ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

銅しましょ  

こんばんは
 
今後の大型ヤッコ飼育に向けて病気治療の準備も着々と進めている冷奴です。
 
先日は外掛けフィルター付き45cm水槽を、隔離用トリートメントタンクとして立ち上げました。(現在、亜硝酸地獄中)
通常のトリートメントなどはプラケースで行えますが、長期に渡る薬浴などでは活躍してくれる筈であります。
 
白点やウーディニウムなどが発生した場合は、迷わず銅治療と決めております。
 
キュプラミン、銅テスターの準備もできております。
硫酸銅も入手するべく先日、近所の薬局に行きましたが「ウチは劇薬庫が無いから扱えません」と言われてしまいました。
なんでも処方箋扱いの薬局なら扱えるとの事ですので、近々行って来ようと思っております。
 
そんな中、web上で面白い物を見つけたので購入してみました。
 

 
銅イオン発生装置 『銅しましょ』 です。
 
ネーミングがベタですが、製造元が大阪の会社ですので納得できます。
 
5,000円程で購入できます。
 

 
本体の他に、アダプター、パンフレット、説明用のDVD、更にオマケでキッチンタイマーが付いておりました。
 

 
『銅しましょ』のチラシが5枚も入っておりました。
宣伝して欲しいのでしょうね。
僕がブログで宣伝してあげます。
 
使い方はいたって簡単です。
 

 
ペットボトルに水を入れて銅しましょをセット後に、通電させるだけです。
仮に1Lの水に1分間通電させると3.5ppmの銅イオン水を作る事ができます。
 
非常に簡単で便利です。
 
こんな便利な物ならアクア系の方々も使ってるやろ~!って事でググってみましたが、これを使っている方はほとんどおられませんでした。
しか~し、海水魚の白点治療にも使えるようです。
某研究機関がしっかり使用しており、白点虫に効果があることを実証されてました。
 
『銅しましょ』を扱ってるアクアショップなどは無いようですが、どうしてこんな便利な物を販売しないのでしょうかね?何か問題があるのでしょうかね?
 
一度使ってみたいとは思いますが、これを使うって事はウチの魚が病気になった時ですわな。。。
あまり活躍して欲しくない一品であるのは確かです。
 

 
 
スポンサーサイト

本水槽近況報告  

たいしたネタはありませんが、こんばんは
 
ここのところ三日置きのウールマットの交換とスキマーの掃除のみで過ごしております。
 
本水槽に茶ゴケが出てきだしたので、ミニミニ殿のアドバイスも有り、装着している三本のゼンスイLEDライトを2本に減らしました。
お陰で水槽には茶ゴケは付きにくくなってきましたが、一度も掃除していないライブロックには茶ゴケが目立ってきました。
 

 
近いうちに風呂場でゴシゴシ洗ってやらなければいけません。
 
アデヤッコのはじめちゃんのその後ですが、完全にライブロック中央に自分の居場所を陣取ったようでして、ほとんど出てきません。
 

 
たま~に前に出てきますが、ぐるりとライブロックの周りをパトロールすると、すぐに定位置に戻ります。
完全に運動不足です。
 
そのくせに僕や嫁が水槽の前に立つと「餌ですか~?」っと覗き込んできます。
 

 
覗き込むだけで上までは上がってきません。
 
餌をばら撒くとたま~に上に上がってきますが、大抵は底に落ちた餌を食べております。
食べる量は日に日に増えてきてるような感じでして、色艶もウンコも最高の状態ですので、今のところ健康面では問題ないようです。
 
ORPモニターは一旦100ぐらいで止まりましたが、その後少しづつ上がってきまして、現在は200ぐらいです。
 
ちなみにオゾナイザーは起動はしておりますが、ORPが上がるほどの添加はしておりませんので、ORPが上がってるのはモニター事体が安定してきたのか?、濾過が本当の意味で立ち上がってきたのか?ではないかと思っております。
もう暫く様子を見てからオゾン添加量を増やしていきたいと思っております。
 
さて次回お迎え予定のヤッコさんですが、気の強い種として有名なアノ方です。
これからが混泳の難しさを実感していく事になると思われます。
ちなみに先日、ショップに可愛いフレンチが居たのですが、ウチの水槽サイズ(120)を考慮すると、将来的に厳しいのではないか?と思われましたので見送る事といたしました。
 
本当はフレンチ欲しいのですがね・・・
 

 
 

ORPモニター始動!!!  

本水槽内の底にどうしてもウンコが溜まるので、フロー管で吸い込む様にコラリアマグナム5の角度を微妙に調整しておりましたが、やっとこさベストポジションを見つける事ができまして、全てフロー管から吸い込まれるようになり、ちょっと嬉しい冷奴です。
 
こんばんは
 
お陰を持ちましてウールマットは三日に一度のペースで交換するようになり、スキマーのカップも三日でこの通りです。
 

 
更に汚水カップから繋がったペットボトルの中にも茶色い汚水が200mlほど取れております。
僕は少しオーバースキム気味に設定しておりますので、いい感じでスキマー働いてくれてると思われます。
やっぱ東熱スパイラルスキマーは最強です。イケてるアクアリストはスパイラルですね。
今後10年は働いてもらいます。所詮はエアレーションと割り切ってますが、、、
 
そして本題
 
問題のORPモニター・・・・
 
先日、LSS研究所に再度電話しました。
 
『校正液ではキッチリ合ってるんやけど、海水や水道水にセンサー付けると無茶苦茶なんですわ~』
 
『ちなみに現在の本水槽のORPはマイナス1500ぐらいになってるわ~』
 
『とりあえず新品をお送りしますので、そちらを使って頂けませんか?もしもそれでも駄目なら返品して戴いて構いません。』
 
そもそもLSS研究所は単なる代理店であって製造元は海外ですので、詳しい事は分らないようです。
 
そして本日、新しいORPモニターが送られてきました。
親切に新しいアダプターと校正液まで付けてくれてます。
先日も校正液を戴いたので、これで二個目です。(^^;;;
 
校正液でセンサーをORPモニターを校正後、水道水に付けてみました。。。
 
先日は100mv以下でしたが
 
今日は
 

 
725!!!
 
これってもしかして?正常値ではないでしょ~か~~!?
 
続いて水槽に投入
 
先日はマイナス1500でした。。。あほ~~
 
どんどん数値が下がっていきます。
 
600・・・500・・・400・・・
 
止まれーーー!!!
 
300ぐらいから数値の下がるスピ^-ドが遅くなってきました!!!
 
これはイケるかも!?
 

 
161で止まりました!!!
 
それから30分ほど経ってますが、今見ると『157』
 
もう少し下がるかもしれませんが、おそらくマイナスになる事はないでしょう!
 
かなり低い数値ですが、立ち上げて間もない水槽ですのでこんなもんかもしれません。
 
遂にORPモニター始動しました。
 
これでオゾナイザーの微調整もできそうです。
 
自然界の海のORPは350mv前後との事ですので、そこまでは無理としてもせめて250ぐらいまでは上げたいな~と思っております。
 
ちなみに新しく送ってもらったアダプターを繋げると、予想はしてましたが以前と同様に測定不能になります。
も~い~です。
電池で使用します。
 
LSS研究所の○○○○様、大変お世話になりました。やっと使えるようになりました。
ありがとうございました。
 

 

はじめちゃん本水槽デビュー  

こんばんは
 
今日はお血事もお休みでしたので、朝から玄関水槽20L、本水槽150Lの水換えをしました。
 
ここのところようやく本水槽にも茶ゴケが出てくるようになりました。
初めて茶ゴケ掃除をしてから水換えしました。
しかしベアタンクは掃除が楽ですわ~~
ライブロック(レプリカ)を押しのけながら即効で掃除する事ができます。
5分もあれば水槽内はピカピカになります。
 

 
水換え後はバブルストッパーを設置してエアレーションをしておきました。
 

 
濾過が完全には立ち上がっては居ないのでしょうね。
最近はバイオスコールを入れていない事もあり、水がスカッ!と ピカッ!とはなりません。
 
ほんでもってはじめちゃんを二軍水槽から本水槽へデビューさせました。
本当は現在ショップで預かってもらっているヤッコのサイズが小さいので、そいつを先に入れたかったのですが、昨日見に行ったところ、まだ完全には仕上がってないようでしてお迎えはもう少し先になるとの事でしたので、はじめちゃんのストレスも考慮して本水槽デビューの運びとなりました。
 

 
早速、ライブロックの隙間に逃げ込みました。
 
なかなか出てきません。
 

 
1時間ぐらいはこの状態でしたが、暫くすると前に出てきました。
 

フレームエンゼルとの混泳も成功です!あほ~
全然心配もしてませんでしたが、、、、お互い全く無関心。。。
 

 
体格差あり杉・・・
 

 
フレームは動きが早くて上手に写真が撮れません。
 

 
綺麗やな~~~
 
最高ぢゃ~
 

 
ちなみにはじめちゃんデビューにあたり、ライブロックのレイアウトを変えました。
 

 
トンネルだらけのスカスカのレイアウトです。
 
我ながらかなり良さ気だと思っております。
 
 

 

 

タンクデータ  

こんばんは
 
昨夜、オゾナイザーを設置した事で、とりあえず当初予定していた機材を組んでの大型ヤッコ水槽は完成となりましたので、タンクデータを公開しておきます。
 

 
【水槽】 1200×600×600(アクリル)、600×450×450(ガラス)
 
【水槽台】 特注 木製 1700×600×900
 
【水槽トレイ】 特注 1800×900(FRP防水、床下排水配管)
 
【濾過槽】 塩ビ三層式 900×450×450
 
【濾材】 サンゴ砂 ♯25 (70kg)
 
【ウールボックス】 自作 塩ビ製 250×450 ファインマット4枚重ね
 
【循環ポンプ】 サンソーPMD-641(濾過槽~120水槽)、レイシーRMD401(濾過槽~60水槽)
 
【スキマー】 CAD Lights TIA-1350
 
【クーラー】 ZC-1000e、ZC-500e(バックアップ)
 
【ヒーター】 ニッソー300W×2、サーモスタッド(コトブキ)
 
【殺菌灯】 レインボーライフガード QL-40
 
【オゾナイザー】 アデックス L-75
 
【エアポンプ】 キョーリン ハイブロー C-8000 (オゾナイザーからスキマーに接続)
 
【照明】 (120水槽)ZENSUI LED LAMP 120 (ブルーホワイト)
 
【照明コントロール】 ニッソー プログラムタイマー
 
【水流ポンプ】 コラリア マグナム5
 
【水流コントロール】 ナチュラルウェーブⅢ
 
【PHモニター】 FUKUROW
 
【人口海水】 インスタントオーシャンプレミアム(水道水をそのまま使用)
 
【総水量】 約570L
 
【防音処置】 水槽、濾過槽共に蓋をつけてるぐらいで他は何もやってません。(音には慣れました)
 
【循環経路】 
 
120水槽 → 濾過槽(スキマー) → PMD-641 → 殺菌灯 → クーラー(ZC-1000e) → 120水槽
 
60水槽 → 濾過槽(スキマー) → RMD-401 → クーラー(ZC-500e) → 60水槽
 
一つの濾過槽で二つの水槽を濾過してるだけであって、水槽同士は直接は連結していません。
それぞれ単独で回す事も可能です。
 
【現状での問題点】
 
・スキマーを三層目に入れているので水位変動により安定しない。
 
【トリートメントタンク】 450×300×300(ガラス)、外掛式フィルター(コトブキ プロフィルターBig)
 
大型ヤッコ飼いたいな~と思ってから、ここまで2年掛かりました。
 
 
 

 
 
 
 

アデヤッコ投入~オゾナイザー設置  

こんばんは
 
二日ぶりに帰宅した冷奴です。
 
アデヤッコのはじめちゃんが5日間のトリートメントを経て本日、二軍水槽(60)へ放たれました。
僕が留守の間、嫁にはじめの世話を任せていましたが、餌食いも問題なかったそうです。
本日、体表もチェックいたしましたが全く問題ありませんし、ウンコの色も量も完璧すぎるので二軍水槽へデビューとなりました。
本当は120水槽へ放してやりたかったのですが、もう少し単独飼育で様子を見る為に60水槽です。
もし何かあった時にも捕まえやすいですしね。。。
 
ライブロック(レプリカ)が入っているので隠れ家ができたようで、あまり前には出てきません。
 

 
しかし僕が離れていると前に出てきます。
 
意外と臆病な性格なのでしょうかね?
 

 
先程、餌を撒いてみると毎度の如くボホッ!ボホッ!っと豪快な食べっぷりでしたので、もう大丈夫だとは思うのですがね。。。。
 
ところで先日から何かと面倒なORPモニターですが、前回のブログに本末転倒殿よりコンセントの極性についてのアドバイスを頂きましたので、先程全てのスイッチを抜き一つ一つのコンセントをさかさまに付けて見たりしながら、ORPモニターをチェックしてみました。
 
まずは全てのスイッチを抜いた状態でアダプター使用にてORPモニターを起動させてみたところ、数値は 『+50』 ってところです。作動はするようです。
 
そして機器類のコンセントを上に下に向けながら刺していきます。
 
変化は起きませんが誤作動をする原因となる機器が判明いたしました。
 
殺菌灯のQL-40です。
 
殺菌灯のスイッチを入れた途端にORPモニターの表示が 『1』 になるのです。計測不能状態になります。
試しに他の部屋から電源を取り延長コードを使い殺菌灯を作動させても一緒です。
 
アダプターを抜くと作動しますが、今度は数値が 『-10』 ぐらいで表示されます。(数日前は-110でしたが、、、)
 

 
いったいウチの水槽のORPはナンボなのでしょう?
 
アダプター接続時は+50ぐらいで、電池使用時は-10???どちらも超低い数値です。
両方とも間違っているのでしょうか?
ググってみたところORPがマイナスってのは完全に嫌気状態にあるそうです。
ウチの水槽で嫌気になれる部分ってのは濾過槽内しかありません。砂もライブロックも入れてません。
濾過槽には細かい珊瑚砂は一切入れておらず、25番の粗めの珊瑚砂70キロ(入れようと思えば80キロでも入ります)しか入っておりませんし、流量(PMD642とRMD401二台で循環)も問題無いレベルだと思われます。
このようなシステムで立ち上げ2ヶ月目に嫌気状態になるのでしょうか???
僕はORPモニターの数値が異常だと思っているのですが???
 
どなたか詳しい方、その辺の事をお教えください。
お礼に僕のサイン入りブロマイド差し上げます。(ブロマイドって、、、、)
 
で、、、、
 
先日、二股を買い間違えて作業がストップしていたオゾナイザーを本日設置いたしました。
 
エアポンプからオゾナイザーに繋ぎ、逆流防止弁をかましてスキマーに接続するだけです。
殺菌灯などと違い設置が非常に簡単です。
 
僕が使用しているのはアデックスのL-75というオゾナイザーですが、オゾンの発生量を調整する事ができないので、オゾン添加時間と休止時間を設定する事により水槽内のオゾン量を調整するタイプになっております。
 
web上で調べたところによると基盤内で発生VOLを調整できるそうですが、「調整しなかったが為に魚が死んでしまった」なんて記述も見かけませんでしたので、そのまま使用することとしました。
 
設定はとりあえずオゾン5分発生の50分停止にてスタートです。
 

 
これでできる限りの病気対策はいたしました。ウチの水槽はQL-40とL-75でダブルガードです。
 
あとは濾過を鍛えて強い水作りです。
 
しかし、これだけやっても病気が出る時は出るのでしょうねぇ~~~(;;
 

 
 

アデヤッコ トリートメント3日目  

こんばんは
 
今朝も起床後、すぐにトリートメントタライへ一直線しました。
 
ん?
 
ん?ん?ん?
 
やはり恐れていた事が、、、
 
はじめ(アデヤッコ)が横になっとる~~~~!!!!
 
はじめーーーーーーー!!!!
 
はじめーーーーーーーーーーー!!!!
 
すくっと起きました。寝てただけでした。
真横になって寝てたのでした。
正直、鼻から腸が出そうになりました。
 
それにしてもこの二日、餌をやっていないのに物凄い量のウンコが底に落ちてます。
 
帰宅後、はじめに初めて餌をやってみました。
はじめの為に用意しておいたメガバイトLサイズをばら撒くと、豪快に食べだしました。
餌付けの心配は全く無いようです。
当たり前ですが、、、
 
暫くしてから本日も全換水です。
 

 
新水を点滴注入しながら体調チェックです。
だいぶ調子が上がってきたようで、全く問題ありません。
目力も付いてきたように見えますが???
 

 
角タライに入れてやると嬉しそうに右に左に泳いでます。
泳ぐスピードも随分と速くなってきました。
もう一日、様子を見て問題無さそうでしたら、二軍水槽(新60cm水槽)へ投入してみようと思います。
いきなり120水槽へ入れてしまうと、何かあった場合に捕獲が面倒なので二軍で調整して頂きます。
 
そして本日はオゾナイザーの設置に取り掛かりました。
 
購入したオゾナイザーはアクア界では定番のアデックス L-75です。
 

 
オゾン添加方法は色々と悩んだ結果、スキマーからの添加に決めました。
 
僕の使っている東熱スパイラルスキマーは二個のウッドストーンを内蔵する事ができるので、それを利用してのオゾン添加です。
スキマーを利用してオゾンを炊くとスキマーの能力が落ちるそうですが、魚水槽ですし、それほどスキミング能力に期待してる訳でもないので、多少の能力ダウンは構いません。
 
東熱スパイラルスキマーでウッドストーンを使用の場合は毎分6Lのエアが必要との事ですので、デカいエアポンプも購入しました。
 

 
デカいです。強力です。Highモードなら毎分8
Lです。
 

 
濾過槽からスキマーを取り出し、二個のウッドストーンをセットしてエアチューブを繋いでいきましたが、、、、
 
二股を買い間違えてました。。。。
 

 
これ、デカ杉。。。
 
ほんでもって本日の作業はここでストップです。
 
濾過槽にスキマーをセットするのが面倒なので、新しい二股が来るまではスキマーは外しておく事にしました。
 
一応、酸素不足が心配なのでバブルストッパーを設置しておきました。
 

 
ちなみにスキマーに繋ぐ予定のエアポンプを繋ぐと強力すぎてバブルストッパーの上部の穴からボコボコと海水とエアが吹き出しますので、バブルストッパーでは使えませんでした。
 
そして今日もORPモニターのお話
 
アダプターを繋ぐと何をやっても正常に作動しませんが、電池でなら作動するようです。
 

 
表示されるORP値は???ですが、立ち上げ初期の水槽はORP値が低いそうですし、設置直後のORPモニターの値は安定しないそうですので、このまま様子を見てみたいと思います。
しかしORP値は高いほうが偉いそうですので、-093てのはかなりアホな水槽って事でしょうか?
も~ちょっと賢い水槽になってほしいもんです。
 
それともう一つ
 

 
本水槽の硝酸塩です。
ほとんど検出されておりません。1か2ってとこでしょうか?
これでも少し検出されるようになった方です。ついこないだまでは真っ青でしたから。。。
 
何故こうなるのかは、僕には分かりませんが、70キロの濾材と570Lの水量に対し現在飼っている小魚11匹ではいくら餌を与えても硝酸塩が検出されないような気がするのですが、いかがなもんでしょうか?
この辺も現在のORP値に影響してるのではないか?と考えております。
 

 

アデヤッコ トリートメント2日目  

こんばんは
 
今朝、目が覚めて真っ先にアデヤッコの居る30cm水槽の前へ!
 
生きてました。
 
狭い30cm水槽の中で右に左にユ~ラリユラリと泳いでいました。
 
安心して出勤
 
帰宅後、トリートメント水槽へ一直線!
 
生きてました。
 
しかし、めちゃめちゃ水が汚いです。
おまけに底には昨日ショップで食べたであろう餌による糞の山。。。
 
なんだか呼吸が早そうに見えます。
やっぱこの水槽じゃ狭すぎるのかな~?
 
本当は先日立ち上げた外掛けフィルター付きの45cm水槽でトリートメントしたいのですが、未だに立ち上がってませんので入れる訳にはいきまへんねん。。。
 
ならば!って事で。。。
 

 
新水で水合わせしつつ、、、
 

 
状態をチェックしつつ
 

 
角タライに移って頂きました。
 
困った時の角タライです。
バブルストッパーを付けてみましたが、これだけトリートメントタンクが大きいとちょっとは水流が有った方が良いように思えたので、バブルストッパーは止めて中央からのエアレーションとしました。
角タライ内に緩やかな水流ができました。
 

 
広くなって気持ち良さそうです。
 

 
これで少しは安心かも?
 
ちなみに命名いたしました。
 
『一』と書いて『はじめ』です。大型ヤッコ第一号なので、はじめちゃんです。
二匹目、三匹目の名前もだいたい決まってきそうですな。。。二郎とか三郎とか。。。
ちなみに苗字も考えました。
現在、時の人である山中先生から頂き『山中 一』(やまなか はじめ)としました。
『森口』ではありまへん。『山中』です。
・・・・が・・・嫁に「苗字は必要無い!」と言われて却下となりました。(;;
 

 
あと数日は角タライで過ごしていただくとしましょう。
 
ところで先日、ブログでご報告いたしましたORPモニターの件ですが、本日電話にて問い合わせました。
 
「水槽内での水流ポンプなどの機器から水槽内に漏電していて電気を感知して誤作動を起こしているのでは?」との事でしたので、帰宅後全てのスイッチを切って計測してみたものの、全く変わりません。
それどころかコップに飼育水を取ってセンサーを突っ込んでも数値が無茶苦茶です。
いったいどうなってるのでしょうか???
だんだんイライラしてきました。
もうど~でも良くなってきましたが、明日、もう一度電話で問い合わせてみようと思います。
 
頼むで~ほんま~~~
 

 
 
 
 
 

遂に大型ヤッコお迎えしました。  

こんばんは
 
本日、お血事が終わったあと、先日予約して預かってもらっていたヤッコをお迎えに行ってきました。
 
帰宅後、早速昨夜作っておいた海水に浮かべて水温合わせ
 

 
1時間ほど浮かべた後、点滴にて水合わせ
 

 
だいたい何の魚か分かってきましたね。
このまま2時間掛けて水合わせいたしました。
 
ほんでもって昨夜からペットボトルに入れて角タライに浮かべていた真水にPH上昇剤を投入。
更にグルーンFゴールドをほんの少し入れて50%の真水で淡水浴
 

 
ぢゃ~~ん!ブルーフェイスです。
 
このまま15分頑張ってもらいました。
 
身体のヌルが取れて底に汚いゴミのような物がたっぷり落ちました。
 

 
そしてグリーンFをほんの少し入れた30cmトリートメント水槽へ投入~
 
どないです?綺麗でしょ~~~
 
いきなりこのサイズをお迎えいたしました。体長は15cmオーバーです。
 
めちゃめちゃ太ってますよ。
 
ほら!!!
 

 
暫くは毎日の換水にて様子を見たいと思います。
 
ブログを立ち上げて早6ヶ月、遂に大型ヤッコを迎える事ができました。
 
感無量であります。
 
このブルーフェイスはショップで半年近く飼い込まれていた個体です。
 
明日、朝起きて死んでたら泣きます。。。
 

ORPモニター買いましたが。。。  

こんばんは
 
まずは残念な報告から、、、
 
先日ショップで一目惚れして迎え入れたレモンピールのレモ雄が本日、ご逝去なされました。
 
軽いリムフォを患ってはいたものの、餌食いも良かったので放置しておりました。
昨日の朝、出勤前に玄関水槽を覗くといつもは前に出てくるレモ雄が出てこないので、帰宅したら淡水浴でもやってみようと思い出勤いたしました。
しかし、僕は昨日は自宅に帰ることができませんでした。
今日の昼頃、嫁からメール
 
「レモ雄がご臨終です。。。ヒーターに挟まって死んでました。」
 
職場でメールを見て凹みました。
ショップから迎え入れた時は最高のコンディション(のように見えました)だったので、我が家の玄関水槽の水質に問題があったのでしょう。
ストレスからの病気でしょうか?白点は患ってはいませんでした。
この1~2ヶ月で旧60cm水槽からサンゴやミズタマハゼが引越ししてきた事で、水質の悪化があったのかもしれません。
兎にも角にもいち早く淡水浴だけでもやってやれなかった事に悔いが残ります。
 
 
そして本日は、帰宅してから本水槽の水換えを決行いたしました。
本日は150Lです。
 

 
角タライ三個で150Lの海水を作ります。
 
薄っすらと底面に茶ゴケが出てきたので、初めてコケ掃除をしてみました。
 
そしてバスポンプを使って水抜きです。
丁寧に底に溜まったゴミを吸いながら水を抜いていきますが、あまりゴミは溜まってませんでした。
 

 
この水位で150L抜いた状態です。
今回はスピードアップを期待してバスポンプを使用しましたが、150L抜くのに15分ぐらいかかりましたので、前回の手動式灯油シュポシュポポンプと大して変わりませんでした。
 
続いてバスポンプで注水です。
 

 
そして完了~~~
 

 
水を抜き出してから要した時間はやはり30分ぐらいは掛かりました。
 
そして今回のブログの問題ネタ。。。
 
ORPモニターです。
 
オゾナイザー導入にあたりORPモニターを購入した訳です。
購入したのはLSS研究所 「Mini ORPモニター」です。
 

 
まずは校正液で校正します。
 

バッチリです。
 
そして水槽へセンサーをセットします。
 

 
そして、ここからが大問題なのです。
 
ORPモニターの数値は以下のとおり。。。
 

 
なんじゃこれ???
 
実は一週間ほど前にORPモニターは届いていまして、同じ症状であった為、僕は初期不良だと思い、LSS研究所に点検をお願いしたのです。
すぐにLSS研究所から連絡があり、「ORPモニターはこちらでテストしてみましたが、正常です。念の為にもう一日テストして問題なければお送りいたします」との事でした。
 
そして本日、届いたわけです。
LSS研究所さんのご厚意により新しい校正液まで付けてくれました。
 
で、結果はこの通りです。
 

 
何時間待ってもこの通りです。
 
ちなみにアダプターを外して電池で作動させるとORP数値が「015」なんてとんでもない数値を示します。
 
水槽に設置している殺菌灯なりLEDライトなど、、、何か他の機器が誤作動を起こす原因となっているのでしょうか???
 
今日、明日はLSS研究所さんも休みのようですので、電話での問い合わせはできません。
 
僕の使い方が間違っているのでしょうか???
 
どなたか分かる方おられませんか?
 
 
 
そして先程、新たに海水を作りました。
 

 
ペットボトルの中身は淡水です。
明日までエアレーションしておきます。
うへへへへへ
 

スカンク投入  

久しぶりに釣りに行って
 
ドーーーン!!!!
 

 
真クエ釣りましたで~~~
 
大きそうに見えますがクエ子です。。。60cmしかありまへん。。。
 
でもめちゃめちゃ美味いんですよ~(特にアラが最高!)
真クエ食べた事ある人居ますか~?
なかなか居ないでしょうね~
新鮮な物は内臓まで食べれるのですよ~
その辺の居酒屋なんかで五千円前後ぐいらいで「クエフルコース!」なんてのを見かけますが、あれはクエちゃいます。
アカハタ、ツルクエ、クエハタ(クエ×ヤイトハタ)あたりを使っているのがデフォです。
クエハタなんかは見た目はほとんど真クエと変わりませんが(顔に黒斑点があるのがクエハタ)、市場価格は真クエの半値の半値以下です。
 
我が家ではここ数日、クエ三昧です。
釣り仲間も食べに来ましたが、まだ残ってます。
 
クエ食べ飽きた~~~~www
 
話がアクアから脱線いたしましたが、本日新水槽にクリーニング部隊としてスカンクシュリンプを投入いたしました。
四匹買ってきて三匹は120水槽へ、一匹はリムフォがなかなか治らないレモ雄の居る玄関水槽へ投入です。
 

 
点滴で水合わせです。
 

 
玄関水槽も点滴にて水合わせ
 

 
レモ雄が警戒してナガレハナの裏から出てきません。。。
 

 
1時間以上掛けて慎重に水合わせをしました。
 
その後、プラケースに移して水温合わせ
 

 
暫くして本水槽へ投入しました。
 

 
玄関水槽へも投入~
 

 
暫く様子を見てましたが、水合わせは問題無いようです。
 
ちなみに僕はスカンクを過去に何度か飼育しておりますが、何故か長期飼育はいつも失敗しております。
水換えの後や脱皮の後などに死なせてしまう事が多いのです。
過去には最長でも1年ぐらいしか飼育した事がありません。
長期飼育するコツでもあるのでしょうか?
今回、購入したスカンクは長生きして欲しいもんですが、果たしてスカンクがベアタンクでも長生きできるのか?が疑問に思うところです。
 
そしていよいよ、、、来週、、、、前々から目を付けていたヤツを迎え入れます。
 
今日、見たらめちゃめちゃ太ってました。
 
あ~~~ワクワクして眠れん!
 
うへへへへへ~~~
 

角タライを買ってきて水換えしました  

こんばんは
 
先日、玄関水槽に仲間入りしたレモ雄殿は、すこぶる元気でして僕が水槽の前を通りかかっただけで水面まで浮いてきて、餌クレアクションをしてきます。
数日前からお腹の真ん中に小さいリムフォらしき物がありますが、完全に立ち上がっている水槽なので放置しております。
多分、大丈夫でしょう。
レモ雄ならこの程度のリムフォなんて屁~ぷ~です。
 
そして今日は20Lの水換えもしました。
 

 
ラクダハコフグは、我が家では一番の古株です。
嫁が気に入って購入しました。
購入当時は1.5cmぐらいしかありませんでしたが、2年半の飼育でご覧の大きさにまで成長いたしました。
途中、水槽からの飛び出し事故のショックから毒を吐いた事などもありましたし、我が家の魚の中でも最も多く白点病を患った魚です。
水面から水を噴くのでガラス蓋をしていても隙間から外に飛び散ります。
こいつのお陰で毎日のように水槽周りを掃除しなければならず、結構面倒な存在ですが、ここまで来たら最期まで看取る覚悟はできております。
お願いですから、これ以上デカくならんどいてくれ~
 
トリートメントタンクのホンソメ君水槽は、新たにネタにするような事は無いのですが、写真だけUPしておきます。
亜硝酸上がってきましたが、餌食いは全く落ちてきません。
 

 
そして、デカい設備で小魚がチョtロチョロと泳いでいる肝心の本水槽ですが、亜硝酸値が微妙に上がったり下がったりしておりましたが、ここ数日は0.02mg/L以下で平行線をたどる様になりました。
も~ちょっとでしょ~か?
 
ふとPHモニターを見るとPHが8.0まで落ちていたので、水換えを実施する事にいたしました。
 
大量に水を貯める容器が無かったので購入してきました。
一個980万億兆円です。
 
 

 
角タライ60Lです。
 

 
大きな容器を一つだけ買おうかとも思いましたが、収納の事なども考慮して60Lにしました。
巨大なローリータンクなんて狭い我が家の家の中にも外にも置きたくないし。。。
ガーデニング用品の収納や野菜洗いにも使える優れものです。
 
僕はお金持ちなのでまとめて三つも購入しました。
 

 
早速、水を入れてみましたが、60L入れるとホース穴スレスレまでの水位です。
このままポンプで攪拌すると水がこぼれてしまいます。
 

 
なので50L×2個でインスタントオーシャンぶち込みポンプで攪拌しました。
 
本水槽から水を抜きますので、本水槽のポンプを停止。
60cm二軍水槽のポンプは止めずに回しておきます。
そうする事によって濾過槽の中の水流を止めずに水換えできるのです。
もちろん二軍水槽のポンプを停止して本水槽だけで回す事も可能です。
なんて素晴らしいシステムなんだ!涙が出そうです。
 
その後、床下配管に繋がっている素晴らしいホースの先に灯油シュポシュポポンプを繋ぎ、本水槽の底に溜まったゴミと一緒に100Lの水を抜きます。
 
床下配管に繋がっている素晴らしいホースがこちらです。↓
 

 
計算上、本水槽(120×60×60)の水位を14cmほど下げれば100Lです。
100L抜くのに15分ぐらいかかりました。遅すぎる。。。。
なので次回はも~ちょっと早く吸い出せる電動ポンプで吸い出そうと思います。
 
そしてバスポンプで本水槽へ給水して終了~~
 
所要時間は30分ってところでしょうか
 

 
総水量570Lですので100L変えたところで、五分の一も換水できておりませんが、PHも8.2まで上がりました。
 
今はこれで良いと思っております。
 
ヤッコがドバドバ入海して水を汚しまくったら、こんなもんじゃ済まないのでしょうかね?
 
今回、初めて100Lの水換えをして感じた事は、この位の水量の水槽を立ち上げるのなら絶対に床下排水は必要だと感じました。
海水魚飼育の基本である水換えがスムーズにできるシステムを構築しておかないと、後々面倒な事になるでしょうね。
 
尚、今回の水換えでは水槽周りに一滴も水をこぼさずに水換えできたので、ちょっとだけ満足しております。
 

アクア熱上がりっぱなし  

平成22年2月15日
 

 
この水槽からスタートしました。
この水槽で魚もサンゴもイソギンチャクも、金魚同様に簡単に飼育できると思ってました。
だってショップの店員がそない言いましたので。。。
 
正直言って僕の希望で始めた訳ではありません。
僕の希望で始めていたのなら最初からこんなショボい設備のセット水槽は買ってなかったと思います。w
 
実はこの数年前から嫁からリビングに「水槽を置きたい」としつこく要求されていましたが、僕は頑なに拒否しておりました。
 
僕は凝り性なのでこんな物に手を出すと大変な事になってしまうのが目に見えて分かっていたからです。
 
僕のメインの趣味は魚釣りです。
魚釣りと言っても防波堤で椅子に座ってのんびりやるような釣りではありません。
ニッカポッカ、磯ブーツを履き、ライジャケ、ヒップガードはもちろんの事、ヘルメットまで被って夜の荒磯に渡り一発大物を狙う釣りです。
大阪の人間なのにホームグランドは高知県西南部です。
乗ってる車は釣りの為にハイエースに買い替えました。
マイカー通勤ですのでスーツ着てネクタイ付けてハイエースで出勤しております。
朝は多くのハイエースとすれ違いますが、ネクタイ付けて運転してるのは僕だけです。あほ~
 
とことんやらなければ気が済まない性分です。
 
で・・・
 
仕方無しに始めたアクアリウムですが。。。
 
ここ最近のブログを呼んで頂いた通りの状況です。
 
正直言って楽しいですね。。。
 
とことんやらないと気が済まない性分ですので、サンゴには絶対に手は出しません。w
 
今までは仕事から帰ると一杯呑みながら釣りの仕掛を作るのが日課でしたが、今年は釣りに行けないので仕掛も減らず、新たに仕掛を作る必要も無く、最近は一杯呑みながら水槽をチェックするのが日課になってきました。
 
今年は台風の影響によりことごとく釣行が中止になってしまったので、夏場にアクア熱が爆裂してしまいました。
予定通りに釣りに行けていたら、まだ新水槽は配管も済んでいなかった事でしょう。
 
僕の大物狙いの釣りは11月頃にはシーズンオフに入ります。その後も釣りには行きますが暇潰しの小物釣りです。
 
幸か不幸かちょうどシーズンオフの頃からヤッコを投入できそうな予感がします。
 
大物釣りが開幕するのは来年の5月中旬頃からですから、たっぷり時間あるなぁ。。。。
 
あ~あ。。。
 

▲Page top