきました。
 
このGフレークって魚は水槽環境に馴染むまでが大変なような気がします。
 
性格が優しすぎるのでしょう。
 
そして神経質・・・
 
誰からも苛められてるわけでもないのに、日に日に餌食いが悪くなっていきます。
 
先日餌食いが悪くなった時も隔離して様子をみたところ、何事も無かったようにご飯をパクパク・・・
 
今度こそは!と本水槽へ戻すも日に日に前に出てこなくなり、ヒッキーに、、、
 
ほんと難しい奴です。
 
水槽環境に慣れてしまえば大丈夫だとは思うのですが、なかなか思うようにいきません。
 
結局、今回もエマニエル君の居る二軍水槽へ入っていただきました。
 
すると金太君手の半分程の大きさのエマニエル君に追っかけまわされる始末・・・
 
どんだけヘタレやねん・・・
 
こ~なったらエマニエル本水槽デビューぢゃ!って事でエマニエル君に聞いてみました。
 
僕 どや?行ってみるか?
 
エマニエル 行きますがな~!
 
二つ返事でした。
 
エマニエル君、急遽本水槽へデビューなされました。
 
リム男(アズファー)にボコられてヒレが裂けましたが、問題なくご飯も食べております。
 

 
まだ前には出てこれませんが、自分の居場所も確保したようですので、暫く様子を見てみます。
 
二軍水槽で一人になった金太君手は、何も無かったようにご飯もバクバク!のびのびスイスイ泳いでおります。
 
なんちゅ~奴や・・・
 
ちなみに金太はセレブなので、メガバイトのブルーしか絶対に食べません。
 
おとひめもメガバイトレッドもオメガワンも海藻70も気に入らないようです。
 
もう一度言いますが、ほんと気難しい奴です。
 


そしてここ最近突如闘争本能に火が点いてしまったアレンズダムセルは、消灯後の寝床争いが激化!!!
 
次々に死んでしまいまして、現在はたったの3匹になってしまいました。
 

 
1年以上も飛び出し以外では死ななかったアレンズでしたが、こ~なると手に負えません。
 
ず~~っとケンカしてるんですわ、、、
 
めっちゃ綺麗なんですけどね~・・・
 

 
現在は3匹で落ち着いておりますが、この三匹はトリートメントタンクの番人として働いてもらいます。
 
そ~なると本水槽を彩る小魚が欲しくなってきました。
 
よく分かりませんが、ハナダイ?ハナゴイ?がい~んでないか?って事で色々調べたところ、ぐまたん殿お勧めのバートレットアンティアスってハナダイに行き着きました。
 
餌付けの心配も無く、混泳ストレスにも強いそうですので、大型ヤッコとの混泳も牧場のようです。
 
どうせなら15匹、いやっ20匹ぐらいは入れたいところです。
 
1匹1,000円として20匹入れたら20,000円か~・・・・なんて考えてたら、甘かった・・・
 
なんと一匹3,000~4,000円はするようです。
 
3,000円で15匹としても45,000円!
 
どないやねん!!!
 

 
 

キャベツが芽キャベツになりました。  

こんばんは
 
宇宙一のサンゴキーパーの冷奴です。
 
自慢の玄関キャベツ水槽
 
樹齢400年とも言われているキャベツ(ナガレハナサンゴ)
 

 
・・・・・・が本日、芽キャベツになりました。
 

 
こないだスイハイに来られたアジアオセアニア地区ナンバー1のサンゴキーパーと呼ばれるMusicMan殿が、わざわざ電車に乗って突然我が家へ押しかけて来ました。
 
自宅にはいるや否や
 
無言で玄関水槽のキャベツを鷲掴みにし
 
チェストーーーーー!!!!っと空手チョップを食らわしました。
 
推定25億円のキャベツが三分割!!!
 
ポケットから取り出したビニール袋にキャベツの片割れを入れると、玄関にチーズケーキを置いて何も言わずに帰って行きました。
 
その間、2分程の出来事でした。
 

 
キャベツが芽キャベツになってしまい、スパインチークがあたふたしております。
 

 
 
こんばんは
 
昨夜は先日のMusicMan殿に続き滋賀県よりぐまたん殿と毒舌パパ殿が我が家の宇宙一素晴らしい水槽を見に来てくれました。
 
自宅に入るや否や宇宙一水槽にかぶりつきの二人・・・
 

 
毒舌パパ殿が持って来てくれた宇宙一美味しいシュークリームを食べながら水槽談義・・・
 

 
水槽から離れない二人・・・
 
毒舌パパ殿は水槽より配管ばかり見てます。
こらーー!!!自慢のお魚見てくれよ~~!!!
 
しかしお二人ともず~っと、スゲ~!ヤバいっす!マジヤバいっす!とこれ以上褒めてくれなくてい~ですよってぐらい褒めてくれます。
 
お若いのに僕と違って人間できておられます。
 
正直、自分ではまだまだ全然だと思っているのですがね、、、、(汗)
 

 
この後、三人で宇宙一美味しい焼き肉を食べながら遅くまで水槽談義・・・
 
お二人さんは車でしたのでノンアルコールビール、僕一人だけ生中呑みました。w
 
遠いところわざわざお越し頂きましてお~きにです。
 

 
今日はトリートメントタンクにクーラーを設置いたしました。
 

 
45cm水槽にZC-200は大きすぎると思いましたが、これしか余っているクーラーがありませんのでRio800からホース引っ張って接続いたしました。
 

 
これで真夏のトリートメントでも六甲牧場です。
 

 

 
 
 
 

変わりの無い水槽  

こんばんは
 
今週末は高知で開幕戦(釣り)の予定でしたが、初っ端から天候不良に見舞われ次週に延期になってしまった脳内ORP450の冷奴です。
 
くっそ~!ハンマードリルの充電も完了してたのに~・・・
 
これからの時期の釣りこそが冷奴本気モード突入となります。
 
冬の釣りは単なる暇潰しです。
 
今年は全世界が涙するような驚愕の大物を退治したいと思っております。(このブログには釣りの事は書きませんが、、、w)
 
水槽ですか?
 
落ち着いていますので、ウールの交換ぐらいしかやる事がありまへんので、毎晩、水槽を眺めながら革手袋を付けワイヤー巻き巻き、、、黙々と釣り仕掛を作っております。
 

 
明日はお血事も休みですので、40ガロンほど水換えでもやろうと思います。
 
入海から一年以上飛び出し以外で死ななかったアレンズダムセルでしたが、この一ヶ月ほどの間に二匹亡くなりました。
 

 
ケンカです。
 
あいつら気が荒過ぎです。
 
大型ヤッコにもイケイケです。
 
小さいですが、よく見るとイカツイ顔してますなぁ・・・
 

 
動きが早いので滅多に大型ヤッコにボコられる事はないのですが、たまにボコられます。
 
その結果が二匹の死であります。
 
もう一匹ボロボロのアレンズが居ますので、ここ数日の命かもしれません。
 
リム男は完全に健康体となり一気に太りました。
 

 
餌の時間になると真っ先に餌場に飛んでくるようになりました。
 
僕にもかなり慣れてますので正直、可愛いです。
 
金太君手もしっかり食べて、しっかり泳いでボリューム感が出てきました。
 

 
しかしお迎え以来、ポツンと付いたリムフォがなっかなか落ちません。
 
写真では分かり難いのですが、体のあちこちに小さいリムフォが飛び散っております。
 

 
口やエラには付いていないので完全放置にしておりますが、これ以上広がるようなら、淡水風呂行きの方が良いかもしれません。
 
二軍水槽のエマニエル君はどうもありまへん。
 
とにかく一日中、バタバタと泳ぎ回ってバクバクと食べております。
 

 
ちょっと太くなったように思いませんかね?
 

 
 
Mサイズのメガバイトも食べるには食べますが、まだ食べ難そうな一面も見られますので、完全にMサイズが爆食い状態になるまでは暫くはこのまま放置です。
 

 
今日、お血事が終わってからショップに行って来ました。
 
週末にパソニファが入るかもしれないとの事でしたので楽しみであります。
 
状態が良ければ来週にはお迎えできるかな~?
 
グリフィスもパソニファも通販ならいくらでも目にするのですが、兎に角自分の目で見てからじゃないと魚は買う気になれませんので、どうしてもお迎えまでに時間が掛かってしまいます。
 
今年中にパソとグリ泳がせたいなぁ~~
 


 
最後にクイズ
 
先日、僕の釣り仲間が釣った魚です。
 
この魚は何と言う魚でしょうか?
 
正確にお答えください。
 
正解者には冷奴の宇宙一素晴らしい水槽をスイハイできる権利を進呈いたします。(交通費、冷奴さんへのお土産は自腹)
 

 
分かる人はかなりの磯物通です。
 
僕の釣り仲間の方はコメントしちゃ駄目ですよ。
 
正解は『クエハタ』です。

しかしクエハタと言っても学術的に一品種として認められている訳でもありません。
単に和歌山などで『クエハタ』と呼ばれているだけです。
 
この魚、クエ(九絵)とヤイトハタの交雑種であります。

クエの稚魚は生命力が大変弱いそうです。

そこで生命力の強いヤイトハタと交雑させる事で生命力の強いクエを養殖する事ができるそうです。

しかも交雑させる事で成長もかなり早くなるようです。

真クエも養殖には成功していますが、成長スピードが非常に遅く出荷するまでに歳月もコストも掛かるので養殖物だからと言って、破格の値段で出すのは難しいそうです。(天然物よりは安いでしょうが)
 
本来、自然界での交雑も有り得るそうですが、自然界で交雑された個体が発見された事は無いそうでして、関西では世界初の本マグロの養殖で有名な和歌山の近大水産試験場で交雑された種であるそうです。

自然界の生態系を崩さないように厳重に管理されていたそうですが、生簀が破れたり何らかのトラブルで自然界に脱走したと言われております。
 
10年程前からクエが釣れない様な防波堤や潮通しの悪い磯などで50cm前後のクエが度々釣れる様になりました。

その大半がクエハタです。

釣りブログなどを見ていても大喜びで『超高級魚の真クエ釣りました!』なんて記事を見かけますが、よく見てみるとクエハタなのにな~・・・っと思うことがよくあります。
ほんまもんのクエ師ですら知らない人は居ます。
 
和歌山以外の伊豆諸島、九州西南部にも生息するのかどうかは僕は知りません。
高知で釣り仲間がそれらしき個体を釣りましたが、斑点の入り方が和歌山で釣れるクエハタとは違うように思いましたので、アレこそが自然で交雑された魚だったのかもしれません。
 
ちなみに市場価格は真クエの1/3~1/5程度です。それでも高いですが・・・
 
見分け方は簡単です。

クエハタは顔にポツポツと黒い斑点が有るのです。

真クエは顔には斑点は無く、少しでも斑点が有ればクエハタです。

味のほうは超美味でして、よほどクエを食べ慣れた方で無い限り、クエとの味の違いは分からないと思います。

僕も何度も食べておりますが真クエに比べると若干脂の量が多いように感じるぐらいでして、生でも焼いても煮ても、、、何をしても超美味でしてクエ同様に廃棄する部位が無いので内臓の一部を除いて全て食べられます。
 
安い居酒屋などでクエフルコースが数千円で食べられるような店がありますが、アレはクエハタを使っている事が多いと思います。

クエハタならまだいいかも?ツルクエ(スジアラ)やヤイト、オオモン、アカハタ・・・無数に存在するハタ系の魚ならなんでも『クエ』として出している店もあるのでしょうね。
地方によってはハタ系の魚全てを『クエ』と呼ぶ地域もあります。

『アラ』と呼ぶ地域もあるそうですが、正確にはアラはアラで全く別の魚(これも高級魚)です。

ウチの近所にも『本クエ鍋2,980円』って店がありましたなぁ・・・

数年目に『真クエ』と言ってアブラボウズ(全くハタ系じゃない)を販売していた業者が摘発されてましたね。

天然物の真クエを仕入れて食べさせる店に行くと、一人前がごくごく普通に数万円はします。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

僕のアクア遍歴  

こんばんは
 
頭皮欠損は相変わらずですが、どんどん成長している森の鼻寝太郎君
 
4月22日
 

 
一ヶ月も経ってませんが、
 
本日 5月10日
 

 
また少し模様が変わりました。
 
そして物凄~~~く餌食いの良いエマニエル君
 

 
毎日見ているので、あまり成長してるように思いませんが、先日スイハイに来て頂いた時にMusicMan殿から「めちゃめちゃ大きくなってますやん!あのフレンチじゃない別の魚かと思いました」と言われましたので、かなりのスピードで成長してるようです。
 
ちなみにエマニエル君はVIP待遇です。
 
どのくらいVIP待遇かと申しますと、、、
 

 
60ワイド水槽でお一人様でお過ごし頂いております。
 
Mサイズの餌を難なく食べられるようになるまでは、こちらの二軍水槽でお過ごしいただく予定です。
 

 
ところで、、、嫁はブログ持ってるのですが、最近全く更新しておりません。
 
昨夜、何気に嫁の過去のブログを見てたら懐かしい写真がたくさんありました。
 
僕が海水魚飼育を始めてからの悪戦苦闘が綴られていましたので、ちょっとだけご紹介させていただきます。
 
2010年3月
 
嫁が随分前から水槽買え!買え!買え!買え!・・・・うるさいので、何の勉強もせずに大日パ○オで、はいはい買いますよ、買えばい~んでしょっと・・・一式買いました。
 
60cm規格水槽、上部フィルター、底砂、ライブロック、ヒーター、水温計を購入
 

 
数日空回ししましたが、次になにをすれば良いのかが分かりませんので、嫁がwebで見つけた海水魚専門ショップに連れて行かれました。
 
自宅水槽の水を持ってくるように言われたので、持って行きました。
 
これがその時の水質です。
 
ショップの方がメモに書いてくれました。
 

 
この時に初めて亜硝酸だ硝酸塩だを知りました。
 
このメモは暫く冷蔵庫に貼り付けていました。
 
一ヶ月後ぐらいに初めて魚を買いました。
 
今は亡きワイルド物のカクレペア、一太郎と花子です。
 

 
たしか二匹で7,000円ぐらいしまして、『高い魚やな~~』と思っておりました。
 
それに底砂掃除の為にオトメハゼです。
 
この水槽を毎日眺めて喜んでいました。
 
僕も段々と楽しくなってきました。
 
ショップの方に「もっと魚を入れたい!」と相談したところ、外部フィルターとSNMの流動床フィルターとSNMのハングオンスキマーを勧められて購入しました。
 

 
親切な釣り友達がメタハラやらクーラーやらくれました。
 

 
これでサンゴが飼えると思いました。
 
2010年4月
 
嫁の希望で小さい小さいラクダハコフグを二匹買いました。
 

 
そのうちの一匹が生き残り、現在も玄関水槽で泳いでいます。
 
でっかくでっかくなりました。。。
 
2010年5月
 
2~3cmのホワイトチップをお迎えしました。
 

 
現在は10㎝オーバーです。。。
 
初めてヤッコを買いました。
 
ポッターズピグミーエンゼル
 

 
フレームエンゼル
 

 
入海直後のフレームはこんなに真っ赤な個体でめちゃめちゃ綺麗でした。
 
3年経った現在はこんな感じです。
 

 
色褪せたなぁ・・・
 
ちなみにポッターズは2年以上飼育してましたが、殺菌灯の故障時にウーディニウムを患い亡くなってしまいました。
 
丸々と太って綺麗だったのですがねぇ・・・
 
ソフトコーラルやイソギンチャクも入ってますが、この辺は全て嫁の希望です。
 

 
僕はこの頃から魚しか興味ありませんでした。
 
しかしこの時から、現在のヤッコ水槽を立ち上げ、はじめちゃんを購入するまでは一匹も魚を購入しておりません。
 
何故なら、ポッターズとフレームの相性があまり良くなかったので、追加できなかったのです。
 
混泳成功~っと思ったらケンカ~隔離の繰り返しでした。
  
水中ライトにコラリアnano2基など、、、水槽内がゴチャゴチャです。
 

 
現在、本水槽に居るホンソメワケベラはこの頃に購入しました。
 

 
こいつも倍ぐらいでかくなりました。
 
2010年7月
 
現在、玄関水槽でキャベツのように成長したナガレハナはこの頃に購入したようです。
 
分かりますか?ど真ん中の緑色のがナガレハナです。
 

 
この頃にヤッコ水槽立ち上げを考えるようになり、既にマグネットポンプやスキマーを揃え出してるようです。
 

 
しかしヤッコ水槽立ち上げは2012年9月なんですわ・・・
 なにしとったんや・・・
 
そして現在
 

 
たった3年で随分と嵌ってしまったもんですわ・・・
 

 

初スイハイに来てくれました。  

こんばんは
 
水槽の方は治療する魚も、トリートメント中の魚も居ませんので、安定はしているのですが刺激はありません。
 
まぁ、これから魚が大きくなるにつれて色々と問題が出てくるので忙しくなるのでしょう。
 
それがちょっと楽しみなドMな冷奴です。
 
さて、今日は我が家の宇宙一素晴らしいヤッコ水槽を見る為に、アクア界の重鎮MusicMan殿が我が家に来てくれました。
 
俗に言うスイハイってやつです。
 
我が家に釣り仲間以外でスイハイに来て頂いた方は今回が初めてです。
 
MusicMan殿は我が家の宇宙一素晴らしい水槽を見た途端に失神、気絶してしまいました。
 
ちょっと刺激が強すぎたようです。
 
気を取り戻したMusicMan殿は二匹のワンコと戯れ、嫁のマシンガントークに嫌な顔一つせずに付き合ってくれました。
 
ちなみに一番興味を持った魚は嫁の金魚水槽で泳ぐボラのようでした。。。
 
その後、二人でアクアショップに行きました。
 
お手頃価格のパソニファが居ましたが、いまいち調子が良さそうに思えませんでしたので、今回は見送りました。
 
MusicMan殿は可愛い魚を買ってました。
 
ブログで紹介される事でしょう。
 
ちなみにレジで女の子の店員に対してしつこくアプローチを掛けるMusicMan殿を僕は見逃しませんでした。
 
あれは隙あらばいったろ~!って魂胆が見え見えでした。
 
ハッキリ言いますが、あの子はMusicMan殿には興味は無いと思います。
 
僕はレプリカライブロックが安かったので購入しました。
 
その後、二人でクソ不味いカレー(本当に不味かった。。。)を食べて帰宅いたしました。
 
MusicMan殿、遠いところお越し頂きありがとうございました。
 
次回来られる時はナガレハナサンゴ好きなだけ持って行ってください。
 
今日は写真はこれしか撮ってまへんねん。。。。。
 

 
レプリカライブロック、キュアリング中です。
 
一晩真水に漬け込んでおきます。
 

 

クリちゃん死す  

こんばんは
 
楽々屋殿のブログで『魚が死んだ事を隠して他の記事を書くと罰金3万円』と紹介されていましたね。
 
なので白状します。。。。罰金無くても書きますが、、、
 
兼ねてより療養中のところ、本日、クリスルスのクリちゃんが死んでしまいました。
 
生前中は皆様から多くのお見舞いカキコを頂いておりました事に厚く御礼申し上げます。
 

 
しかし今回は死んでしまったと言うより、僕のミスで殺してしまったと言う方が適切かもしれまへん。
 
突然、拒食に陥ってしまったクリちゃんでしたが、どうも消化不良の可能性が高そうに見えたので、2度目の淡水浴を決行しました。
 
この時にお通じを良くする為にお腹を軽くマッサージしてみました。
 
モミモミモミ・・・っと
 
このモミモミ、、、が良くなかったのでしょうか?
 
普通に泳いでいたクリちゃんの呼吸が早くなりフラフラになってしまいました。
 
その後数日様子を見ましたが、回復する事も無く今朝お亡くなりになってしまいました。
 
完全放置の方が良かったのかもしれない…なんて思っても後の祭りです。
 
完全にやっちゃった感、ありありです。
 
クリちゃんに、アフォな飼い主で申し訳ありません。と謝りたいです。
 
しかし僕としては何もせずに殺してしまうより、散々手を施して死んでしまった方が悔いは残りまへん。
 
今後も体調の悪くなった魚に対しては、どんどん治療していきたいと思っておりますが、『治療』と『放置』の判断の境目ってのが魚の場合は非常に難しいですね。
 
まぁ、こんなところです。
 
もう今回の事は忘れます。
 
この程度で負けてたまるか~~
 
今後もどんどんイクで~~
 
ちくしょ~~~~
 
しかしですね、悪い事ばかりじゃないのですよ。
 
本水槽の調子がかなり良いのです。
 

 
かなり良いですが、絶好調ではありませんよ。
 
色々あったリム男も金太君手もベル子ちゃん(なんの魚やねん・・・)もかなりい~感じです。
 

 
もう一度言いますが、決して絶好調ではありません。
 
いつも水槽の隅っこでコソコソしていた金太君手もリム男も水槽前に出てきてあちこち活発に泳ぎ回るようになりました。
 
水槽内のパワーバランスが良い状態なんでしょうね。
 
しつこく言わせて頂きますが、決して絶好調ではありません。
 
では本日の絶好調でない本水槽をご覧ください。
 
 

 

三助から出直しぢゃ!  

こんばんは
 
今日も帰宅後に水槽前に近づくとヤッコ軍団は全員出てきて、餌クレクレクレ~~~~っと大騒ぎです。
 
二軍水槽のクリちゃんもクレクレしてます。
 
おりゃ~~~今日こそ食ってくれ~~~!っと餌を花咲爺さんの様にばら撒きました、
 
食いません。。。
 
続いてクリルを砕いてばら撒きました。
 
食いません。。。
 
二軍水槽で甘やかしてるから食わないのです。
 
なので三軍(トリートメントタンク)に降格させました。
 
右にチラッと見えてるのは四軍水槽です。
 
四軍水槽は水も入っていません。
 
すなわち戦力外通告を意味します。
 

 
元気なんです けどねぇ・・・・
 
今日は『細胞に酸素を!』を合言葉に『ダイカ アクト-G』を入れておきました。
 
血中ヘモグロビンの酸素運搬能力を高め、細胞の隅々までに酸素が行き渡り、各部の細胞が活性化されて元気が回復します。
 
だそうです・・・
 
どないやねん!
 

 
おまえは三助から出直しぢゃ!
 

▲Page top