ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリちゃんがご飯食べません  

こんばんは
 
今日は珍しくフレームエンゼルの写真が撮れました。
 
普段は動きが早くてなかなか写真に収めることができません。
 

 
クリスマス島出身の真っ赤なフレームも、立派にオレンジ色のフレームに育ちました。
 
こいつは我が家では最古参メンバーです。
 
外部フィルターで回していた60cm規格水槽時代から飼育してまして、間もなく飼育3年になろうとしております。
 
本水槽に一番最初に入ったヤッコでもありまして当初は本水槽の番長でしたが、大型ヤッコが増えるにつれて、徐々に地位も陥落、、、、今では誰も相手にしてくれまへん。
 
それでも水槽内を右に左に必死に泳ぎまわってます。誰も相手にしませんが。。。。泣
 

 
ほんでもって結局はスレ傷だったGフレークの金太君手は昨日より本水槽に復帰いたしました。
 

 
しかし金太君手は食が細いので、今後も要注意です。
 

 
アズファーはもう大丈夫です。
 
口の白味もほぼ消えました。
 

 
こいつもストレスに弱い魚ですので、本水槽の環境に馴染むまでは要注意です。
 
ちなみに命名しました。
 
リム男です。
 
命名の由来は今更説明の必要も無いと思います。
 
しかしリム男は写真写りが悪いです。
 
フラッシュを焚かないと綺麗に撮れません。
 
単に僕のカメラがボロだからでしょうか?
 
多分、そうなんでしょうね。。。
 
実物はもっと綺麗なんですがねぇ、、、
 

 
皆さんのところにも居ませんか?写真写りの悪い魚
 
我が家ではリム男とベル子ちゃんが写真写り悪いです。
 
逆に良いのが、パッサー、はじめちゃん、スクリブルドです。
 

 
はじめちゃんなんか、適当に写してもこの通りです。
 

 

 
で、、、話は変わりまして、急にご飯を食べなくなりヒッキーになってしまったクリちゃん
 
二軍水槽に入ってからは元気にスイスイ泳いでおります。
 
僕が近づくと、ご飯クレクレ~~!っと寄ってきます。
 

 
よっしゃ~~たくさんお食べ~~~っとご飯をばら撒くと、、、
 
食べまへん。。。。。。。
 
なんででしょ~ね~?
 
もう今にも食べそうな雰囲気満々なんですがね~?
 
実は先日、淡水浴をした後に真っ白のウンコをしました。
 
ググってみると白いウンコは淡水魚では寄生虫の疑いが強いそうですが、海水魚の場合は消化不良の可能性が高いそうです。
 
便秘?
 
ならばって事で、便秘や拒食に効くと言われているフィッシュタミンを二軍水槽に入れて、フィッシュタミン浴を試みてみる事にしました。
 
フィッシュタミンは初代アズファーが拒食になった時も使用しました。
 
で、、、効果は?
 
全くありませんでした。。。ほんまに効くんかい!?
 
しかし今回も使用してみる事にしました。
 
二軍水槽のマグネットポンプを停止してフィッシュタミンを15滴ほど入れてみました。
 
酸欠になるとマズイのでバブルストッパーとマキシジェットを装着しました。
 

 
即席トリートメントタンクの完成です。
 
水換えは簡単です。
 
マグネットポンプのスイッチを入れるだけです。
 
これで暫く様子を見てみようと思います。
 
生きたければ食え
 
では最後に二軍水槽の様子でもご覧ください。
 
 

 
 
 
 
スポンサーサイト

金太君手全快、アズ本水槽デビュー、クリちゃん拒食  

こんばんは
 
ゴールデンウィークの真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
僕は昨日今日と連休を取らせていただきまして、昨日は三重県まで釣りに行ってきました。
 
なので今日は体中が筋肉痛でガクガクです。
 
さて水槽の方ですが、先日ビブリオなんじゃないか?と心配しましたGフレークの金太君手はエルバージュを塗ってGFG漬けにしたところ、翌日には患部の赤みも消えていつも通りの金太君手に戻りました。
 

 
どうやら単なるスレ傷だったようです。
 
その後、二日間の薬浴の後に暫く様子を見る為に二軍水槽へ入っていただきました。
 
問題が無いようなら明日にも本水槽へ戻そうと思います。
 
そして二軍水槽で長期過ごしていたアズファーも残すところ胸鰭の小さなリムフォのみとなり全快も近づいてきましたので、昨夜より本水槽への復帰となりました。
 

 
手のかかる奴でした。
 
全身リムフォだらけになり、口の中のリムフォを除去する為に、100万兆回の淡水浴と外科手術を繰り返しました。
 
随分と回り道しましたが、こうして本水槽へ復帰できて良かったと思います。
 

 
本水槽に復帰したアズファーは誰からもイジメを受けることも無く、悠々と泳いで普段通りにご飯もパクパク食べております。
 
いよいよ安定に近づいてきたヤッコ水槽ですが、そう簡単にいかないのがヤッコ超混泳水槽です。
 
はい、、、今度はクリちゃんがご飯を食べなくなりました。
 
アデのはじめちゃんによる陰湿な苛めに耐え切れずスネてしまったようです。
 
・・・っとゆ~事で今回はMM殿お勧めのヌカ漬け治療もせずに、GFG淡水浴15分かまして二軍水槽に入っていただきました。
 
二軍水槽に入ったクリちゃんは途端に落ち着いてあちこち散歩するようになりました。
 

 
僕が近づくと以前のように寄ってくるようになりましたので、もう暫くするとご飯を食べだすと思います。
 
二軍水槽は気の弱い金太君手、クリちゃんにちびっ子のエマニエル君のメンバーですので、いたって平和です。
 
エマニエル君は自分より遥かに大きなクリちゃんや金太君手に興味津々のようで、寄り添うように泳いでおります。
 

 
日頃から僕のブログを見て頂いてる方はお気づきだとは思いますが、ここへきて本水槽とは別に用意したトリートメントタンクや二軍水槽が大いに役立っております。
 


ヤッコ水槽立ち上げ計画の構想を練った時に、混泳や病気によりトラブルを想定してトリートメント水槽と二軍水槽を設置した事で、今まで随分と助けられてきました。
 
更に本水槽はベアタンクでレプリカライブロックしか入ってませんので、魚の捕獲が容易である事にも助けられております。
 
これらの準備が無ければ体調を崩した魚が出たところで、本水槽にヨウ素やらGFGを放り込んで手を合わせて祈るしかありまへんので、既に何匹かのヤッコさんは、間違い無く成仏されていた事でしょう。
 
僕の場合、経験も浅いのでまだまだ試行錯誤の連続ですが、やはりヤッコ超混泳水槽を目指すには、あらゆるトラブルを想定して飼育設備を充実させて、病気治療方法なども予め決めておく事が重要だと実感しております。
 
せやからクリちゃん早くご飯食べて~~
 

 

ゴールドフレーク病気なんでしょうか?  

こんばんは
 
本日も病気ネタです。
 
本日、帰宅後に水槽チェックしてると、金太君手君
 
餌は食べているのですが、どうもおかしい・・・
 
ウチの金太君手は普段からそれほどご飯を爆食いする魚ではないので、餌食いで調子を見極めるのも難しいのですが、今日は泳ぎ方がおかしい・・・
 
どのような泳ぎ方かと言いますと、ウズマキのように横になってウネウネウネ~~~っとするのです。(分かり難いですね・・・)
 
横になってウネウネウネ~~っとするのはヤッコ特有の泳ぎ方だと思いますが、金太君手に限っては日頃からそのような泳ぎ方はしません。
 

 
しかもず~~っと横になってホバーリングいてるので、とりあえず淡水浴してみる事にしました。
 
エルバージュを溶いた淡水風呂に10分ほど入って頂きました。
 

 
っと同時にお迎え時からポツンと付いている胸鰭のリムフォも取っておきました。
 
それとですね、前々から気になってる事があるのですよ。
 
胸鰭の付け根(エラ)が赤くないですか?
 

 
ズームしてみましょう。
 

 
血が滲んでる様な・・・って滲んでますよね。。。
 
これってビブリオとかゆ~恐ろしい病気なんでしょうか?
 
一ヶ月前のお迎え時からほんの少し赤かったのですが、今日見ると赤い部分が広がってるようです。
 
とりあえず淡水浴をしてから、効くのか?効かないのか?は分かりませんが、エルバーシュを水で溶いた物を幹部に塗っておきました。
 
現在は水槽内ではいつものようにスイスイと泳いでおりますが、隔離してGFG漬けにでもした方が良いのでしょうかね???
 
追記 怖くなってきたので、たった今隔離してGFG漬けにいたしました。
 

 
 
 

ベル子ちゃんご飯食べました。  

こんばんは
 
何が気に入らないのか?急にご飯を食べなくなったベルスエンゼルのベル子ちゃん
 
淡水風呂に入って頂いてからは本水槽で放置状態でした。
 
何日経ってもご飯を食べず、フラフラしてきましたので、も~あかんかな~、、、っと思っておりましたが、数日前から食べないものの、餌を追う仕草が見受けられるようになりました。
 
昨夜、帰宅後ベル子ちゃんを連れて世界の山ちゃんに行きました。
 
そこで手羽先を食べながら、二人きりで腹を割って話してみました。
 
僕 なぁ、ベル子ちゃんよ~、、、そろそろ食べてくれよ~
 
ベル子ちゃん ・・・・・・・無視(手羽先も食べず)
 
僕 何か悩み事でもあるんか?
 
ベル子ちゃん 実は、、、、
 
ベル子ちゃんは少しづつ語りだしました。
 
生き別れになった親兄弟の話、突然ダイバーに捕まり小さなビニール袋に入れられ日本に空輸された話、何も分からずに連れて来られた水槽がヤッコだらけだった事、、、、
 
壮絶な生い立ちを5時間聞きました。
 
僕は目の幅涙を流しました。
 
僕 色々大変やったんやな、、、これからも二週に一回水換えするし、年内に1800水槽にするからご飯食べてくれよ。。。
 
っと一言だけ話しました。
 
そして今日
 

 
ご飯を食べてくれました。
 
以前食べていたメガバイトMは口に入れては吐き出しますが、Sサイズなら爆食いです。
 

 
泳ぎ方も昨日のようにフラフラしておりません。
 
僕の気持ちが分かってくれたようです。
 
まだ安心はできませんが、このまま以前のように元気になってくれる事を願います。
 
 

 

森の鼻寝太郎君が随分と成長しました。  

こんばんは
 
最近、数日置きにヤッコさん達にレタスを与えてます。
 
なんかよく分かりませんが、ビタミン補給に良いそうですわ。
 
レタスの葉を一枚、餌拡散防止リングに洗濯バサミで固定してます。
 
するとヤッコさん達が集まってきます。
 

 
はじめちゃん、スクリブルド、パッサー、森の鼻寝太郎、フレームはレタスが大好きですが、クリスルス、金太君手は食べません。
 
ホンソメワケベラもレタスを食べているのか?食べていないのか?は分かりませんがよくレタスを突いてます。
 
で、、、今日のネタは森の鼻寝太郎君です。
 
頭皮欠損症の方は広がることは無く小康状態を保っております。
 
心持ちマシになったような???
 
最近は成長に伴ってか?定位置であったフロー管の後ろで寝る事がなくなりました。
 

 
最近の定位置はココです。
 
ほとんど起きてます。
 

 
だいたいこの辺でウロウロしております。
 
ちなみに寝太郎君は昨年の11月に入海以来どんどん成長しまして、現在は11cmぐらいはありそうです。
 
模様も随分変わりました。
 

 
綺麗なウズマキ模様が崩れてきて、見てると酔いそうなややこしい柄になってきました。
 
背中や尾ビレも黄色くなってきましたよ。
 
ちなみに昨年の11月の入海時はこちら
 

 
約8cmぐらいでした。
 
あと1年もすればタテキンでしょうかね?
 
本日の動画
 
元気になって太ってきたアズファー君です。
 
 

 

ネタが無いので『今日の水槽』更新します。  

こんばんは
 
今は亡きカエルアンコウ東寺君の為に飼育していたイソスジエビ二匹を本水槽へ放流しました。
 
色が透明で見えにくく何処に居るのかも分かりませんが、たま~に姿を見かけますので、生きているのでしょう。。。
 
でも二匹揃って見た事が無いので、二匹とも生きているのかは?分かりまへん。
 
そして餌ボラは現在、嫁の水槽で元気にやっております。
 

 
プラティとかゆ~魚と、淡水でも問題なく元気に泳いでます。
 
長期飼育は無理かもしれませんが、既に一週間は経ってます。
 

 
そして海水の方ですが、、、
 
毎度毎度同じようなネタで申し訳ありまへんが、、、、
 
魚水槽なので病気にでもならない限り変化がありまへん。。。
 
ベルスは泳ぎ方が落ち着いてきましたが、まだご飯を食べてる様子は見られません。
 
 
 
そして遂にアズファーのリムフォが完治に向かってるようです。
 

まだ胸鰭が痛んでますが、悪くなる様子もありませんので、本水槽復帰も間近です。
 

ご飯も爆食いモードに突入しまして、一緒に過ごしているアレンズダムセルを威嚇しまくってます。
 
アズファーは本水槽に戻ったら、エマニエル君を二軍水槽へ移そうと思っております。
 

トリートメントに入って一週間経ちましたが、全く問題ありまん。
 
もう大丈夫でしょう。
 
本水槽の方は相変わらず賑やかです。
 
僕が水槽前に近づくと、釣りする人なら分かると思いますが、ゴンズイ玉ならぬヤッコ玉ができております。
 

 
寝太郎の頭皮欠損は相変わらずですが、完全にウズマキからウズキンになりつつありまして、日に日に模様が変わって来てる様に思います。
 

 
スクリブルド
 
はじめちゃんに追いつきそうな勢いでデカくなってきました。
 

 
クリちゃん
 
肌荒れは完全に治りました。
 
残すは再生中のヒレのみです。
 

 
そしてはじめちゃん
 
も~なんちゅ~か・・・・・
 
この顔見てると言葉が出ませんわ。。。
 

 
どいつもこいつもぶくぶく太って大きくなって迫力も出てきました。
 
ネタも無いので今日の動画
 
 
ついでに僕が参加してますweb上での釣り大会
 
このブログには釣りネタは書かない主義なんですが、ちょっとだけ宣伝しておきます。
 
今年で5年目です。
 
 
本日、開幕となりました。
 
かなりふざけてますが、釣りは本気です。
 
 

 
 
 
 
 

ベルスが調子を崩しております。  

こんばんは
 
トリートメント中のエマニエル君ですが、
 

 
いつもレプリカライブロックの下で横になってます。
 
しかし僕や嫁が水槽の前を通る度に、、、
 

 
わ~~~~!!!っと飛び出してきます。
 
そして餌が落ちてくる場所で、餌クレアピールをします。
 

 
ラクトフェリン入りの餌を少しづつ少しすつ小分けにして回数与えております。
 
体表もヒレも綺麗になりました。
 

 
本日、嫁は10回ぐらい給餌したそうですが一粒たりとも餌を残す事はありまへん。
 
 
そして写真は撮ってませんが、二軍水槽のアズファーも、今のところはリムフォが広がる事も無く餌食いも良いです。
 
そして最近の本水槽ですが、、、
 
はじめちゃんにかじられたクリスルスのヒレが再生してきました。
 

 
なかなか再生してこないので、これだけ深い傷だと再生しないのかな~?と心配しておりましたが、ここにきて再生してきましたので一安心です。
 
そして最近、グングン急成長している暴走チビヤッコのパッサーは、真ん丸に太りました。
 

 
顔がパンパンです。
 
顔付きも少しづつ変わってきました。
 
ちなみに入海当時はこんなんでした。
 

 
物凄い勢いで成長しております。
 
・・・とここまでは調子が良さそうに思えますが、、、
 
ベルズが調子を落としております。
 
体表はどうもないのですが、餌を追うことも無く水面近くで上を向いてフラフラしております。
 
本日、捕まえて強エアレーションを3時間かましました。
 
 

 
常に鼻先を上に向けて立ち泳ぎのような状態です。
 
その後、5分間の淡水風呂に入れましたが、虫の様な物は落ちてきませんでした。
 
とりあえずプラケースに戻して更にエアレーション
 

 
現在(午後10時現在)もこの状態です。
 
もう暫くしてから本水槽に戻したいと思いますが、嫌~~な予感がします。
 
目視できる範囲で体表やヒレ、口、肛門などには全く異常は見られません。
 
餌を食べなくなったのも二日ほど前からです。
 
原因が全く分かりません。
 
またもや混泳によるストレスかな???それとも便秘???
 
ベルズは他のヤッコとは遊泳層が違いますので、ケンカとは無縁なんですが、僕には理解できない何かがあるのでしょうかね?
 
いったい何が不満やねん!?
 
どこが調子悪いねん!?
 
お願いですから元気出してくださいよ~~・・・・・
 

 
 
 
 
 
 
 

アズファーまたもや・・・  

こんばんは
 
連日の更新です。
 
昨日、カリスマ君に押し売りされてお迎えしたフレンチ君は、今日も元気に泳いでます。
 
名前も決まりました。
 
フレンチ、、、フランス、、、エマニエル
 
エマニエルです。
 
ちなみに何の根拠もありませんが、多分男の子って事で、エマニエル君としました。
 
女ではありまへん。
 
男の子なのです。
 
そ~いえば大昔にエマニエル坊やっておったよな~・・・・ど~でもえ~けど・・・・
 

 
そのエマニエル君なんですが、ショップでは低比重で飼育されていたとの事ですので、お迎え後に比重を上げたら白点やリムフォが出るかもなぁ~なんて思っておりましたが、、、
 

 
胸ビレや尾ビレににほんの少しリムフォの様な?白点の様な?物が見えます。
 

 
こっち側のの胸鰭は綺麗なんですがね・・・
 
正面から撮影するとよく分かります。
 

 
右側の胸鰭に少し濁りがあります。
 
目と目の間の白い点や口周りの白い点は、左右対称に付いているので白点でもリムフォでもないと思いますが、背ビレの白い部分は柄なのか?リムフォなのか?まだ分かりません。
 
魚が小さく胸鰭も動きが細かいのでなかなか確認し難いですが、このようにフラッシュ撮影するとよく分かります。
フラッシュ撮影は魚にストレスを与えるので良くないとの話を聞きますが、僕はいつもこのようにして確認しております。
 
肉眼では見え難い白点やリムフォでも発見できます。
 
トリートメントタンクは昨日からGFG薬浴としておりますので、このまま様子を見ようと思います。
 
まぁ、この程度なら問題ないでしょ。
 

そして、問題のこいつ・・・
 
餌食いは良いのですがねぇ。。。
 

 
写真が汚くて分かり難いですが、またしてもリムフォ再発です。
 
もう外科手術はやらないでおこうと思っていたのですが、口が物凄い事になってきましたので、本日外科治療を施しました。
 
なんせ口の周りも口の中もリムフォだらけですわ。。。
 
よくこれでご飯が食べられるもんだ?と不思議になってきます。
 
もう何度目の淡水浴でしょうか・・・アズファーも疲れるでしょうが、僕も疲れます。
 

 
今日は胸ビレと尾ビレと口を指でゴシゴシこすって大きなリムフォを取り、更に口の中に耳掻き棒を突っ込んで、カキカキカキカキ・・・・口の中のリムフォも除去しました。
 
なかなか口を開けないので耳掻きを入れるのに難儀しました。
 
ヒレや口の周りにエルバージュを塗ってから再度二軍水槽に放流しました。
 
さすがに口の中にエルバージュを塗る根性はありませんでした。
 

 
しかし僕はアズファーという魚とは相性が悪いのでしょうかね?
 
え~かげん完治して本水槽で堂々と泳いでもらいたいのですがねぇ・・・いったいいつになるのか・・・
 
もう外科治療はこれで最後にしてくれ~
 


 
そして今日はエマニエル君に餌を与えました。
 
冷奴特性のラクトフェリン入りのメガバイトS(赤&青)です。
 
小さい魚が必死にパクパク餌を食べてる姿を見てると、ほんと癒されます。
 
皆さんが小さいスミレやシマを飼う理由が分かるような気がします。
 
それではエマニエル坊やの爆食いシーンでも見て癒されてください。
 
 

こんばんは
 
今日はお血事が休みでしたので、朝は寝坊してゆっくり起きようと思っておりましたが、朝の五時半の地震で目が覚めてしまいました。
 
異常が無い事を確認してもう一度布団の中へ・・・
 
起きたら10時でした。
 
今日は水換えをすることにしておりましたので、準備に取り掛かります。
 
まず最初に150Lの水を作ります。
 

 
置く場所さえあればローリータンクが欲しいのですが、なんせウサギ小屋のような家なので、現在は角タライ三個で150Lの水を作っています。
 
1800になったらさすがにローリー要るわな・・・
 
次にレプリカライブロックを出して、水槽内の掃除をしてから、床下排水に繋がっているホースをバスポンプに繋いで排水開始です。
 

 
僕はこのように水槽のヘリにスケールを引っ掛けて排水量を決めております。
 

 
20cm水を抜けばだいたい150Lです。
 
はい、これで150L抜けました。
 

 
この間、魚達はフロー管の後ろの取り合いです。
 

 
かなり魚口密度が高いです。
 
そして作っておいた150Lの海水をどんどん注入していきます。
 

 
人口海水は前日に作ってからエアレーションなんて話をよく聞きますが、僕は短気なので作ってすぐに入れます。
 
塩を水道水で攪拌するのは、せいぜい30分ぐらいです。
 
人口海水は作りたての新鮮な方が良いに決まってます。(無茶苦茶な言い分)
 
はい、入りました。
 

 
今日はガレージでレプリカライブロックをゴシゴシ洗いました。
 
そして天日干し
 

 
綺麗になったので水槽に投入
 

 
水換え完了です。
 
普段は一時間もあれば終わるのですが、今日は水槽内のコケ掃除とレプリカライブロックの掃除までやったので、2時間近く掛かってしまいました。
 

 
そしてお昼からは、最近カリスマ店員が入店されて赤丸急上昇、今関西で最も熱いと言われているショップに行って来ました。
 
車で1時間ほどでショップに到着しました。
 
そこにカリスマ店員は居ました。
 
僕 あの~コンスピ100匹買いに来たんですけど~
 
カリスマ お客さん残念ですね。ついさっき100匹売れちゃいました~~
 
残念ながらコンスピは売れた後でした。
 
カリスマ店員は一匹のフレンチを勧めてきました。
 
僕はフレンチは好きな魚なんですが、将来巨大になる事を考えると、どうしても躊躇してしまいます。
 
ちなみに嫁はフレンチが大好きです。
 
買ったらえ~やん!欲しかったら買ったらえ~やん!
 
とカリスマ店員と一緒にプッシュしてきます。
 
今は大暴走セールですから安くしときますよ~!
 
っとカリスマが安っぽいセールストークで攻撃してきます。
 
結局、カリスマ店員に押し売りされてしまいました。
 
条件は将来大きくなって飼えなくなったら3兆5千億円で引き取ってもらう事です。
 
カリスマ店員が3兆3千億なら引き取ると言うので商談成立です。
 
この魚だけは欲しいけど買わないでおこうと思っていたのですがね・・・
 
まっ・・・え~か・・・
 
しかし小さいですよ~~可愛いですよ~
 

 
まだ5cmしかありまへんねん。
 

 
淡水風呂にも入れましたが、何も出ませんでした。
 
今のところは白点も付いておりません。
 
とりあえずトリートメントタンクでスイスイ泳いでおります。
 
 

 
 
 
 
 

いつかは欲しいヤッコ  

こんばんは
 
楽々屋殿のブログにペペローションがど~たら、、、なんてアホなカキコをした後に、ふと考えました。
 
ローションの主成分はワカメや海草やんな・・・
 
ワカメや海藻のヌルヌル?
 
フコイダン?
 
まさか!?
 
って事でググってみました。。。。が。。。現在のローションはワカメや海草を原材料として使用していないそうです。
 
皆さん!ペペローションを水槽に入れちゃあきまへんで~
 


 
そして、今日は嫁と伊勢丹にモロッコフェアに行って来ました。
 
最近、嫁がアラビアンに凝ってまして、リビングのインテリアがアラビアンになりつつあります。
 
何故が水タバコのパイプが飾ってあったりします。。。
 
そのモロッコフェアで買い物をした帰りにアクアショップ二件寄ってきました。
 
一件目は先日、物凄い魚が入荷して大騒ぎとなったあの店です。
 
僕は初めての訪問でしたが、以前僕が住んでいた所のすぐご近所でしたので、久々に見る街並が懐かしかったです。
 
ブラバン、レンテン、オールドウーマン、ゴールドフレーク、ココス、、、高級ヤッコのオンパレードでした。
 
めちゃめちゃ綺麗なヤッコが居たので、店員さんに聞いてみると、先日ミニマム殿が購入されたココスでした。
 
僕は初めて見たのですが、めちゃめちゃ綺麗で可愛いですね~(値段はイカツイけど、、、)
 
欲しかったのですが、ウチの大型ヤッコ水槽じゃ到底無理なので断念いたしました。
 
次に行ったお店も僕は初めて行くショップです。
 
デッカい店でした。半分以上は淡水なんですが、海水もありました。
 
僕が以前から探していたハワイアンクリーナーラスを見つけました。
 
ハワイアンクリーナーラスの前で、5億兆万時間ぐらいジーーーーーっと観察したのですが、イマイチ調子が良さそうに思えなかったので、今回は見送りました。
 


 
で、初めてマリンアクアリストなる本を買ってみました。
 
買ったといっても最新号ではなく、随分前のバックナンバーです。
 

 
もちろん大型ヤッコ特集です。
 

 
お~ヤッコだらけ~~ヤッコ図鑑ぢゃ~~
 

 
色んなヤッコ見て勉強させていただきました。
 

 
この本は僕のヤッコ図鑑として保存しておこうと思います。
 
ちなみにもう一冊保存してる本がこれ、、、
 

 
この本を見て、大型ヤッコを飼ってみたい!と思うようになりました。
 
トイレに入る時はいつもこの本を持って行きます。
 
そして今後、僕が欲しいヤッコですが、、、
 
まずはパソニファ
 

 
パソニファは近いうちに迎え入れると思われます。
 
そして、グリフィス
 

 
近海の魚ではブラバンの方がメジャーですが、僕はグリフィスの方に魅力を感じております。
 
なんちゅ~か成魚の顔付きが、カッコえ~んですわ
 
こいつもいずれは迎え入れると思われます。
 
そして・・・この辺からは入手困難な魚になってきます。
 
まずは、マスクドエンゼル
 

 
まず入手は無理でしょうね。。。めっちゃカッコいいと思います。
 
そして、、、レッドシーエンゼル
 

 
色合いが渋くてカッコえ~と思います。
 
この魚も入手は難しいだろうなぁ・・・と思ってましたが、僕のブログでリンクしてます東北の魚群殿が先日迎え入れておられましたので、もしかするともしかすると僕にもチャンスがあるかもしれません・・・
 
そして入手難易度は更に上がって、、、、
 
タイガーエンゼル、、、、
 

 
鼻血が出るほどカッコえ~です。
 
日本には滅多に入荷しないそうですが、今日僕が行ったショップには入荷した事があるそうですわ。。。
 
まぁ、入荷しても僕の財力では買えないと思いますがね、、、
 
夢ですわ、夢、、、
 
そして
 
王道のコンスピ
 

 
この罰ゲームみたいな顔がたまりまへん!
 
最高ぢゃ~
 
いつかは飼ってみたいし、なんとか手の届く範囲の魚かもしれませんが、コンスピ飼うなら単独飼育でゆったりと飼いたいので、現状では無理ですね。
 
以上、冷奴が欲しいヤッコさんでした。
 

 
 
 
 
 
 

水槽拡張計画は問題が山積み  

こんばんは
 
現在の1200水槽を1800にするぞ~~!っと言ってはみたものの、いざ本気で考えてみると何かと面倒な事が山積みである事に気付きます。
 
水槽が大きくなるという事は、単に水量が増えるだけではなく、水量増加に伴いシステムも色々と変更しなければいけないのですよね。
 
いい加減なシステムでの飼育は病気の発症を必ず招く事になり、健全な魚の飼育は絶対にできないと確信しております。
 
魚達の命が掛かっているのです。
 
やるからには妥協は許されません。
 
自分にできる範囲で最高のシステムを組まねばなりまへん。
 
水槽が大きくなるということは、ど~ゆ~ことなのか?
 
水量が多くなる(現在570L→750Lぐらいかな?)

クーラーデカくせなあかんがな・・・って事でZRW-400導入

こんなクーラー室内置きにできんがな・・・って事で床下配管~外置き決定

屋外クーラーと水槽との往復距離が5~6メーターはあるがな・・・

流量パワーアップ化に伴い、現在はPMD-641とRMD-401で循環させてるのをPMD-1561とPMD-641で循環

そんなデカいマグネットポンプ室内に置きたないわな・・・って事で床下に設置

床下に収納するなら床下収納式の点検口が要るわな

そ~いえばウチの水槽部屋は畳張りやんけ~・・・って事で、和室をフローリング化せなあかんわな・・・
 
っとこんな感じで次から次にやらなければいけない事、買わなければいけない物が増えていきます。
 
照明も現在使用中のゼンスイのLEDは120cm用ですし、水流用のポンプも1800になれば、現在使用のコラリアマグナム5をマグナム8ぐらいにせなあきまへんわな・・・
 
まだ他にも気付いていない事があるかもしれません。
 
そして何よりも重要なことが、飼育中の魚と濾材だけは絶対に殺す訳にはいきまへんので、綿密な施工手順を考えなければいけません。
 
ただ、幸運な事に現在のシステムが2台のマグネットポンプを使って回してますし、濾過槽への戻り配管も組んでますので、うまくやれば濾過槽の水流を止めることなく施工できるのではないか?と思っております。
 
更に濾過槽三層目には現在使用していない排水用の予備配管も組んでありますので、いざとなればそこに余っているRMD-201を接続すれば、濾過槽内での水流を殺さずにゆっくり施工ができる筈なんですが、いかがなもんでしょうかね???
 
何にしても水槽とクーラーとマグポンだけ買ってきて、ハイ!設置!なんて簡単には済みそうもありませんので、時間を掛けてゆっくりと考えたいと思います。
 
尚、施工はヒーターもクーラーも作動しなくなるであろう秋~初冬あたりが良いのではないか?と考えております。
 
今日は我が家のヤッコ軍団、8匹+1匹を撮影できました。
 
半年の間に怒涛のペースで次々に魚を追加しておりますが、本水槽で病気が発症した事は一度も無く、皆さんブクブクと太っております。
 

 
しかし魚達が、『水槽大きくしてくれ~~~!!!』と叫んでますがな・・・・
 
秋まで辛抱してくれ~~
 


 

アズファーもう一息です。  

こんばんは
 
嫁に「1800水槽は屋外まで配管を引っ張って外にクーラー置くわ」と伝えたところ、「部屋の床の上に塩ビ管を張り巡らすのはやめてよ~」とマジな顔して言われた冷奴です。
 
あほか~~~!!!床下通すに決まってるやろ~~が!!!
 
リムフォ治療の為、現在も二軍水槽で療養中のアズファー君ですが、既に100万兆回ぐらい淡水浴を繰り返して、ようやくリムフォも収まってきました。
 
もう二軍水槽のボスとなって(一匹しかおれへんし、、、)悠々自適に泳いでおります。
 

 
体表にはほぼ確認できるリムフォは無くなりました。
 
ヒレも綺麗に再生いたしました。
 
餌食いは爆食いとまではいきませんが、まぁまぁえ~んでない?って程度に食べてます。
 

 
しかし写真でも分かるように、口先が白いのです。
 
リムフォではなさそうですが、治療の名残だと思われる肌荒れのような?色抜けのような?感じであります。
 
それともこいつはアズファーを捨てて、クチジロになる事を目指しているのでしょうかね?(クチジロ知らない人はググってみてください)
 

 
口の中にリムフォができてる様子も見受けられませんので、もうこのまま放置でいこうと思います。
 
ただ、これがリムフォなら場所的にも心配な箇所ですので、もう暫く二軍水槽で観察とさせていただきます。
 

 
このままではクチジロ君ですわ~~~
 
ガンガゼやサザエ撒いたろか~~~!!!
 

 
 
 
 

今日は水槽色々といじりました。  

こんばんは
 
今日はお血事がお休みでしたので、釣りにでも行こうかと思ったのですが、あいにくの悪天候でしたので朝から水槽のお掃除をしました。
 
トリートメントタンク、カエルアンコウが不在のカエルアンコウ水槽は全換水、玄関水槽は20Lとしました。
 
今回は本水槽の飼育水を抜いて水換えしました。
 
トリートメントタンクやカエルアンコウ水槽はまだしも、玄関水槽はいかがなもんか?とも思いましたが、本水槽の水の使い回しです。
 
玄関水槽は一ヶ月ぶりの水換えでしたので、水換えしないよりは本水槽の水の方がまだマシやろ?って事です。
 
本水槽には新たに新水を100L投入しました。
 
そしてコケ掃除をして完成です。
 

 
綺麗になりましたが、アクリル水槽の傷だけが気になります。
 
見れば見るほど気になります。
 
ついでにウールマットを交換しました。
 
ウチのウールボックスはファインマットの四枚重ね仕様なんですが、2~3日に一回は一番上のマットは交換しております。
 
最近は魚の数も増えたのでウールの汚れも半端ないです。
 
どのぐらい汚れてるか見たいですか?
 
見たくありませんよね?
 
でも見せちゃいます。
 
これが三日分の汚れです。
 

 
も~なんちゅ~か、、、、有り得んぐらい汚いです。
 
これでたった三日分ですよ・・・
 
今日はコケ掃除をしたので、上から二枚目のマットも交換しました。
 
ピカピカになりました。
 

 
そして我が家の水槽システムの心臓部分である東熱スパイラルスキマー
 
最近のアクア界では『バブルキングか?東熱スパイラルか?』と言われている最強スキマーです。
 
エアレーションの性能は抜群です!!!
 
その最強マシーンを濾過槽から取り出して丸洗いした後、ウッドストーン二個を半年振りに交換しました。
 
僕はオゾン添加してますのでウッドストーン2個入れてエアポンプからエア送ってますねん。
 
ちなみにスキマーを濾過槽から出したのも、ウッドストーンを交換したのも、ヤッコ水槽立ち上げ以来、初めての事です。
 
ウッドストーンはさすがにボロボロになっておりました。
 
綺麗になって再セット
 

 
これからもヤッコ水槽の心臓部分として、スキミング オゾン添加装置としてエアレーション装置として活躍してくれる事でしょう。。。
 
掃除に引き続き、初めてのヤッコさん身体測定をしてみました。
 
なかなか水槽面に近づいてくれないので、きちんとは測定できませんがね。。。
 

 
はじめちゃんは、てっきり20cmあると思っておりましたが、17cmぐらいでした。
 

 
スクリブルドは13.5~14cmってところです。
 
多分お迎え時より2~3cm大きくなってるように思います。
 

 
クリスルスは12cmぐらいです。
 

 
ベルスは10cm?
 

 
パッサーは8cmかな?
 
何分、スケールから10cmでも離れてしまうと正確な測定ができまへんので、難儀しました。
 
ウズマキとアズファーは測定できませんでしたが、他の魚と見比べた感じではおそらくウズマキ10cm、アズファー9cmぐらいだと思われます。
 
ちなみにゴールドフレークは先日計測しましたので9.5cmです。
 
ご飯をもっともっと食べて大きくな~~れ~
 
ついでに水槽も大きくな~~れ~~~

 
 
 

ヤッコ水槽は大きくなくてはならない  

こんばんは
 
先日、入海したクリスルスのクリちゃんは、非常に元気なんですよ。
 
餌食いもバッチリなんです。
 
片側だけ何故か肌荒れが治りませんがね・・・
 
ほんで、先日ふとクリちゃんを観察していると、こんな事になってました。
 

 
あらら・・・・
 
犯人はこいつしか居ません。
 

 
誰とも仲良くできないアデのはじめちゃんです。
 
サイズの大きいスクリブルドとクリスルスは気に入らないようですが、クリスルスは特にお嫌いなようでして、未だクリスルスにだけはキツく当たる事があります。
 
特別しつこくやってる訳でもないので放置して見守っておりますが、これは水槽が小さいからに違いありません!
 
こんな小さい水槽で大型ヤッコを飼う事自体が間違いなのです。
 
そこで嫁に勇気を振り絞って訴えました。
 
僕 あのな~~世界中でこんな小さい水槽で大型ヤッコ飼ってるのは俺だけやと思うねん。
 
嫁 そうなん?
 
僕 大型ヤッコを1200水槽なんかで飼ってるアホは見た事無いわ
 
僕 このままじゃ、ヤッコ虐待罪でタイーホされてしまうかもしれんで
 
僕 タイーホされたら職も失うで。
 
僕 職を失ったら家のローンも払われへんで
 
僕 そないなったらオマエ困るやろ?
 
嫁 そりゃアンタがタイーホされたら困るわな~
 
僕 せやから、家庭を守るために年内に水槽大きくせなあかんと思うねん
 
嫁 勝手にせ~~
 
僕 じゃ勝手にさせていただきます。
 
で、、、考えました。
 
【水槽】
1200×600×600(アクリル) → 1800×600×600(アクリル)
 
【クーラー】
(メイン)ZC-1000E → ZRW-400
(バックアップ)ZC-500E → ZC-1000E
 
【マグネットポンプ】(フロー管二本システム)
PMD-641 → PMD-1561
RMD-401 → PMD-641
 
このシステムなら家庭を守ることができるのではないか?と考えております。
 
あくまで考えているだけです。。。
 
ZRW-400の部屋置きはキツいやろな~~~熱中症で僕がダウンしてまうわ。。。
 
さすがに外置きですわな。。。
 

 
 
 
 

リムフォ外科手術第二弾  

こんばんは
 
もう自然治癒でいこうと思っていたリムフォのアズファーでしたが、昨夜水槽を覗くと明らかに動きがおかしい。。。
 
観察してみるとリムフォが更にあちこちに転移したようで、またもや口にリムフォができておりました。
 
餌を撒いても1粒食べただけでした。
 
これはイカン!ちゅ~事で、昨夜緊急オペを敢行いたしました。
 
前回同様にエルバージュを溶いた真水にコーラルバフを2滴垂らしてPHを合わせました。(マサホッシー殿、これです)
 

 
PH上昇剤としてはライブシーのバッファ剤(僕も持ってます)が有名ですが、バッファは粉末ですので水に溶けにくい欠点がありますが、コーラルバフは液体なのでプラケースに1~2滴垂らして軽く掻き回すだけでPHが急上昇します。
 
ちなみに物凄~~く上昇しますので、小さいプラケースなら1滴、ちょっと大きめのプラケースでも2滴で十分です。
 
淡水風呂が準備できたところで、リムフォだらけのアズファーをドボン!
 
5分程泳がせました。
 
途中、横になりましたがプラケースを叩いて、頑張ってもらいました。
 
今回はプラケースの中でオペを開始しました。
 
まずは口に付いたリムフォをトゲ抜きで摘まんで取りました。
 
続いて全身に付いたリムフォを、僕の神の指でゴリゴリゴリゴリ~~~~っと強引に取りました。
 
尾ビレには2~3ミリのドデカいリムフォがありましたが、これもポロンと取れました。
 
その後、二軍水槽へドボ~ン!
 
12時間に及ぶ大手術でしたので(10分も掛かってまへんが、、、)、呼吸も早く、その後に与えた餌も食べずにレプリカライブロックに隠れてしまいましたが、、、
 
本日は一転、元気に泳いで餌食いも良くなりました。
 
ほぼリムフォは無くなりました。
 

 
まだ少し残ってますが、、、
 

 
よく見るとヒレがボロボロです。
 
リムフォが付いていた部分はヒレごと取れたのでしょうね。
 

 
とりあえず一安心です。
 

 
スクリブルドもベルスもお迎え時に、ほんの少しリムフォを患っておりましたが、自然治癒で完治しました。
 
しかしアズファーの場合は付いてる量が多すぎたので自然治癒は厳しかったようです。
 
外科手術を決行する前は明らかに元気も無く餌食いも悪かったので、やはりリムフォが辛かったのであろうと思われます。
 
エラ周辺にもリムフォがあったのかもしれません。
 
たかがリムフォですが、甘く見てたらあきまへん。
 
も~再発せんどいて~~~~~
 

 
 
 
 

▲Page top