ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PHモニター買いますた。  

釣りに行くことができず消耗品も全然減らないので、釣具に金を使うこともありません。
なのでアクア機器ばかり買ってしまいます。
 
以前購入したPHテスターがぶっ壊れてしまったので、新しくPHモニター買いました。
 
今回はFUKUROWってのを購入いたしました。
 

 
なんかパッケージがかっこえ~です。フクロウが睨んでますわ。。。
 
PH7.0と4.0の校正液で校正後、新水槽へセットいたしました。
 
PHは8.0のようです。
 

 
スキマーの方はカップに汚れがかなりこびり付いてきましたが、汚水は全然溜まってきません。
もう少し水位を上げた方がいいのかな~?これでえ~と思ってるのですが・・・
 

 
立ち上げ11日目の亜硝酸
 

 
立ち上げ12日目の亜硝酸(本日)
 

 
ん???なんか薄くなってまへん???
 
普通はもっと真っ赤になってから亜硝酸が減ってくるもんですが、今回は途中で水換えをしたからでしょうか???
それともスキマーを稼動させたからでしょうか???
 
いつもとはパターンが違うようです。
 

スポンサーサイト

立ち上げ11日目  

たいしたネタは無いのですが、立ち上げ記録として本日もブログ更新です。
 
立ち上げ11日目の亜硝酸値
 

 
昨夜の水換えの影響でしょうか?亜硝酸数値はあまり上がっておりません。
良いのか悪いのかは分かりませんが、良い事にしておきます。
立ち上がれば亜硝酸は検出されなくなるでしょう。
 
そして今日は初めて硝酸塩も計測してみました。
 

 
予想通り今のところ硝酸塩はほとんど検出されておりません。
ほんの少し薄~く紫色って程度です。
亜硝酸が検出されてるうちは、なかなか上がらないのでしょうね。
こいつがガンガン上がってくれないといけませんね。
まだまだです。
 
そしてスキマーの汚水カップには昨夜ぐらいから汚水が溜まるようになってきました。
 

 
写真は昨日からの二日分の汚水です。
まだまだ汚水の色は薄いですが、カップの内側にウ○コカスもこびり付き出しました。
水槽から排水された水はウールマットを通り70キロの濾材を通った後にスキマーで処理されますので、たいして汚れは取れないのでは?なんて勝手に思っておりましたが、結構取れるもんですね。
それだけ水に汚れが溶け込んでいるのでしょうね。
あと一週間もすれば真っ黒な汚れが取れるようになるのかもしれません。
 

 
 

立ち上げ10日目  

皆様、こんばんみ
 
前回の日記がが8月27日午後9時現在、ブログ村海水魚記事ランキングで1位となりちょっとニヤニヤしてしまった冷奴です。
 
こんな初心者ブログ見て何がおもろいのか?とも思いますが、皆様が興味を持って読んでくださる事には感謝しております。
 
みなさんお~きに~
 
記事ランキングで上位にくる記事というのがだんだん分かってきたきた次第であります。
 
「立ち上げ記録」
「失敗ネタ」
「機材ネタ」
「餌付け記録」
 
このあたりはどうも皆様の興味を掻き立てるのだと思われます。
実際、僕もそうでして立ち上げ記録や機材ネタ、失敗ネタなどは自分の勉強にもなるので興味深く読ませてもらってます。
「水槽崩壊!」とか「水漏れ!」「生体全滅!」なんてタイトルの日記を書けば、ランキング1位は間違いないと思われます。w
 
で、、、本日で新水槽立ち上げ10日目となりまして水質検査を実行いたしました。
 

 
1mg/L近くまで亜硝酸が上がってきました。
水槽内は順調に立ち上がってきてるようですが、生体にはかなりの負担だと思われますので、水換えを決行いたしました。
現在、約200Lの水が入っていますが、そのうちの70Lの水を換水いたしました。
 

 
水槽下の床下配管のおかげで楽々排水できました。これは便利です。
僕もどなたかのブログだったか?を見て真似っ子させてもらったのですが、非常に便利です。
新たに水槽を設置される方には是非とも床下排水をお勧めいたします。
 
ほんでもってインスタントオーシャンのバケツ3個にて海水を作りました。
お血事が忙しくて大きいいバケツがまだ買えてません。。。
 
そ~いえば先日、海水を作った時ですがインスタントオーシャンが袋の中でカチカチに固まっておりました。
僕はインスタントオーシャンのバケツばかり増えるのもなんなので、最近はビニールパッケージ(800L用)を購入しているのですが、その開封していないビニールの中でカッチカチに固まっておりました。しかも2個も・・・
 
皆様もご存知だとは思いますが、一度カッチカチになってしまった塩はいくら攪拌しても溶けきりません。
何日経っても溶けません。
早速、新しいインスタントオーシャンを購入しましたが、捨てるのがもったいないので使用しております。
web上でググってみたところ、多少の成分変化があるとの事ですが、魚水槽には問題ないとの事なので、まぁ大丈夫やろ~・・・・って感じです。
但し溶けきらない粒子を水槽には入れたくないので、一度攪拌して暫く時間を置きバケツの底に溶け切らない潮を沈殿させてから上澄みだけを水槽内に入れるようにしております。
 
今日もそないいたしました。
 
で、2時間後にもう一度亜硝酸チェック
 

 
ほんの少しだけ亜硝酸が下がってるようです。しかしこの程度なら明日になれば今日の換水前以上に亜硝酸値が上昇してるのでしょうね・・・
 
ついでにウールマットも交換いたしました。使用しているウールはファインマットです。これもweb上で評価が高かったので使用しております。
汚れたウールマットを取り出して新しい物に交換いたしました。
 
取り出した汚いウールを持って嫁に「おまえウール洗うの得意やろ?」と言ってみたところ
「べつに得意でもないけど洗ったるわ」と言って優しい嫁が洗ってくれました。
 
あっ・・・忘れてました。
 
僕はプロフェッショナルですので、換水後には毎度のバイオスコールを添加しておきました。w
 

 
 
 
 
 
 
 

立ち上げから一週間  

本日で立ち上げから一週間が経ちました。
 
特攻隊として突撃された3匹のホワイトチップは、今のところ餌食い体調共に良好のようです。
 
先程、亜硝酸を計測してみたところ、0.2~0.5mg/Lの間といったところでしょうか?順調に推移しております。
 

 
あと数日放置してから、三分の一ほど換水したいと思います。
過去に立ち上げた二本の水槽は亜硝酸が下がりきるまで無換水で放置しましたが、それをやると魚たちに多かれ少なかれ体調に異常が出るので、今回は換水しながら立ち上げようと思います。
なので、今回は以前に比べて立ち上げ期間に多少時間が掛かるかもしれません。
 
そして本日もバイオスコールを投入いたしました。
 

 
今、売れてるそうです。w
最高級バクテリアだそうです。ww
あなたもプロフェッショナルだそうです。www
 
なんとなく胡散臭いパッケージですが、僕はバイオスコール信者です。
旧水槽にもたまに添加しているのですが、翌日には僕のようなド素人が見てもハッキリ分かるぐらい水がピカピカになるところがお気に入りです。
水かピカピカになったからと言って水質も良くなってるとは限りませんがねぇ・・・
過去には水槽内に白点が蔓延した時に連日のバイスコール投入とエアレーションで、白点が消滅したこともあります。だからと言って「白点にはバイオスコール!」なんて事を言う気はありまへんよ。
この手のバクテリア商品は効果の程は???web上のあちこちのサイトなどでも賛否両論のようですし、海水魚飼育に必ずや必要な物だとは僕も思っておりません。
単なるおまじない程度で捉えておいた方が良いのかもしれません。
 
で、、、本日からスキマーのスイッチを入れました。
 

 
旧水槽に付けているスキマーなのかエアレーションなのか?分からないSNMのハングオンスキマーとは泡の立ち方が違いますね。まぁ、あれはあれで大変重宝しておりますが。。。
 
まだ水もたいして汚れていないのでクリーミーな泡とまではいきませんが、まともなスキマー(?)初心者の僕からするとこの程度の泡でも感動的であります。
ベルリンシステムなどでアクアの達人皆様方が使用されているドデカいスキマーの泡なんか見たら失神してしまうかもしれまへん。w
 
ちなみにこの東熱スパイラルスキマーⅡはかなり古いスキマーですが、中古ではありまへん。新品です。
購入したのが2年ほど前でして、、、ず~~~っと使わずに置いてました。
 

 
暫くは正常なスキミングはされないと思いますので、一週間ぐらいは水位を低めに設定して泡の上がり方を観察したいと思います。
 

京都水族館に行って来ました。  

本当は今夜から二晩連続で高知の荒磯にて夜釣りの予定でしたが、またもや台風の影響により中止となってしまった冷奴です。
おかげで釣りブログの方が全く更新できまへんやん。。。
僕の二つの趣味『釣り』と『アクア』ですが気合いの入り方としては『釣り』7に対して『アクア』3と言ったところなのですが、このままでは釣り熱をアクア熱が上回ってしまいそうです。
俺を磯に立たせろーーー!!!
 
仕方なくと言ったらなんですが、今日は自宅で高校野球の決勝戦を観てから、嫁と先日オープンした京都水族館に行ってきました。
自宅から近いこともあり、なかなか行く気にもなれなかったのですが、本日初めて行って来ました。
 
水族館の規模としては海遊館の比ではありませんが、なかなか面白かったのでありました。
 

 
大水槽は近海物の魚がメインです。
 
僕が普段釣り場でよく目にする魚が大半でして、ここで泳いでいる魚の名前の大半は分かりました。
ハマフエフキ、クエ、ヒメフエダイ、ヘダイ、モンツキ、サンノジ、イシガキダイ、コロダイ、コショウダイ、マダイ、ロクセンフエダイ、タカノハ、、、、
やたらと多かったのがコショウダイ
コショウダイは70cm級の大型を確認できました。
 

 
何故か?大型のコショウダイが多かったのが印象的でした。
 
僕が普段ターゲットにしているハマフエフキやクエに関しては大型は居ませんでした。
フエフキで50~60cm、クエでメーター以内といったところです。
 
珍しかったのがタマカイです。
 

 
ハッキリとは確認できませんでしたが、多分こいつはタマカイでしょう。
 

 
クエ子サイズ?70~80cmのクエも優雅に泳いでおりました。
 
その他、イルカやペンギン、淡水と見て周り熱帯魚やサンゴもありましたが、アクアを趣味とするような方々が感動を覚えるレベルではありませんでした。
せめて大型のヤッコぐらい泳がせて欲しかった・・・・
 
アクアを趣味とするような方々が萌えそうな場所もありましたよ。
 

 
クラゲ飼育部屋です。
 

 
多分、塩ビ配管やクーラー、マグネットポンプの置いてあるこのメカメカしい部屋を目にすれば、アクアを趣味とする者なら間違いなく立ち止まるでしょうね。w
 
京都水族館は規模も小さいのでわざわざ遠路はるばる足を運んでまで来るようなレベルではないとは思いますが、お近くに来られた際は立ち寄ってみても良いと思いますね。
 
そして帰りにアクアショップに寄ってみました。
大変小さい店で機材の販売などはやっておらず生体のみの販売店のようでしたが、親切な店員さんが色々と話してくれました。
 
僕が大型ヤッコ水槽を立ち上げ最中である事を話して、魚の購入計画について質問してみたところ、この店では入荷後トリートメントと餌付けをしっかり行ってからしか販売しない方針であることを知りました。
大量の魚を仕入れて裁く大型店舗よりは価格は高めですが、「せっかく購入していただいた魚がすぐに死んでしまうようではリピーターに繋がりませんから・・・」と話されていました。
 
素晴らしい!!!
 
「僕は興味はありませんが、スミレやシマみたいな餌付けの難しい魚も餌付けしてから販売しているのですか?」と質問してみたところ、「あの辺の魚は難しいので仕入れません」と言ってました。www
 
注文を入れれば大半の魚は入手可能だそうですが、とことん品質に拘っているようで「場合によってはかなりお待ち戴くこともあるかもしれません。ほんと酷いのもあるんですよ。。。」との事でした。
 
こ~ゆ~店って僕は好きですね。
 

立ち上げ3日目  

お血事の都合で二日ほど家を空けておりました。
 
本日、帰宅後スーツを脱いで新水槽前へ!
3匹のホワイトチップは殺菌灯が無い水槽でも異常は無いようです。
 

 
水温はは24~26度ぐらいで推移しているようです。
まだ早いかとも思いましたが、ELOSのテスターで亜硝酸だけ測ってみたところ、0.02の数値・・・
まだまだですな・・・
意味が有るのか?無いのか?分かりませんがとりあえずバイオスコールを200ml投入しておきました。
多分、水槽内は凄いことになっているのでしょう!間違いない!(謎)
 
本当はバクテリア投入直後はエアレーションなどで酸素を多めに取り込んだ方が良いそうですが、スキマーはまだ動かしておりません。理由はなんとなく「大丈夫やろ~」ってだけです。。。
 
旧60cm水槽から大きく育ったナガレハナサンゴとスターポリプ、シャコ貝を玄関水槽へ引越しいたしました。
 

 
サンゴが入りちょっとだけですが色気が出ました。(この写真は嫁が嫁専用の一眼レフカメラで撮ったので綺麗です)
 
シャコ貝、水槽サイズの割にデカいでしょ?
嫁の趣味で小さいシャコ貝を何度か入れましたが、すぐに行方不明になるのでショップでシャコ貝を吟味中の嫁に「その一番デカいの買ったといたら行方不明にならんぞ」と適当な事を言って大きいのを買わせました。
それ以来、行方不明になる事もなく1年半以上が経過しております。w
 
10匹居たアレンズダムセルですが蓋をしているにもかかわらず、蓋の小さな隙間から2匹が飛び出してご逝去なされました。
 
旧60cm水槽に残っているのはフレームエンゼルとホンソメワケベラ、ミズタマハゼのみとなりました。
フレームとホンソメは亜硝酸が治まった段階で新水槽へ、ミズタマハゼは玄関水槽へ引越しの予定です。
そしてアクア初心者の僕が初めて立ち上げ2年半も苦楽を共にした旧60cm水槽は、その時点で畳む予定です。
 
大型ヤッコ投入時期はまだまだ先になりそうです。
 

 
 
 

遂に立ち上げ  

新水槽は昨夜、真水を抜いてから濾材を投入して海水を注入いたしました。
 

 
濾材として骨サンゴ粗めの25番を70キロほど投入いたしました。
ちなみに大量の骨サンゴの洗浄により腰痛が悪化してしまいました。
 
我が家には大量の水をストックできる容器がありませんので、100Lは水槽内に塩をぶち込みパワーヘッドで攪拌、残りはインスタントオーシャンのバケツ3個にて人口海水を作りました。
190Lの海水が入りました。
RO水などは使っておりません。水道水です。
ちなみに僕が住んでいる町の水道水は硝酸塩もほぼ0に近い状態でアクアに適した水道水だと、伺ったことがあるのですがどうなんでしょ?
まぁコケは大量に生えるでしょうが、、、
 

 
ほんでもって一日回した本日(つい先ほど)、旧60cm水槽からホワイトチップ3匹を投入して、バクテリア(バイオスコール)を大量投入いたしました。
既に立ち上がっているウチの水槽2本もバイオスコールで立ち上げました。
バクテリアが効いてるのか?効いていないのか?は分かりませんが、今回も同じように立ち上げたいと思います。
この3匹のホワイトチップは海水魚飼育を始めた当初から2年以上飼育している個体ですので、今回の立ち上げでも頑張ってもらえると信じております。
ただ、新水槽には殺菌灯が付いていないので殺菌灯が付いていた水槽からの引越しで体調を崩さないか?が心配であります。
 

 

真水で循環中  

久しぶりのブログ更新です。
 
長らくブログ更新も滞っておりましたが、大型ヤッコ水槽立ち上げ計画は牛歩戦術の如く地道にゆっくり進行しております。
真夏にに立ち上げて新魚を次々に投入する事に気が引けますので、のんびりやっております。
 
計画中のヤッコ水槽は120cmと60cm二つの水槽を一つの濾過槽を通して回すという画期的なシステム(どこがやねん・・・)ですが、とりあえず60cm水槽だけ真水を入れて回せるところまで辿り着きました。
 
配管はこんな感じです。
 

 
まずはウールボックス下です。
真上から落ちてきてる配管は120cm水槽からの配管でして、右側から伸びてきているのが60cm水槽の配管です。
水槽台の高さが僕の計算ミスにより10cmほど低かった為、ここの配管は難儀いたしました。
 

 
マグネットポンプ(RMD-401)からの配管ですが、周りにアクア友達も馴染みのショップも無いので、web上でPC画面に穴が開くほど勉強させていただきました。
流量の損失などを考慮するとシンプルに配管を組んだ方が良いのは分かっているのですが、後々のメンテナンスを優先してゴチャゴチャした配管となってしまいました。
ZC-500eを通して水槽に戻ります。
それでも600×450×450の水槽に対してRMD-401は十分すぎるようで、60cm水槽内は明石海峡の如く激流状態となっております。
一応。流量調整用の配管も組んでありますので、様子を見て調整が必要になるかもしれませんね。
 
120水槽へのマグネットポンプ(PMDー642)からの配管途中には殺菌灯(QL-40)を接続予定ですが、現在、別水槽で使用中の殺菌灯(ターボツイスト36W)を、60水槽との間に接続するか???検討中です。
 
ZC-500e横の空いてる部分にもう一台のクーラーZC-1000eを置いて配管予定ですが、まだクーラー購入してませんねん。。。(--;;;
 

 
意外と面倒だったのが、史上最強スキマー東熱スパイラルスキマーⅡ上部の水槽蓋の作成です。
小さな穴二箇所はホールソーで簡単に解決しましたが、スキマー部分の大きなアール部分はちょっと苦労しました。
 

 
真水を入れて循環中です。オーバーフロー水槽は初めてでしたが、奇跡的に水漏れも全く無く上手く施工できました。
 

 
上質のライブロックが入手できたので真水でキュアリング中です。
石灰藻バンバン付いてます。
 
レプリカですが。。。とりあえず一個だけ購入してみました。なかなか良さ気ですので今後増やしていきたいと思います。
 

 
 
 
 

▲Page top