ULTIMATE ANGELS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレームとホンソメお引越し  

こんばんは
 
この一ヶ月のうち26日もお血事をしていた冷奴です。
明日、一日働けば久しぶりに休日が取れそうです。
 
ここのところ毎日のように亜硝酸を計測しておりますが、全く数値は上がらず0.02mg/Lのまんまです。
 

 
レッドシーの試薬を使用している時は明らかに0の色になりましたが、今はELOSの試薬を使用しております。
もしかしてレッドシーの試薬で計測してみたら、実は0なんじゃないか?と思うようになりました。
そもそも亜硝酸って完全に0になる事なんてあるのだろうか?
10匹の魚にこれだけ餌を与えてアンモニアを出してもらっているのに、全く亜硝酸が増えないって事はもしかして立ち上がっているのではなかろうか?って事で、本日をもちまして第一次立ち上げを完了と決断いたしました。
ちなみに亜硝酸~硝酸塩へ変わるバクテリアはまだまだ活性が低いようでして、硝酸塩を計測しても数値は0のまんまでした。
 
早速、旧60cm水槽からフレームエンゼルとホンソメワケベラ、ホワイトソックスを捕獲して水合わせに入ります。
 

 
カメラが釣り場で使用している防水ボロカメラなので、水槽が異常に青く撮影されてしまいます。
実際はこんなに青くないのですが、、、、(嫁のデジイチの使い方が分かりません)
 

 
2時間の水合わせの後にフレームエンゼルのみ淡水浴決行です。
 

 
カルキ抜きした水道水を温度合わせした後に、PH調整剤を入れグリーンFゴールドをほんの少し振りかけ、水合わせしていた海水を半分入れて5分の淡水浴をしました。
寄生虫などは付いていないようなので、水槽に投入~
 

 
一気に水槽が賑やかになりました。
暫くして餌を撒いてみるとホンソメもフレームも餌食い良好のようです。
 
これで旧60cm水槽から新水槽への生体の引越しは全て完了いたしました。
 
今後はこのまま暫く給餌だけで回して濾過を徹底的に安定させたいと思います。
 
次にこの水槽に入る魚はいよいよ大型ヤッコぢゃ!
 
しかし、いつになるのやら、、、、、
 

 
 
 
スポンサーサイト

水槽放置中~  

皆様、こんばんは
 
大型ヤッコ乱舞を夢見て立ち上げた120cm水槽の方は総水量570Lになってからは、ウールマットの交換と足し水、日に四回の給餌以外は完全放置状態が続いております。

 
アレンズダムセルの一匹がポップアイになりましたが、放置していたら勝手に治ってました。
亜硝酸の方は本日の計測では0.2mg/Lとなっておりまして、多少数値が上がってきました。
ちょっと前のブログで「今回の立ち上げはバンバン水換えをします」と言ってましたが、方針転換いたします。
今回もいつも通り亜硝酸が完全に無くなり硝酸塩がバンバン蓄積されるまでは完全放置とする事にしました。
理由は「なんとなく魚も大丈夫やろ~・・・」って事と、水換えが面倒って理由であります。
「立ち上げ初期の今の時期は黙って見てるのが一番です。触り過ぎは良くありません。」なんて勝手な言い分を押し通すことにいたします。www
今後は当分の間、じーーーっと見てることにいたします。
 
そして!遂に!!
 

 
120水槽に水槽蓋付けました。。。それだけかい。。。
 
旧60cm水槽は次々に魚が引越ししていったので随分と寂しくなりました。

 
ミズタマハゼが居なくなったので底砂も真っ茶っ茶になってきました。
もう畳むのも時間の問題ですので、このまま放置とさせていただきます。
 

 
ホンソメワケベラはもうすぐ2年飼育となりますが、買ってきた時は5cmぐらいしかありませんでしたが、現在では10cm近くになり丸々と太っております。かなりデカいです。
 

 
もう一匹のフレームエンゼルはクリスマス島出身の真っ赤な個体でしたが、照明が合ってないのかよく分かりませんが、オレンジ色になってしまいました。
サイズの方はほとんど変わってないように思います。
何度も白点やリムフォなどに悩まされましたが、数々の困難を乗り越えたくましく育っております。
フレームと一緒に買ってきたポッターズも居たのですが、今年の1月に殺菌灯が故障した途端に体調を崩し、ご逝去なされました。
殺菌灯の故障に気付くのが遅れた事で非常に悔しい思いをしました。
 

 
玄関水槽へ引越しされたミズタマハゼもすっかり新しい環境に馴染んだ様で、底砂を綺麗にしてくれてます。
 

 

スターポリプ、ナガレハナサンゴ、シャコ貝も特に添加剤などは入れておりませんが、今のところ全く異常なくやってくれてます。
 
僕は2年半程前に嫁(妻)からの強い勧めがあって上部濾過のセット水槽にて海水魚の飼育を始めまして(最初は全然やる気ありませんでした)、水槽の数が増えたのも今回の大型水槽立ち上げも嫁の勧めにより進行しております。
 
皆様の中には「最初から機材に投資してオーバーフローの水槽を立ち上げておけば良かったのに」なんて思う方もおられるかもしれませんが、僕としてはこれで良かったのではないかと思っております。

上部から外部フィルターを経験して、多くの失敗をしまして濾過システムや水流などを何度も見直しました。(結果オーバーフローにいきついたのですが、、、(--;)
ショップ店員に教わった通り、ソフトコーラルを育てる為に毎日のように微粒元素を測定して添加剤などを投与していた時期もありました。
僕は次々に魚を買ってきては水槽に入れていくタイプではないので、それほど多くの魚を死なせていないのが不幸中の幸いかもしれません。

まだまだ初心者の域すら抜け出しておりませんし、知らない事もたくさんあります。
一生、初心者の域を脱することもできないかもしれませんが、この趣味を長く続けていきたいのなら僕はこ~いったバタ臭い飼育経験も必要なのではないか?と思っております。
 

その後の新水槽  

こんばんは
 
あまりにも見た目が酷かった自作の給水口をVP16の塩ビ管を加工して作り直しました。
塩ビ管に塩を詰めてガスコンロで熱して曲げました。
 

 
水面スレスレで給水されるようにしました。
 

 
ちなみに三重管の下側の穴をもう少し大きくするか、穴の数を増やすかした方が良さそうな感じです。
 

 
ほとんど下側から水を吸い上げておりません。
 
塩ビの三重管はせっかく自分で苦労して作ったので使っておりますが、正直市販のアクリル三重管を最初から買えば良かったと、少し(ほんの少し)だけ後悔したくありませんが、後悔しております。w
どうしても我慢できなくなった時にはアクリルの三重管に変更いたします。ww
 
 
そして9月9日に総水量が200Lから570Lになった新水槽のその後ですが、昨夜玄関水槽から8匹のアレンズダムセルを新水槽へ引越してもらいました。
 

 
一回に与える量を増やし一日4回の給餌をしております。
本日、亜硝酸を測定してみました。
0.02mg/Lでした。
ほとんど亜硝酸が増えておりません。
多分、まだ出てないだろうな~・・・と思いつつ硝酸塩を測定してみましたが、やはり数値は0です。
 
だからと言って旧60水槽で待機している古株のフレームエンゼルを新水槽へ投入する訳にはいきません。
 
既に60水槽を立ち上げてから3週間が経過しておりますので、多少なりとも濾過が働き出してるとは思うのですが、生体の出すアンモニアの量に対して水量が多すぎて、亜硝酸が試薬に反応しないようなレベルなのではないか?と考えております。
ここ数日はスキマーも全然泡が上がってきません。
単に水が汚れていないだけかもしれません。
 
今後、11匹の魚に給餌し続けることで水が汚れ、亜硝酸がガーーーン!っと上がってス~~~ッっと下がる時が来るのではないか?と思っております。いかがなもんでしょうか?
 
話は変わりまして、自慢のツインクーラーシステムですが、何かとややこしいのです。
 

 
二台のクーラーが同時に稼動してくれれば、短時間で設定温度である25度まで下がるのですが、ZC-1000一台だけしか作動しない場合は、570Lの水を冷やすにはかなりの時間がかかってしまいます。
ご存知のように25度設定の場合、25.5度になるとクーラーが作動するのですが、ZC1000がZC500より先に作動してしまうとZC500が作動しなくなってしまうのです。
なので、ZC500を先に作動させるべくZC500の感知温度の設定をZC1000より0.1度高く設定することで、ZC500を先に作動させるようにしております。
ZC500だけでは到底570Lの水を冷やすことはできず、モタモタしてる間にZC1000が作動しだすって事です。
 
・・・・・・が・・・・・・
 
なかなか思う様にはいきません。
上手く二台のクーラーを作動させるには感知温度の設定がかなり微妙です。
常に二台のクーラーの感知温度差が0.1度なら良いのですが、時として0.3度ほどの開きが出てしまう事があるのです。
僕が思うに二台のクーラーのセンサー感度が微妙に違うからではないか?と思っております。
 
そして次の課題は水槽の照明です。
魚水槽ですので強力な物は必要無いと思うのですが、今のとこゼンスイのLEDにしようかな~?なんて考えております。
 
ちなみに現在の照明はコレです。
 

 
かなり暗いです。
 

 
 

120水槽に海水入れました。  

こんばんは
 
立ち上げから三週間が経ちました。
立ち上げ初日、新水槽60cmに突撃された3匹のホワイトチップに自動給餌機で一日4回の餌やりを決行しておりました。
亜硝酸はド~ンとガ~~ンとは上がらず、緩やかに上がったり下がったりの繰り返しでして、水量200Lに対して3匹のホワイトチップでは少ないのでは?と思っております。
本日の計測では0.02mg/Lとなっており、ほぼ亜硝酸出ておりませんでした。
 
ほんでもって先程、先日配管が完了したものの水漏れが発覚してシリコンで補強した連結120水槽の注水式を行いました。
最初だけは総水量を把握しておきたかったので、20Lづつバケツで水槽に水道水を投入いたしました。
17杯入れたところでフロー管ギリギリの水位まできたのでインスタントオーシャン12キロ投入!
 
コラリアマグナム5で攪拌!
 
ゴ~~~~~!!!!
 

 
一気に潮を溶かす為に先日購入したマキシジェット2台も投入ぢゃ!
 
あっとゆ~まに海水が溶けました。
 
ここで問題発生
 

 
120水槽の水温が28.7度もあるがな~~~
 
このままポンプを回すと25度で回している60cm水槽に高温の海水がドッキングしてまうやん・・・
 
ホワイトチップの体調が心配なのでローソンへ角氷4キロ買って水槽へ投入ぢゃ!
 

 
冷えろ冷えろ~~~ガンガン冷えろ~~~~
 
あっとゆ~まに氷は溶けてしまいました・・・
 
水温は1度下がったのみ・・・
 
どないかなるやろ、、、、
 
更に20Lの海水をバケツで投入後、マグネットポンプのスイッチオン!
 
サンソーPMD642始動~~
 
ブ~~~~ン
 
ジュボボボボボボボボボボボーーーーー
 
シャワーパイプからの排水量が倍以上になりました。
 
同時にZC-1000Eも始動!
 
ツインクーラーシステム作動!
 
めちゃめちゃかっこえ~です。
 

 
ぬ~~~~~~~!!!めちゃめちゃ暑いやんけ、、、、排気熱が半端ないです。
 
しかしあっとゆ~まに25度まで下がりました。
 

 
大量の海水を注入したのでPHが8.1から8.2に上昇しました。
 
ちなみに25度まで水温が下がってしまうと、その後の水温上昇スピードがかなり緩やかになりました。
やはり水量が増えたからなんでしょうね。
なかなか水温が上昇しません。
総水量は570Lとなりました。
 
先程、水漏れチェックいたしましたが、どこからも一滴の水も漏れておりません。
明日、もう一度確認して漏れてなければ(多分)大丈夫でしょう。
 
とりあえずこのままではバクテリアが全然増えませんので、明日にでも玄関30cm水槽に居る8匹のアレンズダムセルを新水槽へ投入して給餌し続けたいと思います。
 
旧60cm水槽で待機してもらってるフレームエンゼルとホンソメワケベラも近日中に新水槽へ引越ししていただこうと思いますがヤッコはまだ早いかな~?
 
その後は当分の間、給餌と水換えだけで強い水作りに専念したいと思います。
完全に濾過が安定するのはいつになるんやろか~?
旧60cm水槽でも最初の半年は病気ばっかだったので、まだ当分の間は大型ヤッコを入れる気にはなれまへん。
 
大型ヤッコ入れるのは来年になってからかな~・・・・
 

 
 
 
 

配管完成  

構想から約1年半、、、遂に本日ヤッコ水槽の配管が(ほぼ)完成いたしました。
 
時代は右を見ても左を見ても 『ベルリン!』 『ベルリン!!』 『ベルリン!!!』 ですが、あえて濾材を70キロも投入して数十年前に流行ったであろう強制濾過による魚水槽を立ち上げようなんて、時代遅れにも程がありますが、勘弁してください。
 
サンゴにはあまり興味ありまへんねん・・・
 
前回は殺菌灯までの配管でしたが、それからコツコツと配管作業に取り組みました。
 
殺菌灯からは水槽台の裏を通ってクーラーへ繋がります。
 

 
水槽裏でバイパス配管を組みました。
 

 
そしてクーラーへ繋がります。
 

 
ゴチャゴチャしてて何がなんだか分かりませんが、ちゃんと通水はします。。。
やっぱ水槽台の高さはあと10センチは欲しいです。この辺の配管は随分と苦労いたしました。
 

 
クーラーから120水槽へ配管しておりますが、ここでもウールボックスへの戻り配管を作りました。
ウールボックスへの引き込み方法を思案中ですので、まだ配管してませんが、、、
 
で、、、自作の三重管です。。。
 

 
見た目があまりよろしくないので、改良の余地がありそうですな・・・
まぁ、今は気力が残ってませんので当分はこの状態でいってみます。
 
全景はこんな感じです。
 

 
60水槽と120水槽は別のマグネットポンプで循環させているので、それぞれ単発で回す事も可能ですし、クーラーや殺菌灯も全てバイパス配管となっておりますので、メンテも楽チンです。
我ながらよく頑張ったと思います。
 
本当はホース類は一切使いたくなかったのですが、メンテ上そ~ゆ~訳にもいかず必要最小限で使用いたしました。
 
そして水槽内を掃除する為に、庭からホースを引っ張り注水!!!
 
お~~~!水が溜まっていく~~~~
 

 
水槽が深いので掃除用具としてこんな物を買ってきました。
 

 
かなり便利でした。マイクロファイバーのモップです。アクリルで使えるんかな~?
まぁ、綺麗に掃除できるのでヨシとしておきます。
 
掃除終了後、水を抜き、勢いに乗って海水注入じゃーーー!!!っと意気込んでおりましたが、、、
 
ぬ~~~~~
 
水漏れしとるがなぁぁ・・・・
 
「水漏れするなら多分、ここやろな~・・・・」と予め予測していた三重管の台座部分からでした。
この部分はシリコンを盛るか?迷ったのですが、ゴムパッキンを信用してシリコン接着していなかったのです。
 
ポツリポツリと滴が・・・・
 
水を抜いてシリコンを盛りまくってやりました。
 

 
念の為に水槽台下からも盛り盛りしておきました。
 
なので今日は海水注入は出来ず仕舞い・・・あ~あ・・・・
 
明日はお血事の都合上、水槽触ってる時間もないので、とりあえず海水注入は明後日以降となりそうです。
 
 

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。