ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

パッサーデビュー  

こんばんは
 
GEXサイクル投入後、茶ゴケの増殖が遅くなったのですが、完全に食い止める事はできません。
 
一週間が限度のようです。
 
なので昨夜、茶ゴケ掃除を決行いたしました。
 
給餌量の問題もあるのですが、二日に一回キャップ一杯の添加では追いつかないようです。
 
ウチの給餌量では毎日キャップ2杯ぐらい入れないと駄目なのかもしれません。
 

 
そしてトリートメント中だったパッサーを、昨夜本水槽へデビューさせました。
 
心配した他魚との相性ですが、パッサーが体中のヒレというヒレを大きく開いて、古参メンバーに向かっていきました。
 
その結果
 
スクリブルドにはボコられて3秒で負け~~
 
はじめちゃん(アデ)には身体を擦り合わせる前に、はじめちゃんからゴホッ!!!っと吼えられて、退散・・・
 

 
はじめ番長は強かった・・・・
 
フロー管の後ろで寝ている森の鼻寝太郎(ウズマキ)とは、互角の勝負か?と思われましたが、、、
 
寝太郎もやる時はやるようです。
 
寝太郎の一撃でパッサーの負け~~
 

 
ちょっと寝太郎を見直しました。
 
なんとか互角に勝負できたのが、日頃、誰からも相手にされない最古参メンバーのフレームエンゼルです。
 

 
お互い互角の勝負といったところでした。
 
しかしパッサーは強いです。
 
どれだけ威嚇されても水槽の隅っこでスネるような事はしません。
 

 
堂々と水槽のド真ん中を泳ぎ回ってます。
 
餌食いも落ちませんし、僕が水槽の前に立つと以前と変わらず餌クレクレ~~と猛アピールしてきます。
 
やはり神経図太いです。
 

 
他のヤッコ軍団も追い回すような事は無く、一日経った今日は全く平穏な水槽となっております。
 
難なく混泳成功といったところでしょうが、パッサーはこれから成長するにつれて問題が出てくるのでしょうね。。。
 
 
ところで、ウチのような大型ヤッコの混泳水槽の場合、ライブロック(レプリカ)は複雑に組んで隠れ家を多く作ったほうが良いのでしょうか?
 
それともおかしなテリトリー意識を無くすためにライブロックは少なめにした方が良いのでしょうか?
 
現在は隠れ家が多くあるレイアウトなので、皆さん餌を食べてお腹一杯になった後は、こんな状態です。
 

 
み~~んな隠れてしまって廃墟のような水槽です。。。
 
今はこのままでい~のかな~?
 

 
 
 
 
スポンサーサイト

パッサートリートメント6日経過  

こんばんは
 
22日にお迎え後、トリートメント中のパッサーですが、二日ほど前からは肉眼で確認できる白点は無くなりました。
 

 
現在、ダメ押しのキュプラミン添加にてトリートメント中でございます。
 
お迎え初日から全く警戒心もありまへん。
 

 
最近は朝と夜の二回、ラクトフェリン入りメガバイトMを30~40粒ほど食べております。
 
僕が近づくと餌クレクレクレクレ~~~!と寄ってきます。
 

 
そして餌場に鼻を突き上げて、餌クレクレクレクレクレ~~~!!!!っと猛烈にアピールします。
 

 
あまりに餌を与えると濾過が貧弱な外掛けフィルターですので、水も汚れます。
 
なので心を鬼にして一日二回の食事としております。
 
トリートメントタンクは二日に一回のペースで三分の二ほどの水を換えております。
 
最近はレプリカライブロックの下を潜り抜ける遊びが好きなようです。
 

 
そろそろキュプラミンによる治療も一週間ですので、明日には銅を抜いてグリーンFトリートメントに切り替えたいと思います。
 
立ち上げから五ヶ月、本水槽は一切病気も出さずに頑張ってきましたので、可能な限り病気を持ち込まない様に徹底的にトリートメントをしてから本水槽へ入っていただこうと思います。
 

 
本水槽の方は本日、ウールボックス内のウール全て(四枚重ね)を交換しました。
 
下から二枚は薄っすら茶色くなってる程度でまだまだ問題無さそうでした。
 
ウールボックスを大型の物に交換してから、目に見えてスキマーから取れる汚水が薄くなりました。
それだけ物理濾過が強化されたって事なんでしょうね。
 
ちなみに次に入れたい魚も決まってはいるのですが、なかなか入荷しません。
 
そいつを入れて、最後にもう一度アズファー入れて本水槽への新魚投入は一旦終了~!という予定なんですが、果たしてそこまで計画通りにいくことができるのか。。。。
 

 

魚達への栄養ドリンク  

こんにちは
 
今日は朝帰宅いたしまして、午前中にブログを書いております。
 
トリートメント中のパッサーはキュプラミン効果で順調に白点が落ちてきまして、体表に僅かに大粒の白点が確認できる程度なので、あと数日もすれば完全に完治できるのではないか?と思っております。
 
ストレスなどは全く無いようでして、僕が近づいても隠れる素振りも全くありません。
 
かなり神経図太そうです。
 

 
本日は換水前にラクトフェリンを染み込ませたMサイズの餌を20~30粒ほど撒いてみましたが、あっとゆ~まに食べきってしまいました。
 
食べきった後もライブロックやヒーターをツンツンツンツン・・・と延々とやってますので、こいつは与えたら与えただけ食ってしまうのではないか?と思われます。
 
ウンコをしたのを確認後、銅濃度を合わせて三分の二の換水をおこなっておきました。
 

 
本水槽の方は最強バクテリア『GEX サイクル』を添加しだしてから、ほとんど茶ゴケが生えなくなりました。
現在は二日に一回、キャップ一杯の添加としております。
 
ウールボックス内にはファインマットを4枚重ねにしているのですが、一番上のマットだけはほぼ毎日交換しています。
 
更に食後の一斉脱糞タイムにはkamuy先生の真似っ子をして作った超ロングスポイドでウンコを吸い取ってます。
 

 
この辺も茶ゴケ撃退に功を奏しているのかもしれません。
 
とりあえずは作戦成功でしょうか?
 

 
隣のリビングで石油ファンヒーターを使っているので、窓を閉め切っているとPHが7.7ぐらいまで落ちてしまいます。
なので水槽部屋は窓を開けて換気を良くしております。
その甲斐もあってPHも8.1~8.2で安定しております。
 
そのかわり水槽部屋は物凄~~く寒いです。
魚が快適に過ごせるようにする為に人間様が凍え死にしそうな部屋で水槽観賞です。。。あほ~
 
本水槽の魚達は平和すぎるほど平和です。
 

 
いつもフロー管の後ろで死んだフリをしている森の鼻寝太郎(ウズマキ)君がたまたま前に出てきたので、写真に収めました。
 
皆さん、ほとんど喧嘩もしなくなりました。
 
先日亡くなったアズファー君だけが悔やまれます。。。合掌
 
僕は水質向上にかんする添加剤はバクテリア以外は基本使わない主義ですが、魚達の栄養面での添加剤はたま~に気が向いた時に添加しております。
 
使ってるものはこんなのです。
 

 
『Com2』
 
ビタミン添加剤です。魚達への栄養ドリンクみたいなもんだそうです。
ラクトフェリンも入ってるそうですが、どの位入っているのかは分かりません。
 

 
『フィッシュタミン』
 
これも栄養ドリンクみたいなもんだと思われます。
それと便秘にも効くとか効かないとか???
ストレス軽減にもなるとの事で、アズファー拒食時に入れてましたが、効果は出ませんでした。。。
 

 
『フコイダン』
 
まだ使用した事はありませんが、フコイダンも冷蔵庫に入っております。
 
フコイダンは病原菌を吸着する力があるそうです。
某水産試験所ではフコイダンを使用する事で白点病などの未発症飼育ができてるそうです。
 

 
『ラクトフェリン』
 
フコイダンは水槽内(飼育水)への添加となりますが、ラクトフェリンは餌に染み込ませて直接魚の口から体内へ入れることで、魚の免疫力向上にもなるそうです。
 
現在、パッサーにはこれを使用しております。
 
あれこれと色々持ってますが、たま~に気が向いたときに使用する程度です。
添加後に魚達を観察していると、それなりに活性も上がってる様に見えますので、効果が有るものだと思う事にしております。
 
魚達は僕に感謝してくれてる事でしょう。。。。

 
 

魚買ってきました。  

こんばんは
 
本日、新しいヤッコさんをお迎えいたしました。
 
キング オブ ロッケンロール いやっ、、、キングエンゼル
 
パッサーです。
 

 
実は数日前にショップで見つけまして、「綺麗やな~・・・欲しいなぁ・・・ど~しよ~かな~・・・」と悩んだ挙句、買わずに帰ってきたのですが、頭の中はキング オブ ロッケンロール・・・
 
渋~~い成魚になるヤッコを探していたのですが、まさにパッサーは渋いと思います。
 
クラリオンとよく似たような色合いですが、値段は全然違いますので気軽に買えちゃいます。
 
そして辛抱溜まらず、、、、
 
今日ショップに行って売れ残ってたら購入ぢゃ!!!
 
って事でショップへ行ってみた所、しっかり売れ残ってました。
 
なので連れ帰ってきました。
 
ほんの少しヒレが濁ってるので白点でしょうね。
 
餌は超爆食いです。全米が涙するぐらい食べます。
 
いつものように丁寧に水合わせを行い、淡水風呂に入って頂いた後に、トリートメントタンクに入って頂きました。
 

 
白点を完治させる為にキュプラミンを添加しておきました。
 
サイズは約7cmといったところですので、我が家のヤッコの中では一番のチビッコです。
 
成魚を入れてしまうと、その後は何も入れられないと言われるほどキツい魚だそうですが、チビッコなので大丈夫でしょう。
 

 
ちなみに性格によるものでしょうか?淡水浴の最中もトリートメントタンクに入れてからも、こいつは全く動じることなく悠々と泳いでおります。
あちこちツンツンやりながら自由気ままにやっております。
 
食べたいでしょうが、とりあえず一日ぐらいは絶食とさせていただきます。
 
銅濃度を気をつけながらトリートメントしたいと思います。
 

 
 
 
 
 

GEXサイクル投入  

こんばんは
 
久しぶりのブログ更新です。
べつにアズファーが逝ってしまった事によるショックから立ち直れずに更新できなかった訳ではありまへん。
単に水槽に変化が無い事と、お血事が忙しすぎて更新出来なかっただけであります。
 
お血事の方ですが、既に昨年の28日から一日も休まずに働き続けております。
今月の給料は100万兆円は有ると思われます。
給料出たら世界中のコンスピを買い占めたいと思います。
 
水槽の方はいたって平和です。
立ち上げから5ヶ月が経ちましたが、全く調子を崩すことなくここまでやってこれております。
 
スクリブルドは完全に水槽に馴染んだ様でして、あちこち泳ぎ回っております。
 

 
ちょっと太りましたし、青い色がクッキリしてきたように思えます。ホワイト照明が落ちた後に撮影したので写真が悪いな。。。
 

 
ウズマキもここへきてデカくなってきました。
既に10cmぐらいあるのではないでしょうか?
 

 
相変わらずやる気の無い泳ぎ方です。見る度に「明日にでも死ぬんじゃないか?」と思います。
 
ウチのボスであるはじめちゃんは重厚感が更にパワーアップしましたが、いつもこんな感じです。。。
 

 
向こう側に何かい~物でも有るのでしょうか?
 
先日『海原はじめおわり』という漫才コンビを結成してやる気満々です。
 

 
平和すぎる水槽ですが、ただ一つ問題があります。
 
茶ゴケです。
 
立ち上げから5カ月経っても一向に茶ゴケが収まる気配がありません。
珪素吸着剤を入れているので多少はマシにはなりましたが、それでもダメダメです。
 
玄関水槽なんかは全然茶ゴケが出ないのですが、ヤッコ水槽の場合は大量給餌の影響も有り、40Wの殺菌灯もオゾナイザーも太刀打ちできないようです。
 
RO水を使えばかなりマシにはなるそうですが、毎週150~200Lの水をチビチビと溜めた後に、ヒーターで時間を掛けて水温を合わせて・・・なんて僕の性格上やってられまへん。
 
ベアタンクにレプリカライブロックしか入れてませんので掃除はし易いのですが、なんとかならんのかいな!?って事で・・・
 
バクテリアを投入する事に決めました。
 
バクテリアと言えば僕が以前から愛用しているバイオスコールを入れたいところですが、総水量570Lのヤッコ水槽へ添加量の多いバイオスコールを入れてたのでは財政的に問題が有ります。
 
なのでweb上で探してみました。
 
そこで見つけたのが、GEXから発売されている『サイクル』というバクテリアです。
以前minimini殿がブログで紹介してたバクテリアです。
500mlが1,500円程で購入できます。
しかも濃縮タイプなので添加量も少なく済み経済的です。
 

 
安すぎるので効果が有るのか?無いのか?は分かりませんが、とりあえず購入してみました。
 
最初だけは多めに添加が必要との事ですので、一本丸々投入してみました。
 
一本一気に投入したらバクテリアのカスのような物でウールマットが目詰まりしました。。。あほ~
 
翌日、水槽を覗くと水がピッカピカです!バイオスコール並とまではいかないかもしれませんが、キラキラです。
 

 
後は茶ゴケを抑制してくれたら言う事無しなんですがね。。。
 
 
ところで、バクテリアをweb上でググってると、『市販のバクテリアなんて入れるだけ無駄!』という意見が本当に多いですね。
市販のバクテリアは無駄と言ってる方々の意見の大半は『生物濾過を手助けするバクテリアは自然に発生するバクテリアで十分』というものです。
まぁ、この手の商品はweb上では親の敵の如くボロッカスに叩かれてますね。
 
確かにその通りですね。市販のバクテリアなんか投入しなくても立ち上がりますわな。
 
ちなみに僕がバクテリアを投入するのはなにも生物濾過を促進する為に入れているのではありまへん。
つ~か濾過促進なんて全く期待しておりません。(立ち上げ初期は違いますが、、、)
単に「水がピカピカになる」「茶ゴケが減る」「訳のわからん油膜が出なくなる」って事で使用しております。
水がピカピカになる事が濾過においてどう影響してるのかは分かりませんが、ピッカピカのキラキラは見てて良いもんです。
徹底的に水質管理されたサンゴ水槽などでは、こんな物を入れなくてもピッカピカなのかもしれませんが、魚水槽の場合はバクテリア投入が手っ取り早いように思います。
 
ネックはこの手のバクテリアは水槽内に定着する事がないので、定期的に添加し続けないといけない事ですわな。
 
そこで添加量も少なく済む格安バクテリア『サイクル』の出番となりました。
 
これでバイオスコール並の効果があれば言う事無しなんやけどなぁ~…アカンかなぁ。。。
 

 
 
 
 

アズファー亡くなりました  

こんばんは
 
混泳によるストレスで拒食症に陥ってしまったアズファーですが、今朝亡くなりました。
 
白点などの病気で亡くなったのならともかく、ストレスによる拒食症によって亡くなってしまうとは想定外でした。
 
僕が拒食に気付いた時には、既に餌を食べなくなって数日経っていたのかもしれません。
 
も~ちょっと早く気付いてやれば助けてやれたかもしれません。
 
ウチのアズファー君は非常に心優しい奴でした。
 
自分から喧嘩を仕掛ける事などは絶対にありませんでしたし、ウズマキ君が入海した際には、自分の寝床で一緒にウズマキ君と寝るような心の広い奴でして、ウズマキ君とはいつも寄り添うように泳いでおりました。
 
今回はスクリブルド入海直後からアズファーがおかしくなったのですが、スクリブルドはアズファーを一切攻撃をしてませんでした。
 
アズファー君自ら自分のテリトリーをスクリブルドに譲り離れて行った様に見えました。
 
改めてヤッコ飼育の難しさを思い知りました。
 
立ち上げからここまで順調にきていたヤッコ水槽でしたが、ここにきて犠牲者が出てしまいました。
 
アズファーは僕もお気に入りの魚なので、近いうちにまた迎え入れます。
 
今度こそは今回の悲劇を教訓にして長生きさせてやりたいと思います。
 
 

 
 

アズファー食べません  

こんばんは
 
混泳ストレスから拒食症になってしまったアズファー君
 
全く食べません。
 
かれこれ10日は食べてません。
 
粒餌には見向きもしないので、ホワイトシュリンプを与えてみましたが食べません。
 
生餌は水が汚れるのでトリートメントタンクに隔離しております。
 

 
毎日水換えをしつつ、ストレス緩和とビタミン補給を兼ねてフィッシュタミンやCOM2などを添加しておりますが、全く食べません。
 
なので冷凍アサリを与えましたが食べません。。。
 
明日は生アサリを与えてみようと思います。
 
なんでメガバイトLを爆食いしてた魚にアサリから餌付けせなならんのぢゃ。。。
 
『生きたければ食え!食わぬなら死ね!』
 
僕が尊敬するアクア界のゴッドファーザーが仰ったありがたい格言です。
 

 
頼むから食ってくれよ~~~!
 
このままではほんまに死んでまうで~~~!!!
 
いや~~~まいった。。。。。
 

 

アズファー拒食  

あけましておめでとうございます。
 
年末から一日も休まずにお血事ずくめの冷奴です。
おそらく大阪で一番の働き者は僕だと思います。
 
さて混泳も成功して平和すぎたヤッコ水槽でしたが、アズファーがフロー管の後ろで固まる事が多くなり、餌食いが悪くなってきました。
 
数日間様子を見ていましたが、外見上では全く病気らしき兆候は見られないのですが、日に日に餌を食べなくなり動きが悪くなってきましたので、淡水浴を実行しました。
 

 
その後に超強エアレーションを2時間ほどかましてから、二軍水槽で隔離する事になりました。
 

 
僕の想像ですが、スクリブルドが入った事による混泳ストレスではないか?と思っております。
 
べつに追っかけ回されていた訳ではないのですが、スクリブルドがアズファーの寝床で落ち着くことが多かったので、少し気にはなっていました。
 

 
外見上は全く問題はありません。
 
なんなんでしょうね?
暫くは隔離して様子を見たいと思いますが、この数日全く餌を食べていません。
もしかしてダイエットにでも励んでいるのでしょうか?
 
口の中にリムフォが出来てる訳でもなく、お腹や肛門が腫れてる訳でもなく???
 
以前、アズファーは銅治療後に暫く餌を食べませんでしたが、数日したら餌を食べだしましたので、今回も同じように食べてくれるのではないか?と楽観視しておりましたが、もう5日ぐらいは餌を食べていないので心配であります。
 
これだけ誠心誠意、面倒をみたってるのに、何処に不満があるんじゃ~~~!!!
 
ご飯食べて~~!!!
 
 

 
 

▲Page top