ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは
 
ネタがたくさんあったので、タイトルが長くなってしまい、自分のセンスの無さに嫌悪感を感じている冷奴です。
 
昨夜、玄関水槽へ投入したレモピーは、早くも玄関水槽に馴染んできた様でして、元気に泳ぎまくっております。
 

 
可愛いでしょ?
 

 
顔周りにもしっかり肉が付いてますよん♪
 

 
本日、嫁が命名してくれました。
 
レモ雄です。
 
多分、男やからレモ雄だそうです。あほ~~
 
 
そして・・・・
 
発注していたライブロックとLEDランプが届きました。
 
まずはライブロック!
 
丁寧な梱包で届きました。さすが特上ライブロック!一つ一つラップで梱包してあります。
 

 
今回も石灰藻バンバン付いてます。超AAA級ライブロック!!!
 
見て見て見て~~
 

 
念の為に匂いを嗅いでみました。
腐敗臭などはしませんが、磯の香りもしません。
 
蟹やボケが潜んでいるかもしれませんので、水道水でジャブジャブと手洗いキュアリングをしました。
エアレーションは省きました。(も~え~って?)
 
そしてゼンスイのLEDランプです。
 

 
あまり青々としたくなかったので、ホワイトを2本とホワイト&ブルーを1本にしました。
 
本体はめちゃめちゃ薄いです。
タバコの厚みより薄いです。
そしてなにより軽い!!!
 

 
早速、新120cm水槽へ設置してみました。
 
手前と奥にホワイトを、真中にホワイト&ブルーを設置しました。
 
点灯時間はPM2時~PM11時としまして、最初と最後の2時間づつはホワイト&ブルーのみの点灯にセットしました。
 

 
まずはブルー&ホワイトのみの点灯
 

 
岩組は高知県柏島の名礁『グンカン(赤バエ)』をイメージして組んでみました。
鵜来島のグンカンではありまへん。柏島のグンカンです。(ど~でもえ~事ですが、、、)
 

 
二軍水槽(60cm水槽)で過ごしていた11匹の魚も120cm水槽へ移しました。
 
そして3本点灯
 

 
めっちゃ明るいです。
明るすぎるかな~?
 

 
全然明るく見えませんな・・・・
 
写真が下手なので上手く伝える事ができまへん。
 
そしてトリートメントタンクを立ち上げました。
60cm水槽じゃ水換え等のメンテが面倒なので、45cm水槽に外掛けフィルターとしました。
適当に家の中に転がっていた濾材を放り込み、本水槽から飼育水を入れて立ち上げました。
 

 
この写真は異常に明るく撮影できとるし・・・・・
 
早速、ホンソメワケベラに特攻して頂きました。w
すっかり体調も回復しましたが、も~ちょっとこちらの水槽で頑張ってもらう事になりました。
 
現在、リビングが床張り替えを控えておりますので、とりあえず和室の床にペットシーツを敷いて水槽直置きです。
御見苦しいですがご勘弁をば、、、
 

スポンサーサイト

レモンピール投入  

こんばんは
 
本日は夕方に嫁の金魚飼育用品を買う為にショップに行きました。
 
実はこの店には以前から僕が目をつけている大型ヤッコが居ます。
マニアが来る様な店ではないので既に数ヶ月もの間、店の水槽で飼育されており、丸々に太って餌食いもすこぶる良い個体です。
一時、リムフォになりましたが現在は完全に完治して色艶も最高レベルです。
すぐにでも欲しいのですが、新水槽をせめてあと一ヶ月は回したいと思っているので、この店に行く度に状態をチェックするにとどまっております。
今日もそいつを見に海水魚コーナーへ・・・・相変わらず丸々に太って状態は良いようです。
 
ついでに玄関水槽に入れるべく海水魚コーナーをウロウロしてると、僕が以前から欲しかったニシキヤッコが居ました。
一度は飼育してみたい魚ですが、ベアタンクでの長期飼育は難しいとのことなので、玄関水槽への投入を検討しておりました。
 
ところがこのニシキ、、、ヒョロヒョロのヘロヘロです。
もちろん餌付いてる訳も無く今にもGO GO HEAVENしてしまいそうです。
こりゃあかんなぁ、、、
 
ふと隣を見るとまん丸に太ったちょっとデカ目のレモンピールが居ました。
 
えらく体高があって色艶のえ~レモピーやなぁ~・・・と眺めていると、店員が
 
『この子はいつもの仕入れルートではなく、ミクロネシア産のレモンピールなんですよ!』
 
ミクロネシア???なんの事か分かりまへん・・・・
 
しかしここで衝撃的な出来事が!!!
 
ガラス面に指をくっつけてみると、レモピーが寄ってきて僕の指を目掛けてツンツンしてくるではありまへんか!
 
なんだ!?チミ~~!!!
 
僕 『このレモピー、店に来てどんぐらい経つの?』
 
店員 『3~4週間ですよ。何でも食べますよ!』
 
僕 『もらうわ・・・』
 
元々、レモピーなんか買う気はありませんでしたが、あまりの可愛さに買ってしまいました。
レモンピールにしてはちょっといい値段しましたよ。。。
 
帰宅後、点滴で2時間の水合わせ
 

 
グリーンFゴールドを入れて淡水7割で6分の淡水浴
 
体長は6~7cmってとこです。
背ビレや尾ビレが大きくて非常に綺麗な個体です。(僕的にですが、、、)
 

 
背ビレは↑写真の状態よりもっと大きく広がります。
 
更に元の水に入れて温度合わせ後に玄関水槽へ放流しました。
 

 
放流したのが消灯後だったのでこんな写真ですいません。
 
先程、覗いてみると早速前面に出てきてライブロックをツンツンしてました。
 
ウチの玄関で長生きしてほしいもんです。
 

 

ホンソメ危機一髪  

こんばんは
 
今夜から愛媛遠征にて釣りの予定でしたが、二発の台風により釣りが中止になってしまい人生を投げ出したくなってる冷奴です。
 
水槽の方は相変わらず放置状態が続いておりますが、ちょっとしたハプニングがありました。
 
数日前の夜、照明が消えた後に水槽を覗いていると寝床を探すホンソメの姿がありました。
 
新水槽には横幅40cmほどのレプリカライブロックが入れてあるのですが、どうもホンソメ君が隠れるべく小さな穴や隙間が無いようで、寝床探しに苦労しておりました。
隙間が無いので、レプリカライブロックの側面に丸見えの状態でへばりつこうとしましたが、そこへアレンズダムセルが襲撃です。
そう、アレンズダムセルも岩にへばりついて寝る習性があるのです。
寝床争い勃発です。
ホンソメが行く先々でダムセルに追い回されています。
 
照明の点いている時間帯はダムセルとホンソメが遣り合う事は無いのですが、照明が消えた後の寝床争いは壮絶です。
 
やばいな~・・・とは思いつつ「どないかなるやろ・・・」と思ってその日は寝ました。
 
翌朝、水槽を覗いてみると水槽のガラス側面にへばりつき寝ているホンソメを確認しました。
 
あ~あ、、、こんな所で寝とるわ・・・と思いつつ出勤しました。
 
そして昼頃、嫁からメール
 
『ホンソメが虫の息やで~』
 
僕が朝、目にした状態は寝ていたのではなくダムセルに追い回されて瀕死の状態になったホンソメだったのです。
 
帰宅後、水槽を覗くと既に横になり呼吸も早い状態です。
 
も~アカンかもなぁ、、、、と思いましたが、一か八かで隔離してグリーンFゴールドで薬浴してみる事にしました。
 

 
もうダメくさいです。
二年近くも飼育してきただけに残念であります。
 

 
薬浴がとどめを刺す事になってしまうかもしれませんが、ダメ元でやってみる事にしました。
 
そして今日・・・
 

 

 
復活しておりました。
餌を少量撒いてみると荒食い状態です。
訳分かりまへん。。。
 
もう暫く薬浴をして水槽に戻したいと思いますが、現在追加分のレプリカライブロックを発注しておりますので、それが届いて、120cmにレイアウトしてから放流してあげようと思います。
 
しかし助かって良かったです。
 

 
 

水槽畳みました。  

こんばんは
 
釣り仲間が屋久島で110センチオーバーのGTを仕留めたようです。船からルアーで釣ったんちゃいますで!
陸からブッ込んで釣ったのです。素晴らしい!!!
 
僕も近く迫った釣行ではデカいの釣りたいなぁ~
釣りブログ全然更新してへんやんけ~~
(僕の釣りブログはこのブログと同じようなタイトルなのでググって頂ければすぐに分かります)
 
そして、本日のタイトルは衝撃的なタイトルですが、べつに嫁はんと喧嘩して水槽を畳む運びになったのではありません。
 
用無しになった旧60cm水槽を畳んだだけです。
 
ちなみに嫁はんは今夜は女子会ってやつです。。。まだ帰ってきません。盛り上がってるようです。
 
で、、、海水魚初めての立ち上げから2年半以上もお世話になった旧60cm水槽を遂に畳みました。
 
海水を抜いて砂を抜き、外部フィルターから濾材を抜いた後に、水槽に周辺機器を放り込み、お湯とクエン酸を投入して数時間回しました。
 

 
クーラーや殺菌灯から気持ち良いぐらい汚れが取れます。
 

 
ん~~~~汚ね~~~
 
水槽内にこびり付いた石灰藻や汚れが軟らかくなったところで、激落ち君のスポンジでゴシゴシ洗って、真水で循環後綺麗に流して完了しました。
 

 
ピッカピカになりました。
とくに水槽が新品のような輝きです!感動した!
 
この水槽はトリートメントタンクとして第二の人生を歩んでいただこうと思っているのですが、外部フィルターじゃメンテが大変なので、上部フィルターにて立ち上げようと思っております。
 
しか現在、しトリートメントする魚が居ませんねん。。。
 

 
 

フレームとホンソメお引越し  

こんばんは
 
この一ヶ月のうち26日もお血事をしていた冷奴です。
明日、一日働けば久しぶりに休日が取れそうです。
 
ここのところ毎日のように亜硝酸を計測しておりますが、全く数値は上がらず0.02mg/Lのまんまです。
 

 
レッドシーの試薬を使用している時は明らかに0の色になりましたが、今はELOSの試薬を使用しております。
もしかしてレッドシーの試薬で計測してみたら、実は0なんじゃないか?と思うようになりました。
そもそも亜硝酸って完全に0になる事なんてあるのだろうか?
10匹の魚にこれだけ餌を与えてアンモニアを出してもらっているのに、全く亜硝酸が増えないって事はもしかして立ち上がっているのではなかろうか?って事で、本日をもちまして第一次立ち上げを完了と決断いたしました。
ちなみに亜硝酸~硝酸塩へ変わるバクテリアはまだまだ活性が低いようでして、硝酸塩を計測しても数値は0のまんまでした。
 
早速、旧60cm水槽からフレームエンゼルとホンソメワケベラ、ホワイトソックスを捕獲して水合わせに入ります。
 

 
カメラが釣り場で使用している防水ボロカメラなので、水槽が異常に青く撮影されてしまいます。
実際はこんなに青くないのですが、、、、(嫁のデジイチの使い方が分かりません)
 

 
2時間の水合わせの後にフレームエンゼルのみ淡水浴決行です。
 

 
カルキ抜きした水道水を温度合わせした後に、PH調整剤を入れグリーンFゴールドをほんの少し振りかけ、水合わせしていた海水を半分入れて5分の淡水浴をしました。
寄生虫などは付いていないようなので、水槽に投入~
 

 
一気に水槽が賑やかになりました。
暫くして餌を撒いてみるとホンソメもフレームも餌食い良好のようです。
 
これで旧60cm水槽から新水槽への生体の引越しは全て完了いたしました。
 
今後はこのまま暫く給餌だけで回して濾過を徹底的に安定させたいと思います。
 
次にこの水槽に入る魚はいよいよ大型ヤッコぢゃ!
 
しかし、いつになるのやら、、、、、
 

 
 
 

LED付けてみた  

こんばんは
 
26日の愛媛、来月7日の南紀と二つの釣行予定が決まり機嫌の良い冷奴です。
26日と7日だけは熱低発生するなーーー!
 
で、、、今、マイブームの新水槽ですが、、、
 
亜硝酸がガーーーンっとは上がらずに何故か下がってきてます。
もしかして第一次立ち上げはクリアしたのでしょうか?
水槽立ち上げからそろそろ一ヶ月なんですがねぇ・・・
これだけの水量があると試薬が真っ赤になる前に下がってくるもんなんでしょうか?
それともまだまだこれからなんでしょうかね?
とりあえず亜硝酸が検出されなくなったらフレームエンゼルとホンソメワケベラを投入しようと思います。
 
何気に水槽を眺めていると照明が部屋の蛍光灯のみなので悲しいです。
10匹の魚もきっと寂しい思いをしてるに違いない!
 
・・・・って事で旧60cm水槽で使用しているLEDを付けてみました。
 

 
なんだかマリンアクアリウムらしい水槽になりました。
以前に36WのLEDという事で購入したのですが、web上では「実際にはそんなに無いらしい」と言われているLEDです。
 
魚水槽には十分じゃないでしょうか?
 
60cm水槽は主に大型ヤッコの餌付け&隔離水槽として使用する予定ですので、この照明で十分じゃないか?と思っております。
 
友達から貰ったこんなのもあるので、近々取り付けてみようと思います。
 

 
ど~やって使うんやろか・・・・・???
 
そして今回の照明設置には問題点があるのです。
 

 

 
ひ、ひ、ひ、酷すぎる・・・・・・・・・
 

ホワイトチップ逝く  

旧60cm水槽立ち上げ当初から苦楽を共にしてきたホワイトチップ
 
その中でも最も大きく成長していたホワイトチップが本日、飛び出し事故によりお亡くなりになりました。
 
もちろん水槽蓋は付けていたのですが、コーナー部分の隙間から飛び出してしまいました。
中~大型ヤッコなら絶対に飛び出せるような隙間ではありません。
 
旧60cm水槽の蓋の隙間よりも新60ワイド水槽の隙間の方が狭かったので、絶対に飛び出し事故は無い物だと安心していただけにショックであります。
 
全身白点だらけになってもトリコになってもリムフォになっても脅威の精神力と体力で10cm近くにまでに成長しておりました。
 
唯一、ウチの魚の中で名前が付いていた魚でした。
 
『長さん』ちょうさんと言います。メスですが。。。
 
これから広い水槽で泳がしてあげようと思っていた矢先に、ほんと残念でなりません。
 
長さんのご冥福を心からお祈り申し上げたいと思います。
 
コーナー部分の隙間はアクリル板を乗せて完全に塞ぎましたが、右サイド部分に1cmほどの隙間が空いております。
完全に隙間を無くすには水槽上部全面をサランラップで覆ってしまうぐらいしか方法がありません。
でもそこまではやりたくありません。
これ以上の飛び出し事故が無い事を祈るばかりです。
 

 
 

水槽放置中~  

皆様、こんばんは
 
大型ヤッコ乱舞を夢見て立ち上げた120cm水槽の方は総水量570Lになってからは、ウールマットの交換と足し水、日に四回の給餌以外は完全放置状態が続いております。

 
アレンズダムセルの一匹がポップアイになりましたが、放置していたら勝手に治ってました。
亜硝酸の方は本日の計測では0.2mg/Lとなっておりまして、多少数値が上がってきました。
ちょっと前のブログで「今回の立ち上げはバンバン水換えをします」と言ってましたが、方針転換いたします。
今回もいつも通り亜硝酸が完全に無くなり硝酸塩がバンバン蓄積されるまでは完全放置とする事にしました。
理由は「なんとなく魚も大丈夫やろ~・・・」って事と、水換えが面倒って理由であります。
「立ち上げ初期の今の時期は黙って見てるのが一番です。触り過ぎは良くありません。」なんて勝手な言い分を押し通すことにいたします。www
今後は当分の間、じーーーっと見てることにいたします。
 
そして!遂に!!
 

 
120水槽に水槽蓋付けました。。。それだけかい。。。
 
旧60cm水槽は次々に魚が引越ししていったので随分と寂しくなりました。

 
ミズタマハゼが居なくなったので底砂も真っ茶っ茶になってきました。
もう畳むのも時間の問題ですので、このまま放置とさせていただきます。
 

 
ホンソメワケベラはもうすぐ2年飼育となりますが、買ってきた時は5cmぐらいしかありませんでしたが、現在では10cm近くになり丸々と太っております。かなりデカいです。
 

 
もう一匹のフレームエンゼルはクリスマス島出身の真っ赤な個体でしたが、照明が合ってないのかよく分かりませんが、オレンジ色になってしまいました。
サイズの方はほとんど変わってないように思います。
何度も白点やリムフォなどに悩まされましたが、数々の困難を乗り越えたくましく育っております。
フレームと一緒に買ってきたポッターズも居たのですが、今年の1月に殺菌灯が故障した途端に体調を崩し、ご逝去なされました。
殺菌灯の故障に気付くのが遅れた事で非常に悔しい思いをしました。
 

 
玄関水槽へ引越しされたミズタマハゼもすっかり新しい環境に馴染んだ様で、底砂を綺麗にしてくれてます。
 

 

スターポリプ、ナガレハナサンゴ、シャコ貝も特に添加剤などは入れておりませんが、今のところ全く異常なくやってくれてます。
 
僕は2年半程前に嫁(妻)からの強い勧めがあって上部濾過のセット水槽にて海水魚の飼育を始めまして(最初は全然やる気ありませんでした)、水槽の数が増えたのも今回の大型水槽立ち上げも嫁の勧めにより進行しております。
 
皆様の中には「最初から機材に投資してオーバーフローの水槽を立ち上げておけば良かったのに」なんて思う方もおられるかもしれませんが、僕としてはこれで良かったのではないかと思っております。

上部から外部フィルターを経験して、多くの失敗をしまして濾過システムや水流などを何度も見直しました。(結果オーバーフローにいきついたのですが、、、(--;)
ショップ店員に教わった通り、ソフトコーラルを育てる為に毎日のように微粒元素を測定して添加剤などを投与していた時期もありました。
僕は次々に魚を買ってきては水槽に入れていくタイプではないので、それほど多くの魚を死なせていないのが不幸中の幸いかもしれません。

まだまだ初心者の域すら抜け出しておりませんし、知らない事もたくさんあります。
一生、初心者の域を脱することもできないかもしれませんが、この趣味を長く続けていきたいのなら僕はこ~いったバタ臭い飼育経験も必要なのではないか?と思っております。
 

その後の新水槽  

こんばんは
 
あまりにも見た目が酷かった自作の給水口をVP16の塩ビ管を加工して作り直しました。
塩ビ管に塩を詰めてガスコンロで熱して曲げました。
 

 
水面スレスレで給水されるようにしました。
 

 
ちなみに三重管の下側の穴をもう少し大きくするか、穴の数を増やすかした方が良さそうな感じです。
 

 
ほとんど下側から水を吸い上げておりません。
 
塩ビの三重管はせっかく自分で苦労して作ったので使っておりますが、正直市販のアクリル三重管を最初から買えば良かったと、少し(ほんの少し)だけ後悔したくありませんが、後悔しております。w
どうしても我慢できなくなった時にはアクリルの三重管に変更いたします。ww
 
 
そして9月9日に総水量が200Lから570Lになった新水槽のその後ですが、昨夜玄関水槽から8匹のアレンズダムセルを新水槽へ引越してもらいました。
 

 
一回に与える量を増やし一日4回の給餌をしております。
本日、亜硝酸を測定してみました。
0.02mg/Lでした。
ほとんど亜硝酸が増えておりません。
多分、まだ出てないだろうな~・・・と思いつつ硝酸塩を測定してみましたが、やはり数値は0です。
 
だからと言って旧60水槽で待機している古株のフレームエンゼルを新水槽へ投入する訳にはいきません。
 
既に60水槽を立ち上げてから3週間が経過しておりますので、多少なりとも濾過が働き出してるとは思うのですが、生体の出すアンモニアの量に対して水量が多すぎて、亜硝酸が試薬に反応しないようなレベルなのではないか?と考えております。
ここ数日はスキマーも全然泡が上がってきません。
単に水が汚れていないだけかもしれません。
 
今後、11匹の魚に給餌し続けることで水が汚れ、亜硝酸がガーーーン!っと上がってス~~~ッっと下がる時が来るのではないか?と思っております。いかがなもんでしょうか?
 
話は変わりまして、自慢のツインクーラーシステムですが、何かとややこしいのです。
 

 
二台のクーラーが同時に稼動してくれれば、短時間で設定温度である25度まで下がるのですが、ZC-1000一台だけしか作動しない場合は、570Lの水を冷やすにはかなりの時間がかかってしまいます。
ご存知のように25度設定の場合、25.5度になるとクーラーが作動するのですが、ZC1000がZC500より先に作動してしまうとZC500が作動しなくなってしまうのです。
なので、ZC500を先に作動させるべくZC500の感知温度の設定をZC1000より0.1度高く設定することで、ZC500を先に作動させるようにしております。
ZC500だけでは到底570Lの水を冷やすことはできず、モタモタしてる間にZC1000が作動しだすって事です。
 
・・・・・・が・・・・・・
 
なかなか思う様にはいきません。
上手く二台のクーラーを作動させるには感知温度の設定がかなり微妙です。
常に二台のクーラーの感知温度差が0.1度なら良いのですが、時として0.3度ほどの開きが出てしまう事があるのです。
僕が思うに二台のクーラーのセンサー感度が微妙に違うからではないか?と思っております。
 
そして次の課題は水槽の照明です。
魚水槽ですので強力な物は必要無いと思うのですが、今のとこゼンスイのLEDにしようかな~?なんて考えております。
 
ちなみに現在の照明はコレです。
 

 
かなり暗いです。
 

 
 

120水槽に海水入れました。  

こんばんは
 
立ち上げから三週間が経ちました。
立ち上げ初日、新水槽60cmに突撃された3匹のホワイトチップに自動給餌機で一日4回の餌やりを決行しておりました。
亜硝酸はド~ンとガ~~ンとは上がらず、緩やかに上がったり下がったりの繰り返しでして、水量200Lに対して3匹のホワイトチップでは少ないのでは?と思っております。
本日の計測では0.02mg/Lとなっており、ほぼ亜硝酸出ておりませんでした。
 
ほんでもって先程、先日配管が完了したものの水漏れが発覚してシリコンで補強した連結120水槽の注水式を行いました。
最初だけは総水量を把握しておきたかったので、20Lづつバケツで水槽に水道水を投入いたしました。
17杯入れたところでフロー管ギリギリの水位まできたのでインスタントオーシャン12キロ投入!
 
コラリアマグナム5で攪拌!
 
ゴ~~~~~!!!!
 

 
一気に潮を溶かす為に先日購入したマキシジェット2台も投入ぢゃ!
 
あっとゆ~まに海水が溶けました。
 
ここで問題発生
 

 
120水槽の水温が28.7度もあるがな~~~
 
このままポンプを回すと25度で回している60cm水槽に高温の海水がドッキングしてまうやん・・・
 
ホワイトチップの体調が心配なのでローソンへ角氷4キロ買って水槽へ投入ぢゃ!
 

 
冷えろ冷えろ~~~ガンガン冷えろ~~~~
 
あっとゆ~まに氷は溶けてしまいました・・・
 
水温は1度下がったのみ・・・
 
どないかなるやろ、、、、
 
更に20Lの海水をバケツで投入後、マグネットポンプのスイッチオン!
 
サンソーPMD642始動~~
 
ブ~~~~ン
 
ジュボボボボボボボボボボボーーーーー
 
シャワーパイプからの排水量が倍以上になりました。
 
同時にZC-1000Eも始動!
 
ツインクーラーシステム作動!
 
めちゃめちゃかっこえ~です。
 

 
ぬ~~~~~~~!!!めちゃめちゃ暑いやんけ、、、、排気熱が半端ないです。
 
しかしあっとゆ~まに25度まで下がりました。
 

 
大量の海水を注入したのでPHが8.1から8.2に上昇しました。
 
ちなみに25度まで水温が下がってしまうと、その後の水温上昇スピードがかなり緩やかになりました。
やはり水量が増えたからなんでしょうね。
なかなか水温が上昇しません。
総水量は570Lとなりました。
 
先程、水漏れチェックいたしましたが、どこからも一滴の水も漏れておりません。
明日、もう一度確認して漏れてなければ(多分)大丈夫でしょう。
 
とりあえずこのままではバクテリアが全然増えませんので、明日にでも玄関30cm水槽に居る8匹のアレンズダムセルを新水槽へ投入して給餌し続けたいと思います。
 
旧60cm水槽で待機してもらってるフレームエンゼルとホンソメワケベラも近日中に新水槽へ引越ししていただこうと思いますがヤッコはまだ早いかな~?
 
その後は当分の間、給餌と水換えだけで強い水作りに専念したいと思います。
完全に濾過が安定するのはいつになるんやろか~?
旧60cm水槽でも最初の半年は病気ばっかだったので、まだ当分の間は大型ヤッコを入れる気にはなれまへん。
 
大型ヤッコ入れるのは来年になってからかな~・・・・
 

 
 
 
 

配管完成  

構想から約1年半、、、遂に本日ヤッコ水槽の配管が(ほぼ)完成いたしました。
 
時代は右を見ても左を見ても 『ベルリン!』 『ベルリン!!』 『ベルリン!!!』 ですが、あえて濾材を70キロも投入して数十年前に流行ったであろう強制濾過による魚水槽を立ち上げようなんて、時代遅れにも程がありますが、勘弁してください。
 
サンゴにはあまり興味ありまへんねん・・・
 
前回は殺菌灯までの配管でしたが、それからコツコツと配管作業に取り組みました。
 
殺菌灯からは水槽台の裏を通ってクーラーへ繋がります。
 

 
水槽裏でバイパス配管を組みました。
 

 
そしてクーラーへ繋がります。
 

 
ゴチャゴチャしてて何がなんだか分かりませんが、ちゃんと通水はします。。。
やっぱ水槽台の高さはあと10センチは欲しいです。この辺の配管は随分と苦労いたしました。
 

 
クーラーから120水槽へ配管しておりますが、ここでもウールボックスへの戻り配管を作りました。
ウールボックスへの引き込み方法を思案中ですので、まだ配管してませんが、、、
 
で、、、自作の三重管です。。。
 

 
見た目があまりよろしくないので、改良の余地がありそうですな・・・
まぁ、今は気力が残ってませんので当分はこの状態でいってみます。
 
全景はこんな感じです。
 

 
60水槽と120水槽は別のマグネットポンプで循環させているので、それぞれ単発で回す事も可能ですし、クーラーや殺菌灯も全てバイパス配管となっておりますので、メンテも楽チンです。
我ながらよく頑張ったと思います。
 
本当はホース類は一切使いたくなかったのですが、メンテ上そ~ゆ~訳にもいかず必要最小限で使用いたしました。
 
そして水槽内を掃除する為に、庭からホースを引っ張り注水!!!
 
お~~~!水が溜まっていく~~~~
 

 
水槽が深いので掃除用具としてこんな物を買ってきました。
 

 
かなり便利でした。マイクロファイバーのモップです。アクリルで使えるんかな~?
まぁ、綺麗に掃除できるのでヨシとしておきます。
 
掃除終了後、水を抜き、勢いに乗って海水注入じゃーーー!!!っと意気込んでおりましたが、、、
 
ぬ~~~~~
 
水漏れしとるがなぁぁ・・・・
 
「水漏れするなら多分、ここやろな~・・・・」と予め予測していた三重管の台座部分からでした。
この部分はシリコンを盛るか?迷ったのですが、ゴムパッキンを信用してシリコン接着していなかったのです。
 
ポツリポツリと滴が・・・・
 
水を抜いてシリコンを盛りまくってやりました。
 

 
念の為に水槽台下からも盛り盛りしておきました。
 
なので今日は海水注入は出来ず仕舞い・・・あ~あ・・・・
 
明日はお血事の都合上、水槽触ってる時間もないので、とりあえず海水注入は明後日以降となりそうです。
 
 

配管(殺菌灯まで)  

本日はお血事も休みだったので、ボールバルブを買いに行き、配管作業に取り掛かりました。
嫁はホームセンターで黒らんちゅうなるものを買っておりました、、、
 
120水槽への循環ポンプはサンソーPMD641を使用します。
マグネットポンプの排出口は二台のクーラーの間から配管を組む事になります。
 

 
そして水槽台の裏を通って殺菌灯へ続きます。
 

 
QLー40だけは何をどないやっても水槽台の中には置けませんので、水槽台の横に置くこととなりました。
畳の上にQL-40も乙なモンですが、なんとなくなんとなくですので、、、後日プラケースの様な物を用意して殺菌灯を置こうと思います。
配管はバイパス配管といたしました。
二台のクーラー、殺菌灯、全てバイパス配管となっております。
エルボやバルブを使いまくりですが、ポンプがデカいので流量的には全く問題無いと思っております???
 
殺菌灯が倒れないように配管を固定するのに使う器具(名前が分かりません)を使いました。
ピッタリサイズの物もありましたが、遊びがあったっ方が良いように思いましたので、直径100ミリの物を使用しました。
なかなかえ~塩梅だと思います。
 
 
疲れたので今日はここまで・・・
 

ZC1000E買いますた。  

まずは新水槽の亜硝酸
 
13日目
 

 
15日目
 

 
明らかに亜硝酸が減ってきました。
も~ちょっとかな~?
途中で水換えしたからか?一気に亜硝酸がMAXレベルまで上がりまへんな~
このまま亜硝酸数値が0までいくのかな~?
 
ほんでもって120水槽に接続するべくZC1000Eを買いました。
 

 
総水量は600Lぐらいになる予定ですのでZC1300も検討いたしましたが、ZC500Eとのツインクーラーシステムですので、ZC1000Eにしました。
それにZC1000EならZC500Eと二つ並べて水槽台の中に納まるからです。
 

 
配管は組んでおりませんが、とりあえず置いてみました。
ツインクーラーシステムです。
扇風機とクーラーをフル稼働させないと排気熱で耐えられませんね・・・
本当は室外にクーラーを出したかったのですが、水槽設置場所の都合上、室外置きにはできなかったのです。
床下も検討いたしましたが、ホコリが多そうなので止めました。
まぁ、リビングじゃないので構わないのですが、、、
 
早速、配管に取り掛かろうと思いましたがバイパス配管用のボールバルブが6個も足りませんでしたので、明日買いに行ってこよ~と思います。
 
そして120水槽の水流ポンプも購入しました。
 

 
ニューウェーブとコラリアで迷った末に、コラリアマグナム5にしました。
「マグナム」ってネーミングにパワーを感じます。w
 
60水槽で使用しているコラリアnanoと比較してみました。
 

 
めちゃデカいです。
ソフトボールぐらいの大きさがあります。
魚水槽ですし、これ一個でいいのでは?と思っておりますが、ど~なんでしょね?
 
ついでにマキシジェット1000が安かったので購入いたしました。
 

 
あれば何かに使うでしょう???
 
はよ~に配管して120水槽も稼動させたいな~♪
 
しかし金かかるな~・・・・(;;
 

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。