ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ビブリオ発症  

こんばんは

先日お迎えした3匹のオウギはトリタン(検疫水槽)にて順調に餌付けが進行しておりましたが、一気に崩れました。

二日前の2日夜、帰宅してオウギ水槽を覗いてみると、一匹のオウギが倒れてました。

朝は元気にアサリを食べてたのになんでやのん、、、

まだ息はあるものの一番大きいオウギが瀕死のオウギを執拗に突いてます。

オウギチョウは縄張り意識の強い魚です。

突然闘争本能にスイッチが入り喧嘩が勃発したのだと思っておりました。

まだ息はあったので駄目元でバケツエアレーションしてみたものの翌朝にはお亡くなりになりました。

亡骸を見て気付きました。

これは喧嘩じゃないんじゃないか?

喧嘩ならヒレがささくれるのではないか?

2016842.jpg

鬱血した部分に切り傷のような跡、、、、

これは噂に聞くビブリオではないのか?

慌てて二匹のオウギが泳ぐトリタンを見てみたところ、、、

昨夜、瀕死のオウギを突きまくってたオウギが、、、

2016841.jpg

おい!!!

昨夜はなんともなかったのに一晩経って内出血、、、内臓ビブリオ?

直ぐにバケツに隔離してGFGを投入

トリタンに残ったもう一匹は内出血の症状は出てないものの、念の為にGFGを投入して出勤しました。

それから二日経って、、、

トリタンのオウギはビブリオの症状が出る事も無く、アサリもよく食べてます。

システムをリセットしたら給餌できなくなるので、一か八かこのまま飼育します。

バケツで薬浴中のオウギは泳ぎ方などは全く問題なく元気そうに見えますが、内出血部分は残ったまんまです。

水換え前にアサリを放り込んでみましたが、流石にバケツの中では食べません。

僕は一度拒食になった魚はまず復活はできないと思っておりますので、仮にビブリオが完治したとしてもこのオウギはもう無理かもしれません。

2016843.jpg

今回のビブリオ(?)発生について原因を私なりに考えてみました。

答えは直ぐに出ました。

トリタンの濾過不足です。

トリタンは水量30Lちょっと、上部フィルターとエアレーションのみのシステムです。

そんなシステムで三匹のオウギに朝晩アサリの大量投入

2~3日に一度のペースで三分の二の水換えはしておりましたが、濾過が追いつかなかったのだと思われます。

ポリプ食チョウの飼育は魚のお迎え前の事前準備、迎えてからの管理など、、、ちょっとした事でも妥協してしまうと飼育する事はまず不可能です。

「これぐらいえ~か」は絶対に通用しないのです。

「どうにかなるやろ?」これも駄目です。

どうにもなりませんから

僕もそれを肝に銘じておりましたが、たった一つ妥協してしまった事

三匹も入れてしまった事です。

アサリを食べ出した時点でさっさとアラビアン水槽にオウギを入れていれば、こんな事にはならなかったかもしれませんが、今回は慎重に事を進めた事が裏目に出てしまいました。

この辺の判断は難しいです。

ビブリオは常在菌なので水質の悪化によって発症したのだと思っております。

ちなみにビブリオとそっくりの症状の病気でuronema(ウロネマ)という病気があります。

ウロネマは細菌系の感染症ではなく原虫による病気ですので治療法はビブリオとは全く異なるそうですが、病状の進行が非常に早く治療する間も無いままに死んでしまう事が多いそうです。

日本では内出血すると何でもかんでもビブリオ!と言いますが、そうでもないようです。

僕は一年程前にアクアな先輩からこの話を聞いてましたので、今回もウロネマも疑いましたが、どうもウロネマでは無いように思っております。

おそらくビブリオなんじゃないかな?と思っております。ビブリオかどうかも分かりませんけどね・・・

この手の細菌系の感染症には、抗生物質の投与が効果的だそうですが、そう簡単に入手できるものではありません。

苦労して数種類の抗生物質を手に入れる事ができても感受性が合わなければ使い物になりません。

簡単に入手できるのはOTC酸ぐらいでしょうか?

かなり諦め気味ですがGFGによる薬浴に賭けてみようと思います。

と、同時にトリタンの水量UP、濾過能力UPを検討します。
スポンサーサイト

ホワイトフェイスがご逝去なされました。  

こんばんは

ホワイトフェイスが本日、ご逝去なされました。

あまりにも突然の出来事に戸惑いを隠せません。

お迎えから約半月、完全に濾過が立ち上がったトリタンで餌付け中でした。

水温は24度前後で安定

アサリ~ハンバーグは爆食い、一週間ほど前からはハンバーグに粒餌を混ぜた物も食べ出しまして、数日前からはアサリの殻に塗り付けなくても水面から落とした餌を食べるようになってました。

水換えは2~3日に一度のペースで本水槽の水で行ってました。

気になる事と言えば食べても食べても背肉が付かない事。

しかし半月やそこらでチョウに背肉が付くとも思えず、この点は楽観視しておりました。

もう一点はいつまで経っても泳ぎにキレが出ない事

機敏な泳ぎにならないのです。

しかし餌も食べてる事ですし、水さえ清浄に保てば調子が上がってくると思っておりました。

異変を感じたのは昨夜です。

急に餌を食べなくなり泳ぎ方に覇気が感じられない。

一夜明けて、今朝は突然の肌荒れ、、、、泳ぎは更に悪くなりお腹を水槽の底に擦りながら泳いでる状態

半換水の後、「薬には弱い」と聞いてましたので、GFGを薄めに投与

エアレーションを強化してタイガースの二軍戦を観に行きました。

夕方、帰宅

ホワイトフェイス死亡、、、、

何が何だか分かりません。

あまりにも早過ぎるでしょ、、、、こないだのキヘリもそうでしたが、、、

アクアな先輩方によるとホワイトフェイス特有の症状だとか、、、、

典型的なパターンのようです。

『ホワイトフェイス病』と言っておられる先輩もおられました。

死因?対応策?

そんなもん分かる訳ありません。

この言葉は嫌いなんですけど、、、内臓疾患?

死因が分からないのに再挑戦する気にはなれませんので、ホワイトフェイスは【コロッケ買ってはいけない魚リスト】に加わりました。

ん~・・・最近、不調の波から抜け出すことができませんな~

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

キヘリお亡くなりになりました。  

こんばんは

ここのところ我が家の魚は白点続きです。

まずは嫁のヤドカリ天国水槽

立ち上げ間もない水槽へ一気に魚を投入した事がやはり良くなったのでしょう。

散々トリートメントして投入したバーゲスが白点まみれになりました。

幸いにして他の魚には症状が出ることは無く、白点まみれなのはバーゲスのみ

珊瑚が入っているので白点キラーは使わずにバケツにて全換水治療法を施し、一週間で完治しました。

20165225.jpg

水槽に戻した途端に再度白点まみれになられても困りますので、ヤドカリ天国水槽は一ヶ月ほどバーゲスを入れずに様子を見たいと思います。

そしてバーゲスはコラリスの居るトリタン餌付け水槽へ入ってもらいました。

ちなみにヤドカリ天国水槽には殺菌灯が付いてませんので、殺菌灯の有る水槽で長年暮らしていたイナズマの肌荒れが酷いです。

早く落ち着いてほしいもんです。




そして玄関アラビアンブラザーズ水槽にも

はい、二匹共白点まみれになりました。

20165221.jpg

こちらは白点キラーを投入

本日で3日目ですので明日ぐらいから一気に白点は減ってくると思われます。

餌食いも落ちてませんので、あと数日で完治するでしょう。

20165222.jpg

玄関水槽は完全に濾過不足だと思います。

つい先日まではナチュラルシステムだったこの水槽

バイコムバフィを入れたところで、まだまだ濾過が安定していないのでしょう。

生餌を処理するべく強力な濾過が出来上がっていない事で白点が発生したのだと思われます。

濾過槽も一層式ですのでバイコムを入れたところで濾材への水の通りも良くありません。

やはり生餌を処理するべく強力な濾過を構築する必要があります。

なので本日、三層式濾過槽を発注いたしました。

完成までに二週間ほどだそうですので、今しばらくの辛抱です。

それまでにDCポンプ買わないとね

LSSさん早く発売してちょーだい!




そしてタイトルにもありますように本日キヘリが亡くなりました。

超お気に入りのお魚だっただけに残念で仕方ありません。

ホシゾラとの混泳に挑むべく再度混泳体制に入り一週間ほどは全く問題ありませんでした。

少しでも様子がおかしかったら隔離する体制は整えておりました。

二日ほど前にライブロックの陰に隠れ気味になりました。

すぐに隔離する為に捕獲しましたが、その時は既にフラフラ状態、、、

20165224.jpg

おい!いくらなんでも早過ぎるやろ!

朝は爆食いだったのに夜にはフラフラ、、、、

そして二日後の本日そのままお亡くなりになりました。

20165223.jpg

魚体は綺麗なまんまです。

体表を見たところで何も分かりません。

解剖したところで、僕には何も分かりませんのでそのまま埋葬いたしました。

やはりホシゾラとの混泳に極度のストレスを感じた事で体内で何かが起こったのでしょうか?

「600ワイドでは厳しいのでは?ホシゾラとキヘリの混泳は900以上で、、、」とのNK殿のアドバイスを素直に聞いておくべきでした。

申し訳ありません。

先人のアドバイスは素直に聞くべきです。

でもね、、、言い訳になりますが少しでも様子がおかしかったら直ぐに隔離しようと思ってたんですよ。。。

こんなに早く事が進むとは思わなかったんですよ。。。

キンチャク系のヤッコは神経質な種が多いですが、ホシゾラとキヘリに関しては特に弱い印象を受けます。

コンスピやパソニファなどは複数匹の混泳水槽も見た事はありますが、キヘリやホシゾラは見た事が有りません。

僕は『キンチャク系ヤッコのコンプリート(バリナは除く)』という目標があるのですが、また一歩後退です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

隠していた事実  

こんばんは

20162153.jpg


昨日はアクア仲間と南紀へ水汲みに行く予定でしたが、前日からの大雨の為中止となりました。

なので昨日は別館600水槽の底砂掃除を兼ねて110L、本日は本館1800水槽の底砂掃除をしながら330L、二日で440Lの換水をいたしました。

ついでにJEBAOの水流ポンプをクエン酸漬けにして掃除しておきました。

20162155.jpg

僕が使用している人工海水はインスタントオーシャンです。

これしか使った事がありません。

20162156.jpg

アクアを始めた時に釣り仲間がインスタントオーシャンをくれたのがきっかけで、それ以来ずっとインスタントーシャン一筋です。

最近、人工海水の値段が高騰しておりますが、近くにヤフオクに格安出品されている方が居まして、直接取りに行けば送料要らんやん?って事でその方の家に直接伺って購入しております。

600水槽におられるスギアヤチョウとバンディッドバタフライの二匹のチョウは、、、

まだ生きてます。

20162154.jpg

現在、あさり&ハンバーグをバクバクモードに突入しております。

意地でも粒餌に餌付けなければ!なんて気もありませんので、まだ粒餌は与えた事がありません。

最近、海水魚を飼育する上で粒餌は絶対に必要なのかな?なんて疑問に思うところもありますので、もうこのままでもい~かな~なんて思いもあります。




さて皆様に内緒にしていたことがあります。

実は一週間ほど前に魚を購入してました。

しかも2匹も

スギアヤチョウと バンディッドの調子が上がってきたことに気を良くした僕は、調子に乗って二匹のチョウをお迎えしておりました。

アラビアンバタフライとブラックバーンズバタフライです。

しかし情けない事に二匹共に僕のミスで殺してしまいました。

黙っておいても良かったのですが、今まで購入した魚や死んだ魚を隠した事がないのがこのブログのモットーでしたので正直に白状する事にします。

以下、ご逝去までの経緯です。

購入後はいつも通り一週間の全換水トリートメントに入りました。

アラビアンが9センチ、ブラックバーンズは4センチ

僕は購入してきたその日には淡水浴はしません。

ブラックバーンズはイサザアミをバクバク、アラビアンは餌珊瑚を突くようになり調子が上がってきたのを確認して、四日目に淡水浴を決行しました。

これがいけませんでした。

いつも通りジャームキラーを規定量入れて5分間の淡水浴

全く呼吸が早くなることも無く落ち着いた状態なので、全く問題無し!と判断

いつもは半淡水浴を数分してから水槽に戻すところを、この状態なら大丈夫!とポチャ入れで水槽に戻しました。

約一時間後ブラックバーンズがぶっ倒れる、、、、そのまま翌朝に死亡

20162151.jpg

アラビアンは淡水浴をした直後から日に日に調子が落ちていき二日後に死亡

20162152.jpg

今世紀最大の大失態

ポチャ入れで戻したのが悪かったのか?ジャームキラーが合わなかったのか?添加量が多かったのか?そもそも淡水浴自体に弱い魚だったのか?死因は分かりませんが、淡水浴で調子を落とした事は明確です。

アラビアンもブラックバーンズも頻繁に入荷する魚ではありません。

しかも僕のマリンアクア人生で購入して一週間以内に死なせてしまったのは今回が初めて、、、、

正直、アラビアンが無理でもブラックバーンズはイケると思ってたのですがね、、、、

かなり凹みましたが、週末にアクア仲間と呑んだら忘れましたので、またタイミングが合えばお迎えしたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

白点病爆裂しますた  

こんばんは

クリプトカリオンイリタンスがナンボのもんじゃい!なんて偉そうな事を言ったが為に、クリプトカリオンイリタンスを怒らせてしまったようです。。。

はい、本水槽で白点爆裂しました。

今回の白点発生の原因は濾過槽掃除の際に溜まったデトリタスを水槽内で循環させてしまったことが原因でした。

魚の体表に付いた白点虫はフコイダンの投与でほぼ見えないところまで収まっておりましたが、分裂を繰り返した白点虫が底砂の中にシストとして溜まっていたのでしょう。

今後、底砂の掃除をしないのなら、そのまま放置で良かったのかもしれません。

しかしそうはいきません。

僕は底砂の掃除をしつつ水換えをしました。(前回のブログはここまで)

そして数日後、水槽内の大半の魚に白点を確認しました。

やっぱ底砂ごと駆虫せなあかん!

約三年前に立ち上げた宇宙一ヤッコ大水槽

本水槽内での白点発生はこれで三度目です。

白点を出してしまう事は飼い主としてはダメダメでありますが、一つだけ自慢できることがあります。

僕はマリンアクアを始めて5年ちょっとですが、白点で魚を殺してしまった事は一度もないのです。

ウーディニウムは経験もございません。

本水槽での白点治療は毎度の白点キラーです。

ライブロックや海草が入っているので悩みましたが、白点キラー投入を決心しました。

僕はライブロックを飼っているのではありません。

魚を飼っているのです。

ライブロックがデスロック化する事を覚悟の上で決心しました。

本当はライブロックや海草が入ってる水槽の場合、珊瑚水槽用の白点キラーを使用するそうですが、珊瑚水槽用を使いこなす自信がありませんでしたので、ライブロックがデスロック化してしまう事を覚悟で魚水槽用の白点キラーです。

海草類だけは小型水槽に避難させる事にしました。

201510231.jpg

さてこの白点キラー、使用された方ならご存知だとは思いますが、かなり強烈な薬です。

使用法を間違えると魚がショック死してしまいます。

僕も過去にはショック状態から立ち直らせた事も有ります。

そして投薬中は拒食にもなるのです。

おそらく投薬量が微妙にズレているのでしょう。

今回はそれらの事をふまえて試験的に極薄濃度での添加を試みてみる事にしました。

宇宙一ヤッコ大水槽の総水量は約800Lです。

使用量の目安は白点キラーのボトルに記載してあります。

治療薬や銅などの使用歴がない水槽。セット初期や濾過槽清掃後など濾過能力が低い水槽の場合、水量100Lに対して1回7mL~ 9mLを朝晩1日2回を約5日

治療薬や銅などの使用歴がある水槽。濾過能力が高い水槽の場合は水量100Lに対して1回9mL~ 10mLを朝晩1日2回を約4日とあります。

我が家の水槽は後者の方ですので朝晩70~80mlの添加を約4日となります。



約半量の1回40mlの添加でスタートしました。

毎回40mlの白点キラーを1Lほどの水道水で薄めて、1時間ほど掛けて点滴すること3日(6回240ml添加)

この添加量では効かないかな?と思いましたが、いつも通り魚の体表から白点の量が減ってきましたので4日目は夜だけ40mlの添加

5日目、更に白点が見えなくなってきたので、夜だけ40mlの添加

6日目には僅かにあったヒレの濁りも一切確認できなくなりましたが、飼育水は中和はせずにそのまま3日間放置

9日目にアクアセイフ500mlを入れて中和

ちなみにここまでの8日間は毎日、底砂を引っ掻き回してデトリタスを巻き上げておりました。

そして9日目(本日)、底砂の掃除をしながら220Lの水換えをしました。

201510232.jpg

数日後に白点が出なければ成功です。

今回はショック状態になる魚、拒食になる魚もおらず、飼育水が白濁する事もありませんでしたので、白点キラー三度目の使用にして完璧な添加量をマスターできたように思います。

201510233.jpg


隔離してある海草は本水槽の水換えを何度かおこなってから戻す予定です。

今回も白点治療は無事に済みましたが、ライブロックはデスロックになってしまったと思われますので、タイミングを見て入れ替えていこうと思います。

201510234.jpg

今後は濾過槽のデト掃除には気を付けたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

▲Page top